« カナダのコールマン 200 メッキタンクと背高ベンチが印象的 | トップページ | ペンタックスMシリーズの末弟 MV1は、お任せ気分のスナップカメラ »

2006年9月 1日 (金)

アウトドアチェアを語るなら、避けて通れない マクラーレン ガタパウトチェア

Img_0169 アウトドア用のチェアの定番中の定番といえるのが、マクラーレンのガタパウトチェアだ。何より、折り畳むとスティック状になり複数本持ち出しても、コンパクトなのがいい。また、パイプはアルミ素材でできていて1.6キロと軽量。安定性が悪そうに見えながら、体重を預けても意外にきちんと受け止めてくれる。
布は化繊だが、雨に濡れた後の乾きも早く、アウトドアでの使用を良く考えられていると思う。見た感じ座りづらそうなのだけれど、この椅子に馴染むと、畳んだ時のステッキの持ち手部分に頭を乗せ、居眠りすることも可能になる不思議な椅子だ。
 ラレマンの大型チェアも長いこと使ったけれど、大きいのが災いしてGata2 か、ついついこちらを持ち出す機会が多くなる。
耐久性に関しても、見た目も使い方もヘビーな友人が10年近く使い続けて、まだ現役なところを見ると十分なものだと思う。
 逆にPVC素材を使った丈夫そうなラレマンのチェアは、ブチブチと切れ、補修部品も底を尽き、引退間近となっているし、スノーピークのフォールディング・チェアは破損して引退した。
 近年、生産中止となったようだが、脚の接地部分など、若干デザインが変わって、再生産が始まっているという。長く使っても飽きのこないガタパウト・チェア、アウトドアを長く楽しむつもりなら、手に入れておいても損はない。

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

|

« カナダのコールマン 200 メッキタンクと背高ベンチが印象的 | トップページ | ペンタックスMシリーズの末弟 MV1は、お任せ気分のスナップカメラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25490/11720477

この記事へのトラックバック一覧です: アウトドアチェアを語るなら、避けて通れない マクラーレン ガタパウトチェア:

» キャンプ道具と針仕事 [雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の花園]
今度の週末には例年通り家族でキャンプに行く予定です。皆忙しいので1泊だけですが、子供も行くのはこれが最後になりそう・・・。今日は燃料や器具の点検とメンテナンスを少々・・・。まずは照明器具やラジオの電池チェック。もう何年にもなる代物ばかりなのに、全て一発でOKです。元々使った時間なんてたかが知れていますけど、液漏れもしないで十数年というのは大したものだと感心しますね。次は2台あるガスランタンのマントルの状態・・・これもOK。あれって結局はただの「灰」の塊なんですが・・・これも凄い寿命です。(汗)燃料と... [続きを読む]

受信: 2010年8月 7日 (土) 14:20

« カナダのコールマン 200 メッキタンクと背高ベンチが印象的 | トップページ | ペンタックスMシリーズの末弟 MV1は、お任せ気分のスナップカメラ »