« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

ステンレス絞りの七輪は、やっぱり良いッスの使い心地でありました。

 昨日、その魔性の魅力にあがなえず購入してしまったステンレス絞り加工の七輪。本日、卸しました。
Img_1849 先日、こちらもやはり激安で購入したイワタニの廃盤リサイクルなんでしたっけ? ああ、リサイクルクッキングプレートのステーをこの七輪が収まる深さに延長して、リビングテーブルの脇で焼き焼きっ。Img_1851
 家の中にも関わらず、火熾し名人をセットして、インチキ備長炭を熾し、カルビ焼いて、マグロの漬け焼いて、ホタテ焼いて、イカ焼いて……。ワインも勝手に空いてしまいましたぁ。なんかデザートケーキまであった模様。Img_1854
 で、使い心地なのですが、いいなぁ、いいよぉ、コレ。Img_1864
 かなり炭はガンガンに熾きているのですが、底に水を入れてある故、熱くならないのです。側面も熱いのだけれど、触れぬほどではなく。ちょっと触ったぐらいでは、火傷はしません。なるほどなぁ、鋳物や釜戸を扱い続けてきた知恵は、生かされているなぁと感じる次第。Img_1860
 構造から考えると、外側のハカマ部分上部に開けられた穴から、フレッシュなエアが内釜の底部火床へと向かうため、外釜のサイド部分は常に冷却され続けるのですよねぇ。Img_1878
 へぇーって感じ。究極のご自宅焼き物システムなのですよねぇ。
 我が家の場合は、これを冬キャンのコタツ温源にと考えていたのですが、熱が内部に篭らないため、どうかなぁ? 使えるかなぁ? と、ちょっとばかり疑問符なのです。
 あとは、布を買ってくるだけと工作の準備は整っておりますので、近々にご報告しますね。とりあえず、自宅で使う炭焼きシステムとしては、究極だと思います。ユニーフレームのユニセラでも蓄熱しますものねぇ。
 その分暖房器具としては、ユニセラが優れているかもと思います。散財しすぎだろう? と少しばかり自問自答w。
Img_1882  老婆心ながら、焼き網の事後処理ですが、アルミホイルを被せておきますと、輻射熱で網の付着した油が焼き切れ、網を楽に洗えます。この網なら、そんなことしなくても、落ちそうな気はするんですけどね。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

もはや芸術品的ステンレス絞り加工。魔物の魅力を持つ七輪

七輪を春の引越しで旧家に忘れてきた。家はすでに解体して更地になっているので、どこへ行ってしまったものやら……。穴あきテーブルも手に入ったことだし、七輪欲しいなぁと思う今日この頃でありました。で、お約束の散財です。それもちょっとばかりアドレナ指数の高いお買い物。
 実は、本日、お仕事が東京・上野近郊だったため、ついでにピラミッドグリルL2に合う丈夫な焼き網はないかなぁ?(付属する網がフニャフニャなのです)と合羽橋道具街へ立ち寄ったのでありました。向かった先は、南部鉄器や釜戸製品を取り扱う釜浅。実に久しぶりの訪問なのですが、体は合羽橋を覚えていて迷うことなく到着。
Img_1826  焼き網、焼き網とふと視線を上げるとそこには、カッコいい七輪が……。ステンレスだぞっ、コレ! あら、厚手の素材を絞り加工で二重にして使うのか……。なるほど、底に水を入れる器もあるってことは、焼き物がジューシーに仕上がる水七輪として使えるってことかぁ。火床は鋳物……。焼き網もステンレスで滅茶苦茶丈夫そう。Img_1829
 久々に魔物に出会いました。ステンレス絞り加工の魔物です。Img_1830 お値段は、本体、火床、網などは別々のプライスで総額2万5000円ほど……。カラフルな琺瑯仕上げのものもあるのですが、男はやっぱりステンレスでしょう! でも高いっ! ブリキとセラミックのザ・シチリンなら、3500円ぐらい、特上品で知られる珠洲の切り出し七輪でも1万数千円も出せば手に入る。Img_1831
 お店の人に話を伺うと、「水が中に入るので、底部がそれほど熱くなりません。焼き物のお店でも使っていただいていますが、修理という話はありませんねぇ」。ですよねぇ、ステンレスですもの……。
 釜浅オリジナルだというこの七輪。ヘタに道具好きなだけにステンレスの絞り加工は、どうしてもコストがかかってしまうなんて余計なことまで知っている自分が悲しい。で、買ってしまいました。しかも、鋳物の焼き網も一緒に……。残るオプションは、テーブルに置く際に使う敷き皿と移動する際に使う鋳物の釣り手のみ。それも欲しいなぁ。Img_1833
 明日の晩餐は、確実に焼き物です。割れる心配もなく、家の中でも使えるステンレスの七輪、使ってみたくなるのは人情ですよねっ? ねっ? 一生モノってことでGO!Img_1834

良く行くブログに「男の育児!!ブログblog」をリンクさせていただきました。子育て真っ最中のキャンパーさんです。ほのぼの楽しい気分になれますぞっ。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (4) | トラックバック (0)

パワーマックスツーバーナーの塗装進捗状況は、こんな感じ

 先日来、手を入れているコールマンのパワーマックス ツーバーナーなのですが、思わぬジャマ者が釣りに誘ったり、雨が降ったりで遅々として進みませぬ。ウヌヌッと気になって仕方がないのですよねぇ。
Img_1821  で、本日、出掛けにシュパッとひと塗りいたしました。ちょっとムラっぽいなぁと思いつつ、エェイ、ままよぉ、ムラになったら磨けばいいさと思い切りよく。
 帰宅後見てみると、やっぱり微妙にムラっぽい。でもなぁ、コールマンだしなぁ。635Bなんて、買った時からベンチレーター歪んでたしなぁ。413Hも、最初から塗装ムラだしなぁと、これで良いことにしてしまいたい心境でございます。
 あと、蓋と風防を塗れば完成なのですが、明日晴れたら、また出掛けにプシューッとしてみたいと思います。できることなら、明日には組み立ててしまいたいなぁ。
 使用した塗料は、日本ペイントの600度タイプ。輻射熱ならなんとか凌げると思います。2000~3000度なんて、耐熱塗料もあるのだけれど、大きなプラントなどに使う業者用。ストーブ塗るだけの量では手に入らない様子。禿げたら又塗ろう。毛はまた生えないけどね。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽量・コンパクトで丈夫 ユニフレーム ミニテーブルの集大成 焚き火テーブル

 先日に続き、昨日もチトくだらないUPをしたところ、家人一同から、「そんなくだらんこと書いて、子供すぎる」と叱られた……。反省しつつマジメにやります。ハイ。

Img_1817  近頃、我が家で増殖しつつあるユニフレーム製品。最近購入してしまったのが、焚き火テーブルだ。先日ご紹介した2WAY ミニテーブルは、使い良いサイズでお気に入りなのだけれど、イマイチ安定感には欠ける。ダッチをちょいと置くテーブルがあればなぁと思っていたのだ。
 購入にあたり検討したのは、スノーピークのフォールディングシェルフ メタルトップ竹とこの焚き火テーブル。値段面では、スノーピークは値引き無しの1万4490円(税込)、ユニフレームも値引き無しで5100円(税込)。単純に3倍近く価格差がある。
Img_1813 サイズと重さは、メタルトップが846×340×385mm(高さ)で4.2kg、焚き火テーブルは550×350×370(高さ)mmで2.8kgだ。
収納サイズは、メタルトップが846×455mm天板サイズ+αの大きさなのに対し、550×350mmと、焚き火テーブルは天板サイズそのままに収納できる。
 値段が3倍、天板の面積比では、1.49倍の差となれば、おのずと答えは決まってくる。Img_1814 メタルトップほどの面積が必要であれば、焚き火テーブルを追加購入すれば良いだけの話である。メタルトップは、ベンチとして使えるという話も聞いたことがあるのだが、既にベンチは持っているし、座面が固く冷たいベンチは欲しくない……。Img_1815
 購入時、唯一気になったのは、焚き火テーブルの天板は、コの字型に曲げられたステンレスで構成され、側板が木製ではめ込まれているだけという点。これじゃあ中央部分が弱いかなぁ? スノーピークのメタルトップは、竹の集成材にステンレス板を巻き込みフレームも入っているのだ。大丈夫かなぁ? と少し心配になった。でもよくよく見ると、これで何の問題も無いのですよね。
 コの字に巻き込まれた部分に脚のスチールが嵌め込む設計のため、脚自体も天板フレームとして強度を作り出す働きをしているのですよ。たいしたアイデアです。コレまで使ってきた2WAYミニテーブルで得たであろう経験を生かした設計です。Img_1816
 もちろん天板は、ステンレスですから、ヨゴレや錆にも強い。キャンパーが泣いて喜ぶ買い得感の高い焚き火テーブルなのでありました。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

 

 

ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル
ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル

 

 

 

スノーピーク(snow peak) フォールディング シェルフ竹
スノーピーク(snow peak) フォールディング シェルフ竹

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

キャーッ、ゴリゴリするならこんなので。

またアレでゴリゴリされるんかなぁ?Img_1803

 

 

 

 

オマエなんか、ウロコ小さいからイイじゃんか。

Img_1806

 

 

 

 

片側しか無いヤツに言われたか無いわよっ!Img_1805

 

 

 

 

 

ということで、ウロコ落としです。Img_1808
本日、行きつけの魚屋さんに行くと、ホゲッというお値段で投売りしておりました。イトヨリ1尾250円、眞子カレイ1尾300円、助惣タラ1尾200円。キャーという勢いで購入。セッセとウロコを落とし。包丁の背を使うという方法もありますが、やはり専用のウロコ落としは抜群に綺麗に落とせます。近頃は100均でも手に入るようですが、これは思い出せないぐらい昔に築地の場外で買い求めたもの。1本あれば間違いなく一生ものです。
 登場人物ならぬ、登場魚は、イトヨリは3枚に、タラはぶつ切りに、カレイは頭と腹を抜いて両断され、煮付け、塩焼きとなる準備を整えております。本日の晩餐は、群馬のキャンプ地より届いた煮込み。おいしゅうございました。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分離型ガス充填器 充填太郎君

Img_1811  キャンプ仲間から、充填アダプターの存在を教えてもらった十数年前、当時は市販されていなかったので、アレやコレや試行錯誤の末に自作したアダプタは、パイプで繋がれた分離型。カセットガスから、キャンプ用カートリッジにガスを移す際、ただの直結タイプでは、時間がとってもかかり、少しでも早く充填したいと、お湯につけたり冷やしたりと結構面倒くさいものだった。
 そこで、どうせなら温度差を作りやすい分離型が良かろうと、エアガンのホースや分離コネクタをつなぎ合わせて作ったのだ。
 結果は、充填スピードは速かったけれど、エアガンのコネクタはガス漏れするし、かさばるし、ガスは冬は使えないしで結局忘れた存在に。
 当時のものは残骸になって出てきたのだけれど、いっそのこと新作を作ってしまいましょうということで作ってしまいました2006年モデル。 充填太郎でも、つめ太郎でもいいのですけどね。名前なんて本当はないのだからw。Img_1801

材料は、先日ご紹介した激安中国製分離型ストーブ。うまい具合に、カセットガスのアダプターもついているので、全く他の材料を買い足す必要無し。
 ストーブ本体部分から、コネクタ部分をバッサリ切り取り、カセットガスのアダプター部分にロウ付けしただけ。Img_1800以上終了の簡単さ。工具さえあれば、1時間ほどの作業でした。心配なのは、中国製ストーブのバルブやホースの強度だけれど、まぁ、大丈夫でしょう。念のため、ロウ付け部分は、エポキシのパテで埋めようかと思っております。
 何が起ろうと全くの自己責任、真似しない方がよろしいかと思います。かなり。
 これを作っている最中、家内が「何作ってるの?」と聞きますので「充填アダプタ」と答える私。「充填は、無駄に空き缶できるから、後味悪くない?」と家内。「……」。
そうだった、それもあって充填辞めて液体燃料主体にしたのだった。道具作り始めると後先なくなるマッドサイエンティスト状態のおっちゃん。できるところから、エコですよ。エコ。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

ホーケンという名の究極の革軍手

Img_1787  昨日のズガニは、このように味噌汁に変貌。ヨッテミルト コワイナァ…。カニミソ部分をズズッと吸うと実に濃厚。でもカニ自体の出汁は薄いのですよねぇ。
 さて、先日お話したグリップスワニーですが、炭をいじったり何をいじったりというヨゴレな作業に使うには、少しばかりモッタイナイ。そこでそんな作業には長年、一番安い革軍手を使用しております。Img_1788でも、ちょっと贅沢な溶接用を使ってみようかな? とホームセンターへ。長~い溶接用の革軍手を入手してまいりました。 Img_1789
 軍手を選ぶにあたり、普段は細かくは見ない作業用手袋の棚をずずぃ~っと見回すと、ゴム引きの軍手はよく自分も使うのですが、豚革を始め、実に様々なものがあるのですねぇ。中でも惹かれたのが、このKAWATE XO。発売元は、中部物産貿易という会社。ホーケンというブランド名で発売されております。Img_1792
 ホーケンであろうと、レミーマルタンであろうと、カミュー、はたまたヘネシー、サントリーであろうと、XOと付けば、究極の熟成度合いの製品。
 キャッチフレーズも究極の品質となっております。どこが究極かといえば、指又と側面を強力な人工皮革で補強。濡れても固くなりにくいオイル革を使用しているとのこと。Img_1793
 手にはめれば、確かに革軍手としては究極かも……と思える一体感。使い込んだスワニーグローブには敵いませんが、これも使い込めば……と思える付け心地。袖口部分には、パイピング加工も施されております。Img_1794
 キャンプに必須ともいえる、革軍手。最高に張り込んでも800円也。お気に入りの1双を探してみませんか? 

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とかく便利な折り畳みベンチ 意外な落とし穴も……。

 少しばかり所用で出かけて働いてしまったこともあり、早くも夕暮れ。昨日のズガニは、味噌汁になった模様。ランキングも下がってきてしまって、あららとちょびモチベーション下がり気味。世話の焼けるオヤジだこと……w
Img_1783  さて、お道具のお話です。キャンプに限らず、子供のスポーツ観戦、ちょっとしたイベントにも何かと便利な折り畳みベンチ。長いこと使ってきたリッカルのベンチがダイブとくたびれてきたこともあり、近頃、流行の二つ折れタイプを購入。リッカル製ベンチは、軽く丈夫で、クーラー載せたり、キャンプ道具のコンテナ載せたりとかなり活躍してくれる便利アイテム。Img_1776 リッカルブランド自体既に無くなっているけれど、その製品は優秀なものだった。それもそのはず、アルミメーカーである理研軽金属工業の製品だもの。素材屋の威信をかけて、接続金具などを含めて主要部品は、ほぼオールアルミ素材。Img_1777 軽さと耐加重の高さが買われてエベレスト遠征隊にも採用されたという。
Img_1781  で、今回買ったのは、BUNDOKという会社のベンチ。ホームセンターに立ち寄った際、1580円というプライスタグに引かれて、買ってしまったのだ。購入時、なんだかサイズの割りに重いなぁ、コレとは思ったのだが、リッカル製に比べて脚が1本多いから仕方ないかな? と安直な判断。帰宅後細部を見てみると、金具は亜鉛メッキを施したスチールっぽい。Img_1779 重いのも当たり前かぁと思いつつ、1580円だから仕方ないよねと思いなおす。でも、錆びるであろうことは、明らか。
 製品の材質表示には、「素材/生地 ポリエステル フレーム:アルミニウム」と明記されているのだが、説明書には「鉄部分にはその性質上サビが発生することがあります」とある。ウムムッ。ズラズラ書かれたPL法対策の使用上の注意を読んでいくと驚愕の表記が……。

「体重60kg以上の方は使用しないで下さい」Img_1785

あらまぁ、という感じ。これって、大抵の成人男性は使えないってことなのですよねぇ……。2人掛けなら、耐荷重120kg。試しに現在発売されている各社のベンチを調べてみると、コールマン 三折ベンチが140Kg、キャプテンスタッグ デュークアルミGIベンチも140kg、スノーピーク フォールディングベンチ 表記無し、ロゴス ガンバレ3マンベンチ 150kg、小川キャンパル アルミコンパクトベンチ 表記無しという感じであった。
 意外と言っては失礼だけれど、ロゴス製が一番の耐荷重。まぁ、どこまでマージンを取って表記しているかという問題もあるので一概には言えないけれど、ベンチに腰掛けるそこのお父さん! 知らないうちにリミッター振り切ってるかもしれませんぞっ。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

サイズも価格も丁度良い! ユニフレーム 2WAY ミニテーブル

 気取らず構えず何気に使って良い製品が多いユニフレーム。僕の持っているテーブルの中でも、気がつけばダイブ長いこと使ったなぁというのが、この2WAY ミニテーブルだ。Img_1757 かさばらず、組み立てやすく、そこそこの値段。当時、他のメーカーも同じぐらいのサイズのテーブルを出していたのだけれど、値段と高さ2段階という使い勝手の良さから、このテーブルを選んだ。
 以来、キャンプのみならず、ちょっと座りテーブルが欲しいと引っ張り出し、気がつけばパソコンの座デスクになっていた。それゆえ、マウスが行き来したであろう辺りは、ちょっとばかり塗装が薄い。Img_1756_1
 難点を言えば、当然重いものを載せる仕様にはなっていないため、僕が欲しかった強度的にはちょっと役不足。
 僕が欲しかった強度とは、体重70数キロのオッチャンが酔っ払って、全体重をかけても壊れないぐらいなのだが……。強度が足りなかった結果、ロースタイル側の受け金具がはずれ、載っていたものは飛散するということになった。僕が悪いのだけどさぁwImg_1759
 キャンプに行くと、引っ張り出したチェアの脇に小さなテーブルがあるととっても便利だ。酒を置いたり、ビールを置いたり、焼酎を置いたり……。必要にして十分な機能を持ったテーブルだと思う。現在、これも生産中止だけれど、コールマンやスノーピークなどから、小型のテーブルが出ている。1台あると重宝すると思う。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

釣りでボウズの土産は……、流しの黒い影 はやっ!

キャンプに出かけていた友人たちが帰って来て、お留守番のお駄賃にお土産をくれた。明日はホルモンだぁ! 
 さて、本日、釣りに出かけた釣果は……ボウズです。あそこの防波堤は、敷石が6メートルほど敷かれているので、10メートルは最低投げないと根がかりしてどうしようも無く、我が家の小僧には無理な様子。オヤジが投げて坊主が引っ張る。いや、巻く。
 で、結局ボウズ。諦めて帰ろうとすると親切な叔父さんがお土産をくれた……。

誰だ、誰だ、誰だぁ~っ♪ ウチの流しに黒い影ぇえ♪(ガッチャマン風に)

Img_1770

Img_1765 両手はぁさみの ズガニぃ~♪

ということでズガニ(藻屑ガニ)をいただきました。先日、勝浦の朝市で買ったのと同じもの……。こんなところにいるとは。
上海ガニ的味噌ウマウマのカニなのですよねぇ。ちょっと防波堤通いがクセになりそうな出来事であります。家内に明日は、炊き込みご飯? と聞くと、大変だから、味噌汁で我慢しなさいとのこと。うーん@@。カニミソ流れちゃったらもったいないじゃん。やるか? 自分で? 思案のしどころの前夜なのであります。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍しいと言われても、普通に使ってるのだよねぇ コールマン赤ランタン 286A7035

Img_1715  赤い286は、200Aと比べて無骨な雰囲気。色目も同じ赤でも、濃厚な赤。キャンプ場での佇まいも落ち着いた雰囲気で、比較的新しいこともあり、メンテナンスもあまり要らず、気がつくと持ち出していることが多い。現行緑の286のフラットなイメージのベンチレーターと違い、尖がり気味なのもいい感じ。残念ながら、ベンチレータの琺瑯は、縁が少しばかり欠けてしまっているのだけれど、これも使って来た証だなぁと思う。個人的にとても気に入っているランタンなのだけれど、最近、ブログを書くにあたり、あちこちのコールマン好きな方のサイトやブログを見てみると、コールマンコレクターなら、1台は持っていたいランタンの一つらしい。本当か?Img_1716
 知らんかったけど、キミは結構個性派らしいぞっとランタン灯して夜中に呟いているオヤジは相当怪しい。長いこと好きな道具と付き合うこと、それも道具道楽の楽しみの一つだと思う。スペック的には、286系と共通の200キャンドルパワー(125W相当)、タンク容量590cc。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

キャンプのお供に100均ゲーム

Img_1238  本日、ツーバーナーの再塗装をするつもりが、我が家の少年が釣りに行きたいというもので……。嫌とも言えず……。帰宅すれば夕刻。塗れないじゃん! ここのところ、これでいいのか? 良くないよねぇというぐらい仕事をしてないので、ついでに明日塗ろう! それでいいのか? 
 で、まずは、最近キャンプでマイブームなテーブル遊びの話。我が家で最年少の息子とキャンプに出かける機会が多いのですが、僕と家内と息子の3人では、少々手持ち無沙汰。Img_1239 トランプしようにも3人では……。ということで、密かにというか、おおぴらにというか流行っているのが、チェアという100均ものゲーム。赤、青、黄の3色4種の椅子を順番に積み上げていく、いわゆるバランス型のゲーム。ルールは、途中倒した人は、倒した分の椅子を手駒にして引き受けなければならず、最初に持分の椅子が無くなった人の勝ちという単純なもの。2セット買っても200円。1セット予備に残しておけば、とかくコマが無くなって困ったというケースが多いキャンプでのゲームも気楽にできる。おすすめです。
Img_1240   我が家では、どれだけ高く積めるかチャレンジなど、ちょっと違った遊び方にも発展しております。キャンプのお供にどーぞ!

