« ホウボウさんとサヨリさん、お買い得でしたという話でごめんなさい。 | トップページ | 焚き火といえば、やっぱり鉈は欠かせません。 »

2006年12月20日 (水)

アメリカンテーストを満喫! ワイルドな作りのバイヤーロールトップテーブル。

Img_2333  BYERといえば、チェアやテーブル、ベッドを天然木で作るアウトドアファニチャーの老舗メーカーだ。アメリカのカナダ寄りメイン州で作られるそれら製品は、木目が美しいとお道具好きの日本のキャンパーからも高い人気を得ている。買ったときの説明によれば、メープルやブナ、タモなどを強制乾燥させて加工した製品だという。で、「コレは? ナニ?」と聞いたところ、明確な答えはいただけなかった。まぁ、いずれかでできているのでしょう。浅薄な僕の知識で言えば、脚はブナ系な気がします(笑)。
Img_2335  本日、引っ張り出したのは、ロールトップテーブル。脚の折り曲げ部分と接続金具以外はオール木製。違うか、テーブルトップに板をすだれ状に繋いでいる部分は布テープですね。
 サイズは、112cm×76cm×71cm(高さ)と4人用としては、ちょうど良いサイズ。重さは、ちょっと重めの9kgとなっています。バイヤーのホームページを見ると、メインラウンジャー以外、カタログ落ちしているようで、現在日本で発売されているものは、日本向けに特別に作られているものだという。できれば、ベッドも欲しかったかなぁ? とは思うものの、まぁ、いいかなぁ。というのも正直なところ。
Img_2342  実際の作りだけれど、まさにアメリカンテースト溢れるもの。コールマンに通じるといえば、わかりやすいでしょうか? 金具類はとっても頑丈にできているのですが、その他はとっても荒削り。日本人なら、仕上げにこだわって、木目がどうのという話になるのだろが、汚い目が出ていても平気な様子。天板は、木片を1枚1枚布テープに止めているのだけれど、固定方法はタッカー(デッカいホッチキス)であります。
 そういった面では、綺麗な木目の板を金属金具で連結したラレマンドのロールテーブルの方が、職人としてのこだわりが感じられて個人的には好きです。良くも悪くもアメリカンなワイルドテーストがバイヤーの魅力なのですね。
Img_2343  あと何年作られるのか? はたまたボルドーバーナーのように、ずるずると作られ続けていくのかはワカラナイけれど、欲しいと思った方は早めに手に入れておかれることをオススメします。
 本日、ちょびっと風邪っぽく、ダルダルでございます。

 

★人気ブログランキングに参加しております。こんなのでも良いよという方、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

 

人気blogランキング ぷちっと1票

 

セカンド品だけど、9800円で買えるらしい。

 

 

マクラーレンのガタパウト4脚とセットでもこの値段。

 

 

セカンドじゃないのは、なかなか見つかりません。やっぱり生産中止なのですねぇ。

|

« ホウボウさんとサヨリさん、お買い得でしたという話でごめんなさい。 | トップページ | 焚き火といえば、やっぱり鉈は欠かせません。 »

コメント

これ、お持ちなんでするかぁ~(^^)いいですよね~(^^)私もキャンプの基本はウッドでするよ(^^)でも彼女と一緒にホームセンターで安いウッド系のテーブルや椅子を探してデートしていまするよ(^^;

投稿: スローライフ | 2006年12月21日 (木) 22:42

スローライフさんの方が素敵だと思います。僕のは道具過多なのですよねぇ。歳を重ねるに連れ、家族が増え、そして減っていく。その時々に付き合った道具が残っていってとなれば一番いいのですが。ついつい買いすぎてしまいます。きっとそのうち淘汰されてスノーライフさんのようになれればと思います。

投稿: サン | 2006年12月21日 (木) 23:38

今晩は、なぽです。この商品1週間ほど前に右手がポチッ、ポチッと、、今後ろに鎮座してます。オイオイ

投稿: なぽ | 2006年12月22日 (金) 00:57

なぽさん、こんにちは。ポチポチいっちゃいましたかぁ。バイヤー仲間ですねぇ。私もポチポチいっちゃいそうになりました。バイヤーのテーブル良いのですが、作りが粗いのでセカンド品でも十分じゃない? それにしても安いよねぇと、思わず押しそうにw さすがに抑えましたが。
 今、このテーブルをロースタイルで使うために、脚の自作を検討中。できあがったら、またUPしますね。

投稿: サン | 2006年12月22日 (金) 18:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25490/13141190

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカンテーストを満喫! ワイルドな作りのバイヤーロールトップテーブル。:

« ホウボウさんとサヨリさん、お買い得でしたという話でごめんなさい。 | トップページ | 焚き火といえば、やっぱり鉈は欠かせません。 »