« シンプルデザイン、灯すとカッコいいEPIランタンLFA | トップページ | 本当にウンマイ ホットサンドを食べたければ、やっぱり鋳物のホットサンドメーカーですぞっ! »

2006年11月15日 (水)

ラフマ ポップアップマキシは、究極のキャンプ用リラックスチェアだと思う

オートキャンプに出かけたら、ゆったり寛いで過ごしたいもの。そこで重要なポイントになるのが椅子選びだと思う。
Img_1442  我が家がオートキャンプを始めた頃、別段キャンプが好きでもない家内(当時はむしろ嫌いかもしれない)が、快適でなければ次のキャンプは無いだろうと、かなり無理をして道具を一気に揃えた。結果、椅子までに予算が回らず、無名メーカーの布張りチェアを購入。この製品、太もも裏にパイプが通り当ってなんとも座り心地が悪い。しかも、1年保たずして破損。当時1脚2500円ぐらいだったかなぁ。その後、ラレマンド、ガタパウトと続く椅子を遍歴したわけだ。Img_1438 そして最後に購入したのが、このLafuma ラフマのポップアップマキシだ(と言っても、既に15年も前の話だが)。フレキシブルジョイントで繋がれたアルミフレームに布が被せられていて、開くとビヨ~ンと椅子になる。Img_1439 ハイバックタイプでないポップアップチェアもあるのだけれど、背もたれが高くリラックス指数は、マキシが上。これだけリラックスできて、収納サイズは12×116とコンパクトになる。重さも約2キロ。似たような形で座り心地とそのデザインで高い評価を得ているスノーピークのTake! チェアロングも魅力的なのだけれど、座面が広い分寛いだ状態での座り心地と軽さではこちらが上。Img_1440 しかも、座面の布は、マジックテープで留められているだけなので、汚れたらいつでも取り外して洗濯することができるのもありがたい。収納性、軽さ、座り心地のバランスが取れた究極のキャンピングリラックスチェアだと思う。子供たちや家内は、家のリビングでも引っ張り出しては自由な位置に置いて座っているぐらいだ。これも軽さと座り心地の良さゆえだと思う問題は、座りが深くて一度座ると立ち上がりたくなくなってしまう点。座面が低いため、食事には向かない点だ。
 ラフマ社といえば、1930年代に世界で初めてメタルフレームの使ったバックパックを開発したフランスのアウトドアブランド。現在では、ウェア、バッグ、シューズから、家庭でも使えるアウトドアファニチャーなど多方面に展開。僕がとくに気になるのは、一連のリラックスチェアシリーズ。例えば、R3000やリングチェアだ。これで青空でも眺めながら過ごした日には、気がつけばうつらうつらと夢の世界へ……。でも、いかんせん折り畳んでもデッカいのですよね。Img_1441
 ラフマのポップアップマキシ。知名度が低く、デザインも特徴的なためか、オークションなどに出品されても格安で落札されていく。見かけたら、ぜひGETしてみるべきだと思う。現在日本には正式に輸入はされていないようだが、一部並行輸入品を扱うショップで入手することができる。

 

★人気ブログランキングに参加してみました。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

 

lafuma(ラフマ) MAXI POP UP (IN PACKAGE)
lafuma(ラフマ) MAXI POP UP (IN PACKAGE)

 

 

 

lafuma(ラフマ) MAXI POP UP (IN PACKAGE)
lafuma(ラフマ) MAXI POP UP (IN PACKAGE)

|

« シンプルデザイン、灯すとカッコいいEPIランタンLFA | トップページ | 本当にウンマイ ホットサンドを食べたければ、やっぱり鋳物のホットサンドメーカーですぞっ! »

コメント

こんにちは。
ラフマ ポップアップマキシについてもうちょっと詳しく知りたいです。
デザインとすわり心地は良さそうですが、耐久性はどうでしょうか。
でかくて、重たそうですが、
電車登山だとかさばって無理っぽいですか?

投稿: iga | 2013年5月 6日 (月) 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25490/12695063

この記事へのトラックバック一覧です: ラフマ ポップアップマキシは、究極のキャンプ用リラックスチェアだと思う:

« シンプルデザイン、灯すとカッコいいEPIランタンLFA | トップページ | 本当にウンマイ ホットサンドを食べたければ、やっぱり鋳物のホットサンドメーカーですぞっ! »