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

made in CHINAの誘惑 分離型キャンピング ガスストーブ WILD GAS STOVE

Img_1739 Img_1753_1  安っすい分離型ストーブを手に入れた。えーっ、いいのぉ? という値段のストーブだ。安いなぁと思わず唸るSOTO製ストーブの半値以下と言えば、大概の値段はおわかりだろう。もちろん製造国は、チャイナ。
 カセットガス用のアダプターも付属して、そんな値段だから、驚くべきというか呆れるべきというか、嬉しい低価格である。
Img_1751  パッケージを開けると、ゴワゴワのナイロン袋に入った本体が折り畳まれて収納されている。日本で発売されている製品で言えば……、これに似ているの無いやッ。似ていても微妙に違うのですよね。敢えて言えば、プリムスのエクスカイザーにチューブの取り回し(脚内をチューブが通る)ぐらいでしょうか? Img_1744 自動点火装置も付いているし、チューブもフレキシブルで使い良さそうな感じ。実際にカートリッジをつないで点火してみると一応火は付く(アタリマエジャン)。さて、強制液出しはどうかな? とちらっと液出ししてみると、ひょえーっ! 立ち上る炎。Img_1740 全くあきまへん。僕の持っているどのストーブより、じぇんじぇんダメダメ。これで、カセットガス使ったらどうなっちゃうの? と本気で心配になるほど。風防は一応あるのだけれど、あんまり効果はなさそうな形態。火力の調整は、もちろん効くけれど、本当の弱火は苦手な感じ。バルブの開度では、全閉から全開まで半回転あるかないか。最弱のとろ火に調整しても、安定せず立ち消えがち。

チューブの自由度は凄く高いのだけど、網目の金属?皮膜はギシギシ言いながら曲がるし、押せば凹むw。耐久性は、初っ端から疑問符連打????。Img_1748
 裏返せば、分厚い鋳造のベースが見える。外観を保てば重さは度外視して作られているのだなぁと実感させてくれる作りなのです。Img_1750 実測で525gありました。
 一応のスペックでは、ガス消費量は120g/h、出力5000btuとあるのだけれど、kcal/hに換算すると1200kcal/h程度。日本のストーブの半分以下の出力と考えればいいとは思う。Img_1749
 実際はどうなの? ますます、我が家のストーブ全集合テストをしなければなぁと思うのであった。値段考えたらお買い得? 僕の場合は、分離型充填アダプタ製作の素材として購入したのでお買い得なのですが……。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リサイクルクッキングプレートという凄い名前のキャンプテーブル。

 元々自分の大量なキャンプ道具をわかりやすく整理したいなぁと始めたブログなのだけれど、ついつい最近散財度数が上がり気味。家人からの視線が痛い今日この頃であります。で、勢いというか、安いよねぇということで、プチッと入札してしまったのが、イワタニのアウトドアブランドであるフォアウィンドーズのリサイクルクッキングプレートという恐ろしいネーミングのテーブルトップとシステムベースというスタンド。Img_1731

箱書きによれば、天板はリサイクルデコレーションウッド。キャンプやガーデンパーティーで、調理しながら食卓を囲むのに最適です。材質の性質上、多少の段差が出来る場合があります、テーブルクロスとの併用が効果的です。

とあるのだけれど、カセットコンロはめ込む商品なのにテーブルクロス掛けるのが前提になってどーする? といきなりトホホな感じ。

 組み立てて見回すと、まず、リサイクルデコレーションウッドの色味というか柄が凄い。Img_1733 また、天板とスタンドはマジックテープで留めるようになっているのだけれど、強度を優先した結果、X字部分がやたらに大きく脚入れし難い構造。また、カセットコンロを入れるようになっている底板を天板にはめ込むと、通常のテーブルとして使えるのだけれど、ココもこれ見よがしに穴空いてますよという細工。Img_1734 わかっていたことなのだけれど、これも再塗装をかけて、マジックテープの位置を代えてと少々手間のかかってしまいそうな一品である。できれば、コンロが入る穴の深さも少し変えてみようかな?と思っている。なにせカセットコンロアウトドアに持っていかないからなぁ……。Img_1736
 なるほど売れなかっただろうなぁというのがとっても良くわかる製品なのだが、購入したのは、材料費だけ考えても安いかな?というお値段だったから。キャンプに行かぬ日の工作素材がまた一つ。だんだん工作教室になりつつある今日この頃であります。Img_1737

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

分解バラバラ、コールマン パワーマックス ツーバーナーの中身はこんな感じ。

 飲みたい病が発病しつつある夕暮れ、皆様いかがお過ごしでしょうか? 先日、錆落としてを始めたコールマン パワーマックス ツーバーナーのその後なのですが、錆落としをしている間、あっちも綺麗に、こっちも綺麗にとイジリ回しているうちに、上半分はリベット止めを含めて分解バラバラ状態。Img_1726 明日晴れたら、再塗装をするしかないかな? という感じになっております。
 分解してみてわかったのは、この手のストーブとしては、自動点火装置の押し込み方など、非常にきちんとした作り。僕の持っているジョイパレットや現行品のコールマン ガス ツーバーナーより、気合入れて作ってるなという感じ。気になる液出し機構は、EPIなどのシングルストーブで見られる余熱用パイプ式の一般的なものと判明。まだ、まともに使ったことが無いので、バルブ部の分解は止めておきました。ひょっとしたら、そこに秘密が……。外見からは、何も無さそうなのですけどね。Img_1728 これで液出して大丈夫なのかなぁ? と少しビビッております。
 さて、明日、どんな色になることやら。下半分は、元の色なので、面倒ならそのまんま、緑ですw

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3代目カトラリーケースは、散らばらず、水切りもできて良い感じ。ユニフレーム カトラリーケース

 昨晩は、今頃彼らはホルモン焼いてお酒のんでるのかぁ……と、自宅で飲んでしまってヘロヘロモード。久々に書き込み1本の日となりました。で、本日は、といえば、家族に見捨てられ、本気のお留守番モード。今日、明日は、キャンプ道具のメンテナンスとお掃除かなぁ。
Img_1717  さて、本日の最初の品物は、ユニフレームさんのカトラリーケース。要は、蓋付きの箸立てですね。金物の街、新潟三条市に集中している大手キャンプ用品メーカーの中でも、なぜか気がつくとユニフレームの小物を手にしているケースが多いのですよ。
 僕なりに理由を考えてみると、シンプルで、品質もきちんと考えてあって、お値段がお手頃ということなのだと思います。ついでにいえば、あるといいなというユーザーの気持ちを形にしてくれるメーカーさんなのですよね。このカトラリーケースも、まさにそんな感じの製品です。
 我が家のカトラリーケースは、藤編みの籠→四角い缶→ユニフレーム ステンレス カトラリーケースという経歴なのですが、強度もあってちょうど良いサイズのものは、なかなか無いのですよね。蓋が弱いものだと、キッチン用品を入れたケースの中でバランバランにとっ散らかってしまうなど、小物関係は困り者でした。その点、このケース、蓋のマチ部分が長いので、勝手に開くことはありません。また、蓋に穴が空いていて、洗い上げたカトラリーを蓋側にポンポン入れて、拭き上げたものを本体に収納できるっていうのも使い良い。しかも、ステンレスだから、基本的に錆びません。
Img_1720  ユニフレームの提案では、濡れたカトラリーをそのまま収納できるということなのだけれど、普通は拭くと思うなぁ。
 カトラリーセットが含まれる製品もあるのだけれど、我が家のものはもちろんケースだけ。中身のカトラリーは、結婚式の引き出物か何かでもらったものと100均の安物。カトラリーだけで3700円払うのは、ちょっとばかり抵抗があります。5人分の箸、スプーン、フォーク、ナイフ、マドラー、バターナイフ、小さな杓文字、ソムリエナイフなどがキチンと入ってくれるジャストサイズ。二人で使うには、ちょっと大きいかなと思います。Img_1723
 最近、我が家でもキャンプ参加人数が減少してるのですが、いつ行くと言われるかわからないのでフル参加人数分を入れたままになっています。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

軍手、革軍手もいいけれど、丈夫で着け心地抜群 グリップスワニー グローブ

 お外で遊ぶと都会育ちの柔らかな手のひらに自分でもビックリすることが多い。たとえキャンプ場で売っている薪を鉈で割るだけの作業でも、薪のササクレが手のひらを刺激する。例えば山歩きの鎖場で、鎖を握る手のひらは、初秋でさえも冷たく痛い。藪コギすれば、あっという間に手はギタギタ。焚き火しかり、ましてやダッチ料理しかりである。
 アウトドアでの作業に手袋は、やっぱり必需品。軍手はナニガナンデモ持って行かなければいけないし、丈夫な革軍手もコストパフォーマンスに秀でたキャンプ道具だと思う。
 で、軍手、革軍手に無い機能、耐久性と使い心地の良さが欲しくなったら、雄牛の革をケブラー糸で縫いこんだグリップスワニーをすすめたい。Img_1711 このグローブ、僕のはダイブ油不足だけれど、とにかく丈夫。そして使えば使うほど手に馴染んでくれるのです。その秘密は、立体裁断。Img_1710 しかも、アメリカ生まれでありながら、現在は日本法人が日本人の手型に合わせて裁断、縫製しているから、小指が余っちゃってプランプランなんてことも無い。Img_1708 何種類か出ているもののうち、コレはG1という一番安いタイプ。負荷のかかる部分は、キチンと2重革、滑り止めにバックスキンと実用性ときちんと考えてデザインがカッコいい。ダッチオーブン用のグローブにも散財してしまいたい気持ちはあるのだけれど、これと革軍手があるとなんとかなってしまうのもまた事実。あまりの使い良さにバイク用も持っていたりして……。Img_1713
 ダッチ用のグローブ、何度か買いかけて、棚に戻すの繰り返し。だって家庭のミトンみたく厚くないし、この厚さなら、スワニーと大差ないなんて思ってしまうのですよねぇ。ダッチ用のグローブって、熱くないのでしょうか? どなたか教えていただけませんか? Img_1714 ちなみにユニフレームのシリコングリッパー!は持っているのですけどね。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

錆びちゃったツーバーナーのメンテナンス進行中 コールマン パワーマックス

 怪しいランタンスタンド試作のついでに、錆が来ているコールマン パワーマックス ツーバーナー・ストーブの錆落としも並行して作業。このストーブ、先日、オークションで低価格で落札したもの。以前から、コールマンの液出しストーブはどんなものかと興味はあったのだが、大枚はたく気力は無く、錆模様のストーブを落札したわけです。
Img_1682  錆の様子はこんな感じ。オークションの写真では、汁受け部分にある程度かな?と思ったのだけれど、蓋部分表面や本体との接続部、サイド風防内側なども錆が出て塗装面もところどころ浮いている。結構、手間のかかる買い物になってしまったなぁと、小額の散財ながら、チョビ反省気味。Img_1683
 取りあえず、フード、バーナーへーッド、汁受け、自動点火装置抑えなどを取り外し、現在錆取り剤で処理してみた。だいぶ綺麗になったのだけれど、タッチアップで止めておくか、それともせめて汁受け部分だけでも、グラインダーをかけてリペイントするか思案中。Img_1685 どうせ傷ついたり、汚れたりするものだから、あんまり手を入れてもなぁと思うと同時に、いっそのこと、アルミツーバーナー紛いにシルバーとレッドでフルペイントしてしまおうかとも思うのですよねぇ。Img_1687
さてどうしたものか? ちなみに使っている錆除去剤は、ラストオフという製品。漬け込むと錆をボロボロにして落としてくれる。処理後は一応皮膜もでき、錆びにくくなるようです。ツーバーナー外観は、いつもコレを使ってます。

 

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

自作軽量ランタンスタンド試作完成っす。

Img_1674_1  本日、曇り空を眺めながら、自宅でランタンスタンドの自作。アルミポールを鼎に組んで、軽量なスタンドができないかなぁと、先日来作っているもの。
 元は、アメリカから輸入した同種のスタンドがスチール製であまりにも重かったため、いつか作ってみようと思っていたのだ。
 取りあえずの試作なのだけれど、一応もう少し手を加えれば使えそう。
 もう少しというのは、ペグダウン用のループを付け、ポールの上下を固定し、強度的に弱い中間地点に補強を入れれば、なんとか使えそう。って、結構、作業は沢山あるじゃんw
Img_1675  現状で850gほどと市販のものの半分ほどの重さだが、補強を入れるとどうなるものやら……。使い勝手は? と問われれば、まだまだ改良の余地があるなぁと思う。
Img_1678  まぁ、世界に一つしかないランタンスタンドであることには、違いが無いわけでこのまま作業を進めてみます。
 お時間のある方で工作好きな方、オリジナルランタンスタンドいかがですか? 使い物にならんかもしれないけど……。Img_1679

 

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

あぁ寒い! ソレルがお外に行こうと呼んでるのになぁ。

 本日、夜から、友人たちのお誘いでホルモンキャンプの予定が……。諸事情により、自宅待機。参っちゃったなぁと思いつつ、なんともならんのですよねぇ。
 で、行く気満々だったもので、群馬は寒かろうとほぼ厳寒期対策も万全に……。お友達のキャンピングカーから、放り出されても大丈夫なようにこんなものまで出していたのですよねぇ。
Img_1664  ウィンターシューズの代名詞的な存在、ソレルブーツです。僕のドーミネーターと子供のグレーサーユース。どちらも相当なゴッツさだけど、コレを履いて寒い場所へ出かけ、足元が冷えると感じたことがない。Img_1663 Img_1668
 たとえば、氷点下25度の雪上で3日過ごした時も、少なくとも足元は全く平気だった。それもそのはず、このドーミネーターは氷点下73.3度保障とういう代物。氷点下25度でも、息をすれば鼻毛も凍るし、シェラカップに入れた日本酒が飲み干すまでもなく凍っていく世界。氷点下73度なんて想像だにできません。
Img_1672  見た目ゴッツいのは、外靴の中にインナーブーツが入っているから。それもゴッツい3層構造。しかも、その下には、インナーソールが2層。インナーブーツの中にもインナーソールが1層。相当な上げ底ブーツなのである。Img_1673 インナーブーツ、インナーソールにはそれぞれアルミ蒸着フィルムが貼られ、まさにこれでもかの断熱構造。これで寒かったらウソですね。で、問題は、これだと普通のスノーシュは、ほぼ履けません。靴の厚みがありすぎて、ストラップがぎりぎりなのですよねぇ。かろうじてなんとか使えるかなって程度。やはり、その手の遊びをするにしても、日本の気温を考えれば、カリブーか、ブリザードぐらいが妥当なところ。これとて氷点下40度対応ですから十分な性能。むしろ運動すると暑いかも。
 我が家の子供のものが、グレーサー(氷点下51度対応)の子供仕様旧モデルなのですが、暑い暑いと普通にガンガン雪遊びしておりました。ドーミネーターもグレーサーユースも国内では売られていない。それだけオーバースペックということなのだと思う。Img_1670
 ソレルのウィンターシューズの良いところは、多少濡れても、インナーシューズを乾かすだけですむところ。中までジメジメになることはまずありませんし、インナーシューズは乾きやすい素材でできているのですよね。また、インナーシューズだけ別売もされていますので予備を持っていればなお安心です。
 ソレルのウィンターシューズ、さぁお外で遊ぼう!と呼んでいるのに僕は留守番さっ。

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

SOREL(ソレル) コールドマウンテン
SOREL(ソレル) コールドマウンテン

 

 

SOREL(ソレル) カリブー
SOREL(ソレル) カリブー

 

 

SOREL(ソレル) カリブー
SOREL(ソレル) カリブー

 

 

SOREL(ソレル) ブリザード
SOREL(ソレル) ブリザード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

L.L.Beanのパーソナルオーガナイザーは、快適便利なキャンプ必須アイテム

 キャンプに出かけて困るのが小物類の収納。例えば洗面用具の整理には、少しばかり苦労する。小さなポーチに入れておいても、家族全員分を放り込むと、中はぐちゃぐちゃ。しかも乾燥しにくいというオマケつき。
Img_1639  そんなときに便利なのがこの手のバッグだ。
 この手のと書くのにはワケがある。同じような製品を出しているメーカーが数社あり、それぞれに独自のネーミングを与えているからだ。たとえば、僕の持っているもので言えば、ジャックウルフスキンはミニウォッシュサロン、L.L.Beanなら、パーソナルオーガナイザー、outdoorのものは名前ワカンないですゴメン。で、モンベルだと、トラベルキットとなる。
Img_1637  ナニが便利って、この手のバッグは、細かく収納ポケットが付いているから、歯ブラシや歯磨き粉、髭剃りなど様々な衛生用品を細かくわかりやすく収納できる点。しかも、壁掛け用のフックがついているから、どこにでもぶら下げられるのだ。
 小型のジャックウルフスキンのものは、ソロで出かける時用。大型のOUTDOORのものは、ハンディライトやカラビナなどを収納しておくと便利。なかでも、L.L.Beanのパーソナルオーガナイザーは、マチがありるのでヘアスプレーなどを収納しても型崩れしないのがいい。Img_1644 僕のものは古いタイプだけれど、最新のものは、鏡も付きより使い勝手の良さが上がっている。また、最小のものから最大のものまで4種類のバリエーションでラインナップされているから、自分の使い道によって選べる点もありがたい。
 キャンプで一発グルーミングいかがです? 僕は髭もじゃなのでしないけどねっ。

