« 大満足!の北キャンプ 再訪を固く誓う^^ | トップページ | 衝撃! オヤジの目に涙のベストカットとは。 »

2007年9月25日 (火)

北の湖キャンプは、こんな感じでありあました。長文注意です。

あ 金曜午後、常磐道、磐越道経由で裏磐梯へと向かった。スタートから、小一時間も経たないうちに車内には、スウスウと小気味良い寝息が聞こえる。三男坊はとうに眠りに就いたらしい。坦々と続く高速道路。時折、片側一車線になる磐越自動車道をひた走る。
 午後8時頃、猪苗代着。普段はあまり利用しないファミレスで夕ご飯。キャンプ場到着は午後9時。人気も無く、ひっそりと静かな湖畔にそそくさとテントだけを設営。砂利交じりの土質。鉄筋ペグ打ち込むカンカンという音が湖にこだます。

Img_7290_2

 

 

 

 

 

 

 

   ホンワリと明るいテントと月明かりの湖。明日からの遊びに思いを巡らしながら早々にシェラフに潜り込んだ。

キャンプ2日目 9月22日土曜日

Img_7321R1001095   早寝のおかげで早朝から眼が覚める。風も無く、鏡面のような湖がお出迎え。絶好のカヌー日和。朝食前に今回初めて進水するスターンズのスプリーツーを膨らませる。エアポンプをシュコシュコするだけで、5分もあれば出艇可能に。この手軽さが良いところだ。

R1001103  朝食は、必殺お茶漬けの素w 家内が興味があって買ったらしいが、あとで聞いたらちょっと二の足を踏む値段。確かに相当旨かったけれどどうなの? 

R1001110R1001115

R1001107 ついでに先日、平野屋さんで手に入れたボローニャソーセージ。これは、文句なしに旨い! お値段500円ちょっとも良心的。

R1001121  食事を終え、ファルトを組み終わる頃には、スキッとした青空が広がり心ウキウキ。スターンズに三男坊、ファルトに家内とと僕で、湖上のハイキングがスタートだ。

R1001134

R1001137 凄い勢いで漕ぎまくる彼。そんなに飛ばしてダイジョウブ? と笑っていたら案の定……帰路途中でダウンw 

R1001144 フローターロープで牽引中w 船上で昼寝はさぞ気持ちよかろう^^

R1001148 午前中、直線3.5キロほどの湖を周回。昼ごはんは、またまた簡単にレトルトのカレーとご飯。先日手に入れた極厚アルミクッカーが、温めるのにちょうど良い大きさ。極厚の必要があるのかはかなり疑問なんだけどねw

Img_7325 食後、翌朝のパンを仕入れに久々にささき亭を訪れた。ここのパンは何を食べても旨い! が残念ながら売り切れ多数w 我家の好物ごまあんぱんも残3個。もちろん買占めw

R1001152 風呂に入って、キャンプサイトに帰着後、またひと漕ぎ。傾きかけた日差しの中、また違った風景が広がる。三男坊は午前中のスターンズで懲りたのか、ファルト希望w 二人で漕ぐ艇は軽く船足も速い。

R1001178 夕暮れの綺麗な風景を眺めなら夕食の準備。

R1001228R1001229

  メニューは、豚バラと白菜の蒸し煮とキノコとガーリックのオイルサーディン焼き。あと何か食べたのだけど忘れちゃったw

R1001226

キャンプ3日目 9月23日 日曜日

R1001238  この日は朝から、霧雨。強く降らないだけ塩梅がいい。

R1001246 昨日買った食パンにチーズ、ジャムで、またまた簡単な朝食。STAUBのグリドルで焼き上げると、ふんわりパリパリなトーストの出来上がり。コイツを手に入れてから、それまで使ってきたキャンプ用のトースターは出番が全く無い。

R1001236 デザート代わりに、大好物のごまあんぱんとシナモントースト、菓子パンをいただく。

R1001241  ゴマアンパンは、皮はちょっと塩味が効き、餡はゴマ餡がみっちり。生地に練り込まれたごまも香ばしい。一度食べたら病みつき必至。厚切りのトーストを油で揚げたっぷりのシナモンシュガーを振り掛けたシナモントーストはサクサクパリパリ。どこかしら昔の給食の揚げパンを思い出す。

R1001248  松戸のツォップや、政次郎のパンも美味しいと思うのだが、僕にとってこのパン屋さんは別格。あぁ、お取り寄せができればいいのだけどなぁ。磐梯猪苗代地区に出かけたらぜひお試し下さい。ずいぶん話がずれてしまいすみません。

R1001265 食後、家内に誘われて五色沼へ。幸運にも雨も上がり、手ぶらでの散策。片道3.7キロ、ゆっくり歩いても1時間ほどのお気楽ハイクコースだ。毘沙門沼から柳沼へと向かう。

R1001306光の加減と水に溶け込んだ珪酸アルミニウムや鉄などの作用によってそれぞれの沼が様々な色合いを織り成す不思議な光景。湧き水から生まれた沼の酸性度はそれぞれ違い、磐梯山が火山であることを思い出させる。

R1001268 本格的な秋にはまだ早く、森は深い緑。ところどころ色づいた葉が良いアクセントになり目を楽しませてくれた。

R1001292 水の豊かな土地は、森も深い。流れ出る水の音。鉄分を多く含んだ水により、川床は赤く染められ、苔の緑も鮮やかだ。誘ってくれた家内に感謝。雨上がりの五色沼は、なかなか美しい。

R1001331

R1001336

R1001314R1001315

R1001281 

 昼食はレストラン モントレーで。定番のハンバーグは、観光地にしては、なかなか美味しい。

R1021385 入浴後、キャンプサイトに戻ると、三男坊、凝りもせず、またまた出艇。そうこうしているうちに、夕闇が近づく。空は赤く染まり、最高の風景が広がる。カナディアンに乗られたファミリーがなんとも絵になる。このワンシーンだけでもここにやってきた甲斐があるなぁ。

Img_7335

Img_7368Img_7360_2   この日の晩御飯は、しょうゆ味オイルサーディンのサラダ、鶏肉と椎茸の挟み焼き、おでん。

Img_7374 うろこ状に群れ成す雲に月。なんとも幻想的な光景。

Img_73882 深夜にトイレに起きてテントを開けるとこの光景が広がっていた。満月ではなかったけれど、月明かりと湖面の織り成す風景はいつ見てもドラマチックだ。

R1021421R1021422  翌朝、朝からひと漕ぎ。昼には撤収を終え、喜多方ラーメン発祥の店といわれる老舗 源来軒で昼食をいただいて、帰路へ就いた。

なんとも箇条書き的旅の記録になってしまって申し訳ありません。でも、一つ一つ事細かに書いていたのではとても終わりそうにないのですよね。いやぁ、楽しかったわぁ。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

|

« 大満足!の北キャンプ 再訪を固く誓う^^ | トップページ | 衝撃! オヤジの目に涙のベストカットとは。 »

コメント

こんばんは。
サンさんの詩人のような文章と写真にウットリしております。

投稿: 五右衛門 | 2007年9月26日 (水) 00:21

癒されるなぁ。
今回のウチの「だれやめキャンプ」はひたすら暑かった。秋じゃなかったですからね。
湖上ハイキング、気持ちよさそうだ。

投稿: つぼちゃん | 2007年9月26日 (水) 07:19

どこでもドア~♪・・・が、これほど欲しいと
思った事はないかも~!(笑)
・・・っていうぐらい、素敵なシーンの数々ですね。

と~っても癒されました♪

写真が、キレイ~!!!

投稿: ひさちゃん | 2007年9月26日 (水) 07:57

サンさんのブログを見ていたら
湖畔でのキャンプがしたくなってきましたw
ウーン何処に行こう・・・

投稿: とらじ | 2007年9月26日 (水) 09:10

人気のない湖畔にテント、そしてカヌー、夢のような時間ですね。
凝った料理もいいですが、パンが凄く美味しそう。
ボローニャソーセージも手軽で美味しそうだから、週末に真似しようかな。

投稿: ADIA | 2007年9月26日 (水) 12:52

ああ、何もかもが素敵過ぎ!
ひさちゃんと同じくどこでもドアが有れば良いのに!!
東京ついでに行かなかった事を激しく後悔中

俺のばかぁ><

投稿: タータン | 2007年9月26日 (水) 22:32

五右衛門さん 詩人ってw いや~ん、恥ずかしいw 写真も、被写体が良いだけなんですよね^^

つぼちゃん マジメに癒されました。世捨て人に拍車がかかっちゃう感じ。これだから、キャンプは止められないのですよね。だれやめキャンプ盛況だったようで、僕も羨ましいです。いつか行きたい、片添へ^^

ひさちゃん どこでもドア欲しいよね。ひさちゃんたちのキャンプにも乱入できたのになぁ^^ 今度のキャンプもこんな感じの予感^^

とらじさん 湖畔のキャンプもいいですよね。関東だと富士五湖周辺とか中善寺とか、いろいろありますよ^^ 野反湖もいいなぁ。

ADIAさん 夢のような時間でした。帰りたくなくなっちゃうのですよね。こちらのパンはマジメに旨いです。ボローニャソーセージ、シンプルで、こちらもおすすめ。

タータンさん まさに現実逃避にぴったりな環境w いつか一緒に行きたいよね^^

投稿: サン | 2007年9月26日 (水) 22:51

北の国レポ拝見しました。
カヌーを満喫されたようですね。
私もいつかは欲しいと思っているんです。
仕事で会津・米沢方面に行くときは、良く源来軒に寄ります。
意外と餃子も美味しかったりして。

投稿: グーカレンパパ | 2007年9月28日 (金) 22:04

とっても素敵なレポでしたよ♪

湖畔キャンプは気持ち良さそうなところまで伝わってきました。それにしても三男坊さん、凄いパワフルです!若いっていいわ~。

私が子供の頃に、裏磐梯から五色沼周ったのですよ、思い出して、嬉しかったです(何十年前かは、内緒!)

投稿: もりりん | 2007年9月29日 (土) 22:07

グーカレンパパさん なかなか楽しめたキャンプでした。次はこうしよう! なんて野望もチラホラ^^ どんな船でもとりあえず乗っちゃうのがいいと思いますよ。あとは、ボツボツ^^ 源来軒、餃子もいただきました。大ぶりでパリッとした焼き上がり美味しいですよね。追加でもう1枚食べてしまいました。

もりりんさん 三男坊、元気です。僕は、あの艇で1周できないかもw 僕も子供の頃五色沼行きました。大人になってからは、冬ばかりだったのですが、久々に雪の無い季節。良い場所ですよね。

投稿: サン | 2007年9月29日 (土) 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25490/16574720

この記事へのトラックバック一覧です: 北の湖キャンプは、こんな感じでありあました。長文注意です。:

« 大満足!の北キャンプ 再訪を固く誓う^^ | トップページ | 衝撃! オヤジの目に涙のベストカットとは。 »