« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

マウンテンスミスのモジュラーホウラーは、サンダーバード的収納術の最終兵器。

Img_3596  ある程度キャンプに出かけることに慣れてくると、どうすれば大量の荷物を手際よくクルマに積み込むことができるかを、あれこれ考えるようになる。一番最初に試みたのが、あの当時だれもがやっていたコンテナ毎に道具を分けて収納しておくという方法。これはこれでかなり便利ではあった。が、キャンプ道具には、円形のものや、大小さまざまな型や大きさのものがある。Img_3597隙間に詰め込んでいくにしても、なかなか綺麗には詰め込めない。ハードケースでは、変形してくれず、融通も利かないのだ。
 また、衣類は別のダッフルやトートに詰め込むのだけれど、サイズがマチマチでクルマに積む時の順番にも気を使う。
Img_3601  そこで今試しているのが、ソフトケースによる収納だ。同じサイズのバッグを複数個用意して、キャンプ道具も衣類も同じように収納するのだ。こうすることで、テントやタープ、シェルター、チェアやテーブルなどを除いた荷物を同じサイズにすることができ、収納効率があがり、綺麗に車載できるのではないか? と考えたわけだ(先日ご紹介したWATER ROCKSというブランドのトートバッグもそのために入手した)。Img_3603
 そんな折、このサンダーバード2号的パッキング作戦に、これは究極か? と思われる製品を発見した。先日、出かけたアウトドアショップで、家内が見つけた。マウンテンスミス(MOUNTAIN SMITH)のモジュラーホウラーであります。キューブと呼ばれる四角いパックを2個、3個、4個と収納できるバッグというかトート。色分けされたキューブで収納するものを決めておけば、迷わなくていいし、便利そう。と、きゅーぶを2個収納できるモデルを入手してきました。Img_3606
 3個、4個と沢山収納できるモデルも魅力だけれど、重たくなって持ち上がらないといけないので取り敢えずやめておきました。
 キューブには、モジュラーホウラーに付属するベーシックキューブの他、内部が二つに分割された2セクショナルキューブ(そのまんまのネーミングw)、濡れ物OKのブリ-ザブルキューブ、ソフトクーラーのクーラーキューブ、デラックスクーラーキューブ、スキーブーツを収納できるブーツキューブ
、自転車用バイクキューブがラインナップされております。Img_3609 まぁ、そこまでは我が家には要りませんが、最初からシステムで考えるとかなり便利そうではあります。
 荷物を詰めたところは、こんな感じ。コンプレッションを掛けられるのもいいですね。
個人的には、釣りの道具とか、ストーブ系を入れておきたいなぁと思ったのですが、どうやら着替え関係になりそうです。家内曰く「釣り道具は釣り道具屋さんで買ったのがちょうどいいよ」だそうであります。ちょっとしたキャンプなら、これとテント持って出かけられそうなので、コソッと狙いますw

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

もともとあまり入荷していないのだろうけれど、売り切れ店続出の様子。まぁ、シーズンオフだからかなぁ。

MOUNTAIN SMITH(マウンテンスミス) #70105 モジュラーホウラー 2システム
MOUNTAIN SMITH(マウンテンスミス) #70105 モジュラーホウラー 2システム

MOUNTAIN SMITH(マウンテンスミス) #70109 ベーシックキューブ
MOUNTAIN SMITH(マウンテンスミス) #70109 ベーシックキューブ

MOUNTAIN SMITH(マウンテンスミス) #70126 バイクキューブ
MOUNTAIN SMITH(マウンテンスミス) #70126 バイクキューブ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

涼しい季節は、手作り干物でチビリとやる。

ここのところ、ちょびっと低迷していたランキングの順位が、キュキュキュッと急上昇。やっぱり嬉しいものですねぇ。応援していただいている皆様ありがとうございます。気持ちに張りが出てまいります^^

Img_3530_1   さて、涼しい冬の間、我が家では干物を良く作る。アジにサヨリ、キス、サンマなど、魚屋で安い魚を見つけると、なんだか嬉しい気分になる。 家に帰って水洗い、開いて腹わたとエラを抜き、適当な塩タレに30分程度漬けて、乾し網に入れる。朝には、一夜干が出来上がっている。
 一番面倒なのは、魚を開く作業だが、それとて慣れれば、1匹開くのは、ものの数分。アジなど、大量に買ってもさほど苦にはならない。専門の干物屋ではないので、魚の油の乗り具合で塩加減を細かく変えるなんて職人の芸当はできない。が、その日その時、自分なりにバチッと決まった時がまた嬉しいのですよね。決まらなくても、そこらのスーパーで売られているものより、確実に美味しいし、何より無駄な添加物は一切入っていないので安心だ。これでちびりとやる燗酒は、たまらんものがありますよっ。
Img_3593  先日、房州鋸の職人さんが作る鯵切り包丁を手に入れてから、魚を開く作業がまたまた楽になった。何の苦も無くススッと刃先が入り、綺麗な開きになる。素人に良い道具はもったいないと言う人も居るが、素人だからこそ、良い道具が足りない技術を補ってくれるというのも、また真実だと思う。
 この鯵切り、小さな刃先なのだがうっかりすると、さほど抵抗を感じることもなく中骨も縦に切れていく。言ってみれば、中骨の唐竹割状態になるわけだ。まだまだ修行が足りませんなぁ。
 開きを漬け込む塩タレは、水に塩を溶かし、酒を少々入れている。分量は、適当なのだが海水と同じぐらいを目指して按配。
先日、試しにハーブを入れてイタリアン風干物(見た目はただの干物ですがw)を作ってみた。それなりに美味しいのだけど、改良の余地は大有りだw う~ん、開きの写真撮るなら、もう少し血アラの掃除をきちんとしておくのだったなぁと思えど、いわゆる後悔先に立たずですなっ。
 市販の干物で、コレは食わなきゃいかんなぁと思うのは、伊豆・下田の万宝さん。特に、お店で炭火で炙って食べる干物は絶品だと思う。お酒も持ち込みで飲めたりするのもいいのですよねぇ。食べたことはないのだが、伊勢海老の干物なんてのもありますぞっ。気が付けば、手作りだったホームページもカッコ良くなっている。美味しい店は、発展していきますねぇ。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

こんな鯵切り包丁が1本あると、小魚料理もらっく楽っ!もちろん鰯は手開きで^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

熱いものにはご用心!帰りがけの駄賃に スノーピークの真空タンブラー!

Img_3579 先日、つぼちゃんのブログで旨そうなビールを見てから、気になり続けていたスノーピークの真空マグを買ってきた。都内へ出かける用事があったので、ついでに2軒ほどアウトドアショップを巡り、コールマンの最新カタログを手に入れたかったのだ。しかし、置いてないのですよねぇ。カタログがぁ……。手ぶらで帰るのもなんなので、仕方がないから真空タンブラーをget!
手に入れたのは、つぼちゃんとお揃いのグレー。どちらかと言えば、グレーというよりブラック。持った感じは、僕の手には少し大きいけれど、手に馴染みやすいシェイプなので違和感はまるで無い。飲み口の下に回されたシルバーのトリムもいい感じ。内側も梨地仕上げでカッコいいです。
 ただ、蓋の作りは、普通なんですよねぇ。この構造だと、クルマで使った場合、急に減速などすると間違いなく中身がピューッと飛び出します。この構造のマグカップを何種類か使っているので間違いないです。
Img_3581Img_3582   できれば、サーモスの真空断熱ケータイマグの新型のように、流れ止めを付けてくれると少しは安心なんだけどなぁ。とりあえず、蓋を付けて熱いものを飲むときはご用心ってことですね。
Img_3584

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

永年の経験が生きるサーモスの 真空断熱ケータイマグは、こんな感じ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

3ヶ月遅れのシーズンランタン なかなか格好いいねっ。

Img_3558_1   ずいぶん前にタータンさんNANAさんのところで見て気に入ってしまった。コールマン・シーズンランタンの2007年モデルが今日届いた。もう打ち止めと思っていたのにガソリンランタンを買うなんて、最後にこの手のランタンを買ったのはいつだったか? 多分、200Aの復刻版200Bが最初に発売されたときだから、もう10年以上前なのですねぇ。 このランタン、かなり悩んだのですが、先日アウトドアショップに出かけた際、陳列されているのを見ていたのを家内はしっかり覚えていて、買っていいよと言ってくれたのですよねぇ。交換条件は、自室の掃除w。
 さて、久々の新品コールマンランタンに心も躍りますw 開封してみると、まず驚いたのが梱包の丁寧さ。メタルケースの持ち手が蓋面に当らないように発泡ウレタンで包んであります。メタルケースを引っ張り出して蓋を開けると、これまた当り止めスポンジなどをキチンと入れる気の使いよう!  
Img_3578  へぇ~って感じであります。以前のコールマンでは考えられなかった丁寧さw 同じメタルケース入りの635Bなんて、買った時からベンチレータが歪んでましたからねぇ……。それでもアメリカ人の大雑把さ、いかにもコールマンらしいと納得していたものですからw そう考えるとコールマンも日本のマニアックなユーザーに相当鍛えられたのだなぁと、この10年の月日を思うのでした。まぁ、限定仕様ならではの気の使い方だとは思うのですけどね。
 さて、このランタン。人それぞれ好みもあるのでしょうが、僕はかなり好きです。ポンプキャップもメタル製。しかも、コレ用にパーツ別注した感じ。丸っこい形がなんだか和みます。ここがブラックのプラパーツだと、なんだか好きになれないのです。ゴールドのロゴシールも黄色いボディなのでしっくりくる。ただ、おっちゃんが使うには可愛らしすぎるので、雪の結晶模様のグローブだけはノーマルで使おうかと思います。自然の中に持ち込む道具に、あまりに可愛らしい装飾はちょっと恥ずかしいw 僕の風体にも似合いませんしねw 個人的にはノーマルのグローブがなかなか似合うと思うのですがいかがでしょう? 
Img_3577Img_3571我が家のメタルケース3種を比べて見ると。クラシックはオリジナルをできるだけ忠実に再現しようと頑張ったのが分かります。留め金もほぼ同じデザインで下から上に跳ね上げて留めるタイプ。2007シーズンランタンのものは、上から下に下ろして留めるタイプ。カラーもブラックでなかなかカッコいいですねぇ。

そういえば、こうして時代の違うランタンを並べてみると、バルブの回転方向を示すカラーのプリントも新しくなるにつれて大きく目立つようになってきているのがわかったりして、なかなか面白い。誰にでも使える道具を目指した努力の現われなのかもしれませんね。

※うぎゃぁ、輸送用スポンジの一つだと思っていたのは、メタルケースの蓋裏に貼るランタンのブレ止めだと判明! 危うく捨てるところでありました。しっかりしろオレw したがってメタルケース写真右の蓋にもスポンジが付きます。 

Img_3569

Img_3567_1

Img_3568

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

2007シーズンランタンは、まだ在庫があるようです。マニアな方々が見送るこのモデル、意外にレアかもw

Coleman(コールマン) シーズンズランタン 【2007年リミテッドエディション】
Coleman(コールマン) シーズンズランタン 【2007年リミテッドエディション】

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

オンボロカメラには、オンボロ露出計が良く似合う。

Sany0032_1  ボクが持っているオンボロなカメラの中には、オートどころか露出計が無い物も何台かある。そんなカメラを使うには、ボクはどうしても露出計が欲しくなる。
 ダイブ昔の記憶になるが、今や78歳となった父が、ボクの子供時代に使っていたカメラは、露出計なんてものは、全く無く、ただ長年の勘に頼って露出を決め、シャッターを押していた。それでそこそこ綺麗に写るものだから、ボクなどは親父のカメラの腕は相当なものだと信じ込んでいた物だ。なにせボクが無理を言って撮らせてもらった写真など、露出が合わず、粒子の飛んだダメダメな写真ばかりだったのだから。Sany0030 いつかは、親父みたいに……。そんな風に思っていたのを覚えている。時がたち、生意気に一眼レフで写真を撮るようになった頃には、すでにTTL式の露出計内蔵になっていたものだから、露出の勘を養うことも無く、いい歳になってしまった。
 結局、老父の写真の腕は抜けず仕舞いなのですよね。
 で、オンボロカメラを持ち出すときには、露出計も一緒に持ち出すことになるわけだ。しかし、真新しい露出計は便利ではあるのだけれど、なんだかクラシカルな雰囲気ぶち壊しなのですよね。なにせデジタルでパシッと数字が出るんだもの。Sany0027 というわけで、お気に入りは、こちらのとってもアナログな露出計。赤い針が振れるのに合わせて、ダイヤルを回し緑の針を動かす。両方の針が重なったときの、数字を円盤から読み取るというもの。なんとも手間のかかる作業なのだが、オンボロなカメラゆえ、こんな儀式が良く似合う。手巻きでフィルムを巻き上げ、絞りとシャッタースピードを決め、ピントを合わす。そんな風に写真を撮っていると、今どきのデジタルカメラの便利さと引き換えにした写真を撮る別の楽しみが見えてくるから不思議なものだ。Sany0031_1 セコニック オートリーダー2。年季の入った割りに今でも健気にそれなりの適正露出を示してくれる。さていつまで動いてくれるものやら。そう思いながら付き合うこと、それもまた楽しい。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ファミリーテントも面白い! 欧州コールマンのラインナップ。

 欧州コールマンのテントがかなりカッコいいとご紹介したのだけれど、トレッキングテントだけではなく、ファミリーテントも、僕たち日本人の目から見ると面白いものが揃っている。
Galileo_xl_1  たとえば、今年の新作、ウェザーマスターシリーズの6人用GALILEO XLは、Xフレームとトンネル型を合わせたデザイン。5つの出入り口を持ち、うち一つはタープのように張り出すことができる。Galileo_xl_2_1 全長は665cm、幅は440cmもある。前室部分だけでも、365cm×440cmとユニフレームのAG-SCREEN WIDEや、小川キャンパルのスクリーンキャビンL並かそれ以上の居住空間を確保している。 Galileo_xl_3 インナーテントは、2人用が3組セットでき、使用人数によって取り外せば、より居住Galileo_xl_4 空間は増すことになる。ポールはスチール製で総重量は48.2kg。付属のキャリーバッグには、ローラーが装備されているのもうなずける重さだ。標準装備かどうか定かではないが、サイド入り口部分には風除けの囲いが付けられるのも、日本よりも寒さが厳しい国が多いお国柄かと思う。
Magellan_91  ニューモデルではないが、ラインナップ最大の9人用MAGELLAN 9は、十字型にフロアを配し、センターと前方が前室になるタイプ。Magellan_92 3人用のインナーを左右と後方にセットすることで9人の就寝が可能になる。こちらも650cm×680cmと、ボクの目からするととんでもない大きさを誇る。センター天井部には、枢機卿の帽子のようなベンチレータが付いている。重量は24.5kg。Magellan_93
 残念ながら、ボクにとっては、決して散財欲が刺激されるテントでは無いのだが、へぇ~っと好奇心を満足させてくれるテントたちであった。
 欧州コールマンのWEBサイト面白いのは、3Dムービーでテントの外観と内部を見せてくれること。レンダリングされたファミリーが眠っていたりして、妙にリアル。日本のメーカーもここまでやってくれれば、購入前にイメージを膨らませられて楽しいのですけどねっ。
 そういえば、先日紹介したVaudeのBadawi。その後のチェックでフライにポリエステルと綿の混紡素材を使用したモデルがあること(いわゆるTC素材ですね)、前室から大きく張り出す大きなヘキサタイプのフライがオプションであることなどがわかり、ますます散財欲は倍増中。ここしばらく欲しいものリストナンバーワンの座は、揺るぎそうにない。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

KIVA DESIGNSのビッグマウス ダッフルは出し入れカンタン! 使いやすさ抜群!

Img_3551  ガマ口のようにガバッと開くバッグは、物を出し入れしやすくとても便利だ。僕が最初に手に入れたこの手のバッグは、KIVA DESIGNSの26インチ ローリングだ。ビッグマウスと呼ばれるこのバッグ。ゴロゴロ引いて歩く大きなバッグは無いかな? と探していたところ目に付いたもの。Img_3557
 海外に出かけるときなど、スーツケースは安心ではあるものの、ちょっと堅苦しく、日頃の収納にも困る。できるだけ大きくて使いやすいソフトバッグを見つけたかった。これ以前に使っていたL.L.Bean製の強大なローラー付きダッフルバッグは容量的に満足できたものの、フレームがまるで無い構造で、引いて歩くのは、かなり骨が折れた。
 その点、このローリングは、底部にしっかりとしたバスタブ型フレームが入っているので、たわむことなく荷物の多少に関わらず楽々引いて歩ける。
Img_3543  また、底部の内張りのジッパーを開いて衣類を収納してコンプレッションベルトで圧縮。その上に取り出す頻度の高い荷物を入れることで、さほど考えずに放り込んでもある程度整理ができるので、とても使い勝手が良い。多少容量オーバーであっても一般的なパネル開閉敷きのソフトスーツケースより、閉じやすいのもガマ口型ダッフルの良い点だと思う。
 このバッグの写真を撮っていたら、ナニを思ったか小5の三男が、「ボク、コレに入れるよっ」とニコニコ顔で言う。入れるワケが無い。コレに入って遊んでいたのは、うんと小さなときだものと幾ら言っても聞かないので、試しに入らせると……。
 入っちゃったw 148cmあるのになぁ。まぁ、このぐらい入りますよと分かり易い説明ができて良かったけれど、ちょっとビックリ。Img_3549
Img_3550  小物収納ポケットは、内部にメッシュが2カ所、表片側にジッパ付きメッシ2カ所、クローズタイプが2カ所、反対側に薄いものが1カ所の計5カ所。
 この原稿を書くために、KIVA DESIGNSのWEBを見たところ、最新モデルは、ローリングBMRとなり、完全なフレーム部分が隔てられた2気室モデルに進化していた。しかも、クルマのルーフキャリアに積んで固定できる細工付き。車載時のカバーも用意されているようだ。うーん、凄いなぁとは思うけれど、コレがあるのでとりあえずは要らないw 残念ながら、国内には輸入されていないみたいだしね。
Img_3548 かろうじて手に入るのは、ビジネス・トラベルバッグに特化したTTS ローリング アップライトシリーズ。一見すると普通のソフトスーツケースに見えるが、3つに独立したコンパートメントや家庭用ハンガーをそのまま使用できる3つ折りのガーメントケースが付属するなど、やはりKIVA DESIGNSの製品だなぁと実感できる細かい工夫が活かされている。お値段高めですが、スーツでの出張が多い身なら、一つ持っていると間違いなく重宝する。まさに、つぼちゃんなんかには、最適な逸品だと思うけどなぁ。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今年は、ヨーロッパコールマン発のトレッキングテントが熱い!

コールマンから、魅力的なソロ用テントが発売された。「ヨーロッパ仕込のバックパッカーテント」が売り文句のAVIOR X1、X2がそれだ。一人用で総重量1.95kgと、特筆して軽いわけではないのだが、機能面で様々な工夫がされている。
 サイド、フロントのどちらからでも出入りでき、メッシュパネルも両面に付く。蒸し暑い季節から、冬場まで、対応できるシステムだ。また、前室部分上部左右にベンチレーターも装備され、ジッパーで取り外しできるグランドシートも付いている。ポール素材は、Aluminium 7001-T6。フライは、リップスリップポリエステル4000mm、グランドシートは、PUコートされたナイロンで耐水圧は5000mmとなっている。どちらもシームテープ処理済みだ。Avior22
これだけの充実装備の2ウォールテントで、この重さとなれば、むしろ軽い部類に入るのではなかろうか? フレーム構造は、ヨーロッパのテントで主流のトンネル型。日本では、山岳用ベースキャンプテントぐらいしか普及しなかったこのタイプだが、あちらではフレーム構造が複雑で重量がかさみ建て難いジオシデック構造のテントは一般には倦厭されがち、どちらかといえば山岳用テントに限られる。しかもコストの掛かるポール部分が少ないため、とってもリーズナブルなお値段!
 このテントを目にしたとき、おおっ! コールマンやるじゃないかっ!とちょっと嬉しくなった。これまでコールマンのバックパッキング用テントといえば、手堅くオーソドックスな作りではあるけれど、設計が古くコレは! というアピールポイントに欠けるものが多かったのですよね。
 試しにヨーロッパコールマンのWEBサイトを見てみると、散財心をくすぐられる超軽量テントもリリースされていた。11679123190 Rigel X2と名づけられてたこの製品、二人用で重量960g。2本のポールを使ったシングルウォールで自立はしない。フレーム入り大型のビビーサックといった感じだ。横幅140cm、全長230cm。Rigel_x2最も幅の狭い足元部分は60cmほどしかないので、二人より、できれば一人で使いたいサイズだ。

Phad_x1  フレーム入りの前室がきちっと付いたPHAD X2もとても使いやすそう。ぜひ現物を見てみたくなる魅力に溢れている。
 コールマンは、本国アメリカを始め、日本、欧州、カナダ、オーストラリア、ベネズエラと、製品を共有しながらも独自の製品開発をすすめている。特に日本と欧州は独自色が強い。
10770a_1_med  オーストラリアのAVIOR X2の同形テント、単なる色違いなのだが、アフリカ角ガエルみたいでかなりかなり格好いい!

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

国内で今のところ手に入るのは、このAVIOR(アビアー) X1、X2。一人用でほぼ1万円。お手頃だと思う。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

衝撃! 日本未入荷VAUDE(ファウデ)のファミリーテント!

 魅力的なプリムスのテントH4、H6が今年は発売になる。先日も買えないけどねぇと、このブログでお話したばかりなのだけれど、ついついヨーロッパのアウトドアブランドのWEBサイトを眺めていると衝撃的ともいえるデザインの製品に出会うことも多い。。
15593_4040_gross  たとえばファウデのファミリー用テントがそれだ。ファウデといえば、ドイツの総合アウトドアブランド。マウンテンスポーツ(ウエアから、ザック、テント、火器類、寝袋などなど)自転車用品(ウエア、バック、シューズその他もろもろ)、ヨットに代表されるウォータースポーツウェアなどなど、様々なアウトドア用品を手がけている。しかし、日本に輸入されているのは、ウェアとザック程度、テントは小型の山岳モデルの1製品が細々と販売されているに過ぎない。15647_5050_gross
かく言う僕も、てっきりファウデは山岳系のテントしか出していないのだと思っていた。どえらく格好のいいファミリーテントを見つけてしまったのだ。はっきり言って、MOSSの初期のテントであるオティマムを見たとき以来の衝撃だ。
badawi、badawiⅡシリーズとして展開されるこのテントは、中央に前室を設定するスタイル。先日ご紹介したプリムスのY6と同じものだが、全体のフォルムはなにやら、遊牧民のテントを彷彿とさせてくれる。そういえば、「アラビアのローレンス」に登場するペドウィン族のテントもこんな感じだったような気がするなぁ。ペグダウン無しでは自立しないであろうデザインなのだけれど、オートキャンプ場で使う分には何の問題も無いと思う。大胆に天井部に作られた円形ベンチレーターは、ストーブの煙突も出せるという。
 うーん、やられたって感じであります。

15673_5050_gross もう一つ気になったのが、ポール2本だけで、設営する「Sly Fox Camp」。ズルい狐のキャンプとでも訳せばいいのかな? こちらもペグダウンは必要なものの、簡単な設営でドデカイ前室を確保してくれている。自転車やバイクをそのまま収納できる仕様だ。これまた斬新。それでいて実用的!

なんとか手に入れたいと思っても、英語圏で売っていないのがなんともはや。大抵のヨーロッパ系個人輸入代理業者は、恐ろしく高いからなぁ。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (8) | トラックバック (0)

リサイクルショップ発! 2000円のツーリングテント 

Sany0020_1Sany0011   とても良い天気。こんな日は、どこかアウトドアでのんびり過ごしたくなりますね。とはいえ、三男坊は風邪気味、僕も完調とはいえない状態のため、久々に自宅でゴロゴロ。
 買ったものの試し張りもしていないアルバーゴを張ってみようか? と思ったものの吹く風はそれなりに強く、ちょっと億劫。試しに三男に聞いたところ、「近くの公園で張るのは、友だちに見られたらヘンだから嫌だぁ」と軽~く断られましたw。まぁ、気持ちはわかる。Sany0016Sany0018
   仕方がないので、先日、近所のリサイクルショップ(コレバッカ)で見つけた2000円のテントを試し張りしてきました。
 このテントいつ作られたものかわからないのですが、今やテント関連からは一切撤退してしまったMIZUNO製。以前は、ツーリング用テントのジャンルでは、そこそこ人気もあり、Bergブランドで山岳用テントも出していたよなぁとノスタルジックな気分。
Sany0023   ポールはとりあえず直径8mmのジュラルミン製、フライもボトムはリップストップナイロン使用。一人用で重さは、1.8kgと標準的。収納サイズは、40×18×8cmと全長が比較的短いのがいい感じ。フライとインナーがあらかじめセットされているので、ポールを通してフライが立ち上がると、ペグダウンして設営は終了。簡単です。高価なテントとの違いは、フライにインナーの一部が直接縫い付けられている点。メンテナンスはちょっとやりづらそう。
 フレーム構造は、入り口部分を1本のフレームでアーチ状に作り、残りの2本をハの字に組んでひさしを作るというもの。ひさし部分がちょこんと飛び出た感じになる。以前のツーリングドームは、ダンロップ製も含めて、こんな感じでひさしが出るタイプが多かったのですよね。
Sany0014_1  ひさし両端にループが2カ所、前面のポールエンドにも余分なループが付いている。ガイロープを落とせるようにするためのものか、オプションで前室が用意されいたかどうかは不明。ドアパネルは、全面外メッシュ付き。最新のテントのようにサーキュレーションは考えられていないのだけれど、メッシュの開け方で換気はできる。また、ボトム生地の立ち上がりも10cmほどあり、雨が吹きつけても心配はなさそうだ。
 前室が無いのがちょっと気になるものの生地もそれなりの品質。小型のタープを多少工夫して使えば、雨の日でもそれなりに過ごせそう。うちにあるものでは、モンベルのミニタープHXと組み合わせるといいかな? スノーピークのライトタープ ペンタシールドやアライテントのトレックタープなんかだと理想的なのですけどね。
Sany0024 撤収も大きめに作られた袋と縦横に掛けられるコンプレッションベルトのお陰でとっても簡単。いずれにせよ、幸運にも2000円で手に入ったこのひと張り。こういうお気軽なテントがひと張りあると、惜しげもなく使えます。やつぱりバイク旅が似合いそう。たまにはソロで行動したくなってきたなぁ。なかなか我侭を言い出せる状況では無いのですけどねぇ。リサイクルショップもマメに顔を出すと、きっと何かが見つかりますよ^^

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

GABAマルチバッグ似な質実剛健ツールバッグ

Img_3512  ご心配をおかけして申し訳ありません。完調とは言わないものの、復活傾向。風邪というより、長年溜めた毒が体に回った模様……。いやはや。
 さて、どうにも体調が悪いときには、気にかかっていた道具を手に入れるに限る。とうことで、キャンプの小物入れに工具用のバッグを購入いたしました。Img_3516 このバッグ、ユニフレームさんのGABAマルチバックのように開口部がガマ口風にガバッと開くタイプ。しかも、ベルクロで自由に動かせる大小の仕切り板が4枚ついております。大きめの仕切り板には、メッシュのポケット2カ所とこれまたベルクロ付きのフラップ装備。つまり、アレヤコレヤ気が向くままにポンポン放り込んでも、中でゴチャゴチャにならずに済むのが良いですねぇ。
また、外部ポケットは、両面に雨蓋付きが1カ所、無しが4カ所、両サイドにメッシュポケットが4カ所の合計10カ所もあるのですよ。Img_3517 Img_3518   
 長物は、ハンドル部分の滑り止め付きのベクロテープで留められるのも便利そう。まぁ、まだ、ナニを留めるかは、考えて無いのですけどねw オマケにショルダーストラップも付いております。
 本体素材は、青い部分がナイロン420D(裏面PVC加工)、黒い部分は、ポリエステル600D(ポリウレタンクッション入)となっております。Img_3520
Img_3521 試しに棚にあるガスストーブとかランタンとか、金槌とかナイフとか、500T缶とか適当に放り込んでみましたが、なかなかいい感じ。本体サイズは幅390mm×奥行240mm×高さ270mmとユニフレームのGABAマルチバッグLを一回り小さくした感じ。帆布の風合いはありませんが、お値段3120円は、リーズナブル。商品名は、POWER!TOOLBAG、ベストツールという会社が販売しているようなのですが、ホームページが見当たりません。Img_3529
 この手のガバッと開くバッグ、他にもダッフルバッグと道具入れを持っているのですが、道具を取り出しやすくとっても便利です。お一ついかがでしょう?

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

ユニフレームさんのGABAマルチバッグは、こんな感じ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

本日、休業しますっ。

タータンさんが風邪から復帰したと思ったら、今度は私、恐ろしく体調不良でございます。ダルダルのモワモワ。ということで、誠に申し訳ないのですが、本日休業いたします。

コメントをお返ししていない方、申し訳ありませんです。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

イワタニのカセットフー BO-(ボー)の優秀さに再度脱帽!

Sany0061  先日来、あまりに使い勝手が良いのでもはや我が家の必須キャンプストーブとなってしまったカセットフー BO-(ボー)CB-AH-35。先日のキャンプでも、炭火と焚き火以外は、コレだけで調理できてしまった。32センチのダッチオーブンも乗っかって、しかも安定しているのですよねぇ。何度も言って恐縮ですが、カセットコンロの概念をガランと変えてくれる逸品です。
 0度を下回ることがほぼ無かったおかげで、持参したユニフレームのプレミアムガスも出番は全く無し。早朝、ヘロヘロとした弱火でしか着火できなくても、良くできたブースターのお陰で次第に強火に。前回もお話したのですが、良くできたパワーリフターのお陰で、ガスは最後まで火力が落ちることが無く使いきることができる性能には脱帽だ。
 逆に比較的暖かい状況でユニフレームのプレミアムガスを使った場合、加熱されてボンベ内の圧が高くなると安全装置が働いて、カセットがリジェクトされる。こうした安心感も家庭用ならではのことだと思う。(あくまで他社製ガスの使用は、自己責任となります。と当たり前の注意書き)。
 いずれにせよ、こうなってくるとですねぇ。今まで使っていた僕の大好きなストーブたちの出番は、もはやファミリーキャンプでは無いですね。
家内など「ツーバーナー要らないよねぇ。コレが2台あった方が場所も取らないし」。博多華丸じゃないけれど「ハイ! 正解です! そのとお~りっ!」
 ニッポンのキャンプシーンは、オートキャンプが主流。クルマでの移動であれば、この大きさは全く苦にならない。しかも、特別な知識無しで誰でも使いこなせるのだ。キャンプ専用ストーブは、バイクや自転車、徒歩での使用に限られてしましそうだ。この先のオートキャンプで僕が他のストーブを使っていたら、それは完全に趣味の世界ですw。
 イワタニさん、エライモン作ってくれました。ホントに。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

最高値との価格差およそ2500円!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

小川キャンパル ドームシェルターJL 予約しちゃったよぉ

P00  そろそろ今年の新製品の受注が始まりましたね。ナチュラムさんでも、コールマンや小川のニューモデルが掲載されています。
 僕が気になっている小川キャンパルのドームシェルターJLもついに注文開始! しかし、定価での販売。独自のポイントが3087ポイントついたとしても、ちょっと手が出ないのですよね。最新モデル発表直後だから、ある程度値引きにならないと買えないかなぁと諦め気分。しかも納期は2ヶ月先……。
 ところが、見つけてしまいまいました。25%OFFの7万7100円! 出荷は1週間となっている。おぉぉぉ! これだぁ。しかも、オマケでキャンプ用品や自転車が付いてくるのですよっw
Mtb  どれも積極的に欲しいか?と聞かれれば、ハテナ?なのですけどね。
 一度見てからという良心の声も聞こえてはいたのですが、注文してしまいました。ショップからのメールによれば、気になる出荷日は、1ヶ月後の3月下旬。ちょっと拍子抜けではありますが、もう幾つ寝ると? と子供のように指折り数えて待つことにします。
 そういえば、このお店、4月末までに小川製品を早期予約すると5人に一人26インチの折り畳みMTBが当るそうなっ。まぁ、当らないでしょうけどね。ちなみにお店は、山渓ネットであります。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

新製品に興味津々。アウトドア雑誌読みました。

Img_3510  おくらばせながらビーパルとガルヴィー、2冊とも買ってしまいました。今号は、読み応えがあり、2冊とも面白い。
 ビーパルの焚き火特集など、どこかで目にしたことのある内容でも、登場する人物が面白いと誌面もやはりユニークになる。どんな道具もやっぱり、使い手次第なんですよね。
 ガルヴィーは、新製品特集が購入のポイント。トラメジーノで揚げ物、炒め物なんて、ちょっと無理くりな企画がこの雑誌らしいw キャンプは遊び、楽しんだもの勝ちだ。まぁ、食欲旺盛な我が家では、素直にフライパン持って行くと思う。
Monbel_1   ガルヴィーの新製品特集の中で、一番気になったのが、モンベルのコーヒードリッパー。布漉しフィルターに金属フレームを組み合わせ、収納もコンパクト。欲しい度数80パーセント。-20パーセントは、色味が好みじゃないのですよね。飲み物作る器具が黄色って……。そしてプリムスの新製品でEtaPowerが国内発売されるのかどうかが気になる今日この頃。これは載っていなかったのですよね。トランギアを売っている会社の取り扱いだけに、発売は見送りなのかな? 個人輸入してみようかと調べてみたところ、送料が100ドルほど。個数を頼めば、1個当たりの送料は安くなるのだけどなぁ。どなたか、共同購入される方はいらっしゃらないだろうか? Primusu そういえば、以前、気になると書いたプリムスのテント、H4、H6、Y6は、発売されるみたいですね。価格はどれも10万オーバー。アルバーゴを買ったばかりだし、シェルターも追加予定なので、ちょっと買えないと思います。全高を抑えたしっかりとしたドームテントで寝室が振り分けられ、前室?がセンターに配された作りは、風にも強く、他にスクリーンやタープを併用するには、とても使いやすそうなのですけどね。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

ラフマ リクライニングチェア RSX なかなかラクチン 持ち歩きは?

Img_3499  先日、あまりの安さにプチッと購入してしまったラフマのリクライニングチェア。一昨日開封してみました。色目もなかなか落ち着いたもので、どんな部屋でもマッチしそう。
 座り心地はと言えば、チェアというより、まさにハンモック感覚。ゆったりと優しく体を支えてくれます。もちろん揺れはないのですけれどw。
 リクライニングの調節も座ったままで無段階に好みの角度にセットできるのもいいなぁ。一番倒した状態でも、不安定さが微塵もないのは本当に大したものです。
Img_3500  難点はといえば、まず収納サイズがやっぱり大きいのですよね。ワンボックスでもない限り、キャンプに連れ出すのはちょっと難しそう。収納時の厚さは15センチもありますから。
 また、アームレストを押さえ、脚部のバーを押さえ込むことで立ち上がりますから、背の小さな方が使うのは、ちょっとコツがいるかもしれません。我が家でいえば、161センチの家内は、なんとか普通に使え、145センチの三男は、操作不可能。Img_3502 ちなみに、コレをリクライニングさせたり、戻したりする姿は、傍目で見ていると、大昔に流行った、
スタイニー♪ スタイニ~♪、スタイニー♪ スタイニ~♪ にそっくり、ちょっと笑えます。まぁ、特定の年代以上の人にしかわからないネタですんません。我が家のラフマは、RSXというモデルですが、あるWEBショップによると、R3000だと、体重移動でリクライニングできるようですから、背の小さな方が主に使われるようでしたら、少しお値段高目でもR3000の方がいいかもしれません。
 一部で質感が良いと言われる、アームの木部ですが、仕上げが粗くザラザラした感触。これは、時間を見つけて細かサンドペーパーで仕上げ、ニス塗り作業が必要かもしれません。ついでにもう1点、今回2脚購入したのですが、そのうちの1脚の金具が外れておりました。★型のネジ止めですので、ドライバーを持っていないと直せません。僕の場合は、返送の手間なども考えて自分で直しました。もちろん、お店でも対応してくれるとは思います。Sany0110
いずれにせよ、破格の値段でラフマのリクライニングチェアを手に入れられたのは、やっぱりラッキー。収納場所さえあるのなら、買っておいて損はないと思います。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

lafuma(ラフマ) RSXA NAT+ACB+TAM
lafuma(ラフマ) RSXA NAT+ACB+TAM

まだ、残っているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

鋳鉄のお手入れには、スプレーボトルが快適便利。

Img_3312  スローライフさんのブログに書かれていた、オイルスプレーでダッチのシーズニングをすると便利ですという情報にビビッと反応してしまい、近所のホームセンターで見つけたのがレックのオイルスプレーT-269。コンパクトでポンプ部分がロックできるのもマル! これならキャンプに持って行くにも便利かも、しかも売価で1000円切っていたものだから、何の躊躇も無く購入。使ってみると、なるほどいい感じ。それまで100均で買ったスプレーボトルを使っていたのですが、これはニギニギするのに疲れるのですよね。
Img_3497  オイルスプレーはポンプでシュコシュコ圧をかけますので、ノズルをワンプッシュすれば、オイルが出るのが良いですね。あらかた吹いて、余分なオイルを拭き取るだけですから簡単です。
 が、先日の鋳鉄軍団襲来で、一気にシーズニングするには、ちょっとばかり役不足。何しろ小型なものですから、一度に入れられるオイル量も少ないのですよ。
 ということで、大型のオイルスプレーも追加購入。これなら、大量に鋳鉄焼いても大丈夫! 本日、鋳鉄な物どもを一気に再シーズニングいたしました。うひっ。
Img_3496  いままで、オイルレスな料理に縁がなかったのでそれほど気に留めていなかったのですが、ルクルーゼミストを始め、結構気になる製品がありますね。シーズニング以外にも、中身のオイルを変えてガーリックオイルとか、ペッパーオイルで使うと料理にも幅が出てくれそう。気になっているのは、ホリシンという会社が出しているヘルシースプレー 圧縮式。1個1000円という単価も良いですね。AMAZON以外に売っているところ見つけられなかったので、ゴメンなさい。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (4) | トラックバック (0)

グレゴリーのバッグで思い出した 布の学生鞄

Img_3468  長男が通学バックにA&Fで昨日購入したグレゴリーのターポリンシリーズ メトロFP。僕らの時代、グレゴリーといえば、ザックのロールスロイスなんて呼ばれていたものだけれど、いつの間にやら、若者が嬉しいブランドのバッグに。そういえば、グレゴリーといえば、ザックよりテントが欲しかったなぁ。今でこそ当たり前のベンチレータを初期に導入して、なかなか格好いいデザインだったっけ。もちろん10万円超のプライスが付いていて、手に入れることはできなかったのですけどね。現物に触れることはもちろん、見ることもなくカタログでみただけ。見てみたかったなぁと今だに思う。
Img_3471  さてこのバッグ。素材は、ターポリン製。スノーピークのガビンスタンドのそれです。雨に濡れても大丈夫だし、なにより丈夫そうだけど、ちょっと重いかな? 僕らは、こんなのをバイシクルバッグと呼んだけれど、今は普通にショルダーバッグ。雨蓋に大なポケット、背面にもポケット、雨蓋を開けると、2つのポケットが現れる。ジッパーをぐるっとあけるとマチ部分が広がりグーンと容量アップ! と、ここであることに気が付いた。学生時代に日々親しんだ帆布の肩掛け鞄にソックリなのですよねぇ。試しに検索してみたら、ありませんねぇ。あの布バッグ。もうどこでも作っていないのかなぁ?Img_3473

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

こちらA&Fアウトレットとほぼ同価格で売っておりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キャンプにもいいかも。コンパクトな耐熱プロペラ

Img_3484_1  昨日の買出しツアーで、僕の知らぬうちに我が家にやってきた。これ、さて、何でしょう?

デンマークのデザインキッチ雑貨ブランド menu社のプロペラという鍋敷きです。以前、家内と一緒にプラプラしているときに発見。かなり興味はあったのだけれど、お値段があまりに強気な設定だったので、「高いよねぇ……」ということで、お見送り。その後あれこれ探したのですが、どうも気に入る鍋敷きが無かったそうです。
 スチールのケースに入っていてなかなか良い感じでしょ? Img_3485 蓋を開けると、スティック状の物体が……。開くと、こんな感じで鍋敷きになります。
まったく予備知識は無かったのですが、帰宅後WEBで調べてみると、デンマークの王室御用達であるととか、ニューヨークの近代美術館(MoMA)に収蔵されているなんてことがわかりました。MoMA収蔵というと、MOSSのテントと同じですねぇ。耐熱ゴムでできていて、260度まで耐えるのだそうな。Img_3487
 「これなら、キッチンのコンテナに放り込んでおけば、キャンプでも便利だね」と家内に告げますと「焚き火で使った鍋やダッチだけは置かないで」とクギを刺されてしまいました^^ カラーも色々あって楽しめます。キャンプ専用を狙っておりますが、お値段高めがやっぱりネックですねぇ。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

ユニフレーム 焚き火テーブル追加 これで大きなテーブル要らず?

Img_3482 mb190splさんのブログで、焚き火テーブルのエンボスが変わってますよっとアナウンスがあったので、うーん、3台並べて使うなら、同じ柄の方がいいかな? と、本日もう1枚追加。お店でジックリ眺めてみたのですが、うーん、家のはどんな柄だったっけ? 同じかなぁ……と悩む悩む。
 帰宅後、3枚並べてみると多分同じw mb190splさんの写真と比べてみると、奥様のと同じみたいです。ということは、家のは全部後期バージョンなのかなぁ? Img_3477 それなら何も急いで買わなくても良かったかも……。
 いずれにせよ、これでちびっ子テーブルは、焚き火テーブル3台、2WAY ミニテーブル1台、ローテーブル1台の計5台。焚き火脇でも一人1台テーブルを使えることになりました。
 昨年、ロゴスの囲炉裏テーブルを買おうかな?とも思ったのだけれど、お店でその収納サイズのドデカさにぶっ倒れて断念(半分にしかならないのですものw)。結果的にみれば、ダッチも置けるし、親子3人キャンプなら、大型のテーブルは無くても良いしと、なかなか良い選択になった気がしております。Img_3483
 ちなみに焚き火テーブル3枚とミニテーブル1台は、以前、ラレマンドのチェア用に作ったチェアカバーに収納中。バラけなくて持ち運びにも便利です。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

値引きのほとんど無いユニフレームですから、このお値段が下限のようですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

珍しく千葉市周辺便り^^

Sany0073Sany0072_1   本日、我が家の買出し日。次男君の高校卒業に備えて、ワイシャツだのネクタイだのパンツだのを買いに幕張のアウトレット ガーデンウォークへ。息子の買い物はそそくさと済ませ、アウトドア系アウトレット店をフラフラ。本日はA&Fとコロンビアで道草。ちょびっと無駄遣い^^
 その後。、近頃、良く通っている菓子工房「セ・ラ・ヴィ」に立ち寄ると、店内では季節は早くも春。桜が満開でなんだか嬉しくなってしまいます。Sany0075_1
 このお店、クリーム系が特にオススメ。通りがかりにシュークリームを買うのが常。
 が、春色スィーツが今日は目白押し。Sany0077_1 桜餅とか、桜とか、へぇぇ~っという期間限定モノに目を奪われる。洋菓子で桜餅ってどうなの? と買ってみる。帰宅後、食べると羽二重餅のようなピンクの薄皮に包まれた苺のケーキであった。不思議な食感は新体験。生クリームと御餅が合うなんて誰が想像できただろう。旨いのですよ。
 ついでに買った桜とう名のカップインケーキもこれまた意表を突く旨さ。表面にあしらわれた塩漬けの桜だけかな? と思いきや、カップの底に桜の塩漬け風味の餡が込められている。甘さとほのかな塩味のハーモニー。うぬぬぬっ、次はどんなスイーツが登場するのか? 期待が高まる洋菓子屋さんである。Sany0078
 そして週1回のペースで通っているのが、八千代ふるさとステーション。いわゆる道の駅なのですが、とにかく野菜が新鮮で安い。どの野菜を食べても味が濃く、これが同じ野菜なの? と思わず唸る旨さであります。やはり生産者と直結されているというのは幸せなことですね。我が家など、スズキマサコさんの大根が旨いなどと、もはや指名買い状態wSany0082_1
 本日は、大根、ニンジン、ちじみほうれん草2把、菜花2把、ブロッコリ、唐辛子、泥ネギと買って、1300円ほど。お近くの方はぜひっと千葉市周辺便りでありました。Sany0090

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

良心的ってことは、幸せを運ぶのです ユニフレーム

Img_3463  先日、初めて建てたユニフレームのAGスクリーンタープWIDE。何分、初めてのことなので、それなりにドタバタ。もうすぐ完成かな? という段になり、あることに気付いた。スタンディングテープが1本足りないのです。建てている途中で、見失ったものか、はたまた元よりなかったものか、全く分からず、仕方が無いので、1本のスタンディングテープを交互に付けてみて位置を決めペグダウン。
 問題は、ネットで格安購入したこの商品、不足したパーツをどこで入手したらよいのだろう? ということ。帰宅後、ユニフレームさんに電話してみた。製品名と購入先を告げ、有償でも良いのでパーツをお送りいただけないかと訪ねたところ。梱包が弊社出荷時のままであったのであれば、弊社出荷時の不備も十分考えられ、無償でお送りしますとのこと。
 何気ないことだけれど、良心的なその対応にとても幸せな気分になった。
 美しい国を現在目指しているわが国なのですが、本日届いたスタンディングテープを眺めながら、体裁を整えるより、まず良心的な国造りが基本だよなぁと、ふと思った午後なのでありました。良心的な対応、良心的な品質、良心的な価格、良心的な……。良心的がスタンダードになれば、なにも美しい国を目指さずとも、この国は十分美しい。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

やたらに寝心地が良く収納も楽。スノーピークのインフレータブルマット キャンピング2.0使用記

Sany0066  先日、外気温問題でちびったスノーピークのインフレータブルマットも今回のキャンプでデビュー。まず寝心地なのですが、かなり良い様子。5センチほど厚みがあることで、エアの入り方の調節もしやすいのですよ。エア量を減らしてフワフワな状態にしても底付きしないのがGOOD! 90度回すだけで開閉できるバルブも使いやすい。径が大きくバルブを摘みやすいのも良い点だと思います。
 今回、家内と息子が寝たのだけれど、その寝心地の良さにお父さんの分も買えばいいのにと、口を揃えてすすめるほどだ。
 また、マット生地の滑り止めもほど良く効いているようで、寝返りを打ってもシェラフがずれず快適だという。ベルクロでマット同士を接続できるのも大き目のテントでもマットが散らばらず使い良い。
 撤収時にエアを抜き取って丸めていく作業は、いつも僕の仕事。それなりにコツと力が要ったのですよね。でも、これはラクちん。これまで10年ほど使ってきたキャラバン製マットは、封入されているウレタンが硬くバルブも1カ所しかないため膝で押えながら巻き取っていっても、それなりの力と時間を必要とした。インフレータブルマット キャンピング2.0の場合、ウレタンフォームが柔らかく、軽量化のために穴が空けられているため、エアが抜けやすいのだ。バルブが2カ所に付けられている点も抜けやすさに貢献していると思う。これなら4本巻くのも苦にならないと思う。あらたに追加すべきか、夏を待って40℃の恐怖がなくなってからにするべきか思案のしどころであります。
 このインフレータブルマット。「外気温40℃で使わないで」という注意書きさえなければ、間違いなくオススメ度120%なのですけどねぇ。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (2) | トラックバック (0)

OEMが増えて残念:: スノーピークのストーブとランタン

1162606882_258351_250  スノーピークが新ストーブを発売すると聞いて、かなり期待していた。8500カロリーの剛炎面白いなぁ。カニさんみたいなメタルクラブも刺さりそうなデザインが斬新。
でも、ちょっと残念だったのは、残り2機種のストーブと1機種のランタンが韓国KOVEAのOEMなのですよね。ギガパワーでノズルが詰まりやすいとか、小まめなメンテが必要とか、アレコレ弱点はあったのだけれど、ぜひとも自社設計でチャレンジしてもらいたかったと思うのは僕だけではないはず。でなければ、人柱になり続けている意味がないじゃないですかw
1160194521_243440_250  KOVEAのストーブ、CAMP-4やTitanium Gas Stove、ランタンのTKL-N894は、とても良くできていて、僕自身かなり物欲を刺激される製品だ。すでに国内メーカーに様々な製品をOEM供給している実績もある。でもなぁ、なんだかなぁ……なのですよね。
1160196709_176860_250  まぁ、優れた海外製品がリスク無く使えると思えば文句はないのですけどね。できれば、スノーピークはただのディーラーになって欲しくないと思うのは僕の我が侭だろうか?

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (11) | トラックバック (0)

ジェットボイルを軽く超える 超高効率ストーブ プリムスから発進!

790240_2  プリムスから、素晴らしい燃焼効率を実現した新型ストーブがヨーロッパで発売されている。EtaPower EFというこの新ストーブ、あらゆる面で燃焼効率の高さで登場以来注目を集め続けてジェットボイル凌駕しているのだ。
 キャンピングガスと共に小型ボンベを使用したストーブを開発し続けてきたプリムスの技術力を集大成させたストーブだ。
 発表されているデータによれば、8オンス(226.8g)のカートリッジ1個でEtaPower EFは、28Lの水を沸かせ、6日以上の旅が可能になるという。1Lの沸騰時間は、なんと2分30秒。ジェットボイルは、それぞれ24L、5日、4分だから、どれだけEtaPower EFの燃焼効率が優れているかわかるだろう。プリムスの解説によれば、これまでのストーブは、これまで40パーセントほどしか利用できなかったエネルギー効率を80パーセントまで引き上げたというのだから大したものだ。
Etapower_delar_l  そして軽量なのも特筆ものだ。ポットとストーブの組み合わせで481g、アクセサリー類すべてと28Lの水を沸騰させるために必要な燃料を加えた重量は1275gだという。また、分離型ストーブとしてデザインされているため、安定性もとてもいい。五徳も標準で備わり、そのまま付属のフライパンや手持ちのコッヘルをかけられるのも便利だと思う。
Etapower_l  EtaPower EFには、標準で2.1Lのクックポットとフライパンに使えるリッド、ウィンドシールド、ポットグリップ、バーナー、ケースがパッケージングされている。オプション扱いで1.7Lのクックポットも用意されスタッキングして収納できるようだ。ジェットボイルは重心が高く、筒状の形状のため、使い勝手に疑問符だった僕だが、この内容で110ドルと聞くとまたまた散財の虫がウズウズしてくる。北米でのデリバリー開始もまもなくだという。
 ちなみにビーパルで先日紹介されていたMSRのREACTORの数字もこのETAPOWERは、凌駕している。このスペック(比較表はこちらのサイトにあります)が本当だとすると、まさにおそるべしプリムスの底力といったところだ。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年2月14日 (水)

優秀なコストパフォーマンスを持つユニフレーム AGスクリーンタープ WIDE

Sany0029  2月だというのに好天に恵まれ、ポカポカだった先日のキャンプ。重くかさ張るリビングシェルターの代わりに急遽購入したユニフレームのAGスクリーンタープ WIDEもちょっと過剰装備に思えるほどでありました。
 さて、新規導入したAGスクリーンタープの使い心地ですが、値段(定価)とサイズを考えたらとっても良くできているなぁと思います。4本のポールを井桁型に組んだフレーム構造で設営前は、強度的に不足するのでは? という不安を感じていたのですが、しっかりペグダウンすることで幕体にかなりのテンションがかかりフレームも安定します。ジュラルミンを使用したフレームポール自体の径も16mmと太いため安心感がありますね。ペグダウンをきちんとするのがポイント。ここで手を抜くと強度は一気に落ちると思います。ペグはできれば付属の物から、より強度のあるものに四隅だけでも交換した方が良でしょうね。
 また、ガイロープもポールごとに計8カ所から出せるので、全高があるこのスクリーンタープでも風への不安はあまり感じません。
 設営は、思っていたよりも楽なもの。2本の平行するポールをまずセットして、それから直行するポールを1本づつ立ち上げていきます。このとき幕体を引き込むようにするとスムースに立ち上がってくれます。
 最後にフレームに幕体から出ているフックをかけていくのですが、この作業はある程度背が高くないと苦労するかな? 180cm近い二人での作業でも一番上のフックは、少し背伸びをする感じでありました。161cmの家内は、「私には無理」だそうです。
Sany0031  翌日、室内の雰囲気もなかなか良く快適。青い幕体部分で少し暗いかな? と思っていたのですが、透過してくる光も自然な色合い。長時間過ごしてもリラックスできると思います。幕体内側には、ループが2カ所。ランタンなどを吊るすにも便利ですね。
 唯一、3日ほどの今回のキャンプで感じた不満点は、フラップがすべて外側に取り付けられている点。これは一つのセールスポイントのようですが、細かな換気を行いたい場合、必ず外に出てフラップを巻きあげる必要があるのですよね。せめて1~2カ所が内フラップのジッパー付きであれば、より使い勝手が上がると思います。半分開くなんてこともできますから。また、フラップすべてがベルクロのチップで留められているのも強風で煽られるとバタつくかな?
 サイズが3.5m×4.5mと大型なこのスクリーンタープの値段は、定価ベースで5万9800円。この価格設定を考えれば、コストをこれ以上かけられないのも、とても理解できます。他社の製品を見てもチャックを多用して内フラップを一部採用している製品は少数派。ますます、小川の新作リビングドームJLが気になる今日この頃であります。

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

昼間のAGスクリーンタープWIDEはこんな感じ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

春一番とともになんとも嬉しいプレゼントが届いた

Img_3457  帰宅してデスクの上を見ると、思いがけない宅急便が届いていた。誰からかなぁ?
 おぉぉ! タータンさんところのお嬢さん、ヒトミちゃんからではないですか! 内容物はチョコレートと書いてあります!
 まったく忘れていたのですけれど、今日はバレンタインデーだったのですね。僕のブログでバレンタインの話題を書くことになるとは夢にも思いませんでした(笑)。
 開封するとですねぇ。ヒトミちゃんがチョコレートを差し出す可愛い姿が! おぉぉ、作ってますよぉ。手作りチョコです!(感涙)。
 とっても嬉しくて、家内に「おじいちゃんが孫にチョコ貰うのってこんな感じかな?」と聞くと、「まだ早いけどねぇ。うちは女の子居ないから、あなた貰ったことないものねぇ」と笑っております。
 そうなのですよねぇ。息子3人の家庭では、バレンタインに子供からなんてあり得ないことなのですよねぇ。まぁ、次男坊が変わり者のなので中学2年の時に手作りチョコレートを学校に持って行って女子に配っておりましたがw。
Img_3459  三男坊を呼び寄せ、早速いただきました! ホワイトチョコとパウダーのかかったミルクショコラ、甘すぎずちょうどいい塩梅。これは僕の好物「ジャン=ポール・エヴァン」のショコラより旨いですっ!
そこでまた家内が一言「ホワイトデー」を忘れないようにしなくちゃね」。義理のチョコを貰うといつも苦になるホワイトデーの恩返し。Img_3460 ですが、今回はちーっとも苦になりませんw 何がいいかなぁ? なんてすでにあれこれ考えているのですよね。女の子の居るお父さん、おじいちゃんの幸せを分けていただきました。ヒトミちゃんありがとうね^^ そしてタータンさん、ターニャさん、お心遣いありがとうございます。晩酌しながらいただきます。

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

まさに匠の技 房州船鋸の技術で作る エサ切り 鯵切り

 僕は、鍛冶屋さんが好きだ。鋼材に火を入れ、叩き形に打ち出しながら刃物に変える。それは魂のワザだと思っている。同じ鋼材を使っても、作り手によって全く違ったデキになる不思議さはなんとも言いようがない。。
 以前、最後のマタギと呼ばれ、マタギ刀を打ち出す鍛冶でもあった西根さんにお会いしたときも、その優しげな風貌と鋭い眼光、節くれだった指先に圧倒された。あれは何年前だったか。
Img_3448  今回、出かける前から、必ず寄りたいなぁと思っていたのが、鴨川市で船鋸を作り続ける鍛冶屋さんである「中屋雄造正直」だ。千葉県の伝統工芸品の指定も受けている船鋸は、船大工が造船の際に用いる鋸を江戸時代から作り続けている特別な鋸だ。船鋸は、現在では需要が減ってしまっているけれど、その技術と切れ味が高く評価され、現在は、華道用や工芸用など様々な鋸を手作りで造る。鋸というと、縦引き、横引きの刃があるのは、いわば常識みたいなものだけれど、こちらの鋸は、縦でも横でも切れる優れもの。江戸時代、土蔵破りが金の錠前を切るために使ったというから、その切れ味は想像できる。いつかは手にしてみたい道具だけれど、今のところ使うあてが無いので我慢です。
Img_3430  そんな僕の今回のお目当ては、小型の鯵切りと大き目のエサ切り。以前、竹柄が付いたそれを物産展でみかけ、それ以来、頭から離れなくなっていた。千葉に越し、鴨川まで2時間ほど。キャンプで通りがかるたびに、いつか訪ねてみたいと思っていた。
 当日、お店におられたのは、先代の粕谷 實さん。大正15年のお生まれというのに矍鑠としたもの。菜切り、鯵切り、エサ切り、出刃……。あれこれ見せていただく刃物の美しさには威厳のようなものすら感じる。そして手に持ったときにピタリとくるバランスの良さ。まさに、手に吸い付くようなのですよね。Img_3443
 先日、合羽橋で買い求めた出刃がまるで子供の道具と思えてしまうほど。いやぁ、参りました。ぜーんぶ欲しいです。
とはいえ、予算が無限大ではないし、なによりあまり使ってあげられないのでは、包丁が可愛そう。今回は、大きめの鯵切りとエサ切りを1本づつ買い求めた。柄はどちらも、ほてい竹。節の入り方が1本1本違うのも大きな魅力。つまり、この世に2本と無い包丁なのだ。 数本見せていただいた中から、最も手に馴染むものを選んだ。本日、魚屋さんの特売日。早速下ろしたい衝動にかられ、キス30本ほど、真鰯15本、真鯛中型2枚、糸引き1本を買い付けキスは三枚に、鰯は腹を出し、糸引きと鯛は2枚に下ろして兜も綺麗に割れた。Img_3438
 素晴らしい! まぁ、前回の出刃もとっても良いのだけれど、中型サイズなら、間切りとエサ切りで十分こと足りる。ちびっ子い魚は、鯵切りでサクサクさばける。しかも、どの魚もとっても油が乗っていたのだけれど、油に負けない刃の持ちは、和鉄の包丁ならでは。竹の柄も滑らずとても握りやすい。わきで見ていた、長男が思わず「どんな感じ?」と手を出してきて、鯛の捌き作業は取られてしまった……。残念。エサ切りは、キャンプに持って行けば、万能包丁として使えると思う。
これだけの包丁が、2本で先日の出刃1本分のお値段とは! ありがたい限り。Img_3437
 先代 實さんに、帰りがけ、鉢植えまでいただいた。花をつけるまで3年はかかるという。包丁とともに大切に育てたい。店先で咲いていた白く美しい花が咲くのが今から楽しみだ。Img_3456

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (5) | トラックバック (0)

遊びすぎて写真少ない2月9日~ キャンプリポート

 土曜日に出かければ良いようなものの。出かけるとなると、たとえ一晩でも野外に居たい! そんな思いで金曜5時そそくさと荷を積み込んでスタート! 行き先は、前回と同じ大原キャンプイン。冬場のキャンプでちょっとしんどい洗い物も、このキャンプ場なら、ちょっとも苦にならない。なぜなら、こちらの洗い場は、たっぷりとお湯が出るのです。トイレ、洗い場などの施設もすこぶる清潔。オーナーご夫妻の気配りも最高! 良いキャンプ場であります。ですが、今回は、朝から晩まで、釣りに出かけ、ほぼキャンプ場には居なかったのですけどね。

到着初日は、キャンプ場近くの「らーめん かいと」で夕食を済ませ、設営後、家族で、炭火を囲みながら、チョビチョビ飲みました。お酒は、地元の酒をということで夷隅産、岩の井の「黒潮育ち」。Sany0019_2 燗酒にも良い山廃仕込。端麗なイメージの岩乃井なのですが、山廃は腰があり、日本酒好きにはたまらないと思う。もちろん、未成年者はジュースで乾杯! 比較的早く眠りにつき、翌日からの釣りに備えます。
 そして、土曜日。気持ちのいい快晴! 朝食もそそくさと、一路、勝浦の朝市へ! お目当ては、金ツバとわらび餅、漬物、佃煮系。魚介ももちろんいいのだけれど、その土地、その人ならではの味に出会えるのが、この朝一の醍醐味。購入したのは、アミの佃煮、小女子の佃煮、大根葉と唐辛子と柚子の漬物、大根漬け、サザエなど。金ツバとわらび餅は朝食のオヤツ代わりにパクパク。どちらもここでしか味わえない旨さ! わらび餅は、わらび粉使用の本物なのですよ。ヒンヤリとしてとても柔らか。写真を撮ろうとしたけれど、あっという間に完食!

Sany0038_2  そして、勝浦では、驚きのイベントがっ! 「ビッグひな祭り」と題されたこのお祭り。遠見岬神社の60段の階段が段飾りに変身! 飾られた雛飾りの人形は、なんと1200体とか。ハッキリ言って、上の方の高貴な方々のお顔は、見えません! 三男坊曰く、「上の方の方々は偉いお雛様。下の方のお雛様からは、お顔を見ることもできないのだそうです」。子供にもわかるヒエラルヒー社会の縮図ですかっw
 勝浦を後にして、鴨川方面へ。最大のお目当ては、かねてから訪ねたかった鍛冶屋さん「中屋雄造正直」。こちらの鍛冶屋さんは、房州鋸がとっても有名。お華や細工職人さん御用達の素晴らしい総火造りの鋸を作られておられます。が、僕は以前、目にした包丁が頭から離れず、ぜひ作り手の方にもお目にかかれればと思っていたのです。結果は、最高! 子供たちも本物の凄みがわかったのか、三男坊など、出刃包丁をいつか手に入れて家宝にしたいと興奮気味。やはり血は争えないのですねぇ。刃物の詳細は別項にて^^
 鴨川近くで、釣りをしてみると、ウルメ鰯がポコポコ釣れ、夕方には60匹ほど。Sany0042 キャンプ場に戻ったのは日没後。鰯を捌き、カルパツチョに。Sany0052 数が多くてちょっと面倒だったけれど、これまた抜群に旨い! やっぱり鮮度が高いってことは、それだけでどんな調味料も敵わない味を生み出すのですね。
Sany0047  この日の晩酌は、帰り道の酒屋で見つけた大海酒造のくじらラベル。つぼちゃんが旨い!と言っていた黒麹ではないのだけど、こんな場所で出会うとは、なんともラッキー。つぼちゃん銘柄、旨いですねぇ。口当たりは良いがきちんと芋の旨味があって飲み飽きない芋焼酎でありました。できたら、黒麹ものも見つけたい良い焼酎であります。
 子供らは、例によって焼きリンゴと焼きマシュマロ。Sany0065_1 僕はマシュマロは苦手だけれど、焼くとパリッとふわっと美味しいのですよね。まぁ、どこのファミリーキャンプでも定番だと思います。

キャンプ3日目

 朝ごはんは、何を食べたのか覚えていないぐらい、ササッと済ませて、そそくさとスタート! まず、キャンプ場近くの物産店に立ち寄り、美味しい苺をゲット! 実は前回のこちらの苺を帰宅時に購入したのですが、メチャクチャ旨い! 品種は、絹乙女。果肉が滑らかで、優しい甘さ! まさに絶品だったのです。他に何かないかな? とウロウロしていると、見慣れない卵を発見! 薄緑色のその卵。アローカナと何やら呪文のようなシールが貼ってあります。同じ器には、コーチンというシールのものもありますから、多分、鳥の名前なのだろうと興味津々で、合鴨の卵と共に購入。Sany0059 Sany0060
 そして釣りへ! が、この日は、夕刻までひたすら釣るが、釣れない。釣れない日は、釣れないのですw やはり修行が足りませんねぇ。アイナメ1匹、海タナゴ1匹、小あじ2匹、はぜ2匹という釣果。寂しい限りではありますが、塩焼きで美味しくいただきました。

キャンプ4日目

 朝食は、炊きたてご飯に前日の卵各種。Sany0063 アローカナは、さっぱり淡白。卵特有の香りも薄く、これなら卵嫌いでも食べられそう。特筆ものは、合鴨。殻が固く、黄身も濃厚、味も濃厚。これは癖になりそうな旨さであります。醤油に卵の味が負けないのですよね。鯵の丸干しなど地元のお魚も旨い! 日本人に生まれて良かったなというメニュでありました。そしてデザートに苺! 食べ始めたら、止まりません。4パックがアッと言う間。
 撤収もゆっくりとすませ、キャンプ場を後にしたのは、昼頃。帰宅途中、昨日の残った餌で釣りをし、帰宅は8時半頃。盛りだくさん過ぎてどうにも文章がまとまらない4日間でありました。
 
最後に、夷隅に行ったら、また行ってしまうだろうなぁと思う「らーめん かいと」。店名にまず惹かれ(苗字が同じw)、入って食べて魚介出汁の効いたさっぱりスープとあぶりチャーシューの旨さに満足。旅先で偶然出会う旨いラーメンって1杯の幸せだと思う。Sany0055

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

アローカナの卵は、通販でも買えるみたい。結構、いいお値段です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

とりあえずの帰着報告でございます。

Img_3425 キャンプに出かけてきました。子供たち勢ぞろいの久々のキャンプ。思う存分楽しんできました。思いがけない美味と連続の出会いあり、かねてから訪ねてみたかった鍛冶屋さん訪問、連日の釣り三昧、本当に盛り沢山な4日間。振り返ってみると、キャンプ場に居たのは、夜間と撤収日のみ……。
 こんな大忙しのキャンプも久しぶり。帰ってきたくはなかったけれど、少しは働かなければねぇ^^
 帰宅後、つぼちゃんのキャンプ便りを見て、すでにどこか行きたい病になっているのですけどね。
 良い道具も手に入れて来ましたので、明日以降、ゆっくりご紹介しますね。刃物系興味のある方には必見かも^^

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

海釣り日和

海釣り日和 朝から、ボケーッと家族で竿を出す。たいしたモノは釣れないけれど、幸せな時間。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

設営済んで親子酒っ!

設営済んで親子酒っ! 初めて張るAGスクリーンタープも、人数多いのでサクサク終了。炭火でつまみをあぶり、地酒で乾杯! 夢は3兄弟に家族ができて一緒にキャンプかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積み込み完了っす。

積み込み完了っす。 今回はフル参加のため、レンタカー(^O^) 積み込みもラックラク〜であります。さすが荷車。キャンプ専用車もいつか欲しいものですねぇ。それでは行って来ます(^0^)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ガタパウトの代わりに追加購入  小川のデラックスチェア

Img_3419  我が家で常用しているガタパウトチェア。三男坊が成長してきたので、1脚足さなきゃね。と気にはなっていたのですが、ついつい先延ばしに。だって、4人までなら、買い足さずになんとか済んでいたのですよね。
Img_3418  今回、次男坊君もキャンプ参加することに……。ガタパウトも復刻されたことだし、1脚買い足すことにしました。
 ネットで検索してみたのですが、発注から4~5日かかるのですよねぇ。比較的近場のアウトドアショップでは、ガタパウトなんて手に入るはずもないですし……。とりあえずと見に行ったショップもやはり在庫無し。ベンチに座ればいいかな? と諦めモード。
 すると、先ほどから、アレコレ座り比べていた家内が、「とりあえずコレにすれば?」と小川のデラックスアームチェアをすすめます。
Img_3420  彼女曰く「ガタパウトは、体が慣れちゃって楽だけれど、座りが深いから立ち上がるのが億劫になっちゃう。これは座りやすいし、腰を落とさなくていいから立ち上がりやすいよ」とのこと。
 確かにこのチェア、食事もしやすいし、比較的コンパクトに収納できるし、お値段も値ごろ感があるのですよね。でも持ち手に頭を預けて居眠りというガタパウト特有のスタイルは取れません;; 若干改良されている新型ガタパウトに後ろ髪をひかれつつ1脚購入。できれば同じ種類のチェアで統一したいなぁ。今後、追加されるのがガタパウトになるか、デラックスアームチェアになるかは、またまた悩みそうであります。
Img_3421 こうして写真を撮ってみると、このチェア、かなり格好いい。背面上部は少しばかりクッションが入り、アーム部分の曲線も綺麗。太ももに座面が強く当らないのもいいなぁ。収束状態では、ガタパウトの方が少しコンパクトで重さも約半分なのですよね。

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

どちらも最安値は、こちら。今回、近所で買ったので、1400円高かった;; 送料入れてもお徳だなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

極楽リクライニングチェアをプチっとしてしまいました

388_1 欲しいなぁと思いながら、二の足も三の足も踏んでいたラフマのリクライニングチェアを先ほどプチッとしてしまいました。おいおい、また散財かよぉ……と呆れ顔の友人たちの声が聞こえてきそうだけれど、馬耳東風w。だあ~ってさぁ、昨年から40%OFFで売られているのは知っていて、なんとか堪えていたのだけれど、ついに50%OFFですよっ!
 これは、イカンでしょ? プチッといっとかないと。もちろん家内の分を入れて2脚。タータンさん、優しくしときましたw ラフマはポップアップ・マキシ・チェアを持っていて、座り心地はいいのだけれど、コイツは別格。以前、知人のところで座って、あまりの座り心地の良さに、欲しい気持ちがかなり高まったのですよね。でも、1脚2万超ではねぇと諦めておりました。
 このラフマのリクライニングチェア、正式名は、RSXA NAT+ACB+TAM。本当は、編み込みで布地を支えるのではないクリップタイプが欲しかったのだけれど、編み編みのこのタイプもクラシカルでいい感じかも。アームレストはウッドで立体的なデザイン。腕にしっかり馴染みそう。そして、一番の売り物は、無段階でリクライニングできるバックレスト。リクライニングと同時に脚部分も持ち上がっていってくれるのですよ。
366_3 いってみれば、固目のハンモックで横たわるような感じ。折り畳みサイズが少しばかり大きいので、どちらかというと自宅での使用がメインになると思いますが、コレで木陰でうつらうつらしたら、極楽気分でありましょう。

もう一つ、ずーっと気になっているスノーピークのハイテンションコットも半値にならないかなぁ? と願望も書いてみる^^

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

lafuma(ラフマ) RSXA NAT+ACB+TAM
lafuma(ラフマ) RSXA NAT+ACB+TAM

まずは、コレ、買わなきゃ損であります

| | コメント (4) | トラックバック (0)

明日からキャンプ REIのジップタブ温度計

Sany0005_1  明日からのキャンプに備えて、ここ数日、持って行く持って行くキャンプ道具をチェック中。当初、バイトで行けないと行っていた次男君、バイトが無くなったとかで参加が決定。久々に5人でのキャンプになりそう。
 うーん。テントは新たに手に入れたアルバーゴにしようと思っていたのに、それでは定員オーバーじゃないですかぁ。そんな理由で来るなという訳にもいかないし……w。
 ということで、我が家の定番テント、ノームを使うことにしました。 テントのジッパに付けるとふとしたときに、温度がわかって意外に便利なのが、REIの温度計ジップタブ。随分昔、REIから、アレヤコレヤを個人輸入していたときに、金額合わせに注文した小物類の生き残りだ。
Sany0006  -30℃~50℃まで測れるけれど、なにぶんサイズが小さいので精度は疑問。裏面には、風速によって異なる体感温度の換算表が印刷されている。こちらは華氏表示なので、利用しようとすると、まず温度計で華氏の目盛りを読み換算して、また温度計の目盛りで摂氏知るという面倒なことになる。
 まぁ、結構寒いねとか、暑いねって、わかるだけでも、それなりに楽しめます。今もあるのかな? REIのサイトで探してみたら、今もしっかり売られていて4ドル35セント。方位磁石付きは、9ドル50セントでありました。
 

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

何でもウールで作っちゃう IBEXのウエアが好き

Img_3403  かなーり古いエディ・バゥアーのジャケットを捨てられない僕。なんだか薄汚れた縫いぐるみを捨てられないちびっ子みたいだなぁと自分でもあきれ気味。でも、着やすいのですよねぇ。
Img_3404  で、最近手に入れたアウトドア系のウェアでのお気に入りは、ibex(アイベックス)のジップアップ。アイベックスといえば、フリース全盛の今、ウールの持つ可能性を様々な加工技術を駆使して提案してくれているアメリカのメーカー。1997年に設立されたというから、まだまだアウトドアメーカーとしての歴史は浅いのだけど、ウールに対するこだわりの姿勢は相当なもの。Img_3406 アンダーウェアから、ミッドレイヤー、アウターとあらゆるものをウールを加工して作ってしまおうという意気込みが凄い。しかも社員総数20名という小さな会社で!
僕はコレで、今更ながら天然素材であるウールの持つ、暖かさ、伸縮性や吸湿性の良さを再認識させてもらいました。
 素材は、もちろん100%ニュージーランド産メリノウール。肌触りも自然な感じ。Img_3407
 まだあまりショップでも見かけることの少ないブランドだけれど、モノは確かだし、志も高い。どこかのショップに出かけたならぜひ手に取ってみることをオススメしたい。
 タータンさん風に言えば、
オススメ度100%!

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とにかく着倒したエディ・バウアー マルチパーパスジャケット

Img_3395  冬場にキャンプに行くよ! というときになると着用を許される僕のお気に入りのジャケットがある。エディ・バウアーのマルチパーパスジャケットだ。もう20年近く前に手に入れたものだけれど、とにかく暖かく動きやすかった。もう1枚お気に入りだったL.L.Beanのフィールドコートと共に、日々それしかないのかい? と言われるぐらい着続けた結果、薄汚れた雰囲気に……。
 僕は一向に構わないのだけれど、家人たちに言わせると、汚くだらしないのだそうで、L.L.Beanのフィールドコートは知らぬ間に捨てられてしまい、現在手元に残るのは、このマルチパーパスジャケットのみ。
Img_3398  襟元や袖口、裾、ポケットなど、肌が触れる部分はウールのリブ編み。袖口など肘まで大きくたくし上げて着ていても、さほどダランと伸びきることがない。アウター側の生地は、60/40のナイロンと綿の混紡。裏地には、薄手で肌触りの良いナイロンが使われている。できることなら、新品を手に入れたいのだけれど、当の昔に廃番になってしまっている。復刻されれば嬉しいのですけれどね。
 L.L.Beanのフィールドコート再度購入しようかとも思うのだけれど、裏地など、僕の持っていたものとは微妙に違う。結局、それで買えず仕舞いなのですw

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (8) | トラックバック (0)

サンダーバードの2号コンテナのように持ち出せるトートバッグが欲しかった。

Img_3390  海釣りをポツポツ始めて、釣り道具屋さんを訪れる機会が増えるにつれ、いわゆるアウトドアショップではあまり見かけないブランドや製品を目にする機会も増えた。
 昨年見つけて多用しているのが、WATER ROCKSというブランドのトートバッグだ。Img_3394 永らく帆布製のトートバックを数サイズ揃え、キャンプや外遊びの小物入れ、衣類入れに使ってきたのだが、コンプレッションをかけられないので、小物は散乱、衣類はかさ張るという状況はどうしても避けられなかった。おしゃれなトートバックも手に入れてみたが、イマイチ荷室での収まりが悪かった。
Img_3392  このトート、マチ幅もあり、荷物の量によって口元をクルクル巻き込んで調整できる。コンプレッションベルトも付いているのでギュギュッと絞れば、衣類もコンパクトに収納できる。一応コーティングされた防水仕様(縫製部分にシームが無いので防滴仕様ぐらいかな?)なので、湿気の心配もさほど無い。トート前面には、メッシュのベルクロ留めのポケットが付いている。お値段も1980円と比較的手に取りやすい価格設定。
Img_3388  カラーは、赤、紺、ベージュ、グレーの4色。我が家では、グレーは着替えの衣類、赤は汚れ物、紺はキャンプ小物、釣り道具という具合に使い分けている。つまりサンダーバード2号のコンテナよろしく、必要なものだけを持ち出せるというわけだ。今度番号振ってみようかなぁ?
 同じサイズのバッグなので、クルマへの積み込み時も荷室が整然として気持ちがいい。上州屋オリジナル? と思っていたのですが、他の釣具屋さんでも入手可能な様子。まぁ、多少デザイン的にどうなの? と思うし、帆布製のトートのように重量物の運搬には向きません。でも、それらを差し引いても余りある便利さなのですよね。

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

テントも購入してしまいました。キーワードは、ジオシデック

Img_3384  新しいテントが欲しいよぉ! と、昨年から叫び続け、この正月には小川キャンパルのZFをあまりの安さに衝動買い。本命テントはどーするの? と自問自答の日々でありましたが、ついにというか、ようやく思い切りました。買ってしまったのはアルバーゴ45。ニューモデルが出るのは分かっているのだけれど、なにしろ値引き額が大きいかったのです。現在わかっている新型と旧型の差は、フレームが300g増加している点。多分、フレームの強度がUPしているのだと思いますが、万が一破損した場合は、新タイプのフレームを購入しようかな?と思っております。
 ティエラ2と最後まで悩みましたが、僕がジオシテックの変形フレーム好きということも選択の大きなポイント。5人でキャンプするときには、使い慣れたノームを持ち出すことが多いというのも、少し小型のテントにした理由でもあります。ジオシテックは、多数のポール交差点を持ち、風に強いのがメリット。山岳系テントでは、全高を低く設計し、より風に強い仕様になっています。
1  ジオシテックのフレーム構造を簡単な図にしてみました。左上が、スタンダードなジオシテックフレーム構造。右上が、スノーピークのランドブリーズ6、右下がリッチウェルのノーム、左下が今回購入したアルパーゴ45なのです。
 アルバーゴ以外は、すべてインナーにフレームを組み込む構造。アルバーゴ45は、フライにフレームを組み込む構造になっています。アルバーゴは背が高く、Xフレーム以外は、あらかじめ曲げられたフレームを使いますので、どこまで風に強いかという点で疑問は残ります。私見ですが、負担がかかりやすい曲げられたフレーム部分が新型ではたぶん強化されているのではないかと思います。
 こうしてフレームの取り回しを見てみると、基本のジオシテックのフレームをどう取り回してより四角に近い就寝スペースを確保しようと各メーカーが苦心している様子がわかりますね。
 そういえば、年始に購入した小川キャンパルのZFも1本円弧のポールを省きながら、幕体のテンションでジオシテック的な作りになるように工夫されておりました。
 ジオシテック的なフレームの取り回しという点では、小川キャンパルが一番試行錯誤しているように僕は感じています。
 フレーム構造から考えると、人気のティエラシリーズのフレームは、小川独自のロッジテントからのアプローチ。小川キャンパルが長らく提案し続けてきたロッジドームという新ジャンルの完成形なのですね。
う~ん、いつか欲しいぞぉ、ティエラシリーズ。

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

アルバーゴ45は、現在飛び切り価格で販売中。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

外気温40℃以上で使えないアウトドア製品って@@ スノーピーク インフレータブルマット

Mat  ライダーさんのコメントで、念のためと思って見直したスノーピーク インフレタブルマットの注意書き! まぁ、熱には弱いかもねとは思っておりました。以前のマットもそれで風船状態になったわけですからw 焚き火やコンロには気を付けてねと書いてあるのは極々普通の注意書きだと思います。が、しかし、アウトドア道具としてどうなのよ? と大いに疑問に思う注意書きを発見してしまいました。

「外気温40℃以上になる時や、マット洗浄の際、高温のお湯(40℃以上)などで使用しないで下さい。熱によりフォームと生地の接着が剥がれる可能性があります。」

ですよ@@

念のため、スノーピークのサービスに電話でお話をうかがってみました。

僕「40℃というと、クルマの中なんかすぐそれぐらいになりますよね。それもダメ?」
SP「避けていただければ……」
僕「キャンプ場で日光に当てていると、夏場なら表面温度40℃超えちゃいますよね?」
SP「注意していただければ……」
僕「どんな状況でも40℃なんてすぐ超えちゃうと思うのですけど」
SP「40℃を超えたら、接着剤が剥がれる可能性がありますから……」

つまりは、40℃を超えてしまう状況で接着が剥がれてしまった場合、保障の限りではないと言うことなのですよねぇ。普通の感覚では、お風呂は40℃あっても高温なお風呂とは呼ばないと思うしなぁと微妙な心持。
 色んな使用状況が考えられるアウトドア製品として、40℃MAXの性能保障ってどうなの? と思ってしまうと同時に、どこかにあった僕の中での「スノーピークは、お値段張るけど高品質」という信頼感も大きく崩れ落ちてしまったのでありました。まぁ、念のために書いてあるのでしょうけどねぇ……。

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

変調な国家がシュールなワールドカップ

Img_3381 早くワールドカップイヤーが来ないかな? と3年も先の話を早くもわくわくしながら待っている僕なのでありますが、昨日のフリマで、こんなものを見つけました。
 ワールドカップですよぉ! 安っぽい金色のプラスチック台座の上に乗ったブリキ外装・国旗柄のサッカーボール。なんだこれ? と、いじくり回してみるとですねぇ。少しばかり調子っ外れではありますが、高らかに国歌が流れます。ただの安物のワールドカップレプリカがホゲッとシュールな存在にw。各国の国旗がスイッチになっているのですね。
 しかもですねぇ。情けないことに、大抵の国家は途中で終わります。
 次男坊がアホが付くサッカー狂なものでジョークなお土産にとお値段聞きますと。300円也。大物買って小銭しかないのに購入してしまいました。息子の反応はといえば、
誰も要らないなら貰う……。
まぁ、そんなもんですよねw

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (2) | トラックバック (0)

インフレータブル マットが無残な姿に 仕方無しにスノーピーク キャンピングを購入

Img_3362  来週末の連休は、キャンプに出かけるというのに。我が家のインフレータブルマットが、こんな変わり果てた姿に……。ウレタンと表布の接着が剥がれてしまったのですね。 すわ、前回のキャンプでフグを大量に釣り上げた呪いか? うなことあるはず無いわけでして、エアが入ったままファンヒーターの前に放置したのが原因であります。ゴム糊で修理してみようかな? とも思うのですが、端の表布を接着してある部分が上手いこと剥がれてくれません。うぬぬぬぬっ、とアレコレ思案しているだけでは、直るはずもなく、とりあえず……。

Img_3366 買ってまいりました新たなるインフレータブルマットを。今まで使ってきた我が家のものは、横幅63センチ。似たサイズのマットで国内で手軽に手に入るものは、スノーピークが発売しているインフレータブルマット キャンピングのみ。シリーズには、厚さ5センチの2.0と厚さ3.8センチの1.5がラインナップ(今年から、厚さ6.35センチのLX2.5が出るらしい)されているのだが、3000円UPで未知の厚みを体験できるのならと2.0をチョイスしました。Img_3367
 で、寝心地なのですが、良いですね。やはり1センチ程厚みが増すと、体を入れ替えようと肘を突いても底付きしにくいのです。収納時のエアの抜けも左右2カ所に付けられた大型のバルブのお陰でスムースに巻き上げることができます。収納時のコツは、体重を膝にかけ、膝で押えながら空気を押し出して巻き上げると綺麗に巻き上がります。これは、どのインフレータブルマットでも同じですね。
Img_3375  期待はずれというか、こんなもの? と思ったのが、大きなセールスポイントであるはずの収納袋を利用したポンプシステム。収納袋の底にあるノズルにマットのバルブをかなり強く押し込まないと、空気を入れている最中にスポンと外れます。Img_3370 外れない程度に袋を押すのがコツかもしれません。また、1回の布袋ポンプで入るエア量がどうしても少なく、この作業を複数回こなすのは、それなりの労働です。口でエアを吹き込むことを考えればかなり楽なのですが、「あ~ら、まぁ、ラクチン!」と言うほどではないのですねぇ。エア量をさほど必要としない、コンパクトなマウンテン用なら、きっとかなりの効果がありそう。マウンテン用のショートサイズがチョビ欲しくなりました。
 また、サイド部分にベルクロテープが取り付けられていて、複数枚使用するときに簡単に連結でき、ズレないのは、やはり便利だなと思います。Img_3376 老舗サーマレストのベースキャンプ ラージと実売でほぼ同価格。数々のアイデアが生かされたスノーピークのこのマットとっても魅力的。あとは耐久性かな?
 ちなみにギュギューッと巻き上げて収納袋に入れるとかなりダブダブに布が余ります。ストラップ付けて欲しかったかなぁ。Img_3379

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

これは、どこで買っても値段が同じなのでツマラナイですね。ポイントくれるところで買うぐらいでしょうか。

ライバルのサーマレスト ベースキャンプ ラージは、こんな感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年2月 4日 (日)

嬉しいお友達からのプレゼント

Img_3354  そして帰宅すると更なるラッキーな出来事が待っていてくれました。なーんとですねぇ。ブログのお友だち、タータンさんから、小川とスノーピークのカタログのプレゼント! きゃーっ。ありがとう! なんだかまったく見ず知らずの方と世代を超えて知り合い輪が広がっていくのって、ネットならではの喜びですね。というのに、我が家の交換物は、まだ荷造りを終えただけで未発送! すんません、明日発送しますっ(と、ほとんど私信モード)。
 で、カタログ見ていると楽しいですね。Webの情報で、あんなかなぁ? こんなかなぁ?とイメージを膨らませていた製品の真実の姿が今ココに! って感じであります。
 小川さんなんて、アウディTTクーペでキャンプですよっ。このセンス、少々ちびりました。そして噂のスノーピークさんのカタログ。凄いの一言。恐ろしいほどお金かかってます。印刷費を除いて代理店通しだと2000万コースでしょうか? 内容も秀逸。うむむーっ、他に散財している場合じゃ無いぞぉっ!と思わせる展開なのですよ。
 うーん、こんなに重たいカタログ持ち帰ってくれたターニャさんありがとうございます。

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (12) | トラックバック (0)

今度はフリマでアウトドアウェアGET

 先日のフリーマーケットがあまりに楽しかったので、地元はどーなの? と実を言えば先週末も2カ所行ってみた。結果は、ペケです。残念ながら、出展数も少なく全くの時間の無駄でありました。あ~ぁあ、面白いフリマに行きた~いっ!
 ということで、今朝、前回、宝探し状態だったフリマへと出かけてきました。
 駐車場へとクルマを入れると、先日以上の出展数。期待感も高まります。で、結果なのですが、フリマ会場に到着後、わずか15分ほどでお買い物終了。
Img_3345 というのも、歩き始めてすぐにノースフェイスのゴアテックスXCR雨具上下発見! 上下で1万2000円なり、振り返ると取り外し式ダウンライナーが付いたマーモットのオラクルジャケット1万2000円……。雨具欲しかったのだよねぇ。しかも、最新ゴアテックスだしなぁ。新品だし、この値段じゃ、パンツ1本買えませんよっ。ということで、両者お買い上げ。Img_3348 で、そのお店を見回すと、懐かしいマウンテンスミスの70Lザックが……。懐かしいけど、ザック自体がとっても重いのよねと、思うまもなくその隣のロウアルパインに目が止まった。これってスペシャルエクスペディションの60Lモデルでは? レインカバー内蔵で確か定価は3万超えていたはず……。念のためお値段聞いてみました。
Img_3353  9000円、ポッキリ! デカイザックはあるのだけれど、軽量60Lって使い勝手も良いし欲しかったのですよねぇ。最早、80L+は背負えません。60Lでも危ないのですけどねぇ。ということで、ものの15分ほどで大散財。オマケでパタゴニアのヒップバックも手に入れて、帰宅したのでありました。なにしろ残金数百円w。Img_3351
 まぁ、どれもとっても型遅れなのですが、オッチャンに流行はありません。何しろ、それまでの雨具は15年ほど型遅れなのですからw なにやらとってもお得なアウトドアウェア三昧な1日でありました。Img_3358

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (3) | トラックバック (0)

フロストパック到着 細かな改良がGOOD!

Img_3334  ここのところ、WEBでプッシュしてばかりなので、ちょっと反省気味。と言いながら、昨日もちょっと大物を買ってしまったのですけどね……。
 そんな中から、昨日届いたのが、シアトルスポーツのフロストパック40L。19Lと25Lを長いこと使っていたのですが、3割引ということで購入を決定した品。届いたそれは、パッと見は今までのものとほとんど変わらないものの、細部に目を移すと細かなマイナーチェンジがなされていた。
Img_3337 一番大きなポイントは、持ち手が本体に付けられている部分の強化! 癒着面に補強として入っている布のサイズが大型化して、頼もしさを増している。両サイドのグリップも持ちやすそう。保冷性能に関しては真夏でも前日ロックアイスが半分程度残っているぐらいはあるのを10年以上使って確認しているので不安は無い。これでますますコールマンのスチールベルトを始めとするハード系クーラーの出番は減りそう。Img_3339
 この手のクーラーに欠点があるとすれば、スタンドに置けないぐらいだろうか。もちろん最新のハードクーラーと比較すると、保冷力は落ちるのですけれどね。
 行き帰りはコンパクトに収納でき、必要なときだけ広げられるというメリットは、小さな車で出かけるキャンパーにとっては、何物にも代えがたい機能だと思う。オススメです。Img_3341

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

大型両軸リールで見る夢は? OLYMPIC DOLPHIN 400LW

Img_3324  近頃、海で釣りをしたいなぁと、以前からある釣り道具にアレコレ買い足している。先日また、行きつけのリサイクルショップで魅力的なリールを見つけてしまった。両軸の大型リール。ほとんど使われた形跡もなく、メッキもピッカピカ。箱に入り布袋に収められていたそれを、引っ張り出した瞬間、キランという輝きに魅せられてしまった。
 この手のリール、大型魚を吊り上げる道具なので、もともと僕には縁が無い。まぁ、アンバサーダやPENのリールを、なんとなく見たことがある程度なのですよね。
Img_3329  しかし、間近で見ると相当カッコいいのですよ、コレが……。正直言って、このリールに見合うような竿は持っていないし、当然釣行の予定も無い。だって、トローリングもOK、耐釣力14kgなんて書いてある豪快なブツ……。このままいけばどう考えても当分どころか、一生使わないのではなかろうか? という代物。
 ということで購入は控えておりました。が、お店を訪ねるたびのぞくと箱は少しずつ壊れ、寂しげな風情になっていくのであります。ついに昨日たまりかね、連れて帰ってきてしまいました。まぁ、なんというか、箱に入れられクンクン鳴く子犬を拾う心境とでも言えばおわかりいただけるでしょうか?
Img_3333  で、現在、自室のデスクの上に鎮座しております。正式名称は、OLYMPICのDOLPHIN 400LW。濃紺のボディにニッケルメッキの美しいこと! うーん。いつかはこれで大物を! 野望が昂まる夜なのでありました。

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

簡単にできる料理でグビグビッ!アクアパツッア他……

Img_3288  昨晩も鍋があまりに美味しかったので、グビグビっといきまして、前日のお料理レポ、サボッってしまいました。
 まず、ベーコン君。仕込の終わった肉を燻製器にブラ~ンとぶら下げ、1時間ほど70度前後で乾燥&滅菌。ついでに上網で鮭のハラスを乾燥。その後、チップを入れて60度~70度ほどで2時間燻して完成っす。 温度管理が面倒なこの手の燻製ですが、お手軽香房とバーベキューコンロを使い炭のあるところと無いところを作って移動させると微妙な温度調節ができて比較的簡単です。それなりの値段がする燻製器ですが、ちょっとした燻製をするなら、お値段リーズナブルなこれで十分だと思います。恐ろしく汚れるしね。Img_3245(ちなみにこちらの温度計は、ミートサーモメーターという肉料理用の温度計。ハムやローストビーフの温度が良くわかって、ちょうどミディアムになんて仕上がりが期待できます)
Img_3236  そして、鋳鉄軍団なのですが、一度にこれだけの道具(6本)をシーズニングするのは、とっても大変でありましたw つぼちゃんのそんなに買ってたの? というコメントが骨身に染みる労働量。Img_3242 燻製をしているうちに、とりあえず洗浄して、グラグラ沸かした鍋でワックスを落とし、乾燥させてオイルを塗り、焼くという手順。6本終わる頃には、なーんにもしたくない……。ワインをグビグビ飲みながらの作業っていうのもやる気を無くさせる原因の一つなのですけどね。
 結局、ソーセージを焼いて(鉄板でもいいじゃんw)、ハンバーグのパテを焼いて、ワッフルも作りました。が、ワッフルは息子が粉の調合を間違い失敗! なにやら瓦煎餅みたいのができておりましたw
 コレいいなぁと思ったのは、ハンバーグメーカー! Img_3270僕は、炭火焼のハンバーグがとっても好き。油が綺麗に落ちて香ばしい香りが付き最高のパテが焼きあがるのですよね。これは追加でもう2個あってもいいかもと思う優れもの。パテを網で焼いたのでは、ボロボロに崩れることも多く失敗しがち、これならクルクル回していればいいだけ。誰でも簡単にパテを焼き上げられます。追加しようとバーゲンを見たら、すでに売り切れ……残念。
Img_3286  さて、最後にアクアパッツア。見た目は手が込んでいるようにも見えるこの料理、ですが言ってみればイタリア風の鍋なので実は簡単なのです。
 まず、腹を出した魚に塩と胡椒、ハーブを振り掛けます。フライパンにオイルを熱し、叩いたニンニクを炒め香り出し。そこへ魚を投入! 片面づつ焼き色がつくように焼きましょう。一旦、魚を取り出し、焦げたニンニクを取り出します。Img_3256 そこへ丸ニンニクを入れて焼き、魚をもどして、アサリを放り込み、白ワインを投入し、煮込んでいきます。魚の上に煮汁を回しかけながら、少し煮詰まったら、アンチョビ、ドライトマトを入れ、全体の半分ぐらいまで水を入れてまた煮込みながら、スープを回しかけます。Img_3258
 最後にプチトマトを入れ味を整えて、オリーブオイルを回し入れ、お好きなだけハーブを入れて完成! 面倒だったのと時間がなかったのでドライトマトは水で戻しませんでしたが、できることなら水で戻して戻し汁と一緒に使った方がより風味が出ると思います。また、できればケーパーやオリーブも入れたいところですが、我が家では入れないことになっております。
 皿に盛り付け、パスタを添えてバクバク。ワインがグビグビ進みます。ついでに作った(巻いただけw)サンタンデロチーズの生ハム巻きImg_3264_2 、やハラスの燻製でもワインがグビグビ進みます。お陰で、昨日は、久しぶりにちょびっと二日酔いでありましたw 結局また飲んじゃうんですけどね.

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

旨さの秘訣はやっぱり出汁! 出しポットは便利だなぁ。

Img_3301 出汁を取りまぁ~しょっ、みんなで出汁をねっ。出汁を取ったら、ちょちょんと旨い。出汁で広がる恵比寿顔~っ! という感じで、出汁を取った料理はともかく旨い。
Img_3302  でも、料理のたびに毎回出汁を取るのは大変じゃない? ということで、出汁ポットの出番です。ちょっと見た目は、急須みたいなのですが、長いストレイナーとストレーナーが浮かない蓋の作りがポイント。
Img_3306  使い方は、とっても簡単。角切りにした昆布と鰹節をストレイナーにポポンと入れて、後はヤカンでお湯を沸かしたら、一呼吸置いて注ぎいれるだけ。待つこと1~2分で、料理を美味しくしてくれる出汁の完成です。Img_3308
 大型の急須やポットでもできるとは思うのですが、どうしても上の方だけに出汁材がとどまってしまうし、急須の蓋では、鰹節や昆布が浮き上がってしまいます。
その点、出汁ポットなら、底の方までグーンと伸びたストレイナーで上下満遍なく美味しい出汁が出てくれ、しかも鰹節も浮いてこない。Img_3309
 美味しい出汁を作るには、煮立たせないことがポイントだと思うのですが、このポットを使うと、目を離していても絶対に煮立たせるとはありませんし、もう一つ鍋を用意してザルで鰹節をすくってなんて手間も要りません。出汁を取ったあとは、ストレイナーを外し、ポンと捨てるだけ。もちろん、昆布や鰹節は、佃煮にしてもいいですね。今夜は、この出汁で金目の鍋! 〆は、ウドンに雑炊! 抜群に旨かったです。Img_3317
 我が家の出汁ポットは、ホームセンターで1000円代中盤のお値段だったと思います。
 ざっとネットで探してみるとおしゃれな白磁のポットがありました。通販生活で紹介されているらしい。我が家と同じ容量1リッターで8000円近く……。機能にそれほど差があるとは思えないのですけどねぇ。
 昆布は、ヒマな時に鋏で角切りにしておくと便利です。

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

お料理したけど、飲みすぎちゃった 

Img_3235  本日、早めに帰宅してというか、ほぼ午後サボって、帰宅。玄関には、到着予定だったAGスクリーンワイドが着いていたけれど、目もくれずキッチンへ。先日買った鋳鉄クッカーのシーズニングをしながら、炭火を熾し、燻製をしながら、アクアパッツァと摘みを作り、作りながらワインをグビリ、グビリやっていたら、かなりの酒量に……。長男は言うに及ばず、次男までもプーさんのグラスでグビリとやっていたのには、後で気付いた。プーさんで酒飲むなぁ。Img_3283

 レシピなど書き残したいところでありますが、至極満腹、なかり泥酔で限界っす。
 サンタンドレの生ハム巻きも旨かったし、ハンバーガーのパテも、鮭のハラスの燻製もベーコンも旨かった。もち、アクアパッツァもです。ワッフルは失敗っす。
 詳細は、明日にでも、書き逃げでござる。Img_3296 Img_3272 Img_3292

★人気ブログランキングに参加しています。面白かった、役に立ったと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。励みにより面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »