« とりあえずの帰着報告でございます。 | トップページ | まさに匠の技 房州船鋸の技術で作る エサ切り 鯵切り »

2007年2月13日 (火)

遊びすぎて写真少ない2月9日~ キャンプリポート

 土曜日に出かければ良いようなものの。出かけるとなると、たとえ一晩でも野外に居たい! そんな思いで金曜5時そそくさと荷を積み込んでスタート! 行き先は、前回と同じ大原キャンプイン。冬場のキャンプでちょっとしんどい洗い物も、このキャンプ場なら、ちょっとも苦にならない。なぜなら、こちらの洗い場は、たっぷりとお湯が出るのです。トイレ、洗い場などの施設もすこぶる清潔。オーナーご夫妻の気配りも最高! 良いキャンプ場であります。ですが、今回は、朝から晩まで、釣りに出かけ、ほぼキャンプ場には居なかったのですけどね。

到着初日は、キャンプ場近くの「らーめん かいと」で夕食を済ませ、設営後、家族で、炭火を囲みながら、チョビチョビ飲みました。お酒は、地元の酒をということで夷隅産、岩の井の「黒潮育ち」。Sany0019_2 燗酒にも良い山廃仕込。端麗なイメージの岩乃井なのですが、山廃は腰があり、日本酒好きにはたまらないと思う。もちろん、未成年者はジュースで乾杯! 比較的早く眠りにつき、翌日からの釣りに備えます。
 そして、土曜日。気持ちのいい快晴! 朝食もそそくさと、一路、勝浦の朝市へ! お目当ては、金ツバとわらび餅、漬物、佃煮系。魚介ももちろんいいのだけれど、その土地、その人ならではの味に出会えるのが、この朝一の醍醐味。購入したのは、アミの佃煮、小女子の佃煮、大根葉と唐辛子と柚子の漬物、大根漬け、サザエなど。金ツバとわらび餅は朝食のオヤツ代わりにパクパク。どちらもここでしか味わえない旨さ! わらび餅は、わらび粉使用の本物なのですよ。ヒンヤリとしてとても柔らか。写真を撮ろうとしたけれど、あっという間に完食!

Sany0038_2  そして、勝浦では、驚きのイベントがっ! 「ビッグひな祭り」と題されたこのお祭り。遠見岬神社の60段の階段が段飾りに変身! 飾られた雛飾りの人形は、なんと1200体とか。ハッキリ言って、上の方の高貴な方々のお顔は、見えません! 三男坊曰く、「上の方の方々は偉いお雛様。下の方のお雛様からは、お顔を見ることもできないのだそうです」。子供にもわかるヒエラルヒー社会の縮図ですかっw
 勝浦を後にして、鴨川方面へ。最大のお目当ては、かねてから訪ねたかった鍛冶屋さん「中屋雄造正直」。こちらの鍛冶屋さんは、房州鋸がとっても有名。お華や細工職人さん御用達の素晴らしい総火造りの鋸を作られておられます。が、僕は以前、目にした包丁が頭から離れず、ぜひ作り手の方にもお目にかかれればと思っていたのです。結果は、最高! 子供たちも本物の凄みがわかったのか、三男坊など、出刃包丁をいつか手に入れて家宝にしたいと興奮気味。やはり血は争えないのですねぇ。刃物の詳細は別項にて^^
 鴨川近くで、釣りをしてみると、ウルメ鰯がポコポコ釣れ、夕方には60匹ほど。Sany0042 キャンプ場に戻ったのは日没後。鰯を捌き、カルパツチョに。Sany0052 数が多くてちょっと面倒だったけれど、これまた抜群に旨い! やっぱり鮮度が高いってことは、それだけでどんな調味料も敵わない味を生み出すのですね。
Sany0047  この日の晩酌は、帰り道の酒屋で見つけた大海酒造のくじらラベル。つぼちゃんが旨い!と言っていた黒麹ではないのだけど、こんな場所で出会うとは、なんともラッキー。つぼちゃん銘柄、旨いですねぇ。口当たりは良いがきちんと芋の旨味があって飲み飽きない芋焼酎でありました。できたら、黒麹ものも見つけたい良い焼酎であります。
 子供らは、例によって焼きリンゴと焼きマシュマロ。Sany0065_1 僕はマシュマロは苦手だけれど、焼くとパリッとふわっと美味しいのですよね。まぁ、どこのファミリーキャンプでも定番だと思います。

キャンプ3日目

 朝ごはんは、何を食べたのか覚えていないぐらい、ササッと済ませて、そそくさとスタート! まず、キャンプ場近くの物産店に立ち寄り、美味しい苺をゲット! 実は前回のこちらの苺を帰宅時に購入したのですが、メチャクチャ旨い! 品種は、絹乙女。果肉が滑らかで、優しい甘さ! まさに絶品だったのです。他に何かないかな? とウロウロしていると、見慣れない卵を発見! 薄緑色のその卵。アローカナと何やら呪文のようなシールが貼ってあります。同じ器には、コーチンというシールのものもありますから、多分、鳥の名前なのだろうと興味津々で、合鴨の卵と共に購入。Sany0059 Sany0060
 そして釣りへ! が、この日は、夕刻までひたすら釣るが、釣れない。釣れない日は、釣れないのですw やはり修行が足りませんねぇ。アイナメ1匹、海タナゴ1匹、小あじ2匹、はぜ2匹という釣果。寂しい限りではありますが、塩焼きで美味しくいただきました。

キャンプ4日目

 朝食は、炊きたてご飯に前日の卵各種。Sany0063 アローカナは、さっぱり淡白。卵特有の香りも薄く、これなら卵嫌いでも食べられそう。特筆ものは、合鴨。殻が固く、黄身も濃厚、味も濃厚。これは癖になりそうな旨さであります。醤油に卵の味が負けないのですよね。鯵の丸干しなど地元のお魚も旨い! 日本人に生まれて良かったなというメニュでありました。そしてデザートに苺! 食べ始めたら、止まりません。4パックがアッと言う間。
 撤収もゆっくりとすませ、キャンプ場を後にしたのは、昼頃。帰宅途中、昨日の残った餌で釣りをし、帰宅は8時半頃。盛りだくさん過ぎてどうにも文章がまとまらない4日間でありました。
 
最後に、夷隅に行ったら、また行ってしまうだろうなぁと思う「らーめん かいと」。店名にまず惹かれ(苗字が同じw)、入って食べて魚介出汁の効いたさっぱりスープとあぶりチャーシューの旨さに満足。旅先で偶然出会う旨いラーメンって1杯の幸せだと思う。Sany0055

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

アローカナの卵は、通販でも買えるみたい。結構、いいお値段です。

|

« とりあえずの帰着報告でございます。 | トップページ | まさに匠の技 房州船鋸の技術で作る エサ切り 鯵切り »

コメント

息子さんと酒を飲み釣をする。
最高の時間を過ごされたようですね!
家の娘はいつまで付き合ってくれるかな?

投稿: nodon | 2007年2月13日 (火) 22:50

おっと、焼きマシュマロ(^^)

同じでするよ~(^^)今回、私達もやりましたるよ~(^^)

美味しいでするよね~(^^)

投稿: スローライフ | 2007年2月13日 (火) 23:03

我が家もやりましたよ、焼きマシュマロ。
キャンプを始めて頃、初めてやった時の感動は今も忘れません。
ウマイですよね。

合鴨のタマゴですか。なんだか食べてみたい。

投稿: つぼちゃん | 2007年2月13日 (火) 23:51

nodonさん 知人のお嬢さんで大学生になってもグループキャンプに参加されている方もいらっしゃいます。ずーっと大丈夫かもしれませんよ^^

投稿: サン | 2007年2月14日 (水) 09:28

スローライフさん 家内がスローライフさんのお料理を見て驚いております。マシュマロ、手軽で子供が焚き火を楽しめる良いデザートですよね。

投稿: サン | 2007年2月14日 (水) 09:31

つぼちゃん マシュマロは、元は嫌いだったのですが、子供を喜ばせようと初めて焼いたときはビックリ。これなら、洋酒や焼酎のアテでもいけますw 合鴨の卵ちょっと見かけないですよね。僕も初めて食べたのですが、とっても味が濃い。また食べたいなと調べてみたら、http://www.aganneno.com/で売っていますね。

投稿: サン | 2007年2月14日 (水) 09:39

凄いひな壇ですね、一度見てみたいなぁ。
お?くじらのボトルじゃないですか。
これ結構いけますよね。
ここの酒造は好きでいつも買ってます。

投稿: タータン | 2007年2月14日 (水) 21:26

タータンさん ちょっとこのひな壇にはビックリしますよね。市内には、日本一大きいお雛様も飾られているようです。そちらの方は、男ばかりなので見ませんでしたけど^^ ぜひ関東へもお運びください。くじらボトルは初めて飲んだのですが、飲みやすいいい酒ですね。できれば、もう少しゴリッとしていて欲しいかなぁ。

投稿: サン | 2007年2月15日 (木) 11:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25490/13897437

この記事へのトラックバック一覧です: 遊びすぎて写真少ない2月9日~ キャンプリポート:

« とりあえずの帰着報告でございます。 | トップページ | まさに匠の技 房州船鋸の技術で作る エサ切り 鯵切り »