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

10年前に他メーカーがやれたことをなぜできないのかなぁ? スノーピーク ギガパワーBFストーブ ラージアーバー

 現在発売されているスノーピークの分離型ガスストーブには、五徳とバーナーヘッドの大きさが違う2種類が用意されている。出力はともに2800Kcal/h。バーナーヘッドに風除けリングを標準状態で装備することで、風にも強い製品に仕上がっている。
 標準サイズのBFストーブに関しては、以前にご紹介したのだけれど、ラージタイプのBFストーブについて思ったことを少しばかり書いてみたいと思う。
Img_1627  ラージアーバーと呼ばれるこのストーブ、五徳とバーナーヘッドが大型化した以外は、通常のBFストーブと大きな差は感じない。大型化に伴う重量増は、122gある。122gといえば、最新のコンパクトガスランタン1個分。歩きの旅では考えさせられる重量増だと思う。
 確かに大型の鍋には使い良いサイズになった。しかし、良く炎を制御しているとは思うのだが、当然のことながら、縦型のソロクッカーでは、外延部外周から舐めるように火が上に上がる。平型のクッカーを使うべきだと思う。Img_1628
 そう考えていくと、より大型の鍋を使った3~4人のパーティでの共同装備として適したストーブなのだろう。
 標準のBFストーブと同様、丈夫そうだが固目のフューエルチューブは、ガスカートリッジの位置をある程度限定させるし、自動点火装置はバーナーへッドの下に位置し、消化後の再点火の際には火傷等注意が必要だ。Img_1633 点火ボタンをタンク側に設置して欲しかった。Img_1635 十数年前に他メーカーがやれたことを、今なぜやれないのかなぁ?と不思議に思う。多少コストが増加しても、良い製品を作るのがスノーピークのスタンスではなかったのかな? ゴカイダッタラ ゴメン。
 スノーピークによるとワイヤーハンドルの火力調節ノブは、グローブをしたままでも使いやすいと言うが、グローブ無しでも使いやすい工夫が必要なのではないかと思う。また、ガス検のタグがワイヤーハンドルに付けられているのもいただけない。回すたびに引っかかり、グローブをしようがしまいが関係なく回しづらい。Img_1634 また、4本脚は鍋を安定して支えると言うが、僕のものは、若干脚が歪んでいるのか鍋を置くとガタツキが生じる。鼎の3本脚なら、経年変化で脚が歪んでもガタツクことはないはずだ。燃焼中、赤熱化して赤く変色するレッドリングはなるほど格好いいのだけどなぁ。Img_1632
 スノーピークのアイアングリルテーブルに装着可能というこのストーブ。トレッキング用というよりも、むしろオートキャンプのサブバーナー、あるいは、それこそアイアングリルテーブルの専用ストーブとして開発されたのではないか?と妙な勘ぐりもしてしまった。僕もオートキャンプのサブバーナーとして使うことが多くなりそうなストーブだと思う。これから1台目のトレッキングストーブを買おうと思っている方には、ただのBFストーブをおすすめします。

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (2) | トラックバック (0)

EPI マイクロスーパーランタンオートは、そこそこ軽量コンパクトで雰囲気あるテーブルトップランタンだと思う

 人気ブログランキング、登山・キャンプ部門で、驚くべきことに14、15、16位ぐらいを行ったりきたり。ひょーっと喜んでおります。皆様、クリックありがとうございます。

Img_1624  で、先ほどの、まめガスっ子で映っておりましたEPIのマイクロスーパーランタンオートのお話。かつてお店では投売りされ、今やヤフオク等でも不人気気味のEPI製品。僕的には安くて使えば使うほど、いい味でてくるランタンだなぁと妙に気に入っている次第であります。濡らして放って置くとキチンと錆びます。でも、それが味になる。そんなランタンです。
 先日ご紹介したランタンLFAと同様、点灯するとかなり、いい雰囲気。Img_1623 また、ホヤ以外特に壊れそうも無い簡潔なデザインもなかなかグッド。このホヤのデザイン、ティレイなどもかつてこんな形をしているものがあり、いわば英国の伝統的なラインなのではないかと個人的に思っている次第です。
 重量も自動点火装置が付いていながら、単体220g、60~80w相当という程よい明るさもテーブルトップなどで使い良いのですよね。最軽量を目指さずとも良いオートキャンプなら、英国の味わい、まだまだ楽しんでもいいのではないかと思う今日この頃なのです。Img_1626

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まめガスっ子でランタン点いたけど……。これって110gガスを充填した方が楽かもと気付く四十路の初冬

Img_1617  昨日購入してどうする? とチランと考えていたイワタニのまめガスっ子のカートリッジ。実は、昨晩、約5分のあっけない作業でランタン点灯は達成した。韓国アダプタをカマセテ、あとはノズルを……。韓国アダプターの仕様のせいで、プリムス製のランタンは装着できず、EPI製のマイクロランタンオートでチェック。
 まめガスっ子は、ガス容量60g。マイクロランタンは、100gのガスで3時間30分燃焼するというスペックだから、計算上は2時間12分燃焼することになる。まぁ、テーブルランタンとしては、なんとか実用になるかなぁといったところ。まめガスっ子のカートリッジは、コンパクトで標準で再充填可能。今では、手に入りにくい製品になってしまっているけれど、使い方次第でコストパフォーマンスはかなり高いかなぁ。でも、考えてみれば、純正の110gガスカートリッジ使って詰め替えれば同じことだと、後から気がつく間抜けぶりw
 老婆心ながら、この手の製品を販売しようとすると液化石油ガス法の認可を受けなければならず、自己使用でも、純正カートリッジ以外での使用で何かしらの事故が起ってもPL法の適用も保険も効かない。あくまで自己責任での使用になるのでご注意下さいませ。

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転ばぬ先の杖、キャンプ用ファーストエイドキットは忘れずに。

 ランタンやストーブ、テントなどキャンプ用具は忘れなくても、結構うっかり忘れてしまうのが、ファースト・エイド・キットだと思う。Img_1614 アウトドアへ出かけると、そこがどんなに整備されたキャンプ場でも、意外な落とし穴や不意の怪我があるもの。我が家も何度かファーストエイドキットのお世話になった記憶がある。たとえば、長男が冬場のリビングシェルターから出た煙突で手のひらを火傷。よく冷やした後、友人がテキパキとファーストエイドキットで処置してくれたなんてこともありました。普段の生活には無い煙突というモノがどんなものか子供にはわからなかったのですね。
 ファーストエイドキットは、いわば救急箱。家庭に常備しているものがあればそれでも十分。でもできれば、ひとまとめにいつでもキャンプに出かけられる専用のものがあると便利です。我が家の場合は、L.L.Beanのキットを個人輸入。それに国内で市販されている薬品や絆創膏を組み合わせて使っています。Img_1616
 というのもコンパクトに収めるために適当なケースやハサミ、ピンセットなどを用意するのが少しばかり面倒だったのです。当時は国内のメーカーで適当なキットはなかなかなかったのですよね。また、あったとしても薬事法の関係で薬品の類は一切含まれていないのです。
 取りあえず必要な絆創膏や三角巾、包帯などがセットされたキットを選び、常備薬を追加するのが一番簡単かもしれない。国内でも、もう少し気の効いたファーストエイドキットがあれば良いのにと思うのは僕だけなのかなぁ?
 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

快適で本当にお世話になったラレマンドのチェア。なんとか補修して使えないかと思案中。

Img_1599  お茶を飲んだり、お酒飲んだり、ポケーッと過ごしたり、オートキャンプで椅子は、欠かせない道具だと思う。中でも、食事にもきちんと使えて座り心地が良いという点で長らくラレマンドの椅子を使ってきた。Img_1597 同じくラレマンドのロールテーブルを購入したのは、椅子の座り心地の良さあってのことだと思う。パイプフレームに樹脂の座面を張り込んだこの椅子は、適度なクッション製を持ち、長時間座っても疲れず、幅広サイズゆえ、姿勢を変えることも自由にできた。座面下部分のアルミフレームは、優雅に弧を描き、太腿を圧迫することもない。考えられた設計だなぁと感心する。また、折り畳むと、厚さ5.5センチほどになり、2台の裏面を合わせて互い違いに収納すると、凸部分が干渉せず、この手のチェアとしてはコンパクトに収まる。Img_1600_1
 十数年前に購入したラレマンドのチェアなのだが、ついにと言うべきか、使用不能になりつつある。樹脂製の座面がプチプチと切れるのが欠点なのだが、買い貯めてあった補修用の部品がついに我が家でも底を付いた。幅が違ったり、色が違ったりパッチワークになった椅子も、次に切れたら廃品になる運命である。Img_1598
 愛用した品であるし、なにしろ、座面以外は全く問題なく使えるのだから、捨てるのも忍びなく、近々に他の素材で座面を作って補修できないかと思案中だ。一番、作りやすいのは250デニール程度の防水ナイロンかなぁ? と思っている。

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まめガスっ子のしちりん 贅沢なんだかショボいんだか?イワタニ しちりんMG-T01

Img_1601  本日、仕事帰りに立ち寄ったいつものリサイクルショップ。ついつい周回軌道状態になってしまっているのです。いつものように店内をさまよっていると、こんなもの見つけました。
 イワタニの詰め替え式ガスカートリッジ まめガスっ子。そういえば、このシリーズで以前、コンパクトストーブやランタンが出ていたよなぁ……、結構高かったから諦めたっけと思い出し、値段を見ると税込み52円。2個置いてあるから、2個買っても104円! どう考えても9割引超えてますよ、コレ。Img_1603 とはいえ、カートリッジだけあってもなぁ……と、唸っていると、視線を上げた棚の上にまめっ子しちりんが……。値段はですねぇ、575円税込み。手に取ってみると、この製品、脚部分というか胴体が焼き物ですごく重い。どーする? えぇーい、いっとけと、レジへ。打たれるレジ、金額は、1679円。
 ?????。しりちん君、一桁目が薄くて見えなかったのだけれど、1が消えてました。あぁぁ! カートリッジが52円なら、しちりんは575円が相場だろうっ……(ソンナ相場ナイッテ)。考えて見れば、どう計算すると消費税5パーセントで575円になるのかなぁと、ちと恥ずかしい計算力。欲とは怖い。
 今更、要らんともいえずお買い上げとなったのでした。Img_1604
 雰囲気はあるものの陶器製のズッシリとした手ごたえ、にもかかわらず出力は、500Kcal/hとチョッピリ。Img_1606 燃焼時間は、1時間20分あるらしい。写真を撮っていたら、家内が「そんなの持ってたっけ? チーズフォンデューの時に出してくれれば良かったのに……」と聞かれたので、今日買ってきたとは言えず、「幾らだったの?」との問いにも、思わず「500円」と答えた私。彼女の答えは「モッタイナイ」だったw。500円でも高いのかぁ……。
 ちなみにこのしちりん、陶器部分は、伊賀焼きの刻印あり。Img_1609 なんか贅沢なんだか、そうじゃないんだかわからん一品。旅館なんかだと重宝しそうな製品です。
 まめガスっ子カートリッジの方は、アダプタを作って、テーブルランタンに使えないかなぁと思案中でございます。それより、中古のまめっ子ガスランタン探した方が早いって、ご意見のあなた。その通りだと思います、タブン。

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (1) | トラックバック (0)

でっかいどー! 明るいどー! コールマン リモート レトロ ランタン

Img_1581  ランタンにリモコンついて7メートル先から、コントロールできるんだってさぁ。へぇーってな具合で、今年買ってしまったコールマンの蛍光灯ランタン「リモート レトロ ランタン」。明るさ15Wのスパイラルチューブ蛍光管を使用して、ホゲッ!と思うほど明るい。調光機能は、HI、LOW、NIGHTLIGHTの3段階。リモコンのボタンをポンと押すと順繰りに切り替わってくれる。Img_1583
 我が家には、もう一台、10年選手のコールマン蛍光灯ランタン8Wモデルがあるのだけれど、これと比較すると。大人と子供ほど明るさも大きさも差がある。Img_1578 635と比べて、ようやく「キミ、少しコンパクトだねっ」と言える巨大さである。Img_1579
 重さに至っては、本体重量950g。電池が単一8本で1040g。総計1990gという重さになってしまうのだ。Img_1580
 連続点灯時間は、HIGHで14時間、LOW(70パーセント発光)で26時間使用できるのだが、電池代もバカにはならない。100均で1本100円として、8本で800円。レギュラー価格の値段では、恐ろしくて考えられないコストとなる。
 じゃぁなんで買ったの? と聞かれると、またまた困るのだけど、我が家の場合は、キャンプ用としてよりも、お庭でバーベキュー用に購入。電池は、近所のリサイクルショップでアルカリ電池を1本50円で購入している。

Img_1585  これからこの手の蛍光灯ランタンを買う方へのアドバイスとしては、大きな車で何でも積み込め、ランニングコストの気にならない方にはオススメします。車も小さく年に数度のキャンプであれば、これほど大きなモノは要らないと思う。Img_1591 テントは寝床、ちょっと遊ぶらけと割り切って普通の懐中電灯で十分ではないかなぁ? テントが楽しい子供たちには、ほの暗さもまた新鮮なのだよね。まぁ、火を使うランタンは危ないと思う方には、おすすめします。言ってもワカラナイ時期ってどの子もありますから。Img_1595
 また、お庭で使いたいという向きには、この一つ上の20Wタイプをおすすめします。AC・DCアダプターが使えて便利ですよ。

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

モジモジ君遊びもできるアウトドア用アンダーウェアで、暖か楽しいキャンプ生活。

 ブルブルブルッ。本日、実に寒いでござる。我が家もストーブをガタガタと引っ張り出して、冬支度スタート。キャンプやトレッキングに出かけるにしても震える季節の到来です。で、本日は、アウトドア用のアンダーウェアも引っ張り出してきました。Img_1568
 季節の良い時期のキャンプならいざ知らず、寒い時期のキャンプでは、衣類にも気を使います。暑いのは我慢できても、寒いのばっかりは、なんともならんのですよね。
シェルターにストーブを持ち込んで、ぬくぬくと過ごすキャンプも良いのですが、どうせキャンプに来たのなら、お外で元気に遊びたい。そのためにはやはり、アウトドア用の防寒アンダーウェアは欠かせないアイテムとなっております。
Img_1569  そのまた昔は、REIなどから輸入するぐらいしかなかったこの手のアンダーウェアもモンベルやゴールドウィン、ミズノなどが、手がけるに従ってかなり手頃なお値段になってきた。Img_1570
また、遠赤外線放射素材、蓄熱保温素材、水分特性吸湿素材、ストレッチ素材など、様々な高機能繊維の開発によって、登山、スキー、クロスカントリーなど、用途によって選択肢が増えてきているのもありがたい。Img_1571 天然素材モノも含めて自分のアウトドア生活にピッタリの製品を探してみるといい。
 たとえば、ただジッとしているだけのオートキャンプのような使用状況なら、厚手の蓄熱保温素材や遠赤外線放射素材がおすすめ。また、こういった素材のアンダーウェアは、アウトドア用品専門店だけでなく、近所の大型スーパーでも取り扱っている場合が多い。Img_1572 お爺さんのラクダじゃんなんて言っていないで一度試してみることをおすすめします。タブン手放せなくなりますぞっ。家族分一式を揃えるとかなり勇気のいる値段になるので、試しに寒さに弱い女性の分でもチャレンジ。私だけじゃ悪いから、家族の分もという展開に期待しましょう。我が家は、そうでしたw
上下揃いのカラーで買った場合、特典として、ついでにモジモジ君遊びもできます。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

今手に入れるなら、たとえば、こんなのとか。 エアモンテ(AIRMONTE) 備長炭 丸首長袖シャツ
エアモンテ(AIRMONTE) 備長炭 丸首長袖シャツ

 

 

エアモンテ(AIRMONTE) 備長炭 スポーツブラ
エアモンテ(AIRMONTE) 備長炭 スポーツブラ

 

エアモンテ(AIRMONTE) 備長炭 9分丈スパッツ レディース
エアモンテ(AIRMONTE) 備長炭 9分丈スパッツ レディース

 

モンベル(mont-bell) メリノウールL.W.(200)ラウンドネックシャツ
モンベル(mont-bell) メリノウールL.W.(200)ラウンドネックシャツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元祖モノポールシェルター ブラックダイヤモンドのメガミッド

Img_1529  昨日、ツーリングポイントの試し張りのついでに、ブラックダイヤモンドのメガミッドも張ってきた。モンベルやシェラデザインなど、今や多くの製品が発売され、一般的な存在となった感じのモノポールのピラミッド型シェルター。小型テントでもなく、タープでもない、実用ぎりぎりでトレッキングにナニが必要か? を形にしてくれた製品だと思う。
 僕のモノポールシェルターは、初期型のブラックダイアモンド メガミッド。国内で発売されると待ってましたとばかり、すぐに購入を決めた。Img_1533 ソロテントで出かけると、小さなテントの中にザックを放り込むのでは、なんとも窮屈な思いをすることになるし、雨が降れば降ったで炊事も小さな前室フライですることになり、なんとかならんかなぁ?と思っていたのだ。フライを別に持って行くか? と考えて、この製品の発売直前にモンベルのミニヘクサタープを購入したばかりだったのだが、これなら、オールウェザーブランケットがあれば、ごろ寝もOKと踏み切った。結局、ミニヘクサは、ソロのキャンプでまともに使った覚えがない……。Img_1537
 実際、ブランケットとシェラフカバーがあれば、快適に過ごせる。ただし、僕のメガミッドには、最新型が装備しているベンチレーターは無いので煮炊きでは、どうしてもかなり結露する。 まぁ、入り口のチャックに沿って一直線にベルクロが縫い付けられているので、この部分で換気調整すれば、なんとでもなるのだが。また、オプションのフロアシートの設定も当時は無かったため、接続用のループも存在しない。
 270×270と大型なため、多人数(4人程度)でも寝られそうに思うかもしれないが、ウォールの傾斜がそれなりにキツイため、快適に使うなら二人が限度だと思う。Img_1532
 また、積雪時には、雪の重みに耐えられるだけのテンションをかけて設営することはほぼ不可能で、徐々に周囲から埋没し、居住スペースはより限られたものとなる。数時間毎の除雪は必要だった。また、地面が平面なら良いのだが、裾部分をペグダウンする構造のため、傾斜地だとどうしても歪んだ形での設営となる。トレッキングポールでも設営可能だが、付属するポールは4本繋ぎで最下段はラチェット式の長さ調整機構を持つ。
 シェルターとして使い勝手がよい製品だが、グループ装備の荷物置き場として設営すれば、テントの居住スペースに余裕が生まれる。
 ソロで使うには、少し大きいかなぁという印象だ。
 

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

モンベル(mont-bell) モノポールシェルター
モンベル(mont-bell) モノポールシェルター

国産代表のものシェルターは、このモンベル製。モスキートネット付きベンチレーターなど僕の初期型メガミッドより、完成度はもちろん高い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

泣く子もいつかは成人に。お庭でダッチ&燻!

Img_1556  ほろ酔いというより、結構飲んじゃったぁ。という、UPですんません。本日は、猫ならぬ、ネズミの額ほどの庭でダッチ&燻! かつて、森で「お父さ~ん」と叫んでいた少年も20歳。ワイン飲んで、ホッピー飲んでの時間を過ごして、なんだか幸せ。
Img_1540  料理の方は、こんな感じでありました。
最近キャンプで作って美味しかった金目とアサリの蒸し焼きをメインにImg_1557 大根とスペアリブの煮込みスープ、まぐろのカマ焼き、カツオのミゾレサラダ、生ハムチーズ巻き、シャコの塩茹で、蛸とホタテの燻製ってところでしょうか?
Img_1547  特にオススメは、金目とアサリの蒸し焼き。玉ねぎ、ジャガイモ、にんにくを敷きこんで、金目とアサリを乗せ、きのこ類、プチトマトを放り込んで、塩、胡椒、ハーブ適量入れて焼き上げるだけ。スープのパンを浸して、ワインをグビリとやれば、至福のひと時がやってきます。Img_1541 Img_1544
 取りあえず、公園でテントも張ったことだし、良い週末かな? とも思います。明日は工作シリーズがんばります。

そういえば、ランキング、16位まで来てしまいました。ありがたい限りです。御礼申し上げます。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そのミシン不調につき。マウントダックス ツーリングポイント3 フライ補修中断。木霊する子供の呼び声を思い出す。

Img_1518  昨晩というか、今朝方、チクチクと縫い直していたマウントダックスのツーリングポイント3というテント。本日、ダダダッダダッとミシン掛けして完成と相成るはずが、ダダダッガガッで止まったまま動かないマイミシン。バラシテみてもダメなので、取りあえずそのまま試し張り。Img_1519
 ボトムに小さな穴を発見したりして、やっぱりたまには、近所で張らないとやばいなぁと再認識。補修箇所も、なんとかテンションに耐えられるようなのだけど、場所が場所だけにミシン直したら、やはり縫っておいた方が良さそうだ。Img_1521
 このテントでの最大の思い出は、友人と家の子二人の合計4人で出かけた秘湯探し。テレビなどでもお馴染みの温泉評論家 野口さんが「こう行って、ああ行ってガーッと登るとあるよ」というので出かけたもののなかなか発見できず、夕暮れも近づいて来たので、友人Tと私がバラけて探索。息子二人は、森の中でお留守番。必ず戻ってくるから、待っててねと言い残し、探索へと出た。Img_1522
 ようやくT氏が温泉を発見し、子供を残していた地点へと戻る道すがら、ナニやら声が聞こえてきた。
「Tさ~ん! お父さ~ん!」「帰ってきてぇ~っ!」「Tさ~ん! お父さ~ん!」木霊し、連呼される子供たちの声。Img_1525
 ありゃりゃ、心細かったのかぁ。まぁ、そりゃぁ、そうなのですよね。小学4年生と2年生で森の暗闇が迫ってきたら、ガクガクブルブルとなっても仕方ない。僕なんていまだに怖いもの……。二人の元へ辿り着くと、涙をためてのお出迎え。
 温泉はあることはあったのだけれど、崖の上。テントを張るにもこのツーリングポイント1張りが精一杯。前室は作れず、テントを開ければ、すぐそこは湯船と言う設定。調理スペースも取れないため、大人二人は湯船につかりながらの調理作業。部屋付露天風呂ならぬ、テント付露天風呂状態。Img_1523
 もちろん調理しながら、お酒も飲むのですが、逆上せてしまってお酒が回る回る。食事を終えて、風呂から上がれば、すぐシェラフがあるので便利といえば便利なのですけどね。もう一度行く? と聞かれれば、日帰りならねっという温泉でありました。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜なべ仕事に裂けたテントのフライを縫う。

 気に入って使っている道具が、壊れてしまうのは、なんとも悲しい出来事だ。このマウントダックスのテント、ツーリングポイント3は、シンプルなフレーム構造で建てやすく寝るだけキャンプでの出番も多かった。特別軽いわけでもなく、取り立てて紹介するほどの突出した部分はまるでない。あえて挙げるとすれば、このサイズのテントとしては比較的大きめな前室ぐらいのものかもしれない。とはいえ、その手軽さから、数人での歩き旅での共同装備や、父子キャンプで随分お世話になった。
Img_1514  そんなこのテント、ある日、フライをかけショックコードを引いたところ、ビビッと裂けてしまった。
 その後持ち出そうとする毎に、ああ、破れてたんだったと思い出し、お留守番。いつか直さなければと思いつつ、ずいぶん長い時間が過ぎてしまった。本日、なにやら落ち着かず、眠れそうにも無かったので、押入れの置くから引っ張り出して、コツコツと修理をしてみた。Img_1513 裂けた部分の縫い目を大きめにほどき、布地をくるむ形でリペアテープを巻き込む。糊付きのリペアテープなので、小さな穴なら取りあえず貼り付けるだけでもOKなのだが、ここまで大きく裂けてしまってはそうもいかない。ほどいた糸のミシン目跡に沿って久々の針仕事。母さんは夜なべをして手袋を編むけれど、おっちゃんは、テントの修理である。パイピングをし、ショックコードを縫いつけ取りあえず今夜の作業は終了。Img_1515
Img_1516  明日、できればリペアテープの外周に合わせてミシンがけをして、公園で試し張りでもしたいなと思う。裂けていたのは幸いフライの下部分なのでシームテープは貼り付けなくても大丈夫だと思う。Img_1517 そういえば、昔は小川キャンパルでも、持ち込み修理してくれたなぁ。おじさんがミシンがけして……。修理すれば、それなりに長持ちするのだよなぁと思う深夜なのでありました。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

BYOでビヨンビヨン! キャンプにお酒持って行くためのバッグ

Img_1508  近頃ダイブ酒量が落ちてきているのだけれど、昔は結構イケルクチ。テクテクと歩いて行くにも、麓の酒屋で1升瓶買って、小さなボトルに小分けして、ヘロヘロ歩いた。道具の重さにはコダわるクセに、なぜか酒の重さには鈍感な私。だって、山の中で呑むお酒って旨いんだもん。ペットボトルが世の中に行き渡った頃は、なんとも嬉しい気分。酒を空いたペットボトルに移し変える度に、いいもん出来たなぁ……と、一人感嘆していたものだ。
 時は移り、歩きからクルマのキャンプがメインになりつつあるこの頃でも、やっぱりコソっとお酒を持って行ってしまうのですよねぇ。街の中ではあんまり呑まないのになぁ。やっぱり、自然の中で呑むお酒は旨いのですよね。
Img_1506  で、コソっと荷物の中に放り込むお酒の瓶。沢山のキャンプグッズに囲まれて、カチャカチャガチャガチャと騒々しい。同時に割れやしないかと心配にもなる。
Img_1507  そんなお酒好き御用達の製品が、このBUILT NY製BYOボトルバッグだ。BYOとは、Bring Your Own(ブリング ユア オウン)の略で、持込歓迎ってな意味。マイボトルをあちこちに持ち運ぶためのバッグってことですね。素材は、ウェットスーツなどでお馴染みのネオプレーン。それゆえ、多少の衝撃も防いでくれるし、若干ながら保温性も高い。それでいて使わないときはコンパクト。Img_1509 まさにうってつけのキャンプ用酒瓶キャリヤバッグなのである。1本用2本用、6本用、ランチバック、ベビー用など色んな種類があるのもいいなぁ。

 地べたキャンプなら、お尻に敷いても冷え防止に効果的!(ってホントか?)。完璧に週末はキャンプモードになっていたものだから、お酒もそれなりに用意したりして……。どーすんだ? これ、週末自宅で飲むしかないのか。いい酒飲んでないなぁって、余計なお世話じゃぁw
 輸入用品店で入手可能。楽天やヤフオクでも手に入るこのバッグ、オススメです。もちろん、お酒以外でもOKっす。 

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コストコでレキサンのウォーターボトルが激安! 買わずにおれるか? 

 今週末もちょろんとキャンプ、或いは山歩きにコソコソでかけようかなぁ? と思っていたのだけれど、諸事情で遠くは行けんなぁ、タブンご自宅モードだろうなぁと思う週末近しの午後。でも、いいことあるもんね。なんと!ですねぇ、人気ブログランキングで17位ですよ、17位。アウトドア総合でも66位と驚きのランクアップ。なんだかCDデビューを果たした新人歌手がオリコンチャートに一喜一憂している姿を想像してしまいました。おっちゃんですが……。皆様、ありがとうございます。
Img_1500  で、昨日、ヤケ酒ならぬヤケ散財にコストコへと出かけたワケですが、ライトセットの他に、買ってしまったのが、ウォーターボトル。この手の水筒、有名なナルゲンのボトルにしても素材がポリカーボネイトのレキサン樹脂なワケですから、すぐに傷が付いてギタギタになるであろうことは想像に難くなくなんとなく購入には踏み切れないでいたのです。しかも、ナルゲンの製品、かなーりお高い……。もうちょっと足せば、ラーケンあたりのアルミが買えると思うと手を出せないのですよねぇ。
 が、コストコで見つけたコレは! 1236円。しかも4本でのお値段。オマケにアクセサリー用のカラビナまで付いてくる。ジャパネットのインフォマーシャルあたりなら、「このカラビナだけでも1個300円では市販されています。とってもお得」という驚きの内容。Img_1497
 この手のハードボトルは、ザックのボトルホルダーに入れておくと、知らぬ間にポロンと落ちてしまうことがあるので、このカラビナはありがたいオマケだと思う。ボトルの周囲には、滑り止めのゴム系素材が巻かれていて、濡れていても滑りにくいようにとの配慮もニクイ。Img_1502
 また、この手のボトルで気になるのは水漏れ。こちらも一応考えられていて、蓋の裏側はダブル構造。スリットにボトルの縁が入り込む構造。タブン漏れないのではないかなぁと思う。そして、製造メーカーは、アメリカのアウトドア用品メーカーでも大手のケルティ。ザックから、テント、アクセサリーまで、幅広いラインアップで展開するメーカーだけに信頼性もそこそこあると思う。Img_1504
 それでいて1個当りの単価は、308円ですもの。買わずにおれんでしょ? 安さにつられて後先考えずに買ってしまったものだから、どう使うかは、今後の検討課題。さしあたりダナのザックに着いてきたドリンクボトルと差し替えて使おうかなぁと思っております。
 
 これまたコストコがお近くの皆様、お買い得です。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビューン! 飛んでったバナナじゃなくて 飛んでった○○

海沿いのキャンプに出かけたら、釣りをします。子供も喜ぶして、天気の良い日にポケーッと、海と空とグルンと輪を描くトンビを眺めて過ごすのは気持ちのいいもの。
 で、一番の思い出は、防波堤側のキャンプ場で仲間で過ごしたときのこと。子供と私がチョイっと投げては五目釣り。大してまともな魚がかかるワケでもないのだけれど、細いアナゴやら、チビカレイだの、ハゼだのがポツポツ上がっておりました。当時、3年生と1年生の上二人は、そんな小物でも楽しそう。そこへやってきた友人のKさん。もっと遠くへ飛ばしてあげると、子供の竿を取り、びゅーん! チャポーン!

へぇっ? 思わず目を疑いました。仕掛けもろとも竿までが飛んで行ったのです。言葉を失い水面に広がる波紋とKさんの手元を交互に見やる一同。氏の手元には、竿のグリップ部分だけがしっかり握られておりました。
 アハハっ! 思わず腹の底から込み上げる笑い。子供も驚きの表情を隠せぬものの笑っております。1セット2~3000円程度のものですから、さほど惜しいとは思いませんでしたが、やっぱり安いのはダメダメだなぁというのが率直な感想。Kさんには、後日、新品のセットを買っていただき、無駄な散財をさせてしまったなぁと、今でも申し訳ない気分。
チョロンとしか投げられない投げ竿、意味無いなぁ……。Img_1390 最近、子供用にこんな竿を買いました。ロッドだけで、3980円。一応カーボンだし、これならダイジョウブと思いたい。

蛇足 ナチュラムで似たようなものを見つけたので、ユーザーコメントを送ったのだけれど、掲載されず仕舞い。良い評価も悪い評価も載せて初めて口コミのシステムって意味があると思うのだけど……。ナチュラムの姿勢、ちと疑問が残ります。ファミリー釣具を探している方、そこそこのものを買いましょう! このブログ、ナチュラムにトラックバックしたら載るのだろうか?

追記:ナチュラムさんの商品に送ったトラックバック、繋いでくれました。でも、同じような内容のコメントはぺけ。買わなきゃ載らないのかもしれない……。 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

チェアの名を冠した二つのトレッキングチェアのスタンダード

ポップアップチェアをご紹介したところで、芋づる式にチェアつながり。で、コレです。Img_1444 ザ・クレージー・クリークのチェア。クリークといえば、ザ・バンドのクリプルクリークが僕の中で占める割合が異常に高いのだけど、こちらのクリークもなかなかのモノ。
 今では、あちこちのメーカーから座椅子的なものが発売されているけれど、その草分け的存在がこの製品。Img_1443 山行って、焚き火して、地べたに座る時にこんなのあったら楽ちんだよなぁと購入したのだけれど、出撃したのは2度ほど。
2枚のエバフォームをナイロンの布で包み、ベルトで固定した単純な作りなのだけど、地面からの冷えも防いでくれるし、快適。でも、収納面では、あまり小さくならないので歩き旅には不向きかと。Img_1445 また、オートキャンプでコレっていうのも……。結局、これまたリビングで子供がゲームをするときに多用されていた。時には、家内と取り合う様も目撃。完全に自宅の座椅子状態です。
 カヌーツーリングなんかだといいんだとは思います。
 で、やっぱりコレだよねぇと買ってしまったのが、カスケードデザインのサーマレスト イッツ ア チェア。Img_1448 サーマレストのマットを折り畳んでグイグイと中に仕込ませると、ホーラ、座椅子になっちゃったぁ(マギー司郎風)。ヤワヤワから、パンパンまで、エアの入れ具合で調整できるのもミソ。Img_1447 しかも、マットを抜いて畳むと、とってもコンパクト。これはとっても重宝しました。Img_1446 ただ、地面にギザギザの石ころとかあるころでは、パンクしたら嫌だなぁ……と、ハラハラと内心の不安を感じつつ座ることも数度。メンテナンスキットは忘れずにってことで!

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米グローバルバッテリーメーカーのLEDライトセットはかなりイケテル!

本日、なにやら良くないことも起り、気晴らしに閉店間際のコストコへ。いやぁ、なに、以前から気になっていたものがあったので、ちょっと憂さ晴らしに散財しようかと……。オバチャンか? ワタシ。
Img_1473  そのうちの1点がコレ。日本では、富士フィルムが販売し、北米、欧州などグローバルに展開するアメリカの電池屋さんenergizer製LEDランプセットだ。energizerと言えば、単4型リチューム乾電池を開発し、現在、パナソニックのオキシライドと世界ナンバーワン電池の座を争う一流ブランドだ。セット内容は、LEDキーリング、ハンドランプ、ヘッドランプ、2in1ランプの4点で3000円しなかった。なかでも、気になって気になって仕方なかったのが、以前紹介したエバレディの2in1ランプのLED版。ちびっこいし、LEDだから、電池の保ちもいいだろうしなぁ……というわけ。Img_1474
Img_1477  で、気になる電池の保ちは、キーリングを除いて、50時間。Img_1478それぞれ作り込みは、チャイナ製ゆえ、すげぇ!という部分はないのですが、とりたててダメジャンという部分も無し。ヘッドライトに関しては、LEDものを既に2個持っていて、フォーカスリングの無いものは、歩行には使えないなぁ思っていたのですが、これはそれなりにある程度の距離を照らせ、そこそこいけそうかなぁという感じ。今度、ヘッドライト大集合企画でもやってみようかなぁと思う。Img_1486
 気になっていた2in1は、オススメ。色目が白色LEDなので、温か味にかける以外、実用性十分です。ちなみに海外の通販サイトを見てみたら、キーチェーンだけでも7ドルほど。お買い得かもしれません。お近くにコストコがある方はぜひ!Img_1482_1
 最近コールマンにも2in1の蛍光灯バージョンがあることを知り、そちらも気に掛かる今日この頃、そういえば、ヘッドライトの最新事情も気になるぞぉ。ブログを始めてから、散財街道驀進に拍車がかかったようにな気がするのは、気のせいか?

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人呼んでユニピーク ネットラックテーブル完成す! 

Img_1464  先日から取り掛かっているネットラックスタンドの脚延長。つぼちゃんのHPにあるようなジョイント金具を捜し求めて近所の大抵のホームセンターを車で駆け巡り、走行距離100Km。見つからず、代用品の木製ダボも他メーカーの金属ジョイントも、内径が合わずと難航。結局、つぼちゃんHPのリンク先から、ジョイント金具通販で購入、ようやく完成に漕ぎ着けた。ウヒョヒョと思わず、嬉しくなってしまうような良い仕上がりでございます。Img_1466 つぼちゃん、良いこと考えてくれてありがとうございます。家内曰く、「コレと焚き火のテーブルがあれば、1~2泊のキャンプなら、キッチンテーブルも食事用テーブルも要らないねっ」だそうであります。
 この工作のポイントは、なんといってもこのジョイント金具。Img_1468 パイプの外形サイズさえ同一なら、クリクリと回すだけで中の駒が動き多少の内径サイズの違いは問題なくピタッと止まる。Img_1471 優れものだなぁ……。これを作った人も偉いし、見つけた人も偉い。ありがとうございます。私は、真似して作っただけですから……。

あるといいなの工具 

パイプカッター ホームセンターで600円ぐらいから高級品まで

バリ取り、面取り用の工具 ヤスリなど。

以上。。

工作づいてしまったので、現在、2点ほど同時進行で作成中。

1点は、アルミ製ランタンスタンドで、現状こんな感じ。Img_1463

もう1点は、素材にピッタリじゃんという、ネクタイハンガーを発見して小躍りしている状態。さて、このハンガー、ナニになるものやら……。Img_1472

公開はカミングスーンなつもり。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

スノーピーク(snow peak) ネットラックスタンド
スノーピーク(snow peak) ネットラックスタンド

単体でも食器や食材置き場として使いやすさで評価が高い。

と、


ユニフレーム(UNIFLAME) キッチンスタンド用 追加天板

ユニフレームのキッチンスタンドの使い勝手をより良くするオプション品。 組み合わさると、ユニピーク ネットラックテーブルに改造可能。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

本当にウンマイ ホットサンドを食べたければ、やっぱり鋳物のホットサンドメーカーですぞっ!

キャッ! 25位! 瞬間風速にしても嬉しいランキング。おっさんマジで踊っております。イメージしたら、ダメダメ。怖いから。皆様ありがとうございます。

Img_1455  先日買っちゃったとご報告した及源さんの天火ホットサンドメーカーなのだけれど、本日、釜開きならぬホットサンド開きしてみました。コンロの上で鈍く黒光りするホットサンドメーカー2発。格好ぇぇーっ(完全にアホです)。まず、挟む具材を用意して、食パンにガッツリ載せます。本日の具材は、卵にシーチキンに、ハムにチーズとスタンダードなもの。いつもより余計に載せたのは、写真に撮ってお見せするからという見栄ではなく、これだけがっちり押さえ込める道具なら、かなり具の量が入ってもダイジョウブと判断したため。Img_1457
 ホットサンドメーカーは、最初がっちり加熱して、あとは中火から弱火の間でOK。パンの耳が多少はみ出しても強引に挟み込む。Img_1460 このときも微動だにしない鋳物ならではの強固さで、ギュギューッとプレスできるのは、この道具ならでは。バウルーでは、しなります。で、焼き始めてビックリ。熱の周りがとても良いのでしょう、綺麗に全体が狐色に焼けるのですよ。しかも、最初に温度を上げておいたので、焦げ付きも無し。上下に簡単に分かれるので、お皿にもポンと移せます。そしてですねぇ。表面バリバリ、中は柔らか熱々のホットサンドが完成するです。カリカリ、バリバリ好きには堪えられんですよぉ。
Img_1459  ウムムムム。これだとですねぇ。テフロン加工も要らないし、プレスもキチンとかかるし、バウルーの出番なくなるかも。というか確実に無いですね。焼くのが間に合わなくて4丁拳銃が必要な時ぐらいでしょう。タブン。
 うちには、電気で焼き上げるホットサンドメーカーもあるのですが、厚めに具を挟んだときにバキッと音を立てて単純骨折してしまい廃品に。その後いただきものでもう1台手に入れたものの、使わず仕舞い。ちょっとそこの奥様! ホットサンドメーカー買うなら鋳物ですよっ! 道具で料理は変わると確信する逸品です。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

コレ欲しい! 買っちゃおうかな? と言う方はこちら。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ラフマ ポップアップマキシは、究極のキャンプ用リラックスチェアだと思う

オートキャンプに出かけたら、ゆったり寛いで過ごしたいもの。そこで重要なポイントになるのが椅子選びだと思う。
Img_1442  我が家がオートキャンプを始めた頃、別段キャンプが好きでもない家内(当時はむしろ嫌いかもしれない)が、快適でなければ次のキャンプは無いだろうと、かなり無理をして道具を一気に揃えた。結果、椅子までに予算が回らず、無名メーカーの布張りチェアを購入。この製品、太もも裏にパイプが通り当ってなんとも座り心地が悪い。しかも、1年保たずして破損。当時1脚2500円ぐらいだったかなぁ。その後、ラレマンド、ガタパウトと続く椅子を遍歴したわけだ。Img_1438 そして最後に購入したのが、このLafuma ラフマのポップアップマキシだ(と言っても、既に15年も前の話だが)。フレキシブルジョイントで繋がれたアルミフレームに布が被せられていて、開くとビヨ~ンと椅子になる。Img_1439 ハイバックタイプでないポップアップチェアもあるのだけれど、背もたれが高くリラックス指数は、マキシが上。これだけリラックスできて、収納サイズは12×116とコンパクトになる。重さも約2キロ。似たような形で座り心地とそのデザインで高い評価を得ているスノーピークのTake! チェアロングも魅力的なのだけれど、座面が広い分寛いだ状態での座り心地と軽さではこちらが上。Img_1440 しかも、座面の布は、マジックテープで留められているだけなので、汚れたらいつでも取り外して洗濯することができるのもありがたい。収納性、軽さ、座り心地のバランスが取れた究極のキャンピングリラックスチェアだと思う。子供たちや家内は、家のリビングでも引っ張り出しては自由な位置に置いて座っているぐらいだ。これも軽さと座り心地の良さゆえだと思う問題は、座りが深くて一度座ると立ち上がりたくなくなってしまう点。座面が低いため、食事には向かない点だ。
 ラフマ社といえば、1930年代に世界で初めてメタルフレームの使ったバックパックを開発したフランスのアウトドアブランド。現在では、ウェア、バッグ、シューズから、家庭でも使えるアウトドアファニチャーなど多方面に展開。僕がとくに気になるのは、一連のリラックスチェアシリーズ。例えば、R3000やリングチェアだ。これで青空でも眺めながら過ごした日には、気がつけばうつらうつらと夢の世界へ……。でも、いかんせん折り畳んでもデッカいのですよね。Img_1441
 ラフマのポップアップマキシ。知名度が低く、デザインも特徴的なためか、オークションなどに出品されても格安で落札されていく。見かけたら、ぜひGETしてみるべきだと思う。現在日本には正式に輸入はされていないようだが、一部並行輸入品を扱うショップで入手することができる。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

 

lafuma(ラフマ) MAXI POP UP (IN PACKAGE)
lafuma(ラフマ) MAXI POP UP (IN PACKAGE)

 

 

 

lafuma(ラフマ) MAXI POP UP (IN PACKAGE)
lafuma(ラフマ) MAXI POP UP (IN PACKAGE)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

シンプルデザイン、灯すとカッコいいEPIランタンLFA

Img_1430  ガスランタンの2大ブランドと言えば、一昔前はプリムスにEPIだった。最近は、EPIに代わってスノーピークか、ダークホースZIPPOあたりが来るのかな? 旧2大ブランドのプリムスは、かなりラインナップを絞ってしまった影響もあって、現行モデルより、廃番品に、人気が集まりオークションでもとっても高値。新品価格よりも高価に取り引きされているモデルもある。Img_1428 ああ、それなのにEPIのモデルときたら、人気無いですねぇ。取り立てて特徴の無い点がネックかなぁと思います。ブラスのランタントップも無いし、影が一切できないモデルも無い。特別風変わりなデザインのモデルも無い……。まさに無い無い尽くしでは仕方ないかなぁとも思うのです。Img_1424
 でも、こうしてみると、なかなかイケてるデザインだなぁと思います。特に点灯してみるといい感じ。シンプル・イズ・ベスト! 飾っておくならまだしも、ランタンは使ってナンボの実用品。火をともした姿にこそ値打ちがあるってことを再確認したEPIのランタンLFAなのでした。
 我が家にあるLFAは2台。赤いノブの1台は自動点火装置付きのモデルだ。オートモデルで重量は365グラム。250缶で燃焼時間は、7時間半ほど。Img_1432
 マントル周りで加熱してガスの気化効率を高めるLFA機構付き。これってつまり、万が一倒しても生ガスが出にくく、炎を吹き上げにくいって副次効果もあるのです。また、マイクロアジャスト機構で明るさの調整もしやすい点も大きな特徴。Img_1434_1
 ランタントップなどが錆びやすいってことには目をつぶって、実用性とシンプルデザイン。意外とEPIいけてると思う。Img_1435 なんで2台あるのかって? それはつまり、いつも通り投げ売ってたから……。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年 グッドデザイン賞受賞加湿器 ±0 忍耐いるかも? の使い心地

 ブログランキングに参加して以来、日々、ランキングUPにビックリしているのですが、本日ついに1枚目。登山、キャンプ部門で20位代。えぇー、本当なの? ありがとうございます。

Img_1417そろそろ朝晩冷え込む日々が増えてくる季節。そうなると、ソロソロあれ出さなきゃなぁと思うのです。一つはストーブ。もう一つは加湿器ですね。それでなくても冬場は乾燥しますから、喉の弱い子供たちを抱えた我が家では、一部屋に一つずつ加湿器を置きたいなぁなどと思います。で、昨年導入したのが、このプラマイゼロの加湿器。私としては、もう少し大人しい色目が欲しかったのですが、在庫一掃セールの在庫は、ズバリこれでした。Img_1418 加湿器らしくないデザインがなかなか面白く、和室以外のどこに置いても違和感を感じないデザイン。逆に言えば、違和感ありすぎで、誰も加湿器だとは思わない存在であります。
Img_1419  ツルンとした表面の謳い文句は、陶器のような美しさ。プラスチックの表面のつなぎ目は手作業で埋めたとう。実際使ってみると、機能面でもデザイン面も問題はないのですよ。2005年のグッドデザイン賞を受賞しただけあって、とても優れているプロダクツデザインだと僕も思います。
 タンクになっている上部分を外して、逆さまにすると、折り畳みの取手が現われ、タンクだけ持って水場に持って行けるのも素晴らしい。Img_1422 でもねぇ、こうして使うと、水入れ時に置く場所によっては、上面のツルンとした部分に徐々に傷が入っていくのですよ。
 ツルンが一つの売りなのになぁ……。ということで、デザインとしては素晴らしいけれど、デザイナーが実際に使わなかったから、ダメな部分が残ってしまった悲しい製品ともいえるでしょう。でも、ほらっ、格好いいでしょう?
 これから買おうと思っている方、水入れ時には、ムートンなど傷つけない素材の上に置いて給水しましょう。グッドなデザインって、やっぱり忍耐が必要なんですねぇ。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリムスIP-2243 こんな延長五徳もありましたねぇ

先日、アウトドアショップに行った際、ふと目に付いたのがコレ。Img_1411
 パッケージも、台紙も黄ばんじゃって大変なんですから…という一品。燦然と輝く特価品100円のシール。あらまぁ、2243の延長五徳じゃありませんか。しかも僕の持っている折り曲げタイプではなく、後載せサクサクタイプ。先日の2243の回でも書いたのだけれど、折り曲げる後付タイプは、バーナーや輻射板と干渉して、少しばかり使いづらい。その後発売されたのが、このタイプの延長五徳だった記憶がある。Img_1412 確か、たったこれだけの商品にそんな値段出せるかと思ったのも思い出した。特価シールの下の元値は、1050円(多分、税込)……。今でも絶対買わないと思う。でも、税込100円ですからと買ってしまうのが我が身の情けなさ。
Img_1414  で、付けてみた感じでは、かなりスカスカ。鍋を上に載せることで安定する仕様。炊飯したら、そそくさと片付けないと、確実に明朝、もしくは泥酔した深夜、紛失する仕様でもある。Img_1416 まぁ、こうゆうオプションを使うってことは、共同で装備を分散して山に入り、早寝、早起きの行動となるから、無くさない……タブン。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

現在、試写進行中! オリンパス トリップ35

Img_1409  ここのところキャンプ道具ネタばかりで、カメラの話題が無いなぁと自分なりに気になっていたのだけれど、バックナンバーを見てみると、この前書いたのは、11月2日のオリンパスペンFなのですねぇ。とはいえ、その間、全くカメラをいじっていないわけではありません。先日入手したFには、フィルムを詰めて試写中ですし、その他のカメラもイヂイヂしております。でも、ペンFのフィルム残量の減らないこと、さすがハーフです。
 で、オンボロカメラファンの皆様お待たせいたしました。久々にオンボロネタです。(マッテナイッテ)
Img_1410  本日はですね。またオリンパスかいっと言われてしまいそうですが、トリップ35なんですわぁ。このカメラ、前回のFを購入したお店でおまけ的に付けてくれたもの。おまけなんだけど、大したスレもなく外観は綺麗なもの。ファインダーもクリアだし、露出不足時の赤ベロもきちんと出る。全くノープロブレムな固体であります。で、こちらも現在フィルムを入れて、試写中。1968年生まれのこのカメラ、考えてみれば、40年近く前のもの。それなのに手を入れずともこれだけ綺麗だと感動すら覚えてしまいます。
 付いているレンズは、Dズイコー F2.8、40mm。シャッタースピードは、1/250、1/30の2速でEE制御されています。暗い時には、一気に1/30まで減速されてしまうワケですから手ブレには注意が必要です。そして、距離計無しのゾーンフォーカス。巻いてシャッターを押したら良く写るという手軽さと低価格から、ロングセラーになったのもうなづけます。実際、持ち歩いても金属カメラの割りに軽く(実測370グラム)持ち歩いても苦にならないカメラです。
後日、プリントが上がったらこちらにもUPしようと思っています。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

 

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スノーピークとユニフレーム夢の競演! お手軽ネットラックテーブルできちゃった

Img_1400  つぼちゃんのスノーピーク・ネックラックスタンド(CK-021)の改造記事を拝見して、とっても刺激を受けたのだけれど、脚の延長+天板製作にかかる費用を計算すると……1680円(脚延長)+3600円(天板製作)になる。結構かかるなぁ。それに天板塗るのも一手間だしと、暇人なクセに頭を悩ましておりました。ところが、昨日、キャンプ用品店で家内が「こんなのあったよ」と差し出すモノを見て、あらまぁとヒラメキました。
 それはユニフレームのキッチンスタンド用追加天板(定価税込み2900円)だったのです。ユニフレームのキッチンスタンドやバーナースタンドに天板を追加するという製品なのですが、スタンドと天板の接続はよくあるベルクロで留めるだけというタイプ。これなら、ベルクロの位置を変えるだけで使えるなぁ、しかも天板を塗る塗料も手間も省けるし……ということで、お買い上げ。Img_1402
 帰宅後、ネットラックスタンドを組み立て、追加天板を載せると、ビンゴ~っ! まさにピッタリ。ユニフレームさんがスノーピークさんのために作ってくれたような仕上がりではありませんか。しかも、2大メーカーのロゴの競演アイテム誕生です。Img_1404 Img_1406
 で、脚延長してないのでは? というアナタ、正解です! 本日調子に乗りまして、スタンド脚の延長化にも挑戦したのですが、惨敗。ジョイント金具が無かったため、木製の14ミリダボをはめ込めばいいじゃんと、いい加減な目論見で改造。結果、ネットラックスタンドの脚は外径16ミリなのですが、内径15ミリ。肉厚0.5ミリの軽量設計だったのです。Img_1399 そのため、ダボを入れてもスッカスカ。素直に接続ジョイントを買おうかなぁと悔い改めた1日でありました。

もちろん、天板を含めつぼちゃんの本格仕様の方が強度的に優れていることは間違いありません。できれば、ああしたかったなぁ……。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

 

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キャンプ用クーラーといえばコールマン 欲しいけど買えないワケ スチールベルト40

 昨日も御礼とご報告いたしましたが、ランキングクリックありがとうございます。気がつけば62位。びっくりしております。

Img_0803  さて本題です。キャンプ用クーラーと言えば、どうしても気になってしまうのがスチールベルトシリーズ。最近復刻されて、レッドやグリーンに加えて、ステンレス梨地外装のものもラインナップに加わり、実は私もカッチョいいではないのとドキっと目を奪われました。
「畳みとクーラーは新しい方がいい」という格言通り、断熱素材の進化で古いものより新しい物の方が間違いなく氷の保ちはいいのですねぇ。キャンプ道具については古めのデザインが好きな私なのですが、こればっかりは外見よりも中身でしょ? というのが率直な気持ち。Img_0802
 でも、それを阻むのが、ほぼ20年もののスチールベルト40君。コールマンらしからぬ銀色塗装もあちこち痛んできておりますが、なかなかどうして元気に現役。Img_0804最新の同クラスクーラーと比べれば、性能的に落ちても大きな不満はないのですよねぇ。56リッターも容量があると持ち上がらないしなぁ……などと買わない理由を考えておりますが、投げ売っている現場に出会えばレジに並んでしまう予感大な製品であります。Img_0806  キャンプ場でよく見かけるステンレス外装よりも、赤やら緑の方がいいかもなぁと思うのは、天邪鬼な性格のせいでしょうか? でも、自分の古いスチールベルトを見ると、塗装が無い分、ステンレスの方がボロけるのに時間がかかりそう。迷うなぁ……。って、買わんのに迷っちゃいかんでしょ、私。Img_0805_1

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

 

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キャンプでナニする?2 ミッチェルのコンパクトに収まる釣りセット

Img_1398 キャンプに行ったら何をする? というテーマで、昨日はスタントカイト(スポーツカイト)も楽しいですよとご紹介したわけですが、釣りをするもかな~りスタンダードな楽しみ方。我が家も、これやります。
Img_1394  キャンプでの釣りの楽しい想い出といえば、渓流で山女釣りをしていたときのこと。当時、小学3年生と1年生の上二人を伴って、キャンプ場近くの沢でホイホイと釣っておりました。爆釣とはいかないものの、晩のおかずと明日のツマミ分ぐらいはなんとかというところ。もう少し釣っとこうかな……と竿を出したところ、「アッ」という子供の声。
 振り返ると、長男が脚を滑らせ流れていくではないですか……。Img_1392 まぁ、大変なことには違いはないのですが、6~7メートル流されれば、下は瀬になって浅いからと、竿を入れたまま見送る私。が、一緒に行っていた友人が勇敢にも救助に出動したのでありました。あそこで止まると思っていたまさにその場所で救出。結果、私は、釣りのためなら息子を見捨てる極悪な親父として家人にも報告され、現在に至っている次第です。Img_1393 こんな状況に出くわしたら、竿放して助けた方がいいですよ。
 で、キャンプに持って行く釣り道具なのですが、なかなか良いものがありません。私の場合、釣りはあくまでキャンプのオプション。その日の気分で釣りでもするかといった具合なので、畳んでも長~い竿を常に持っているのもねぇ……。そう思っている頃にキャベラズか何かの海外通販で見つけたのが、ミッチェルのアウトバックプロという製品。5本繋ぎのロッドにスピニングリール、小物ケースがセットになってソフトケースに収納されています。こんなのが欲しかったのよと購入しました。40ドルほどだったでしょうか?
 使い心地は、特別な高級釣具というわけでもないので、普通だと思う。
4703  この手の製品、フライ用を除いてあまり日本では見かけないのですよね。ダイワ精工は、アメリカでは販売しているのですが。しかも、キャストとフライリールがセットに含まれていて、値段から言ってもそれなりに使えそうと期待度大。日本でも発売してくれんだろうか?

19298

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

 

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

針金細工みたいに見かけは情けないけど、本当に頼もしいMSR ウィスパーライト インターナショナルは、男のストーブだと思う。

Img_1369  分離型のガソリンストーブっていいかもしれないと気がついてからは、とろ火ができるのが出た! とか、、マルチフューエルの新しいのが出た! とか聞くと、なんだか気になり試しもした。でも、結局戻ってきてしまうのが、MSRのウィスパーライト インターナショナルだ。このストーブ、とろ火は効かないし、見た目も針金細工みたいでなんともねぇ……という製品なのだけれど、とにかくこの手のストーブを最初に開発したメーカーならではの経験の裏づけが生かされている。
Img_1372  たとえば、ストーブとポンプを固定する針金は、収納時にホースを本体に絡ませるにもとても便利とか、異物が混入して故障しやすいポンプ部分は、すべてネジを使わずドライバー不要で分解できるとか、壊れようのないバーナー部分のパーツ構成とか、ホースとポンプの接合は差し込むだけなど、シンプルでありながら、でもこれでいいでしょ? って痒いところに手が届く感じに作られている。しかも、調子悪ければ、大抵その場で治ってしまうのですよ。メンテナンスキットを布ケースに放り込んでおけば安心です。
Img_1374 Img_1377  世に言う弱火は苦手なんてことより、現場で着火できないほうが困るよなと思える人にはおすすめです。最新の日本製ストーブ、凝りに凝って作られているけれど、砂噛んだらどーしよう? なんて心配にもなる製品を買ってしまった僕だからこそ、言いたい。

男なら強火でGO!だ。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (3) | トラックバック (0)

キャンプで何する? 私はコレするスポーツカイト

 歩きのキャンプなら、いざしらず、オートキャンプに行ってすることといえば、食事作って、ボーっとして、食事作って、お酒飲んで寝る。これフツーにお父さん的理想のキャンプ生活。まぁ、とりあえず、プチ・トレッキングとか、虫取りとかもするんですけどね。
 でも、子供にとっての理想のキャンプというと、遊んで、遊んで、ご飯食べて、遊んで遊んでとなるわけで、このギャップがグータラ父さんにとってはきつい所。
 で、何か一緒にできることをということで、キャッチボールとか、バトミントンとか、釣りとかもしてみるわけです。やってみると意外に面白かったりして気がつけば、父夢中なんてんことも頻発。
Img_1383  そんな我が家のキャンプ遊び道具のひとつが、スタントカイト(近頃はスポーツカイトと言うらしい)。2本または4本の糸を左右に引くことでグルングルン、ヒューンと自在にコントロールできるこのカイト。やってみると意外に面白い。スピードも思いのほか出るし、風切り音もビューッとする。僕が子供の頃、近所の公園でお兄さんが自転していたUコン飛行機より、まず間違いなく面白いのです。どのぐらい面白いかと言えば、これを目当てにキャンプ予定を組んでもいいぐらいです。Img_1385 でも、本格的なものは、骨組みはカーボンファイバーだし、お値段もマジ?って感じ。また万が一当ってしまうと怪我もしてしまうので、お勧めは、パラスタントカイト。Img_1387 パラセーリングのパラシュート部分だけのスタントカイトです。収納時は、コンパクトになってしまうし、面白さも風さえあればなかなかのもの。強風時には、小さなお子さんなど、引きずるほどのパワーがあります。雪原でスキー板を履いてこれに引いてもらうと、結構なスピードが出て楽しめます。調子に乗って遠くに行ってしまうと、戻りは基本的に人力ですのでご用心。ぜぇぜぇっ。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄器兵化進行中 天火ホットサンドメーカーは、凄くいい感じ

 昨日、ふっと思いついて始めてみたブログランキングなのですが、当人、かな~り驚いております。皆様の暖かいぷちっと一押しのお蔭様をもちまして、1日でなんとワンハンドレッド入り! スッゴいなぁ……。ありがとうございます。ということで、本日のUPです。

キャンプ道具としても、自宅でもバウルーのサンドイッチトースターは、簡単美味しい欠かせぬ調理道具ですと以前ご紹介した。確か先週あたりのキャンプメニューでも使っていたので、見たことあるなぁという方もいらっしゃると思います。
 で、本日、とあるキャンプ用品店をフラ~っとしていたら(そんなんばっかやんけと怒らんといてぇ)、かねてから気になっていた物体発~見! それは、これです。
Img_1361  及源さんの天火シリーズ、末の弟ともいえる「天火ホットサンドメーカー」。まぁ、南部鉄器のホットサンドメーカーなわけです。あちこちのショップのホームページで見かけてから、蓄熱性も高い鋳物なら、ホットサンドもバリバリに焼けて旨いに違いない。Img_1362 そう確信していたのですが、現物を見るのは初めて。シゲシゲと各部を見ると、良くできてるなぁ……。合わせ目もピターッと引っ付いて、蓋を閉めてハンドルのロックをかけてとホットサンドを焼くシミュレーションをしてみると、これまた良い感じ。Img_1364 頭の中でホットサンド10枚ほど焼きました。今まで使ってきたバウルーのホットサンドメーカーもいいモノなのですが、この天火の場合、蓋も簡単に外れるのもグッドです。これなら焼きあがっりをお皿にポンと簡単に移せます。外せないものだと、腕がこんがらがりそうになることも……(誰か、ナイナイって止めてんかぁ)。結局ですねぇ、お買い上げとなった次第でございます。Img_1363

Img_1367_1Img_1366

 

Img_1360 しかも2個も……。両手にホットサンドメーカーで気分は鉄器兵ですなっ。以前から使っているものは、シングルタイプだし、これはそれこそ焚き火に放り込めるしと、トラジメーノ1個分の値段だったし……購入理由はあれやこれや。今夜は抱いて寝るか?

畳みにとっても似合うホットサンドメーカーなのですよ。うん。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

思い出のランタン プリムスIP-2245を買ってしまいました。

古いランタンを買った。20年ほど前のプリムスの2245だ。Img_1357 以前、どこかに書いたのだけれど、友人に貸して、そのまま戻らぬモノとなったのと同じモデルだ。卵型のなんとも可愛いフォルムが魅力のプリムスのスタンダード小型ランタン。
 小型のランタンなら、他にもいくつも持っているし、2245を買うなら、最新型が使い良いのはわかっているのだけれど、ブラスのトッププレートに華奢な吊り下げプレートがついた、このモデルでなければ、かつて出かけたフィールドの思い出は戻ってこないんじゃなかろうか? そんな思いで手に入れてみた。Img_1355
 送っていただいたダンボール箱を開けると、特徴的な上面がポコンと飛び出た青いケースが現われた。Img_1359 蓋を開けば、懐かしいランタントップのプレートがのぞく。取り出し、カートリッジに取り付けると、イメージの中にある2245がそのままそこにあった。
 いいなぁとは思いつつ、僕のはもっと錆びてたなぁなんて、思ったりもして、人様から譲っていただいた道具には、僕の思い出までは付いてはいないという当たり前のことに、今更気がついた。これから使い込んで馴染んでいけばいいことなのだけれど。明るさは、80W相当。特別軽いわけではないが200グラム以下の本体重量は、オートキャンプだけでなく、徒歩の旅にも連れていかれる範囲。そういえば、影の出来ないグローブがこのランタンの売り物だったけれど、他のランタンで影で困った記憶はあまりない。Img_1352

 同じように何処かへ行ってしまったムーンストーンのビビィーは、諦めた方が良さそうだなぁと思う。なにやらノルタルジックな夜だなぁ。オヤジなのに?

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (4) | トラックバック (0)

曲げわっぱは、ご飯を美味しくするミラクルアイテムだと思う

イグールやコールマンの小型クーラーは、アメリカ人のお弁当箱だと、昨日ご紹介したのだけれど、僕の中での日本人のお弁当箱のイメージは、曲げわっぱ。Img_1333 巨大なアルミ製のドカ弁も学生時代大分お世話にはなったが、やっぱりなんだか味気ない。
 僕が使っているものは、大館の曲げわっぱだ。ある日、フラフラとデパートの食器売り場を歩いていると、製作実演をやっていた。元々職人さんのお仕事にはとても興味がある。子供の頃、鳴子に家族旅行へ連れて行ってもらったのだが、ただの木材がクルクルと回りシュルシュルと削られ次第にこけしになっていく実演に見入り。Img_1334 他は見たくないと両親の手を焼かせた記憶がある。観光なのにねぇ。自宅の周りには多くの町工場があり、旋盤や絞りで形になっていくモノたちにあれこれ想像を巡らすのも好きだったなぁ。
 ずいぶん話がずれてしまったが、この曲げわっぱ、その名前の通り秋田杉の板をクルクル曲げ輪っかにして作り上げる。曲げて重ねて糊付けして、最後の化粧に桜の皮で留める。Img_1336 その木肌の美しいこと、肌触りの優しいこと、そしてその手触りの良さにどうにも魅了されてしまった。もちろん杉のとっても良い香りも欠かせない要素。これでご飯食べたら美味しいだろうなぁ……。ほとんど他にお客さんも居ず、実演しているオジサンとあれこれ話していると、炊けたご飯を入れておくお櫃も、凄く良く出来てることまで知ってしまった。お弁当箱は、薄い塗装がかけられているのだが、こちらは、生地をそのまま生かした仕上げ。Img_1338 よりご飯の無駄な水蒸気を吸いあげてくれるのだ。底の隅は、ご飯が杓文字でよそいやすいように垂直に立ち上がるのではなく曲面に加工されている凝りようだ。こんな性格の私故、激烈に欲しくなるもののお値段も相当なもの。ヘタな説明をするよりも、見せた方が早いと翌日、家内を連れてデパートへ。彼女も納得したのか、家路へ向かう私の両手には、2段のお弁当箱1個、五合のお櫃、グイ呑み2個が携えられていた。実際の使い心地だが、まず、お弁当箱は軽く、暖かいうちにご飯を詰めても水蒸気を綺麗に吸いご飯が旨い。密閉はできない構造だから、おかずの汁気には要注意。
 Img_1340 そしてお櫃は、最高だなぁといまだに思う。炊き立てのご飯を入れておいておくと、過剰な水蒸気は、本当に綺麗に吸い上げてくれる。蓋の厚みは2センチほどもあるのだが、吸った蒸気で表面にうっすらと汗をかくほどだ。今まで食べていたご飯は何だったの?と思えるほどの逸品である。最近、炭削り出しの超高価な炊飯器が売られていて、こちらにも興味があるのだが、炊飯器以前にお櫃の導入をオススメしたい。炊き上げるのは炊飯器、保温したらご飯は間違いなく不味くなる。旨いご飯には、お櫃が必須ですと、必要以上に力説したところで、曲げわっぱの話は終了です。Img_1341 そういえば、あまりのご飯の美味しさに家内の実家にもプレゼントしたのであった。
 ちなみに栗久さんのホームページを見ながら、家内にこのフルーツバスケットも欲しかったねと話したところ、「あれ買うだけでも精一杯」とあきれ顔で怒られた。確かにびびる値段ではあった。Img_1343

 

 

 

 

綺麗な新品は、こちらでどーぞ。

 

 

こだわりの日本製品 【送料無料】木の器 日本のキッチンに!天然杉製おひつ  通販 一生もの...

 

こだわりの日本製品 秋田杉 大館 曲げわっぱ 通販【お歳暮・クリスマスプレゼント ラッピ...

 

日本製 【送料無料】木の器 天然杉 和食器「曲げわっぱ(まげわっぱ)」のとっくり・ぐいのみセ...

 

こだわりの日本製品 秋田杉 大館 曲げわっぱ 通販【お歳暮・クリスマスプレゼント ラッピ...

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年11月10日 (金)

なにやら雰囲気あるけど、結局使わなかったマイティ ライト ストーブスタンド

 Img_1348 本日なんだか体がダルく、熱っぽい。風邪をひいた模様。ここのところ日々数本UPしているので、お手軽なネタで最後に1本。
 こちら、マイティ ライトというバーナー用のスタンドであります。ウィスパーライトの足は三本足で針金っぽい。なので、砂地ではズブズブっと潜る。雪上で点火すれば、もちろんスススッと潜っていく(当たり前やん)。なので安定させる台が必要になる。
 ならば作っちゃいましょうと、生まれたのがこの製品だと思う。タブン。
Img_1350  透明ポリカーネイトの上に薄いアルミ板をリベットで留め、ついでに脚を固定する金具と燃料ボトルを固定するゴムひもをつけた作品。なるほどなぁ…と、REIから輸入したのだけれど、考えて見れば、雪のあるとこ行くならスコップ持ってるジャン。砂の上なら、防炎シート敷けばいいではないの? しかも、普通のフィールドだと、これだけの平面スペース探すのも大変ってこともあるわけです。ということで、一度も使わず仕舞い。30ドル近くしたと思うのだけどねぇ。
 その直後、MSRがピローンと扇型に3枚のプレートが開いてくれるプレートを発売。しかも、チタン。当時、チタン至上主義の異常な幻想を持っていたので、ちょっと悔しかった思いでも。
 ただ、フィールドでは使わなくても、陳列用にコイツにウィスパーライトを載せると、妙に格好いい気がする。その勇姿は、カミングスーン。

おまけ そういえば、スノーピークの燃料ボトルって、どうして白主体なのだろう? しかも細かくおしゃれなデザイン装飾。地べたに置いて、それでなくても汚れやすく傷つきやすい燃料ボトルだから、もっと傷や汚れが目立たない方がいいと思うのだけどなぁ……。ひょっとスノーピークだけに雪中専用仕様なのか? そなあほな。と、一人ボケかましたところで、また明日。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雰囲気抜群! アメリカ人の弁当箱 イグルー プレイメイト

Img_1327  記憶の奥底にこびり付いて、時々忘れた頃に浮かび上がって来る、道具の中にはそんな不思議な魅力を持っているものがある。たとえば、このIGLOOのプレイメイトも僕にとってはそんな不思議な魅力を持つ道具なのです。
 日本のお弁当箱といえば、四角いアルマイトか曲げわっぱ、お花見なら重箱なんてのもありですが、アメリカの場合はバスケットか、紙袋、夏場ならこんなクーラーにサンドイッチにリンゴなんか入れて出かけるのですよ。Img_1326 何の映画だったか忘れてしまったけれど、オープンカーのバックシートにこんなクーラーランチボックスをポンと放り込んで出かけるシーンがいかにもアメリカっぽくて印象に残っているのですよね。
Img_1329  ロサンゼルスのネイチャーウォッチングに出かけるとき、朝配られたお弁当も、サンドイッチ1個にリンゴ。若かった僕は、こんなので腹にたまるかいっと、寂しい気分になったことまで思い出す。
 とりたてて保冷力に優れているわけでは無いのだけれど、一度見たら忘れられないデザインなのですよね。
 一般的なキャンプシーズンが完全に終わり、スキー商品と入れ替わるこの時期、僕にとっては楽しくもあり、危険な時期でもあるのです。というのも、徹底的なキャンプ用品在庫処分が行われるから……。このイグールのプレイメイトも7割5分引という爆裂価格で一昨日買い求めたもの。
Img_1331  何に使うの? と自問自答しつつ、生鮮食材だけ、冷え冷えにしておくにはいいかもなどと考えている次第です。とはいえ、たとえ使えなくてもいいのです。雰囲気だけでも好きだから……。なんか韓流スターの「アナタノコトガ スキダカラ…」に近いノリになってきました。病膏肓街道驀進中ですなぁ。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

スノーピーク ギガパワーBFは、日本の輝ける分離型ストーブになるのか?

 昨日に続いて分離型ストーブの話をしよう。日本の新進メーカーが、液体、ガスそれぞれのジャンルで新製品を発売する。これって結構、僕にとってはセンセーショナルな事件であった。何しろそのメーカーが以前に発売した小型ランタンとストーブは、その頃誰もが描いていたバックパッキング用ランタンとストーブの概念を打ち破る超軽量なものだったからだ。アウトドア愛好者なら誰もが知っているスノーピークの天と地だ。その軽量コンパクトな設計は、誰もを驚かせるに足るだけのインパクトを持っていた。まぁ、細かなことを言えば、あれやこれやの注文はあるのだけどね。
Img_1315   で、発売されたのが、ギガパワーストーブ BFとWGだ。とりあえず、ガスを燃料とするBFの話をしよう。このストーブ、2800kcal/hの出力を持ちながらガス消費量は、150g/h。恐ろしくガスを食わない点を売りものにしている。Img_1318この数字、例えば、EPI最小再軽量のSTRAストーブが2000kcalで166g/h、アルパインストーブ3型が3360kcalで280g/h、コンパクト低燃費が売り物のプリムス製世界最軽量モデルP-113で2300kcalの150g/h、P-131が2700kcalの190g/hだと言えば、その低燃費ぶりがうかがい知れると思う。Img_1317 スノーピークのデータは、専用カートリッジ(プロパン混合)を使った場合のデータであり、他社のデータがどのカートリッジを使ったものか明記されていないので、単純な比較にはならないが、その燃焼効率の良さは伺い知れる(時間があるときに、我が家のガス製品と比較してみたいとは思うのだが、新品の同性能のカートリッジを買い揃えるのは、結構出費がかかるなぁ……)。収納サイズも私が持っている機種の中では、もっともコンパクトに仕上がっている。各部造作の仕上げも良くさすがスノーピークと思える仕上がりだと思う。フレームはアルミの削り出しですよっ。道具好きの気分をくすぐるじゃありませんかっ!
 とはいえ、使ってみて気になる点が全く無いわけではない。まず、点火装置はタンク側に設置されていた方が使いやすいと思うし、ラージアーバータイプが用意されているとはいえ、風防周りで強制的に収束されて真上に直噴する燃焼システムは、風防が赤熱化することを考えても現実的な熱効率の面からは不利なようにも思える。こう書くと、ますます燃焼効率テストしなきゃならないと思うのであった。
 そして、最大のウィークポイントとも言えるのが、燃料チューブからジェネレータへ向かう部分が真パイプ直付けでほとんど補強らしい補強がされていない点だ。Img_1321実際、気になって少し力を加えたら、根元部分から、いとも簡単に曲がってしまった。多分ハードな使用条件では、最大のウィークポイントだと思う。何気なく力が加わってしまう部分だけになんらかの対策を考えたいと思っている。
Img_1325  手元にギガガスが無かったので、写真はプリムスはめてあります。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20年以上のロングセラーモデル プリムスの定番シングルガスストーブ 2243

 小型化、高出力化が進み、次々と新製品が生み出されるバックパッキングストーブ。そんな中でも、完成された機能とデザインで20年以上も基本的なスタイルを変えずに販売され続けているストーブがある。Img_1311 イワタニプリムスの2243がそれだ。出力が上がったり、延長五徳が付いたり、外れたりというマイナーな修正は加えられるものの、大型のX字五徳、大型のバーナーヘッドなど、基本デザインは全く同一だ。
 重さこそ276グラム(延長五徳装着時、実測)と重めの設定だが、大き目の鍋でも安心して使える安定性と、大型バーナーへッドのおかげで鍋底全体に火が回るため、焦げ付きにくく炊飯時も使いやすい。
Img_1312  また、特徴的とも言える風防も兼ねたX字型の五徳は、鍋を置くことでヘッド面が4分割され、強い風が吹いても4分の3の火は消えずに済むという優れた設計だ。もちろん熱効率を考えるのなら、何らかの風防を使った方がより効率的であるのは言うまでもないだろう。
 僕の2243は自動着火装置が付いたAタイプだったのだが、早々に壊れてしまったため取り外し、その後は単なる2243として使っている。Img_1314 また、後にオプションとして発売された延長五徳が便利に見え、後付で装着してある。その頃販売されていたモデルと五徳の形が微妙に違い装着できなかったため、五徳自体を削ることでなんとか取り付けた。延長五徳を取り付けると大型の鍋を使うには、確かに便利ではあるのだが、折り畳みが煩わしく、かえってそのまま使った方が便利だと思う。実際、現行モデルのIP-2243PAには延長五徳バージョンは無いし、オプションの販売も終了している。多くのユーザーが同じような感想だったのかもしれない。この当時のケースは、写真のナイロン製。なんとなく味があり、その後のプラスチックケースより、かさばらない。壊れるような華奢な設計ではないから、このケースに戻して欲しいと思うのは僕だけか? Img_1313 バーナーヘッド裏面のスウェーデン語の文字も、異国の香りを感じさせてくれるものだ。
 現在発売されているガスストーブの中でも安定度合いではぴか一。破損しそうな部分も無く、オートキャンプでも安心して長く使いたいユーザーにオススメしたいシングルストーブ。それが2243だと思う。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

犬も歩けば棒に当る。オヤジも歩けばホグロフスに当る

   一時期流行ったヒップパックだけれど、近頃あまり見かけない。たまたま僕が街にでかける機会が減ったからなのかもしれないのですけどね。
 犬も歩くと棒に当ると言うけれど、僕も歩くと激安になぜか当る。まぁ、それだけ意味も無くその手の店をフラツイテイルという証明でもあるのだと思う。ヒマなのか? オレ……。
 このヒップパックも、とあるリサイクルショップで投売りされていたもの。店内をウロウロ眺めていると、Img_1304_1スパーンと飛び込んできたのがHAGLOFS ホグロフスのロゴ! スウェーデンで出会って以来、国内でも探していたけど、こんなところで出会うとは! しかも新品らしい……。手に取って眺めてみると、うぅぅ~っ、ザックじゃないじゃん。でも、細部の作りは、ホグロフスらしく、きちんと作られているのですよねぇ。背面には、やはりきちんと立体成型されたスポンジが入り、Img_1300_1 Img_1302 Img_1303 ヒップベルトもスポンジ入り、しかも上下左右のゆれ止めベルトも別体で付いている。これって大型ザックと同じ作りですよホグロフスさん。正面に目を移せば、ダナデザインばりにショビットポケット装備、外部ポケットが1つ。4本のベルトでコンプレッション調整も自由自在! サイドには2個のメッシュポケットも当然のごとく装備され、ドローコードのストッパーもテープで固定され、ボトム部には、入りきらない荷物をストラップも付くという懲りようだ。Img_1297
Img_1298 うむむぅぅ。お値段はもちろん激安。当時は、国内で無名なメーカーだったのですよねぇ。早速、自宅へ連れ去ったのは言うまでもない。
 ご紹介用の写真では、周囲にあるものをとりあえず突っ込んでみた。燃料ボトルにランタンリフレクターは変だよという突っ込みは覚悟の上です。マットも付いたし、これだけで1泊できると思うのも、多分大きな間違いだと思う。
現在、この形のヒップパックは作られていないようだけれど、もう少しシンプルで今風デザインの現行品も魅力的だ。僕にとって一番気なるザックメーカーがホグロフス。ついつい大型ザックに目がいってしまう今日この頃。でも、背負えるのか? というあたりが一番現実的な問題かも。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒さに弱いガス式ツーバーナー プリムス ジョイパレット IP-3222

Img_1295  僕は、液体燃料系の火器が基本的に好きなのだと思う。ガスを燃料とするランタン、ストーブは、軽く操作も手軽ではあるけれど、低温になればなるほど、出力が下がる宿命からは、なかなか抜け出せないでいる(寒冷地用ボンベの一部、分離型は除く)。また長期のキャンプではカートリッジを複数本用意しなければならず、燃料代もバカにならない。充填アダプターを使ったとしても貴重な時間を充填に割くという余計な手間は相当なもの。その上、プロパンが混合されていないため、低温に弱いという欠点は助長される。

Img_1288イワタニプリムス ジョイパレット IP-3222
出力 3000kcal/h×2
重量 4.6kg
収納サイズ W525×D280×H185

 以前、ガス機器と充填器、カセットガスを携えて1週間のキャンプに出かけたことがある。ランタン大小1台ずつ、ツーバーナーの組み合わせで6本の500缶を用意した。最初の二日が過ぎる頃から、充填作業が日課となり、ゆっくりキャンプを過ごすという感覚ではなくなった。大型のランタン、ツーバーナーがなにしろ大食いなのだ。しかも500缶に充填するには時間がかかる。やっぱり、ガス燃料の道具は、短期のキャンプで使うものだとその時痛感した。ガスの充填を考えるなら、いっそのこと、カセットガスの機種でImg_1292 統一した方がよほど効率がいいと思う。いずれにせよ、大量に空き缶が出ることになるものなんだか後味が悪いのだ。
 その点、液体燃料なら、寒さにも強く、燃料はボトルに詰めていけばいい。ガソリンスタンドで白ガスを小分けしてもらえれば、燃料費もとても安いものになる。
 そんなガス式のツーバーナーなのだが、なぜか我が家で一番新しいツーバーナーは、ガス燃料のイワタニプリムス・ジョイパレットという製品だ。キャンプ場でガス燃料のツーImg_1289 バーナーを目にした家人たちがこぞって、「あんなに簡単に火がつくのいいよね」ということで、ガス製品の導入を決めたのだが、やはり気化熱による出力の低下が著しく、結果的にキャンプではなく自宅でお座敷天ぷら・串揚げ道具として活用される機会が多い。風防があるため、揚げ物をしても周囲への油跳ねが少なく重宝した。
 キャンプに使うにしても夏季限定の製品だと思う。それにしてもプロパン入りのガスをできるだけ使いたいと思う。すでに生産中止になっているモデルだが、細部の作りは粗く、Img_1296 さすが当時の中国製と思わせるもの。足にはストッパーが無く(その後追加された)、ちょっとバランスをくずすとそのまま倒れる。僕は、両足の間にスティックを噛ませて対応していたが、この製品で僕の中のプリムスへの信頼性が大きく揺らいだのは言うまでもない。
 購入時、通常のプリムス製ツーバーナーを買おうとしたのだが、「コールマンと同じサイズのものをいくつも持ってどうするの? 要らないじゃん」という家人の一言で却下された記憶がある。こうした道具選びの際は、周囲の雑音に惑わされてはいけないなぁという教訓をもたらした一品でもある。
 なんだかとっても厳しいインプレッションになってしまったけれど、収縮式のバルブや、可愛い色使いなど、他にはない味のある製品であることも確かな事実。短期で暖かいうちのキャンプに使うという前提では、十分おすすめできる機種なのですけどね。写真に撮ったらスッゴクカッコ良く見えるのは気のせいか? 今度試しに極寒冷地タイプの燃料を奢って寒風の中使ってみようかなぁ? ひょっとしたら、気化熱問題解決しているかもと思うのは甘いのだろうか?

現在、発売されているガスを燃料とするお手軽ツーバーナーは、こんなラインナップになっている。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になるテント探しのためのリンク集

テント関連リンク集

テントが欲しいと思ったもののなかなかコレだっ! という製品を見つけるのって難しい。今世の中にどんなテントがあるのかを知るためのテント取り扱いメーカー個人的リンク集。

国内テント 

オリジナル系
自社ブランドのテントを持っているメーカーさんの一覧です。

IBS石井スポーツ 

ICI石井スポーツ ゴアライト、スターライトシリーズを持つ老舗の山屋さん

LOGOSロゴス 低価格でアウトドア製品を提供してくれるメーカーさん。

アライテント 山岳系テントの王道。軽量テントに定評

コールマンジャパン いわずと知れたキング・オブ・アウトドア。本国アメリカの製品のみならず、独自企画の製品も多数。

スノーピーク えぇーっ! そこまでやるの?という思い入れの激しい製品展開が特徴

ダンロップ 地味ながら、現実的な価格帯で山岳系テントを発売

プロモンテ 独自開発の山岳系テントを展開

ヘリテイジ テントといえば、エスパースでしょ? という根強いファン多数。実直さが魅力。

モンベル 日本を代表するアウトドアブランド。派手さは無いが実用的な製品が多い。

ユニフレーム 質実剛健、アイデアをきちんと形にするブランドだと思う。

小川キャンパル 日本のテントといえば、小川テント。職人気質がキャッチフレーズ。

代理店系

OD BOX 面白い製品をぽちょんと投入してくれる販売店

エバニュー ヨーレイカなど、日本のアウトドアと言えば、この会社も欠かせない。お世話になったなぁと思う。

ゴールドウィン ノースフェイス取り扱い

ロストアロー かつてのモステントの代理店。現在はブラックダイヤモンドを扱う。

海外テントメーカー

こんなに製品少なかったの?と疑問に思って本国のサイトを探してみると、ラインナップは驚くほど充実している。日本の需要に合わないため、輸入されていないだけなんですね。

Black Diamond(BIBLER) 米 アルパイン系の老舗 ビブラーもここの傘下

brettschneider  独 ネット系テント

campingaz 仏 いわずと知れたキャンピングガス。コールマン傘下になるも、豊富な品揃え。欲しいと思わせる一品あります。

coleman USA コールマン本家。コールマン系列は、国ごとに独自展開商品が多い。

eureka! 米 エキスペディションテントから、ファミリーテントまで、テントと言えばヨーレイカ! 本国と比較して日本での認知度は低い。

FJALLRAVEN スウェーデンの総合アウトドアメーカー 北欧だものね、なるほどなぁと思うファミリー4シーズンテントがある。

Jackwolfskin 独 足跡マークがトレードマーク。テントラインナップも充実。

kelty 米 ロックハブシステムなど特徴的なポール構造のパイオニア。

Lafuma  仏 フランスらしいデザインセンスのアウトドア用品多し。

llbean 米 アウトドア用品メーカーというよりも、アウトドアテーストの強い通販会社になってしまったなぁ……。新製品にオリジナル性は低いが、豊富な品揃え。

Marmot 米 クライマー系 エキスペディション、トレッキングテントに強い。

mountainhardwear 米 明り取りをつけるなど常に先進的 エキスペディション系

MSR モスを系列にテントジャンルに進出。

outdoor research ビビィパック、シェルター系

REI オリジナルテントもあるが、他メーカーの製品ラインナップも豊富なアウトドアグッズ通販。

SIERRA DESIGS シェラといえば、マウンテンパーカー。テントは軽量、コンパクト、高剛性とトレッキング、エキスペディションに対応するラインナップ。商品サイクルが長い。

THE noth face 憧れのブランドなれど、それだけにお値段高め。エキスペディション仕様が多い。

vaude  独 総合アウトドアメーカー。ダブルウォールの超軽量テントは、とっても興味深い。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

健康のためポンピングのし過ぎに注意しましょう! ガソリンランタン&ストーブの点火法

Img_1286 コールマンのガソリンストーブやランタンをポンピングすると指が痛くなる。良く聞く話だ。それなのに、ああそれなのに、僕の指が痛くならないのはナゼ? 面の皮だけでなく、指の皮も特別厚いのか? そんなことはないはず。それでは何でなの? と考えてみました。
 結論は、ズバリ、ポンピングのしすぎです。皆さん、50回とか言われる目安をひたすら目指してポンピングに励んでいるのではないでしょうか? 
 私の場合、燃料の残量にもよりますが、20~30回ぐらいがいいところでしょうか? 指先に少し重さを感じるぐらいになったら、ポンピングを止めます。そして、バルブを厳かに開き、チチチチッ、ブシュシュシュという燃料の噴出し音を聞いたら着火します。このとき機種にもよりますが、全開にはせず、炎が噴出さない程度で余熱しつつ、再度ポンピングをして火力の安定を待ちましょう。
このやり方だと、それほど指先は痛くはならないと思います。
 ちなみに、ガソリン燃料機器の燃焼システムは、加圧されたタンクから、バルブを通ってジェネレーター内に霧状のガソリンが送り込まれ、ジェネレーターで加熱された燃料がミキシングルームで一気に開放されてガス化。空気と混ぜ合わさってバーナーヘッドで燃焼するというもの。ジェネレーターが加熱されていない状態で大量の燃料が送り込まれるとガス化が不完全で大きな炎を吹き上げることになるのです。ですから、点火時のポンピングのし過ぎ、バルブの開けすぎはしない方がいいのですね。
 ツーバーナーの点火レバーは、点火時に余計な燃料をジェネレーター内に送り込まないように自動車のチョークとは逆に燃料を薄くする働きをしています。点火レバーに合わせて、バルブの開度、ポンピング量を加減してみましょう! それでは良いコールマン生活を! Img_1287 先ほど、私ランタン火傷しました。良い子は気をつけてね。レッツ! エンジョイ ランタンライフ!
 

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揚げ物天国を演出する巨大ダッチオーブン万歳!

Img_1270  昨日に続いて、ダッチオーブンネタでゴメン。しかも家庭バージョン。というのも、今夜の夕食がとんかつだったから……。
 32センチのダッチオーブンなんてデカ過ぎて持て余すのでは? というのが家人の大方の予想。ところがである。デカいというのは、素晴らしい効能をもたらす。
 まず、グルーンと餃子を置けば一度に家族分の餃子が焼ける。問題は、デカ重過ぎて羽根付き餃子の場合だと、上手に取り出せません。なぜなら引っくり返せないから。
Img_1271 Img_1274  で、たとえば本日のようなとんかつなら、6人前のとんかつを2度の投入で上げきる実力を持つ! 我が家の場合、身長180を頭に3兄弟がガッツリ食べる。食の落ちた老父もなぜか揚げ物が好き。本日の豚肉消費量 ロース500グラムにヒレ1キロ。しかも、この量を揚げても、油温が下がらないからカラッとサクッと揚がるのですよね。天ぷら、唐揚なんでもござい! 揚げ物天国と化すのであった。
これさえあれば、普段とは違った揚げ物が食べられますぞっ。
 うほっ、メール見たら、ダンロップの中綿羽毛1キロのダウンシェラフにインナーシーツ、枕が付いて60パーセントOFF、半値以下の1万8800円。ガルルルル~ッ。安いじゃんかこれ。オートキャンプなら、オーバースペックな性能だと思う。

ダンロップ(DUNLOP) ダウンシュラフ・GFM15/あったかウォッシャブルライナー/アウトドア用マクラ「草枕」セット
ダンロップ(DUNLOP) ダウンシュラフ・GFM15/あったかウォッシャブルライナー/アウトドア用マクラ「草枕」セット

 

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オートキャンプでもバッチリいけてる分離型ストーブは快適便利!

 先日のキャンプでは、ロゴスのピラミッドグリルL2をメインにシングルバーナー2個という組み合わせで3日間の煮炊きをすませた。思いの他、ピラミッドグリルの使い勝手が良かったことと、少しばかり荷物を軽量化したかったのだ。ピラミッドグリルは、案の定、焼き網が錆始めている以外は何の問題もなく快適そのもの。良い製品だなぁと思う。ロゴスには申し訳ないのだけど、あの意味の無いロゴスロゴの入ったフンドシパネルは取り外してしまった。一瞬、輻射熱の遮断効果ありか? と、ありもしない機能をイメージしてしまったのだけれど、それなら4面に付いていないとオカシイからなぁと思う。

さて、今日は、タンク分離型のガスストーブを紹介してみたい。我が家にあるのは、イワタニプリムス製EX-3233とEPIのアルパインストーブ1型だ。

Img_1276 EPI アルパインストーブ1型
寸法:H7.5×W16(収納時)
本体重量:380g
出力:2640kcal/h

Img_1280

Img_1282 イワタニプリムス EX-3233
寸法:H65×W190×D100mm(収納時)
本体重量:386g
出力:3000kcal/h

Img_1285Img_1284 Img_1275

 まず、最初に手に入れたのがアルパインストーブだ。当時、分離型ストーブは液体燃料系は発売されていたもののガス燃料を使ったものは、皆無。あればいいなぁを形にしてくれたのがEPIだった。液体燃料系の分離型ストーブの低く安定した使い良さを一度体験してしまうと、その使い勝手の良さに手放せなくなってしまう。特に大き目の鍋をかけたとき、低く安定した位置で調理でき、手元で消火できるというのは、なんとも便利だ。
そうして手に入れたアルパインストーブ、脚の開度で2種類の五徳の直径を選べるなどなかなかに工夫の効いたものだった。また、余熱無しで使えるガス燃料ならではの使い心地も便利この上無い。ガス燃料最大の弱点である気化熱による出力の低下もタンクを火元に近づけたり離したり、最悪逆さにして生ガスを噴出させるという荒業を駆使することで問題なく使えた。こりゃぇぇわい。(※メーカーの推奨している使い方ではありません。また、余熱機構の無い機種では、液化ガスがそのまま流れいきなり炎上なんてことも考えられます。)

そんな目からうろこのアルパインストーブだったのだが、欠点が無いわけではない。タンクとストーブ本体を繋ぐチューブが固く自由度があまり無い。鍋が軽いとガスタンクの位置を変えた拍子にストーブそのものがズリズリと動く有様。うっかりすると大事な晩餐が無為になる。また、自動点火装置が付いているのだけれど、ストーブ側にあるため大きめの鍋をかけると点火しづらいのである。
 そう思っていたところに発売されたのが、イワタニプリムスのEX-3233ストーブだ。柔軟な接続チューブを持ち取り回しは自由自在。点火用のボタンもタンク側に設置され、使い勝手は格段に向上した。
 オートキャンプで使うにも分離型のガスストーブの使い勝手の良さは見逃せない優秀さだと思う。なにしろテーブルの上でも使いやすいのだ。これから寒くなる鍋の季節、1台手に入れてみてはいかがだろうか?

現在手に入る分離型ストーブは、次の通り。オートキャンプで使うなら、カセットガスが使え風防があるものが便利。大き目の鍋をかけるのであれば、バーナーヘッドの直径にも注意するといい。
 ソロで徒歩、バイクで出かけるのなら、、趣味で選らんでもいいと思う。火力に関しては、どれほど強くても輻射熱が強すぎて全開できなければ意味は無い。スペック上、どれも必要にして十分な性能だと思う。
 僕が道具的に興味あるのは、火気メーカーとしてニューカマーであるスノーピークと
ZIPPO製。実際に買うとすれば、お値段お手頃なSOTOか、ユニフレームになるのでしょうね。

EPI(イーピーアイ) APSA-IIIストーブ
EPI(イーピーアイ) APSA-IIIストーブ

 

 

EPI(イーピーアイ) SPLITストーブ
EPI(イーピーアイ) SPLITストーブ

 

 

PRIMUS(プリムス) P-123S メッシュスパイダーストーブ(点火装置付)
PRIMUS(プリムス) P-123S メッシュスパイダーストーブ(点火装置付)

 

PRIMUS(プリムス) グラビティ・マルチリキッドフューエル・ストーブ
PRIMUS(プリムス) グラビティ・マルチリキッドフューエル・ストーブ

 

SOTO シングルバーナー/ST-300
SOTO シングルバーナー/ST-300

 

 

Zippo(ジッポー) ZI-999 WPSーS ガスストーブ
Zippo(ジッポー) ZI-999 WPSーS ガスストーブ

 

スノーピーク(snow peak) ギガパワーBFストーブ
スノーピーク(snow peak) ギガパワーBFストーブ

 

スノーピーク(snow peak) ギガパワーBFストーブ ラージアーバー
スノーピーク(snow peak) ギガパワーBFストーブ ラージアーバー

 

ユニフレーム(UNIFLAME) US-TRAIL
ユニフレーム(UNIFLAME) US-TRAIL

 

 

ユニフレーム(UNIFLAME) US-TRAIL オート
ユニフレーム(UNIFLAME) US-TRAIL オート

 

ユニフレーム(UNIFLAME) テーブルトップバーナー・US-D【ソフトBOX付】/ちびパンセット
ユニフレーム(UNIFLAME) テーブルトップバーナー・US-D【ソフトBOX付】/ちびパンセット

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

何気に使っていたダッチオーブンぶんぶくが、お値段2倍になっていたとは……。

大分以前から、ダッチオーブンには興味があった。が、パカーンと真っ二つに割れた知人のダッチや仕上げの粗い細工を見ていると、微妙に道具好きとしての僕の気分にそぐわなかった。Img_1209 しばらくして、スノーピークが和鉄を使ったダッチオーブン ぶんぶくを発売したのを知った。製品を見てみると、困ったことに良くできている。ウムムッなできなのですよ。
 まず、鋳物の表面の目がギュッと詰まっているのですよね。で、鍋と蓋の合いもピタッて感じで収まるし、油の馴染みも良さそう。以前、及源の上等フライパンを使って、その良さにノックダウンされたのだけど、コイツもいいよぉ! とナットクの一品。
 しかも、3点セットで浅いグリドルは、蓋にもなり、高さのある料理にも対応。ひっくり返して2段にして蓋すると、1台で上下2段で二品作れる……。餃子もイケるし、すき焼きもいいなぁ……と見ている傍から、食いたいものオンパレード。とはいえ、いずれもダッチ料理じゃないところがミソ。
持ち合わせも無いし、一旦帰宅してスノーピークのホームページでチェックしてみたら、恐ろしく魅惑的な口上が書いてある。Img_1211 曰く「山形鋳鉄400年の伝統・歴史が叶える和鉄組鉄鍋」「あらゆる料理を美味しく仕上げるための検証を繰り返した結果、到達した素材が「鋳鉄」でした」「“ぶんぶく”は山形鋳鉄の高度な製法技術によって硬い鋼材を採用し、ポット本体の厚さも様々な調理に最適な3.5mm、スキレット4.0mmという薄い鋳鉄鍋に仕上げられています。表面には酸・アルカリに強い天然漆を職人の手塗りによって焼き付け塗装が施されています」(以上、スノーピークサイトから、無断抜粋)。
 こーんなの見ちゃうとですねぇ。正直弱いです。で、ショップでお買い上げ! 24と32のツーセット。ケースも買って、さぁ帰るぞっと思ったものの。目の前に置かれた箱のでかい事、重いこと、総計24キロ超。お持ち帰りを断念普段なら絶対にしない宅配をお願いしたのでありました。
Img_0846  で、使い心地なのですが、この鍋、あまり錆びません。錆びても薄っすらとしたもので、そのまま使えばOK。先日買ったコールマンのスキレットは、ちゃんと普通に錆びてくれますので、この報告は間違いないです。及源の上等フライパンも薄っすらとしか錆びません。火の周り具合も抜群。お勧めしたいのですが、問題は、値段です。
 長らくバックオーダーを抱えて販売中止となっていたこの鍋、お値段2倍ちょいで再販スタート。2個セットで買うとなんと6万8000円+消費税。7万超えちゃいますよ……。今なら、多分、和鉄ダッチにすると思います。そこまでの価値は僕には感じらないって思いつつ、なんとか手に入れたいと思うだけの魅力はあるのですよねぇ。

ちょっと待て? ル・クルーゼの方が目方で言えば、軽くて高い……。ぶんぶく実は、この値段でもオススめかもしれん!

スノーピーク(snow peak) 和鉄ダッジオーブン24
スノーピーク(snow peak) 和鉄ダッジオーブン24

 

スノーピーク(snow peak) 和鉄ダッチオーブン28
スノーピーク(snow peak) 和鉄ダッチオーブン28

 

スノーピーク(snow peak) 雪峰 ぶんぶく24
スノーピーク(snow peak) 雪峰 ぶんぶく24

 

スノーピーク(snow peak) 雪峰 ぶんぶく32
スノーピーク(snow peak) 雪峰 ぶんぶく32

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タープの必需品 ポールはスライド系主体で使ってます

 暑さ対策や雨にキャンプにあると便利な道具がタープだと思う。気がつけば、レクタンギュラー(四角形)大小2枚、ヘキサ系(6角形)大小2枚の計4枚のタープを使っている。
 今回は、タープにつきものの付属品、ポールの話をしよう。
 タープには、前述のレクタンギュラー系、ヘキサ系の他、ウイング系(モス、MSRのパラウィングに代表される菱形)が存在する。1枚の防水布をポールで支え上げる形のタープだけに、ポールによって使い勝手は大きく違ったものになる。

※リビングシェルターや、コールマンのスクリーンタープ、スノーピークのリビングシェルなど、フレーム構造で囲い込むタイプのものも最近はタープと呼ぶことが多いのだけど、僕は、この手の製品は、テントだと思っているので今回の話では触れないことにする。

僕が使っているポールは、スノーピークのウィングポール280cm2本と240センチ2本、モンベルのラチェットタイプのスライドポール5本、メーカー不明のネジロック式スライドポール2本、同じく簡易ロックタイプのスライドポール2本という構成。オートキャンプを始めた当時、スノーピークやダンロップのスクリューロックのスライドポールを揃えた時期があったのだけれど、内部に水が浸入すると乾燥しにくく、かなりの確立で錆びて使用不能になる。不調のポールを使っていたら、ある時など夕立の雨水が軽くたまっただけで重さに耐えかねたポールがずれ落ち、えらい目に遭ったことがある。土砂降りの中、縮んだポールの代わりに人柱となるのは、楽しい体験とは言えないだろう。
結果、完全にポールを抜き取って乾燥などメンテナンスしやすいモンベルのものにしたわけだけが、いつの間にやら廃版品。お小遣いの余裕があるときに1本づつ買い足していたのに6本揃えとすることは不可能となった。

Img_1250 写真手前から、スクリュー式、ウイングポール、モンベルラチェット、ネジ式スライド、簡易ロックスライド

なぜ、繋ぎ式のポールがウイングポールだけなのかと言えば、理由は二つある。レクタンギュラー系のタープの場合、6本のポールを必要とするわけだが、
1.繋ぎ式のポールであるとそれだけで相当の体積と重量の荷物がひとつ出来上がる。できればコンパクトに抑えたかった。アルミ製ならともかく、スチールの繋ぎポールは重たすぎる。
2.天候によって高さ調整などの自由度がタープの良さなのに繋ぎタイプのポールではそれが生かせない。
ということだ。

ヘキサ系のタープでもサイド部分にスライド式の補助ポールを入れれば、変幻自在なタープワークが可能になる。

Img_1253 スノーピークのウイングポールは、ヘキサ系のメインポールに使用するのだけれど、分割長が70センチと60センチなので、両サイズを揃えるとより高さ調整の自由度が増して便利だ。

今、手に入るポールでスライド式のモノは、ロゴス、キャプテンスタッグ、オガワキャンパルぐらい、なるべく強度がありそうでメンテナンスのしやすい製品を選ぶと良いと思う。ちなみにモンベルの製品は直径31ミリで肉厚、しかし大型ヘキサ系のメインポールとしては役不足と思い試してはいない。

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1万アクセス記念は、中華蒸篭なのか?

沢山の方々に読んでいただいて1万アクセス。4ヶ月での数字ですので、凄いことなのか普通のことなのかわかりません……。でも、個人的には凄いかもと思っております。
Img_1246  さて、唐突に中華蒸篭(セイロ)のお話です。肌寒くなるとというよりも、蒸し物では必ず出てくるのが檜30センチ3段の中華セイロです。中華饅にシュウマイ、蒸し餃子、茶碗蒸し、冬瓜蒸し、魚介蒸し……と、蒸すって美味しい! とナットクしていただける料理の数々ができあがってしまいます。木材が蒸気を程よく吸い、食材が当っても硬くなることが無く、均一に蒸しあがるのは、木製の蒸篭ならではだと思います。スノコ部分もステンレスで1枚1枚丁寧に止められているプロ仕様、我が家には明らかな過剰性能かもなぁと思いつつ、この丁寧な仕事に感動したぁ! のであります。

Img_1249  30センチあると、1段でとりあえず普通の茶碗蒸し6個できます。3段重ねると、中華饅にシュウマイ、蒸し餃子と一気に吹かしあがります。メインの蒸し料理も3皿OK。
 軽々気分で点心ごっこも楽しめます。って、1段でシュウマイ50個蒸けますが……。
 なんで、中華蒸篭かと申しますと、お昼のメニューが中華饅だったので、出ておりました。これも「そんなデカイの3段も要らない!」という家人の反対を押し切り、散財したもの。キャンプに持ち込めば、永遠暖かい蒸し物にありつけると主張したのですが、露店でもやっているみたいで嫌だと反対され現在に至っております。
 どなたか蒸篭オフやりませんか?
ちなみにこの蒸篭は、横浜中華街照宝のもの。でも10年以上使ってまだまだ平気そう。この分なら、私の寿命ぐらいは持ちそうです。

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

たまにはキャンプ料理のメニューなど、UP。誰も期待してないだろうけど……。

本日、キャンプより帰着。写真を整理してみたのだが、食べ物の画像しか目につかない有様。
こうしてみると、ただひたすら食べているのだなぁと我ながらアキれる。
たまには、こんなアップがあってもいいでしょうか? グルメカテゴリーじゃないじゃん! って言わんといてぇ~っ。

キャンプ料理メニュー。

1日目
昼食
ホットサンド(卵、ハム、その他)Img_1180_1

夕食
Img_1190_1金目の蒸し焼き(玉ねぎ、ジャガイモ、にんにく、ハーブをダッチオーブンで蒸し焼きに)

2日目
Img_1198_1朝食
水団(前日の金目のスープに野菜を足して)

Img_1202おやつ
ホットケーキ マルちゃん焼き(たこ焼き型でバナナ、りんごを入れて) Img_1205_1

昼食
Img_1218醤油ベースのタコライス

Img_1221_2夕食
Img_1225蜆の蒸し焼き

Img_1228恥ずかしながらのチーズホンデュー

Img_1233豚ロースの蒸し焼き(内容物は金目に同じ)

Img_1237デザート
手抜き焼きりんご

3日目
朝食
残り物雑炊

昼食
Img_1244煮込みラーメン

沢山食べたけど、何にも凝った料理が無いのが我が家の特徴かもなぁ。見たことも無い「簡単着火」という炭を使ったのだけど、これが最悪。中身は質の悪いチャコール。結果熱量不足でこんがりカリカリには仕上がりません。勉強しますた。

気がつけば、料理だけでなく、手抜きアップですなぁ……。ちなみに一番旨かったのは、ビール、次にチューハイ。かーちゃんゴメン。世間的基準はわからないけど、料理、凄く旨かったと言う家人の話です。

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一緒に雪原を歩きたかった スノーシュー アトラスジュニア

Img_1098  もうすぐそんな季節ですねぇ。と思わせてくれるアイテムのひとつがスノーシュー。初めてこの手の製品を見た時は、凄いなぁと単純に思った。山屋さんで売っていた日本の輪カンジキは、なんとも時代遅れに見えたものだ。子供と一緒にテクテク雪の中を歩きたくて買ったのが、このアトラスのジュニア。色目も可愛く、赤と黄色があったのだけれど、皆が育ち、その頃背中に背負われていた末の息子用に黄色いのだけが残っている。
 子供用なので当然サイズも小さく、足裏のストッパーもサImg_1095 イドには付いていない。もちろん、足の稼動部分も無く、本格的なスノートレッキングには向かない仕様だ。それでも、子供たちはこれを履き、雪原を歩き、ウサギや鳥の足跡を見つけては、大騒ぎしていた。随分昔の話になったなぁと思う今日この頃。今や、スキーに行けば、信じられない斜面を滑り降りる奴等。正直言って羨ましい。あの肉体だけ、取り替えられんものだろうかとマジメに思う。
 僕が使っていた大人用スノーシュは、また次の機会にご紹介したい。Img_1100 Img_1094

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

ホントにイージーなのか? コールマン イージーポンピング

 このブログのネーミングの通り、お道具好きでついつい散財してしまうしょうもない性分なのですが、コールマンのコレもやっぱり僕にとっては小額なれど散財のひとつ。
Img_1170  イージーポンピングという名前の製品。今は、廃品ならぬ廃番となって、スーパーポンピングという商品にリプレースされています。
 使い方としては、コールマンのポンプノブに装着すると、指の先が痛くならなくて良いですよという作品。がしかし、私の場合、指先が痛くなるという経験をしたことが無いのですよね。唯一ポンピングはもう勘弁して……と思ったのが、最盛期20数台あったコールマンランタンを順繰りに全部点火して、イカ釣り船状態にしたときぐらいでしょうか?
 で、付けるとどうなるかといえば、一言で言って押しやすいけど使い難いのですよ。
 普通、点火の手順としては、ノブを左に回してポンピング、圧がかかったら、右に戻してエアステムを閉じて点火すると思うのだけど、イージーポンピングを付けていると、ノブは常に開いた状態で使わないと不便。けれど開いた状態のままだと、なんだか気分的に落ち着かないというのがまずひとつ。もうひとつは、力を入れやすすぎて、プランジャーを折りそうですし、圧がどのぐらいかかっているのか指先に伝わってこないので余計にポンピングしがちでもあります。
 我が家では、家人全員何気にポンピングしていますから、特別ポンピングが辛いという訳でもないと思います。タンクの大きいツーバーナーでも、それほどムキにならなくても、40~50回ポンピングしてあげれば普通に使えると思うのですが……。もちろんタンク内の燃料量にもよるのですが。大切なのは、どのぐらいポンピングしたら、大丈夫という自分なりの基準を体で覚えることだと思います。
 この文章を書く参考にWEBを検索してみたのですが、イージーポンピングって4型まであるのだそうです。でも、僕のはどれにも当てはまりません。コレって何型? ちなみに僕はAB型……。

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

断崖絶壁の友 お世話になりますエイト管、カラビナ

Img_1165  本日は、朝5時起きでキャンプです。現在深夜に小ネタを数本不在中に上がるようにセット中。起きられるのか? ワタシ。で、本題です。
 ヘロヘロしながら、山道を歩いていると、結構な傾斜に出会うことがある。ようやく目の前の崖とも思える坂を上り詰めたと思ったら、広がる絶景とともに「えっ! ここ降りるの?」と一瞬めまいがしそうな絶壁(私にはそう思える)にため息ひとつ、ふたつ。屈強な山男なら、何のためらいも無いのだろうけれど、私の場合はためらいっ放しなのですねぇ。
 で、そんなところに必ずといっていいほどあるのが、ブラーンと伸びた先達のつけたザイル。垂直なんじゃないの? コレ! と思える崖をザザッザザッと降りていく様はとっても格好いいのだけれど、私の場合はズルッズルズルッと降りる。でいつぞや出会った100メートルぐらいの崖では、途中で握力が萎えてきて「ウーン、このまま落ちると死んじゃうんだろうな? たぶんね……」と本気で思ったのでありました。
 前置きが長くなりましたが、そんなピンチを何気にやり過ごしてくれるアイテムが、エイト管とカラビナ、そしてハーネスなんですねぇ。これさえあれば、消防の出初式よろしく、海兵隊のレンジャーよろしく、シュタッシュタシュタッと降りられるわけです。まぁ、今となっては、出番は多分無く、カラビナはキャンプ用品に(ランタンとか吊るすのに便利なのですよ)、ザイルは子供のブランコ作りローブになっているわけです。

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

ランタン&ハンドランプ 便利に使えたエバレディの懐中電灯

Img_1164  なんのことは無いモノが結構役に立つことがある。このエバレディの懐中電灯もちょうどそんな感じ。エバレディといえば、アルカリ乾電池やボタン型酸化銀電池を開発したアメリカの大手電池メーカー。僕が子供の頃のイメージだと、なんか凄くいい電池といった感覚を持っていた。フツーはナショナルだったものなぁ。まぁ、そんな話は置いておいて懐中電灯の話である。
 この懐中電灯は、REIのカタログで見かけて何かのついでに購入したもの。普通の状態だと懐中電灯、伸ばすとホヤ部分が出てきてランタンとしても使えるのがミソ。
ファミリーキャンプ用として、コールマンのランタン型やナショナルのランタンも買ったのだけれど、重く大きくなんとも使い勝手が悪かった。キャンプに常備していたのは、やはりこのエバレディの懐中電灯だ。
 ソロキャンプの時にも基本的にはヘッドランプしか持ち歩かないのだが、これを持っていくとテント内部全体が明るくなってなんだか贅沢な気分を味わえた。一時期誰もが持っていたマグライトは、確かに便利ではあるのだが、歩いていても食事をしていても、両手が自由に使えるヘッドライトには到底かなわない。
Img_1162  いま買えるものだと、ロゴスが似たようなコンセプトのものを出しているようだけれど、サイズが大きく、やはりファミリーキャンプ専用かな? と思う。

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の修理道具 オリンパスペンF 軍幹部、ファインダー内上部清掃

Img_1152  オリンパスのペンの軍幹部とファインダー内上部の清掃に使った道具に特殊な道具はありません。普通のホームセンターで手に入る精密マイナスドライバー2本(1ミリ、3ミリ)、ピンセット2本、ブロアと化粧ブラシ、糸モルト、板モルト。
モルトが無ければ、毛糸とか、習字用の下敷きなどを使うのが一般的なようです。私の場合は、形から入る性質なので、使ったことはないのですけどね……。
特別なものと言えば、時計修理の方が使うパーツ皿ぐらいImg_1172 でしょうか? 小さなビスやパーツを無くさないように管理しつつ分解できます。
デジタルカメラで一行程毎に記録を残しておくことも大切なポイント。組み立て時にこれどうだったっけ?と悩んだときにとても役に立ちますよ。
ここ数日、カメラをバラしてわかったこと。気がつけば老眼が進んでいた……。メガネを跳ね上げる回数がとっても多くなったのですよねぇ。他人事と思っていたのが、この数年……。作り直すにも高いよっ、遠近両用境目のないメガImg_1173 ネ。

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンパスPEN F分解掃除。新たなる沼にはまる

Img_1143  昨日PEN EEDのご紹介をしたばかりなのだけれど、本日、ついにと言うべきか、とうとうと言うべきか、PEN Fに手を染めてしまった。魅力的なのですよねぇ、世界唯一のハーフサイズ一眼レフシリーズ……。
 行きつけのリサイクルショップにポツンと置かれているのは、ダイブ前から知っていた。しかし、レンズを揃えるのも大変だし、リーズナブルにカメラを楽しむという偏屈な主義から離れていってしまうではないの……と自問自答していたのだ。
Img_1144  このPEN Fとの戦い、実を言えば、ここ十数年の間繰り返し行われてきたいわば慢性疾患。その度に、相手が勝手に売れてどこかに行ってしまうので、なんとか持ちこたえていたのですよねぇ。
 それが今回のは、売れないのですよ。人通りも殆ど無い、最寄に駅も無い立地だからなのでしょうかねぇ? 店を訪れる毎に、もう無いだろうとのぞくのだけど、まだあるのかよぉという感じで1ヶ月ただポツンと僕を待っている。嬉しいような悲しいような。先日、ついに覚悟を決めてショ Img_1146ーケースから出してもらって、イヂリイヂリしてみると。
 まず、外観はスレ少々、小当たりあり、手垢それなり、ファインダーはゴミ沢山。ミラー欠落、付属の38ミリf1.8レンズは、埃、カビ多数。
ヤフオク風に書くとこんな感じでしょうか? これでシャッターが下りなければ、サヨウナラなのですが、全速キチンと切れている模様……。うーん、と悩んだ結果、ついに本日もらい受けに。手を入れれば、少なくともボディはいけるんじゃない? という判断です。
Img_1150  帰宅後、明日からキャンプだというのに準備もせずにクリーニング作業に突入。軍幹部をはずすし、クリーニング開始。モルトはボロボロの状態で、触れれば崩れ落ちていく。ファインダーの汚れは、コイツの仕業が大半のようだ。プリズムを外し、クリーナーを使って磨き上げ、ブロアで埃を吹き飛ばす。スクリーン前に嵌まり込んでいるプリズムも外したい……。しかし、そこまで手を入れようと思うと、シャッターユニットから何から下ろさなければならないなぁ……と思案していると、ご機嫌斜めな声が聞こえてきた。本日 Img_1154はここまで。とりあえず綺麗になったはずなのだが……。組み立て、外れていたミラーを貼り込んで、いざ覗いてみると。まだあるのですよねぇ、小さなゴミがハラハラと……。
とはいえ、撮影できないほどではないので、とりあえずフィルムを通してみようと思っている。写るかなぁ? 写るといいなぁ。本日の散財、約1万円。

Img_1158 Img_1155

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

鳴り物入りのグースネック 短命で終わったプリムス IP-3257CA

Img_1132_1 プリムスのランタンというと、僕にとっては小型モデルのイメージがある。ガスを燃料としたランタンで、大光量を実現しようとすれば、どうしても気化熱の問題は避けて通れない。冬場使えないランタンでは辛いよねぇというのがその理由。
 気化熱の問題を独自のチューブ形状で解決しましたと鳴り物入りで登場したのが、IP-3257CAだ。このチューブ形状をグースネックと呼ぶらしい。スタイルは僕の好きなシンプルなものだったし、ランタントップも金属剥き出しではなく、琺瑯仕上げ。なかなかいいなぁと、初めて大型ガスランタンに手を出した。
 結果は? といえば、沈没です。夏場の点火したては、液体燃料のランタンに負けないもんねと驚きの大光量なのだが、時間が経てば減光していく。タンクには、夜露よ今夜もありがとうと滴るほどに結露する。ブースターをつけてもさほど効果は無く。まぁ、大型のガスランタンなんてこんなもんだよねぇと 諦めモード。しかし、諦Img_1135めがつかなかったのが、ランタントップの琺瑯が弱いということ。そんな光量が安定しないランタンなのでキャンプに持ち出す機会も少なかったはずなのに、ある日ヒビが入ってきたなと思ったら、ポロポロと剥離し始め、この有様。剥がれた部分を見てみると、コールマンなどと比べると、とっても琺瑯層が薄いのですよね。ここまでくれば全部剥がして耐熱塗料でリペイントしてしまいたいと思っております。
 このモデル、発売されたと思ったら、一気にカタログ落ち。ランタントップのデザインが大幅に変わったIP-3257HAへとバトンタッチ(ランタントップの形状から、通称ウ●コ君。持っている方ゴメンナサイ)。たんぶ琺瑯問題が大きかったのかなぁと勝手に推測しております。

Img_1137Img_1136 ついでに言えば、マントルはこのランタン専用のM300という型番。ソックスタイプなのですが、もはや目にすることもあまり無くなってしまいました。僕の場合は、巷に溢れるコールマン製マントルを流用しております。

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランタン+ストーブが1パッケージ 便利だったプリムスIP-MBL

Img_1118  日本で企画されたらしいプリムスのランタンには、あんまり心惹かれないのですよねと、昨日書いた。その舌の根も乾かぬうちに、お気に入りもあるのですよねという話で、ごめん。
 お気に入りは、IP-MBLという、ランタンとストーブの2個1モデル。ランタンとストーブが分解されて収納されていて、使う時に組み立てるというスタイル。その当時、チッコイですよが売り物だったEPIのマイクロスーパーランタンオート(長い名前だ……)の収納ケースが右の緑のものだかImg_1119 ら、2個1で左のケースなら大した物だと飛びついた。総重量も334グラムと軽量な部類。当時ストーブ単体で100グラムはあったが、ランタンで100グラムなんて製品は影も形もなかったのだ。スノーピークの天も衝撃的だったなぁ。
 実際にこのMBL、使ってみると、ストーブの五徳は小さめながらソロのクッカーを使うには安定性もあり、十分なもの。2400カロリーという控えめな火力だが、きちんとした風防のお陰もあって風にも強い。ランタンの方は、60W~80W相当で光の回り方が上下を円盤で遮られているため気にImg_1120 なる部分はあるものの割れることのないメッシュホヤなど、機能を考えればナットクのいくものだった。
 ところが、キャンプに行く度、マントルが壊れるのですよね。まさに使い捨て状態。なんでだろう? と、あれこれイジッていると、原因がはっきりした。下の円盤とミキシングチューブ(空気とガスが通るパイプ)部分の接続がカシメているだけなので、分解した状態では、ガタガタと揺れる。結果的にホヤなどと接触してマントルが壊れるのです。
サイズの合うナットを捜してきて、留めればいいやと試して

Img_1124Img_1123_1 みたのだが、ナットをハメると、今度は組み立てるときにネジを切った部分の長さが足りなくなり、使えない……。ダメダメじゃん。
 どうしたものかと、考えあぐねていたある日、アウトドア用品店のストーブ売り場をのぞいてみた。件の展示品のMBLを見てみると、問題部分はキチンとナットで留められ、ミキシングチューブのネジ切りも延長されている。あららっ。改良されてるじゃないの……。
早速、イワタニプリムスさんに電話を入れ、状態を話すと、現品をお送りいただくか、パーツをお送りするので組み込んでいただきたImg_1125Img_1126いとのこと。数日のうちにパーツを送っていただき無事使えるようになった。信頼のおけるメーカーさんは大切にしたいものだ。
 中古で手に入れられる場合は、この部分をチェックしてみた方がいいかと思う。パーツが現在もあるかどうかは、わからないから。
 まぁ、ファミリーキャンプには必要の無いものなのだけど、どこかに潜り込ませておくと、万が一の場合に重宝します。

Img_1129

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見た目が違ってゴメン。不遇なPEN EEDをチョロンと修理

Peneed 随分と片付けが進み、カメラいじりの道具たちも姿を現した。先日の夜、少しばかり手持ち無沙汰だったので、以前から気になっていたカメラをちょっと触ってみた。
 お相手は、オリンパスのハーフカメラ、OLYMPUS-PEN EED。一世を風靡したPENシリーズの末裔。EE機能と明るいF1.7レンズを組み合わせた高機能機なのだ。が、今だに人気があるPENシリーズの他の兄弟たちに比べ、とっても人気が無い。
 確かに他の兄弟たちは、コロンと可愛いデザインでコンパクト、それに比べてコイツときたら、カクカクとした直線デImg_1113 ザイン。ハーフなのに35ミリフルサイズのトリップやDCなどと似た風貌。低速シャッター時のシャーッという音も、DCと同じだ。女の子なのに男兄弟と激似の辛さって感じかなぁ。
 不人気機種ゆえ、ヤフオクなどでは、ジャンクで数百円から、ある程度使えそうなもので1000円から手に入る。街の中古カメラ店でも、低価格で実動機が手に入る。オンボロカメラ入門機にはちょうどいいお勧め機種だと思う。僕の場合は、中古カメラ屋さんのジャンク箱にゴロンと転がってImg_1115 いるのを救出してきた。
 ピント合わせがレンジファインダーではなく、目測式なのが少しばかり残念。これだけ明るいレンズなので、ピントはシビアなはず、大丈夫かいな? と少々不安になる仕様だ。しかし、AEプログラムで暗くないと開放にはならないし、フィルムサイズが小さいため、被写界深度には余裕があるのだろうなぁと推察した。
 さて、このEED、一応シャッターも切れ、撮影可能な気はするのだが、PENの特徴である赤ベロが出ない。カニ目レImg_1112 ンチとドライバーで開封、動きをジックリ眺めていると、ガバーナの動きも正常だし、露出計の針もきちんと触れている。レリーズボタンの動きと共に赤ベロも微妙に動いている。
 結局、ファインダ外縁下部に赤ベロの先端がひっかかり出てこないという単純な理由。正常位置に戻してやったら、元気にピコピコと動き出した。近日中にフィルムを入れてやろうと思う。

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »