« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

甲虫採集は、男の子のロマンであります。

Img_7186Img_7187   磯遊びとともに、夏キャンプの楽しみの一つだった甲虫採り。大型なものは採れなかったけれど、小型のミヤマ♂1匹、♀2匹、ヒラタ♂1匹、コクワ♂2匹、アカアシ♀1匹の計7匹を捕まえました。
Img_7188Img_7191こうして、見るとやっぱりクワガタは、カッコいい! やっぱり大人になってもドキドキします。恐怖の乱暴ものノコギリが採れなかったのも残念。  梅雨明け前で、温度が上がりきらなかったためか、その他の虫も少な目。次回のキャンプでリベンジを狙います!
Img_7198Img_7201  灯火採取はアカアシの1匹のみ。やはり地道な樹液探しが一番かもしれません。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (4) | トラックバック (0)

7月も終わろうと言うのに

7月も終わろうと言うのに こんな空模様です。それでも季節は夏なのですよね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

梅雨明け前、夏のキャンプ風景

本日早朝帰りました。
幸い夜半から降り始めた雨も上がっており、取りあえず濡れずに撤収。
さすがにこの時間になるとヘロヘロであります。

今回のキャンプ風景写真。夏は、遊びが多いので料理のカットは少な目。いつにも増してお手軽料理のオンパレードでありました。

P1000830_3P1000845_3 P1000827    

P1000835P1000870 P1000900 P1000919

P1000994 Abu

P1000973Img_7193 P1000851

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日)

シルエットクイズ?

シルエットクイズ? 今晩は、急に涼しくなり、やっぱり不調w 小クワ2、ヒラタ1。 昨晩までと加えて合計6匹。 オールチビッコのスーパーライト級ラインナップ(ーー;) トラッブには、蛾とカミキリ…。 せめて採りたやミドル級(^0^)/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

本当は、今日帰るはずが……

本当は、今日帰るはずが…… 2晩続けた甲虫取りの成果は、小さなミヤマ♂1匹と普通サイズのミヤマ♀2匹(ーー;) 仕方がないのでもう一泊w 今夜は、正攻法で、樹液の出ている樹木巡り。 Getだぜなるか ? 明日は早朝帰宅。仕事だぁ〜。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

本気なんだけどなぁ

本気なんだけどなぁ 昨晩に続いて仕掛けているトラップ。 真面目に捕まえようと久々に本気。 しかし、成果はミニマム級のミヤマ一匹! 大量捕獲の記憶が虚しい(>_<)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

本日の晩御飯

本日の晩御飯 簡単手軽なジンギスカン。中でもオススメは、ハバネロ味(^O^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

我が家の海水浴と言えば、

我が家の海水浴と言えば、 磯遊び。 タイドプールで小魚採ったり、シュノーケリングしたり。 砂浜は、ほとんど行かないのであります。 晩酌のあてもGet!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

どこのお父さんも大変そう( ーー;)

どこのお父さんも大変そう(
 ーー;) 虫取りの 声で 目覚める 夏キャンブ ヘナチョコな一句 朝日が綺麗です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

甲虫求めてランタン満載!

甲虫求めてランタン満載! カブトムシやらクワガタやら、甲虫を求めて、久し振りにガソリンランタン3発。時間が遅いので今日は無理かなぁ。 カブト採取でも手抜きです(>_<)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ただ今、増量中! ルーフボックス装着><

P1000788  今まで小さめのクルマで積み込みでいつも一苦労。ついにというか、ようやくというか、ルーフボックスを取り付け、積載量が大幅に増量! 旧型のため、お値段半額ほどで手に入るので、コレに決定。キャリアへの装着がちょっとばかり手間だけど、お値段考えればお買い得な内容。

お約束の冷蔵庫の定理によれば、今は楽々でも、いつしかそれが普通になり、きっと積み込みに苦労するようになるのだろうなぁ……。
 いやいや、そうならないように余裕のキャンプを目指さねばw

それではともかく5時になったら行ってきます^^

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

スーリーのアルパイン780は、お手頃価格で在庫整理中。オートウェーブだと、台数限定でこれより更に5,000円OFFだった^^

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

ユニフレ無理でもニトリなら^^ 羽毛肌掛け

 お片づけはまだまだ終わらないのだけれど、取り合えず前向きな姿勢が認められw
 明日、夕方からキャンプです。やった~ぁ。梅雨明け前とはいえ、これだけ暑い日が続くと、寝袋なんて要らないぜっ!と僕は思うのが、心配性な家内は、冷えたら困るから、なにか肌掛け持って行かなきゃ! ということらしい。
P1000658  コクーンのクールマックスシェラフだけで大丈夫だと思うのですけどねぇ。
で、買ってみたのが「お値段以上ニトリ」の羽毛肌掛け。中綿は、ダウン&フェザーが50%&50%で150g。生地はポリエステル100%なので、洗濯機での丸洗いもOK。1枚2980円だった。品質的には知れたものだが、夏の肌寒さをしのぐ程度なら、これでも十分だと思う。本当はねぇ、ユニフレームのライトシェルバッグ400が欲しかった。でも、あちらは、ダウン80%、フェザー20%で、お値段1万2800円。高値の華でありましたw
P1000660  ニトリの肌掛け、フェザーが多いので、羽根先の飛び出しも多いだろうが、気にしないw
スノーピークのオフトン600の収納袋に2枚が収まるコンパクトさもマル。
 生地が白なので汚れやすいのが難点。とはいえ、この値段なら、惜しげもなく洗えるというものだ。
 さて、使ってみた感想をまたご報告いたします。ダメだったら、ご自宅用ということで、ヨロシク。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

ユニフレームさんちのライトシェルバッグ400 夏の肌掛けにいいなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

ランタン&ストーブタワーと銀の蜀台w

P1000711_2P1000713    かなり片付いてきたのだけれど、まだまだ遠いぞっ! お片付けの道……。
 気晴らしと言ってはなんだけれど、エレクターで組み上げたランタン&ストーブタワー(60×60×200)の中身を再構築中。おっ、なんかもう一台大型ランタン入っちゃうなぁ……と思ったら、ノーススターがあったんだったw 収納して終了。

P1000715  こんなのあったんだと忘れていたものも出てくるのだけれど、本日最大級に恥ずかしいのが、銀の蜀台。世に幾多のキャンパーさんがいるとしても、コレを持っているのは少数派w 若い頃、なんかフラフラと買ってしまったんですよ。もちろん安物。シェルターの中でしか使えません。風に弱いから? ノン、ノン、ノン。もちろんそれもありますが、猛烈に恥ずかしいからに決まってるじゃないですかw
 三男坊に「今度のキャンプで使ってみる?」と冗談で訊いてみると「使う!」と彼。「恥ずかしいよね?」と再度、僕。「使う」とニコニコ顔で彼……。 
マジですか?……。今度のキャンプ、我が家はコレでいきますw

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (7) | トラックバック (0)

EXPO’70ですよっ。お兄さん。

P1000680 片付けをしていたら、こんなものが出てきたw いやぁ、懐かしい。EXPO'70ですよっ。21世紀はスッゴいんだと、思っちゃったあのエキスポ。
 15年ぐらい経っちゃった筑波博では、、そんな時代は当分来ないんだと妙にリアルに思ったりして。あぁ、大人になるとねぇ……。

P1000683P1000682 太陽の塔とかキレイだなぁ。お父さんの構えてるカメラ、フジのコンパクト35だもの。最新型だったのだよね。フラッシュも交換式のキューブだぁ! と妙なとことに目が行くものだから時間ばっかり過ぎていくw

P1000685 そういえば、タイムカプセル開けたんですよね。次に開けられるのは、2100年。

一緒に切手やら何やら出てきたが、そのまま封をして仕舞った。我が家のタイムカプセル。次に開くのは何年後?w

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (4) | トラックバック (0)

猛烈な勢いでキャンプ道具片づけ中。

P1000667  引越しから、1年超。片付ける片付けると言いながら、片付くどころか、新たなる道具も増え、より乱雑さを増していく僕の部屋。仏の顔も3度までというけれど、仏の顔を100回ぐらいは見ちゃったものだから、ついに緊急事態宣言発令! 片付くまで、新たなる道具もキャンプも禁止だそうであります……。
 いやぁ、とりあえず、大物を部屋の外へ運び出し、整理を始めたものの簡単には終わりそうもありませんw そりゃそうですよね。簡単ならとっくにキレイになってますってw

Img_7181 片付け中に、家内が「ゴチャゴチャなのをいいことに、知らない道具が増えている気がする……」と呟きながら通過。うひょっ。

気のせいですっ。間違いない。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

既に冬支度? 季節外れのバーラー三昧

Michi  久々に出かけた鎌倉。低山が連なる山並み、寺社の良く手入れされた樹林と庭園に身を置くと、自然と人の営みの調和を感じずにいられない。人の手によって配置され律せられた世界だ。

P1000636P1000652   で、僕はといえば、先日、お友達のバーラーを手配して以来、ついつい真夏だというのにクッキングストーブの世界にどっぷりと浸ってしまっている。
 本日のコレは、先日、少しご紹介したバーラー65Cの色違い。赤いモデルは、塗装が浮き上がり、キャップ類にはサビが浮きまくり、かなりリペアしなければならない状態だった。再塗装しようにも晴天に恵まれなければ、キレイな仕上がりにならない。梅雨明けが待ち遠しい。
P1000637P1000643   この濃紺のモデルは、幸いまったく手を入れないでも使える。使用頻度も浅く、ほぼ新品の状態で届いた。
ラベルは水シールで赤モデルの紙シールとは違う。
 6本五徳で鍋の安定も良い。とはいえ、大型の鍋をかけるつもりなら、別の五徳を用意したほうが良さそうだ。
 小型のバーラー64Sには無い、光学式燃料計が付いているのも65Cの特徴。いかにもイギリスっぽいクラシカルなデザイン。
 丸芯の直径も小型な64sの直径50ミリより、かなり大型な75ミリ。かなりの高火力が期待できます。アラジンのストーブもそうなのだが、ブルーに燃える炎は、なんだか不思議な空間を演出してくれる。幸いなことに? 横風に弱いので、時折赤くチラつくところもまた風情があって良い。
 本体サイズは、全高36センチ、最大径23センチとバーラー64ストーブより一回り大きいのだが、それでもフジカ ハイペットよりもまだ小さい。あぁ、夏もこれからだというのに、既に我が家は冬支度w 
P1000656  そういえば、夕刻、巨大な箱が届いた。こちらの中身はまた明日にでも。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

鎌倉散策

本日、珍しく早起きして、鎌倉へと出かけてきました。品川に住まいがあったときには、1時間ほどで行けた鎌倉も、今は2時間ほどの道のり。
朝方の雨も昼近くには上がり、夏の日差し。
アレコレ書いても仕方ないので、本日は、写真のみ。
あぁ、京都に行きたくなった。P1000367_2
P1000508_2    

P1000401_2P1000387_2

 

P1000420_2P1000425_1 

 

P1000587_1Senkou_1 P1000514_1 P1000532_1  

P1000605_1

P1000608_1P1000609_1

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

キャンプより、映画と鎌倉が勝つ週末;;

P1000002  先週、うっかりでキャンプの予定を逃した我が家。今週、行っちゃう? と提案してみたものの。今週末は、以前から映画と鎌倉の寺社周りに行こうと約束していたものだから、敢え無く却下。
 本日は、成長されたハリーポッター様にお目にかかったあと、庭で炭火の料理。

P1000096P1000139  ダッチに仕込んだのは、簡単でボリュームのあるラムと野菜のロースト。
 びっちり玉ねぎを敷き詰め、ジャガイモ、ニンニクを放り込み、塩コショウとハーブを利かせたラムのロースをドンと置いたら、ミニトマトをあしらい終了。
 上下の火でぐつぐつしたら、最後に上火でガッンと焼き目を入れる。肉の旨味をしっかりと吸い込んだ野菜とソースを絡めて食べればシアワセ気分に満たされる一品。久々に32センチのダッチでの調理だが、ロゴスのピラミッドグリルL2は、サイズも余裕で安定感も抜群。中網が錆びちゃうのは仕方ないのだけれど、どんな焚き火台も結局錆びる。燃焼効率のいい構造と実売で5000円台というコストパフォーマンスを考えると、これに勝る焚き火台って無いんじゃないかと思う。
P1000118P1000138   で、もう一台、ウェーバーのエニウェアゴーを引っ張り出して、こちらでは焼き鳥。こいつの利点は、蓋ができ、火力の調整が空気口で自在にできるってこと。表面カリカリ、中はジューシーなプロ並の焼き鳥が簡単にできてしまう。蓋無しで火力調整のし難いグリルでは、なかなかこうは行かない。
 我が家には、この2台のほかにも炭火グリルや焚き火台があるのだが、気が付くとこのどちらかを使っている。これからグリルを選ぶ方、オススメの2台です。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (5) | トラックバック (0)

悩んだ割りにあっけない幕切れ 新コンパクトデジカメ

 春先からずーっと、コンパクトデジカメ(コンデジ)が欲しいと思っていた。どこに行くにも一眼ぶら下げては、ちょっとかったるい。手軽にスパッと撮れるコンデジがあればブログの写真にも幅が出るというものだ。
 ほぼ、つぼちゃんが持っているLUMIX LX2にしようと決めていたら、リコーがGX100を発売したりして、あぁ~どうしよう? と悩んでいるうちに月日が過ぎた。
Img_7171  で、本日、買ってまいりました。自分でもまったく想定外のFX100。1220万画素でCCDも大型の1/1.72型。一般的な1/2.5型CCD搭載モデルに比べて、階調も滑らかだといいなぁという期待もありました。一応、広角28ミリからの3.6倍ズーム。CCDの一部を使って光学7倍ズームとしても使えます。お約束の手ぶれ補正に加え、ISO6400までの高感度撮影にも対応。
 でもねぇ……。フルオートなのですよねぇ。絞りや、シャッタースピードを好みでは選べないのですよ。家内や子供でも手軽に写せるカメラということでこうなりました。まぁ、シーンモードというプログラムを選べばなんでもこなせるのですが、なんだか物足りないw 収納ケースには、サンワサプライから出ているネオプレーン製のケースをチョイス。なんかマークがスノーピークっぽいのがご愛嬌。1本足りないんだけどねw
P1000018

そのうち、GX100買っちゃおう! と一人密かに目論んでいたのですが、帰宅後家内が一言「もう1台は買わないからね」。
 あぁ、なんで僕の心をお見通しなんだっ><。
P1000057 ついでに以前壊してしまったキャノンのセルフィーの最新バージョンもポイントで購入。
 実際の試用リポートは、また後日。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

最新のルミックスFX100は、コノぐらいのお値段。

キヤノンの最新昇華型プリンター セルフィー

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

互換カートリッジで節約 クリナップの浄水器

 千葉に越してきてまず最初に驚いたこと、それは、恐ろしく水が不味いって現実。
クリナップのキッチンをしつらえる際にビルトインの浄水器を設置したのだけれど、それすら無力。結果、浄水を再度ブリタの浄水器でろ過して飲むという2段構えに落ち着いた。それでも旨い水ってワケにはいかないのですよね。どこまで凄いんだ? 千葉の水w
 東京の水が不味いといわれていたのは、今は昔。高度浄水処理によって、とってもまともな水に変身していたのだなぁと今更ながらに思う。
Img_7156  で、ビルトインの浄水カートリッジが交換時期になっていたのだが、純正品はとんでもなく高い。だってクリナップのショールームで買うと税込み2万9925円もするのですよ……。で、ネットを探すと1万9000円前後。
この値段なら仕方ないかなぁと諦めかけたそのとき、ヒラメキマシタ。
「レンジにせよ、食洗器にせよ、OEMばかりのクリナップのこと、浄水器もOEMに決まっている」
そういえば、WEBで探している最中、外観が酷似しているカートリッジが、結構あったなぁと、チェックしてみると。
Img_7159 クリナップのものは、メイスイかキッツマイクロフィルターのどちらかを使用しているらしいと推測。(我が家のものの形はメイスイでした)これだと、1万3000円ほどで入手可能なのです。
で、届いたメイスイのM-100を取り付けてみますと、バッチリ付きます。使えます。ろ過材などは、若干カスタマイズされている可能性はあるが、純正品で千葉の水が旨くなるわけでもないw これで十分だと僕は判断している。クリナップのキッチンでビルトイン浄水器をお使いの方。おすすめです。
 散財続きの我が家が、5,000円ほど節約しましたというお話でありました^^。Img_7160

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

互換性のあるメイスイ M-100の最安値はコチラ。

オリジナルのクリナップ CJMEA-30の最安値はこちら。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

安全運転の友 レーダー探知機購入

 東京から千葉に越して1年、クルマを利用する頻度が劇的に増えたせいか、取締りのお世話になる回数も恐ろしく増えた。
 免許を取って30年なのだけれど、取り締まられた回数の半分がこの1年のもの。
Img_7162_1   このままの勢いでいけば、簡単に免停になっちゃうかも? 
 ということで、初めてレーダー探知機を購入した。この手の道具、実はまったく興味が無かった。というのもこの15年、捕まったことが一度もなかったのですよね。こんな道具が必要なのは、タクシー4ばりの華麗なる走り屋さんに決まってる。そんな風に思っていたのでありました。
Img_7165  で、カー用品店へと出かけたワケですが、あまりに数が多く迷いに迷い。最終的に決めたのが老舗ユピテルのスーパーキャット S200mi。1.5インチのEL液晶にGPS付き。オービスの設置場所データも携帯電話やSDカード経由で最新版に書き換え可能、などなど豊富な基本機能が搭載されております。詳細は、ユピテルさんのHPで確認していただくとして、心惹かれたのは、レーダースコープという機能。まるでレーダーのような画面上に発見したLHシステムやループコイル、レーダー式オービスなどの情報をポイントで表示。視覚的に位置情報を教えてくれるのだ。気分は、子供の頃に遊んだレーダー作戦ゲームwしかも、至近距離になると画面背景が赤色に変る! 思わず見とれちゃうと危ないですw
Img_7168 近所10キロほどをぐるーんと回っただけなので、どの程度の精度なのかは不明。しかし、自動ドアなどにはほとんど反応しないのだが、結構な頻度で警告が出ていたため、なにかやってるのかなぁ? と勢い制限速度での運転となる。抑止効果はかなりありそう。
 心配性な老父曰く、「クルマに載せかえるのは忘れるから、もう一台買っとけ」ということで、最新版のスーパーキャット RW919siも追加購入。支払ったのは、とりあえず我が家の財布……。こちらの使用リポートもご要望があれば載せたいと思います。あぁ、欲しかったアレが飛んでいくぅ~っ><
 さぁ、目指すぞ! 安全運転^^

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

レーダー作戦ゲーム感覚が楽しめるユピテルのS200miの最安値は、こちら。ちなみにオートウェーブでの購入価格もこのぐらい。

より画面が変化するレーダースコープ2を搭載した最新機種RS919siは、こちらが最安値。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

ストーブ用ウィンドスクリーンでフュアハンドのリフレクター

 ここのところ、ハリケーンランプの話題ばかりが続いている。そろそろ他のネタだろ? とココロの声が忠告してくれるのだけれど、どーも、頭の中身がハリケーン漬けになっているようで、どうにもこの連環から抜け出せずにいる。もう少々お付き合いくださいませ。

Img_7151Img_7149 で、夏に友人を迎える準備もあって、自室の整理をようやく本腰を入れて始めることにした。で、出てきたのがアルミ製のキャンプストーブ用の風防。いわゆるウインドスクリーンですなっ。うちにあるのは、三つ折りのありふれたものなのだが、見た瞬間ヒラメイタ! ハリケーンにピッタリ!
早速、フュアハンドと組み合わせて見ると……。おぉぉ、ゴージャス!
Img_7145_1Img_7146_1    元々限られた灯りしかないハリケーンランタンだけに、その効果は絶大であります。
露出一定(絞り、シャッター速度固定)で撮影してますので、手前の床部分をご覧いただければどれだけ明るくなったかは一目瞭然でありましょう。
 まぁ、欧米では、リフレクター付きのハリケーンランタンも発売されているぐらいですから、当たり前といえば当たり前なのですけどね。
 そういえば、ユニフレームさんから、5つ折りのステンレス製ウィンドスクリーンが出ていたなと見てみると、高さが155センチしかないのですねぇ。あぁ、あと5センチ長ければ完璧なのに(フュアハンドはホヤの上端部分で下から15センチほど、写真に撮った我が家の風防は22cmある)。
キャプテンスタッグの製品は、アルミだけれど、サイズはピッタリ。
 5面になれば、鏡像も増え、シャンデリアみたいにキレイかも……。妄想は膨らむw

いずれにせよ、ストーブ用のウィンドスクリーンを使ったリフレクターは、おすすめです。
ちなみに僕のは、20年選手のはずなのだけれど、まったく変らぬ姿で売られておりましたw。エキスパートジャパンという会社の製品であります。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

僕のと同じものは、ちょっと高い

ユニフレーム製も使えそう。高さ155センチがちょいネック。

お手頃価格のビジョンピークス

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

中国ランタンにSCHOTのグローブ

Img_7129_1   メカ好きな男の子は、お気に入りの道具をアレコレ思い描きながら、自分だけの1台にカスタマイズするのが好きだ。思い返せば、プラモデル、夏休みの工作、ラジコン、ナイフ、バイク、子供と一緒に遊んだミニ四駆などなど、あれやこれやカスタマイズしてきたような気がする。こんなことを思い出したのも、先日来、いじりまわしている中国製ハリケーンランプのおかげだ。
 1台送料を入れても500円以下で手に入れたこのランプ。明るさが足りないと、火口をいじり、芯を調整してフュアハンド並みの明るさを実現したのだが、どうもグローブのクリアさが足りない……。
 ということで、SCHOT社製のフュアハンド純正グローブに換装。ついでに平芯もフュアハンドのものを使ってみた。
Img_7139  SCHOTのグローブといえば、オプティマスやAIDAなど、欧州産のトラディショナルなランタンや韓国製イワタニのガスランタンにも採用されているランタン好きにとっては、超一流の製品。
 透明度が上がった分、明るさも心なしか上がったように感じるのは、ひいき目だけではなさそうだ。平芯も、フュアハンドの方が網目が密で、それまでたまに出ていた炎の瞬きも無くなった。
 ここまでに仕上がると、ついつい金属磨きで磨きたくなり、輝きもぐーんと増した。
フュアハンドのホヤ、ナチュラムさんでは、3000円を超える高価な品だが、灯油系ランタンの専門WEBショップ ガルバンゾさんなら、600円代で手に入る。
 フュアハンド276より、一回り小さいこのランタン。かなーり魅力的に見えてきたw

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

フュアハンド本国バージョンは、ユニークカラーが目白押し!

 思いがけず中国製ハリケーンランタンで個人的に盛り上がってしまったものだから、そういえば、ニャーのフュアハンドって、本国ではどんな製品があるのか気になり始めた。

そういえば、限定で赤や黄色、青なんかのソリッドカラーバージョンが日本でも売ってましたよね。

276rmetall276gmetall276bmetall   で見つけたのがこれらのニャー。まず眼を惹いたのが、単色ながら、メタルカラーのニャー。なんだか清楚なあの子がいきなり茶髪に!的インパクトがありますよねぇ。

267sun276cherry276to  で、こんなんあり?のハンドペイントで花柄を描いたバージョン。ひまわりとかトマトとかこちらもかなりのインパクト!
花柄はさすがにキツイかなぁと思うけれど、エアブラシで雪とか雲とか描かれたバージョンは、ものによってはいい感じかも。30ユーロ程度とお値段も理解できる範囲。
Db_feuerhand_strand1Db_feuerhand_camping1Db_feuerhand_halowen1   もちろん、金ぴかのソリッドブラスバージョンもあったけれど、現地価格でも超高価。200ユーロって日本円にすると3万3000円余り。日本でお馴染みのブリキバージョンは、16ユーロでありました。

 日本での人気が鰻登りの様子なフュアDb_feuerhand_delfin2ハンド。来年ぐらいには限定バージョンとしてラインナップされているかもしれませんぞっ。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

フュアハンド、楽天では、こちらが最安値。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

中国ランタン修正詳細編&芯切り

 キャンプに行くはずだった3連休。情けな~い話しでご自宅モードとなった我が家。クルマも動かせないし、基本的にヒマw
 で、もう1台中国ランタンをチューンナップ。

Img_7103 ドームのU字型スリット下部分から飛び出た火口。これを下のラインギリギリに下げるのがポイント。

Img_7106 元の工作は、こんな感じ。元々粗雑な作りなので改修するにも遠慮の気持ちは微塵も湧かないw

Img_7109 起して伸ばして、抑え金具をはずします。

Img_7113 で、キレイにカタチを整えたら、想定ラインまで切り込みを入れ、折ります。

Img_7115 抑え金具を挿入して、折り込んで完成。

ついでに、平芯の切り揃え方で、炎がどう変るかをご報告。

Img_7116Img_7117 まず、平芯を真横にカットしただけ。(写真はカットする前、実際は、毛羽立ちがなくなるように真横に直線でカットしました)

真横1直線カットの場合 両端が盛り上がる鬼の角っぽい炎に

Img_7118Img_7119で、両サイドを斜めに切り落とした台形カットの場合は、

両端の立ち上がりが無くなり、比較的キレイな形状に

Img_7120Img_7122 先端全体がキレイな円弧を描くようにカットすると

花びら型の炎に

炎の下端部分が、平芯をカットしたカタチになっているのがおわかりいただけるだろうか?

感覚的なものかも知れないが、照度の高い部分が増え、明るさが増すように感じます。

お手元の平芯オイルランタン、試しに切り揃えてみませんか?

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2007年7月13日 (金)

キャンプのはずが! ココに居ます::

 恥ずかしながら、自宅に居ます……。定刻どおり、自宅をスタート現地目前で、検問があり、運転免許の期限切れが発覚><

 あらぁ、ということで、運転代行業者さんにお願いして帰宅w
 迂闊というにあまりに迂闊。免許を取って20年、初の大失態でありました。更新のお知らせハガキを見た記憶が家人一同無いのですよねぇ。ドタバタしているとろくな事がありませんね。総計○万円の散財であります。
皆様、免許の失効にはご注意くださいませ。
週明けまでクルマなし生活。8月末には、裁判所訪問予定。
 そういえば、お願いした運転代行業者さん、50代のおばちゃん。高速道路では、ラインをまたいで走行するわ、蛇行するわ、危うくぶつかりそうになるわで、生きた心地がしませんでした。おかげで、自分の大失態も少し薄れましたw 代行業者にもプロと呼べない人が居るのですね。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (13) | トラックバック (0)

大型台風接近中につき

Typhc  今夕からキャンプに出かける予定なのだけれど、進路が変って欲しかった台風4号は、列島の太平洋岸を直撃するらしい……。
 今までも何度か台風には遭遇している。だが、930hPaを下回る台風の直撃を受けた記憶は無い。かなり強力といわれる台風でも、上陸後関東にやってくる頃には、勢力が衰えていることが多いのだ。
 しかし、今回の台風4号たるや観測史上に残るどころか、どうやらナンバーワン。ソフトハウス好きな僕も、さすがに断念。
 ということで、十数年ぶりにバンガローに泊まることにいたしました。ソレデモ イクノカ……ッテ イワナイデw

テントとタープ関係の荷物がないと、キャンプの準備もとっても簡単。でも、なぜか、気持ちの張りが無いのですよね。だって、ハードハウスだと、予備のロープやポールを持ったか? ペグは大丈夫か? なんて心配がまるで無い。電気も来てるし……。
と、ダラダラしていたら、お友達のこちょびさんから、宅急便が届きました。
Img_7099_1_1Img_7100_1  開けてみると、以前お願いしておいたヒッコリーとメスキートのチャンク! あぁ、嬉しい! これでウォータースモークがガシガシできますっ>< しかも、おまけに食材を放り込み火にかけるだけでスモークフレーバーが楽しめるスモーカーバッグと虫除けオイルキャンドル、トレッキング用のトイレットペーパーまで送っていただきました。
ありがとうございます。それぞれのインプレッションはまた時期を見て^^
お返しに中国ランタン送ったら怒るよなぁ。155円だしw

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

フュアハンド並の明るさに中国ランタンをチューンナップ!

昨日ご紹介した中国製のハリケーンランタン。半田で穴を塞いだら、まったく漏らなくなりました。
Img_7077_1  で、昨日、取り合えず付くことを確認した程度で終わっていたのですが、もう一度きちんとチェックしてみました。気付いたことは、ニャーのフュアハンドや国産ハリケーンランタンと比較して明らかに暗い。扇型に広がるはずの炎が三角なのですね……。
これでは、灯油に芯を入れてただ燃やしているのと同じ明るさではないかいな?
 この手のランタンの場合、左右の支柱内をエアが通って火口付近に吹きつけ、2次空気が入ることで、燃焼が促進され扇型の明るい炎になるのが特徴。
Img_7093Img_7094   で、ばらしてみると、エアの供給システムは、きちんと働きそうな構造。なんでかなぁ? と、我が家のハリケーンランタンと比べてみると……。火口が3ミリほど上に飛び出している状況。これだと、2次空気が入らず、普通に燃えているのと変らないかもしれないなぁと気付きました。
Img_7092  で、ペンチと金切りバサミを使って15分ほど工作。点火してみるとですね。キレイな扇形に炎が広がりました! 明るさも遜色なし! やはりドーム部分より上で燃焼していたため、2次エアを十分に取り入れて燃えていなかったのですね。
 中国製のこの手のランタン、フュアハンドより暗いという話を良く聞きます。ボクも、中国製に手を出さなかった最大の理由もそれでした。1000円出して、明るくないランタンを手に入れるより、きちんとしたブランドのものの方が良いだろうと思ったわけです。が、思いがけない低価格で中国ランタンを手に入れたおかげで、燃焼の仕組みを再確認することができました。明るくないランタンをお持ちの方、明るくなるかもしれませんよ。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

今どき話題の中国製ランタンで半田付けを楽しむ^^

Img_7065  ニャーのフェアハンドランタンを始めとするいわゆるハリケーンランタンは、静かなキャンプの夜を過ごしたいときにもってこいの灯りだと思う。
 平芯に灯される明かりは、扇型に広がり、初めてその炎をみた友人は、大抵その思いのほかの明るさにビックリする。
 我が家には、ニャーの他、5台のハリケーンランタンがあるのだが、つい先日、あまりの安さにプチっとしてしまい4台の中国製ハリケーンランタンが加わった。
 だって、4台620円だったんだものw 1台換算155円……。結局送料と代引き手数料で1200円かかってしまったのですが、それにしても安いw
Img_7071Img_7077   で、どーせ、今、話題の中国製だし、このお値段だしで、全くその品質には期待していなかったのですが、なかなか良いです。
 チープさ加減がいい味出しているのであります。ブリキの厚さも、これ以上ないんじゃないか? っていうぐらいの薄さだし、底なんか缶詰みたい。でもその分、びっくりするぐらい軽いのです。点火してみると、炎の感じもバカにしたもんじゃない。
 と褒めるつもりだったのだけど、床に広がる液体……。
あらぁ、タンクから灯油漏りますw アレ?と老眼の入ってきた眼で、ジィ~っとみると、針先ほどの穴が……。
Img_7082  さすが中国メイドですね。期待を裏切りませんw 半田で穴を塞ぐイベント付きでありました。まぁ、製品に対する信頼性はありませんが、覚悟で使うには面白いかも。
 ちなみに先ほど、落札した楽天オークションを覗いてみると、2台セットで60円でありました。落札タイムは午後9時過ぎ。怖いもの見たさの方、半田付け好きな方、どーぞ^^
 

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

9m×9mの巨大シェルター 欲しいっ><

 夏が近づくと、どうにも腰が落ち着かない。九州の友人から電話があり、お盆の後半戦に伊豆の実家に滞在するという。あぁぁ~っ、この方のご実家近くは、魚介類がとっても豊富。岩場から覗き込むと、フラフラ泳いでいるいろ~んなお魚が見えてしまうぐらい……。伊勢○○なんかも釣れてしまうこともあるらしい。行かねばなるまいっ>< お盆後半戦は伊豆だっ! と一人いきまいているのだが、どうやらわが社のお休みはそんなに無いらしい。父ちゃん母ちゃん企業ゆえ、二人で休めば会社は休業w 行きたいぜっ、伊豆! 
3030ps_1  

 

 

 

 

そういえば、ウールリッチのなんちゃってティピーと一緒に張ったら、カッチョイイかも? というシェルターを見つけた。お値段150ドルほど。送料入れて350ドルぐらいかなぁ? 入り口部分はフルメッシュになるらしい。あぁ、コレ欲しい! が、コレって張るとこあるのかが最大の問題点。なにせ6角形の対角長が9.14mもあるのですよw 全高なんて3m81cm……。大き目の区画サイトでもこれを張ったら終了! 25脚のチェアが置けると書いてあるのもうなずける巨大さだ。目方は、約18キロ。
 うぬぬっ、と唸っていると、後ろから見ていた家内「そんなのどこに張るのよ。志駒じゃ絶対張れないよね」と、ちゃちゃを入れるw でもさぁ、メッサカッコいいんですけど。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

小さなテントは、秘密基地感覚。

 アウトドアに出かけるのは好きだけれど、それが旅館であったりバンガロー泊まりだと、ボクにはどうもしっくり来ない。風が吹こうが雨が降ろうが気にすることなく過ごせるハードハウスでは、なんとなく物足りないのだ。打ち突ける雨音や移り変わる空の明暗が居ながらにしてわかるソフトハウスで過ごしてこそ、自然に囲まれているシアワセに浸ることができるような気がするのだ。
Img_6984Img_6986   同時に、細いポールと薄っぺらい布数枚で作られた空間であっても、外界からしっかりと守ってくれるホッとする空間でもあるのだ。
 ファミリーでのキャンプを楽しむようになってから、テントはどんどん大きくなった。確かに居住性は上がり、過ごしやすいのだが、引き換えに荒天での安心感や、小さな空間で包まれている安堵感は減ってしまった。
Img_6989Img_6992   時折小さなテントを持ち出したくなるのは、小さいながら機能が凝縮され秘密基地めいた魅力が小型のテントにはあるからだ。
 以前、会社勤めをしていた頃は、泊りが多く、会社のフロアにソロテントを張って寝泊りしていた。殺伐としたオフィスの中、隔絶されたその小さな空間だけが、ひと時の安堵感を与えてくれた。
Img_6994  厳寒の森の中であろうが、春先の草原であろうが、小さなソフトハウス与えてくれる安堵感はいつもボクをシアワセにしてくれた。
 先日、ハピママさんのアメニティドームSの初張りを見て、無性に小さなテントを張りたくなった。幾つかある小型テントから、選んだのはノースフェイスのtalus23という廃盤テント。インナーテントには、天井部他メッシュを多用した3シーズンモデルだ。ポールはXフレームがスリーブタイプ、サイドに渡る1ポールのみ吊り下げ式を採用。
 ノースフェイスのラインナップの中では、日本国内定価2万9800円と最廉価帯の製品だが、なるほどと納得する作りはさすがノースフェイスならでは。
Img_6995Img_6996   たとえば、フライシートは9つのバックルと3つのベルクロでフレームスリーブ付近に固定され、強風に吹き煽られてもフレーム全体にかかる力を分散させるシステム。
 一見するとベンチレーションは無いのだが、フライ出入り口上部ジッパーの雨蓋が大きく取られ、ダブルジッパを調節して、左右2カ所のベンチレーターとして機能する。
 また、Xフレーム部分はフルスリーブを採用して幕体全体の張りを出し、横1本の吊り下げポールでフライとインナーの空間を稼ぐ作りは巧妙だ。
Img_6997Img_6999   今は無きシェラデザインズのルックアウトも良いテントだが、全面吊り下げ式のためフック部分のインナーに負担がかかり、縫い目部分から破損するケースが多々あった。フック式のテントは設営が簡単だというが、一つずつかけたり外したりの作業はボクはとても面倒だ。撤収の手間を考えればエンドポールを外しさえすれば、簡単に畳めるスリーブ式の方がボクには簡単に感じられる。
 また、同じフレーム構成なら、吊り下げ式より、フルスリーブ式の方がテンションが均一にかかりやすく、強度面でも有利だと思う。腕力の無い女性には、張りにくいとは思いますが……。
 久々に張ったこのテント。全体にテンションがキチンとかかり、110センチほどの全高の低さともあいまって相当な風でも大丈夫! とても安心感がある。
 小さいから、オートキャンプには向かないだろうし、ポールの折り畳み長が少々長く、入り口はシングルパネルでメッシュを持たないなど欠点もある。重さも二人用としては、全備重量で3キロ近く決して軽いとは言えない。しかし、小さな入り口をくぐると広がる秘密基地っぽい感覚がボクはとても好きだ。
 チビッ子テントを幾つか張るキャンプを家人に提案しているのだけれど、残念ながらお許しが出ないw お遊びとしては楽しいと思うのですけどねぇ。放置民の方々とご一緒させていただくしかないのかなぁ^^

次回のテント系の紹介は、コールマン ウエザーマスタースクリーンタープの予定であります。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

圧巻! バーラーのストーブ軍団

Img_6976_1   

 

 

 

 

 

 

友人に頼まれていたバーラーのボイリングストーブがイギリスから海を越えてやってきた。製造されてから、少なめに見積もっても40年。痛んでいて当たり前なのだが、比較的程度の良いものが届いて一安心。丸芯で下部からエアを取り入れて燃焼するシンプルな構造。全高33cmと小さなボディながら、芯の調整さえきちんとすれば、生意気にブルーフレームで燃焼する。
 もちろん、耐震装置など無いし、横風にも弱いのだが、冬、シェルターの中でチラチラとうごめく炎を見ていると、それだけでも和めるストーブだ。
Img_6894Img_6890   今回やってきた2台のうち1台は、僕の持っているものと違って、五徳が5本のタイプ。もう一台は同じ4本のタイプだ。タンクに貼られているロゴシールは、どれも同じものだが、1台には、エッソのエンブレムの代わりにバーラーの盾がチムニーに取り付けられている(1台はエッソも無し)。細かな部分を見ていくと、5本五徳タイプは、バーナー部分の芯抑えプレートにバーラーの刻印が無いなど、少しずつ違っている。
 到着時、チムニーは比較的キレイなものの、五徳やバーナー部にサビが出ていた。全体をクリーニングして、サビ止めを施し、芯の偏芯を直して繰り出した。とりあえず使える状態に^^ もう少し調整を繰り返せば、もっとキレイに燃えてくれると思う。
 そういえば、自分用に手配した大型のバーラー65C。使用頻度は浅いようだが、タンクの塗装の痛みが激しく、どうやら再塗装するしかなさそうだ。あちこちで塗装が浮きパリパリと剥がれ落ちてくる状態。時代を経た道具なのでオリジナル状態で使うのが好きな僕としては少々ショック。とはいえ、燃焼状態も良好で、コチラの方が火力も強いし、風の影響も若干受け難い。
こうして並らべて見るとなかなか圧巻のバーラーストーブ軍団。夏には、次の働き場所である友人たちの家へ。この冬、バーラーのストーブが友人たちのサイトでコトコトと料理を煮込み、ほのかに灯っているかと思うとなんだか嬉しい気分になってくる。コールマンなどと違い、数がそれほどないこのストーブ。大事に使ってあげたいと思う。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

イスカVSスノーピーク 再チェック

Img_6961_2  先日購入したスノーピークのLXピローとイスカのコンフィピロー。LXピロー1本分のお値段でコンフィピローが3本買える。バルブの出来の良さでは、LXピローが圧倒的とご紹介したのだけれど、畳むときは、スノーピークが楽々抜けて良いけれど、膨らますときはどうなのさ? とチェックしてみた。

結果は、ほぼ同時にバルブを開けて放置した結果。若干、スノーピークが早いけれど、大差ないじゃんという感じ。

Img_6962 1分半経過

Img_6963 3分経過

Img_6964Img_6965  枕カバーをそれぞれかけて寝てみたのだが、僕には、平らな部分ができるイスカのコンフィピローの方が頭の座りが良く寝やすかった。また、汗をかいても枕カバーがあるとそれほど気にならない。実際のキャンプでは、タオルを1枚入れようかな? と思っています。LXピロー、バルブの抜けが良いのは魅力的だけど、マットと違って抜く空気の量もしれている。3倍の価格差を覆すだけの値打ちは感じない。スノーピークじゃなきゃ嫌だという人にオススメです。我が家がもう1本買い足すなら、間違いなくイスカのコンフィピローを選びます。

<p></p>

<

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

イスカ コンフィピローの最安値は、こちら。

ゴージャスなお値段のスノーピーク LXピロー

| | コメント (6) | トラックバック (0)

激安発見アルミのダッチ

 一月ほどキャンプに出かけていないので、テント張りたいモードはバリバリの全開! でも、行けないのですよねぇ……。あぁ、あと1週間かぁ、長いぃ~っ。
Img_6970Img_6967   で、仕方が無いので久々にフリーマーケットへ。しかし、めぼしいものは皆無。一緒に出かけた子供や家内と、「稀に見る不作だねぇ」と帰りかけたそのとき、見つけてしまったのが、GSIのアルミダイキャストのダッチオーブン。
Img_6971  ダッチオーブンといえば、すでに鋳鉄ものの32cmと24cmがあるし、コールマンのスキレットも持っている。ご飯など油を嫌う料理ならストウブの22㎝と18cmだってキャンプ道具に入っている……。どうしよう? マジメに考えたのだけれど、普段鋳鉄モノを使っている感覚で持ってみると呆れるほど軽い。しかも、大して使い込まれた跡も無い。お値段300円@@
 結局、またしても買ってしまいました。ダッテ、ADIAさんが使っているステンレス製や、多くの方が使っている黒皮鉄板のダッチにも興味があるけれど、追加するにはお値段高め……。それが、300円ですからw
Img_6972  アルミといえば、熱の伝導率は高いものの蓄熱性は、鋳鉄より劣る。オーブンとして使うには、どうしても一歩及ばない使い心地は十分予想できる。が、分厚いアルミ鍋と考えれば、使い道はあるはず。持ち手の弦が1本なので、中身が入って持ち歩くには無理がありそう。注意が必要ですね。

カヌーでツーリングに出かけるなら、こんな軽いダッチが一つあると重宝しそう。カヌー友人宅から借りてこようかなぁ。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

ちなみに新品だと、こんなお値段するらしい><

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

ストウブは続くよ、どこまでも?

 昨晩は、わずか2杯の赤ワインで撃沈してしまった私。だんだん好きなお酒もヨワヨワになっていくのですね。

Img_6954 で、本日のネタであります。ストウブのココットを二つ追加したことで、一応ラインナップが完成した我が家のキャンプ用鋳鉄ラインナップ。ですが、先日キャンプした際、気付いたことが……。オママゴトセットとして、購入したストウブ12センチのミニフライパンでお餅を焼いてみたら、なんとなく内側底のエマイユ加工の色が変わってしまったのです。
お餅を焼くって、空焼きに近い状態……。ダメなんですよね。きっと。で、焼き物専用に同じくSTAUBのグリルパン正角形を追加いたしました。

Img_6949Img_6950   鋳物のグリルパンは、家ではル・クルーゼのグリル・カレを使っています。肉も魚も表面はカリッ! 中身はジューシーにキレイに焼けて非常に便利。が、持ち手も一体構造のため、移動の際は耐熱ミトンが必需品でありました。
Img_6951Img_6957    ストウブのグリルパンは、その点、折り畳み式のハンドル付き。しかも、邪魔なら簡単に取り外せるのであります。これなら、カセットコンロの上から、焚き火・炭火の焼き網の上まで、アレコレ使えます。御餅も、パンもこれで焼けてしまうのですよね。
 お値段は、定価8400円。ル・クルーゼの定価を考えるとおよそ半値であります。もちろん、リサイクルショップを良く利用する我が家のこと、激安で新品購入したのは言うまでもありません。キャンプ用のグリドルというと、基本的にツーバーナーでの使用を前提としたものや、いわゆる鉄板が主流。でも、ちょっと家庭用に目を向けると、岩鋳製をはじめ意外に使い良さそうなものがあるのですよね。
どうです? おひとつキャンプ道具に加えてみませんか? 肉、魚、焼け具合が違います^^

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

ルクルーゼとSTAUBのグリルは、こんな感じ。

岩鋳製は、リーズナブル。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

お詫び

すんません。飲みすぎちゃいました。コメントも沢山いただきながら、前後不覚。

う~ん、申し訳ない。

STAUB関連、枕関連とネタは仕込んでいたのですけどね。

ごめんなさい。

コメントのお返事も明日にさせてくださいませ。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

MOSS! ネチョベタから脱出か?

 昨日、本日ともはいろんなことがありすぎて、気分はクサクサっ>< またもや更新をおさぼりであります。ごめんなさい。生きていると、老人から若者までいろんな思いがありますね。さぁ、明日から、明るく行きますっ。

Img_6945  で、ちょっとだけ明るい兆しの話題であります。好きなテントなのだけれど、使えずにいたテントがある。モスのリトルディッパーというテント。その張り上がりの美しさに80年台終わりに手に入れた。最初、同じモスのアンコールが欲しかったのだけど、雨が降ればフライの上には水溜りができ、前室のないフライでは日本では雨の日が思いやられる。諦めてこのリトルディッパーを購入した。
 張り上がりがとても美しいこのテント、大のお気に入りなのだが、困ったことにコーティングが劣化してベタベタネチョネチョ。インナー内側は大丈夫なのだが、外側に接したものはあらゆるものがへばりつく。長らく復活させるにはどうしたものかと思案していた。
Img_6936  で、本日、ある薬剤で同じくネチョネチョベタベタのペグ袋を洗ってみると……。あーら、きれいさっぱり落ちるではありませんかっ。当然、コーティングが劣化していたわけですから、防水性はあてにはなりませんが、ココまできれいにベタツキがなくなれば、市販の防水液を使うことで、一応実用域まで復活は可能なのでは? と見通しが立ちました。あとは、念のため収納袋で再チャレンジして、本体で実行あるのみ!
 あぁ、何年かぶりにリトルディッパーで夜を過ごすことができるかもしれません。実現の暁にはまたご報告いたします。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

バッカじゃないよっ、バッバだよ、新規導入ジャグ

 ウールリッチのティピー風テントを見つけて以来、他の量販店とは一味違った品揃えのスーパーゼビオに興味津々。先日、タータンさんが真っ赤なコールマンのガスツーバーナー(赤い彗星仕様)を買ったのもこちらのチェーン。五右衛門&ひさちゃんのところも、こちらの寝袋をお使いらしい。
Img_6884  で、我が家が先日買ってきたのが、Bubba KEG(バッバ・ケグ)という名の樽型1ガロンジャグ(約4L)。
 コールマンのハーフガロンジャグと並べると大体の大きさはおわかりいただけるかと思う。キャンプで冷たい飲み物を作り置きしておくのだけれど、ハーフガロンじゃ小さいし、かといって2ガロンではデカい。で、ちょうど中をとりもつ1ガロンをセレクトしたわけであります。
 ポリプロピレン製の中空本体に発泡ウレタンが封入された造りは、一般的なものだが、製品名が刻印されたステンレスの帯と樽型のスタイルが独自の雰囲気をかもし出している。
BabbaImg_6883   保温能力は、暖かいもので3時間、冷たいもので12時間というから、それほど強烈な保温力ではない。
 製造するインゾーン社は、1996年スタートという新進ブランド。バッハは、パーティなどでのお祭り好きな人のこと。KEGは、樽の意だという。あちらのホームページで、たる型マグを片手に明るくガンガン飲んでいるお祭り好きな方々を見ていると、なんだかこちらもノー天気な気分に。
 ビール好きには、マグとしても使える20オンスモデルがおすすめかも。
我が家の場合、麦は麦でも麦茶の予定であります。
 ちょっと変ったジャグが欲しい方、要チェックです。最大サイズは3ガロン(12L)。

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

レッツゴー! バカオヤジ

 ここ10年ほど僕の中の隠れテーマは、「レッツゴー! バカオヤジ」であった。年甲斐も体裁もあんまり関係なく好きなことにノメリコミタイ。そう思って過ごしてきた。もちろん世の中には、いろんな制約があるし、経済的な問題もある。バカオヤジでいることは、それなりに難しい。
 自分の器としては、精一杯のバカオヤジぶりを達成してきたように感じているw
 そんなオヤジを息子はどう思っているのかなぁ? あまり気にせず過ごしてきたのだけれど、近頃、三男坊がときどきあるキーワードを呟くようになった。

Img_6902 「ねぇ、ねぇ。これどうよ?」
リサイクルショップで仕入れてきたジャンボサイズのカラビナを差し出す私。
ひと目みるなり、「それ、何に使うのさ?」と息子。
「コレだけデカいとさぁ、大きさだけでも意味があると思わない?」と私。
「子供か?」(タカ&トシ風)
「……」。

確かにデカイだけで強度があるわけでもないこのアクセサリーカラビナ。何に使うか僕自身も返事に詰まるw でも300円だし……。

小学6年生に「子供か?」と呟かれる父親像ってと思いつつ。邁進するのだっ><
レッツゴー! バカオヤジw

★人気ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »