« 世界で勝負するKOVEAという会社 | トップページ | 買っちゃったよ コールマン286A赤ランタン »

2007年4月30日 (月)

ビッグな木材燃焼系ストーブ KOOKAIR

 本日とってもお天気が良く、このGW前半キャンプに出かけた方は、晴れのクジ当てたなぁと青空を仰ぎ見る自宅の僕。
 で、仕事とポツポツ片付けながら、気晴らしに電動丸ノコを引っ張り出し、先日買ってきた端材を切り分けた。
840765  シェラストーブの親玉、KOOKAIRの燃料に使うのだ。(全体写真撮り忘れちゃった;;)このクックエアというストーブ、単一乾電池6本を電源に、シロッコファンを回して強制的にエアを送り、薪を完全燃焼させてしまいましょうという代物。いわゆるストーブとしても使えるし、熱拡散板を載せてBBQやオーブン、そしてスモーカーとしても使えます。
 シェラストーブや、A&Fで発売しているサバイバルストーブは、薪ストーブのリンバーン現象と同じく、底面から吹き込まれたエアが燃焼室を被う外壁内を通り、高温に熱せられれた後に内壁下部に空けられた穴から噴出し二次燃焼をおこしやすくするシステムを採用していますが、KOOKAIRは、ただ底部から吹き上げる方式になっています。Img_5328 そのため、シェラストーブなどに見られる、暖まると火力が増す2段ロケット的な燃焼では無く、淡々と強制燃焼される感じなのですよね。その分火力が安定しやすく、風量調節も効くため焼き物などの用途では使いやすいと思います。作動音は、とても低く、シェラストーブやサバイバルストーブの方が耳障りだと思います。
 また、柔らかい木材だと、かなり早く燃え尽きますので、燃料の補充が慌しいのが欠点。

ECOストーブとして、化石燃料を一切使わないストーブとしてかつて販売されたこの製品、多くの人が使えば、間伐材といえども不足するのは明らかだし、このストーブに限らず木材を燃焼させるストーブでエコうたうのはどうなの? と少しばかり疑問です。
 
 カナダ製のこのストーブ、初めて見たときの価格は、2万円を超えていたのですが、徐々に値下がりし、現在、ネットで扱うお店は1件しか見つけられませんでしたが、1万円を切っておりました。この値段なら、ウォータースモークも一応可能なため、検討してみてもいいかも知れません。

Img_5317 外見から考えると燃焼室は意外に小さめ。

Img_5319 燃焼室はこんな感じで取り外し可能。

Img_5322 内部の構造は、当然ながらとってもシンプル。電池ボックスとファン部、可変抵抗がつながれているだけ。

Img_5329 焼き網を載せる熱拡散板の裏にも放射板がある。

Img_5331 久々に燃やしましたが、とても良く燃え、残ったのは、ほんの少しの灰だけ。それも吹き上げる風で消し飛んで、ほとんど何もない状態。完全燃焼ってこういうこと言うのだよねという気持ちよさだ。問題があるとすれば、このサイズかな?

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

|

« 世界で勝負するKOVEAという会社 | トップページ | 買っちゃったよ コールマン286A赤ランタン »

コメント

10万アクセスおめでとうございます!
凄いぞ!

シェラストーブ系って電池を使うのが嫌で手を出しずらいです。
が、完全燃焼というのはとても惹かれるものがありますね。
先日、ロゴスのピラミッドグリルの燃焼効率の良さにも驚いたのですが、
灰すら残らないって興味津々。
全部燃えると気持ちいいですもんね。

投稿: タータン | 2007年4月30日 (月) 22:30

タータンさん ありがとうございます。ひとえに応援のお陰ですわっ^^ 
確かにシェラ系のストーブって、電池を使うのでちょっと考えちゃいますよねっ。しかも、お鍋に煤が付くのですw でも、惹かれるものがあるのですよねっ。それは、自然燃焼とは違った豪快な燃えっぷり。おぉっ! ってぐらい良く燃えます。普通の木を燃やす分には、本当に灰しか残らないんですもの。
 ピラミッドグリルの燃焼の良さも驚きでしょ? コレ見ちゃうとピラミッドグリルから離れられなくなります。しかも安いしw 他にも焚き火系あるんですけどねっ。乗り換えますか? この際。

投稿: サン | 2007年4月30日 (月) 23:19

10万アクセスおめでとう御座います。

 思ったより早くてビックリです、流石ですね。

 木材のストーブは、燃焼が難しい、自分でネイチャーストーブを作ってみてつくづくそう思いました。燃えが悪いと煤が凄いですし。

 完全燃焼できるのは魅力ですが、ちょっと私には大きいかな?。

投稿: ライダー | 2007年5月 1日 (火) 12:36

ライダーさん ありがとうございます。普通、どのぐらいで達成するものなのかわからないのですが、早いのですね^^ ありがたいです。木材ストーブ、大昔は現場で一斗缶使って燃してました。あれはただの焚き火かw
 上手に燃やすのは難しいですねっ。そういう意味で強制過給は反則かもしれません。そう思えるぐらい良く燃えます。やはりこのサイズですから、クルマの小さい我が家の場合、これを持っていくと、何かを諦めていますw

投稿: サン | 2007年5月 1日 (火) 15:13

こんばんは
これは面白そうなストーブですね
見なかったことにしないと欲しくなりますね。(笑)
ところで遅くなりましたが10万アクセスおめでとうございます。
凄く早い達成ですね。

投稿: ADIA | 2007年5月 2日 (水) 21:09

AIDAさん どーもです。なかなか使い勝手も良いのですが、ちょっと大きいのが玉に瑕です。参加人数少ないときでないと、我が家のクルマに載りませんw
10万アクセス、皆さんに応援していただいた結果です。このブログしか知らないのですが、早いのですねっ。なんだか嬉しくなりました。ありがとうございます。

投稿: サン | 2007年5月 2日 (水) 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25490/14900067

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグな木材燃焼系ストーブ KOOKAIR:

« 世界で勝負するKOVEAという会社 | トップページ | 買っちゃったよ コールマン286A赤ランタン »