« 半年待ったブツの行方……。 | トップページ | かなりヤバイ? »

2007年10月14日 (日)

EtaPowerストーブ、その実力の片鱗

R1021554  昨日、ご報告したプリムスさん家のEtaPowerストーブ君が本日夕刻到着しました。ホントに入ってるのかぁ……と開封してみますと、EtaPowerストーブとオプションの1.7Lポットがちゃーんと入っておりました。
 で、収納ケースの中には、操作説明DVDがオマケにw

R1021564 鍋の内側は、テフロン処理され、スタンド、風防、鍋外は、ブラックのヘアライン仕上げ。

R1021618 ミキシングチューブ手前の余熱チューブは、長く寝かされた作り。あまりに長いので強度的な心配はありますが、少し力を加えてみても大丈夫そう。SP社のBFストーブだと、同程度の力を加えると簡単にグニャリと行きますから、この辺りは長年ガス機器を作り続けているプリムス社の経験が生かされているのでしょう。

このストーブの特徴である鍋底の集熱フィン。いわゆるヒートエクスチェンジャー。このあたりは、先発のジェットボイルの流れ。特に目新しいものは無い感じ。(写真撮り忘れ、後日UPします)

R1021590 で、EtaPowerで、トランギアのアルコールストーブは使えるのか? ですが、マウントとストーブの径は測ったようにピッタリ。ですが、長~く伸びたピエゾ式の端子が邪魔をして、上からは嵌りません。しかも、この点火装置、リベット留めになっているので、取り外しもできない。仕方が無いので、ストーブを置き、上から被せるようにスタンドを置くと一応使える。物好きなので、まず、この状態で燃焼テストw アルコールストーブでどのぐらい使い物になるか知りたかったのだ。

R1021596 アルコールストーブに点火して、炎が安定してから500ccの水を入れて、スタート! 6分30秒ほどで大きな泡が立ち完全沸騰。

R1021611 偉いじゃん。試しに、ストームクッカーの大鍋に500cc入れて沸かしてみると……。10分経っても小さな泡ばかり。ストーム君の名誉のためにストームクッカーの風防に入れて沸かしてみると、一応沸きました。タイムは不計測ゴメンw

R1021617 またまた試しにストームクッカーに無理やりEtaPowerの鍋をかけて沸かしてみると、約5分10秒ほどで沸騰。

R1021569 ダイブ寄り道しちゃったけれど、本題のEtaPowerストーブ。バーナーをセットして、点火! 70秒。ガス消費量5g。写真撮ろうとアタフタしているうちに湧きました。しかも、湯気でピントも怪しいぐらいの大泡でw

R1021581

R1021611_2 つぎに同じストーブで、ストームクッカーのアルミ鍋で同様のチェック。EtaPowerの鍋の場合、点火した直後から、細かい泡が立ち始めるのですが、こちらは少しゆっくりとした感じ。130秒ほどでほぼ完全沸騰へ。消費ガス量8g。同一の条件ではないので一概には言えないが、以前、チェックしたストームクッカーLガス仕様の500ccのデータが165秒ほど。いずれにせよEtaPowerストーブの実力は飛びぬけている。

今回は、時間がなかったので、温度計も用意できず、かなりアバウトな計測なのだが、この鍋の凄みの片鱗はわかった感じっ。普通の鍋の倍ぐらいのスピードでお湯が沸いてしまいます。
ジェットボイルのiBpalの計測結果を考えるとほぼ同等かそれ以上。同じ水量を温めるなら、構造がほぼ同じである以上、熱量を受ける単位面積が大きいEtaPowerが有利な気がしています。

組み立てはジェットボイルのように1.2.3というわけにはいかないけれど、1.2.3.4.5ぐらいで点火まで持っていけます。

ストームクッカーLで、EtaPowerの鍋をベストセッティング状態で試してみたいのだが、微妙に五徳の大きさがあわない。使うつもりなら、ストームクッカーの五徳を短く切り詰めればジャストフィットしそうだ。予感では、これが最強の組み合わせになりそう。

ちなみにEtaPowerストーブのバーナーユニットは、トランギアに比較的簡単に転用可能とみた。ブランケットをアルミ板で作成してネジ止めすればOKそうだ。

まぁ、コイツをわざわざ個人輸入して、そうする必要があるかどうかは、少し疑問だけどねw

手持ちのストームクッカーL&Sと比較して収納状態では、少し大きめ。ヒートエクスチェンジャーの分だけ厚みがあるのですよね。ソロの装備というよりも、オプションの1.7Lの鍋を加えて3人ぐらいの共同装備って使い方がベストかもしれない。何より、2Lの鍋を安定して使え、ガス消費量を抑えてくれる。キャンプに持ち込むガスカートリッジの量を半減させてくれる可能性が高いと思う。トレッキングやカヌーやバイクでのツーリングなど、携行できる燃料が制限される数日のキャンプで使うメリットは大きいなぁ。

近日中に同じ燃料を3個用意して、もっときちんとした形での計測データをご報告できればと思います。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

|

« 半年待ったブツの行方……。 | トップページ | かなりヤバイ? »

コメント

私も、普通のキャンプで使うのではなく、カヌーやバイクツーリングの時に使えそうなので買いました。
今のところ、オートキャンプでしか使ってませんが、そのうちカヌーやバイクツーリングで使っていこうと思ってます。

投稿: たつごろう | 2007年10月14日 (日) 23:41

たつごろうさん ソロだとお湯沸かすだけで済ます食事なら、ジェットボイル。ある程度調理する気なら、コレかなぁ。使いこなしのテク、ぜひ教えてください。

投稿: サン | 2007年10月15日 (月) 00:06

キタ━━(゚∀゚)━━!!!!!
今日は一日湯沸かしでしたか・・・お疲れ様です。
いいなぁ、これ。素晴らしい機構ですね。
燃焼効率の良さも特筆ものですね。
それこそテクテク系なら最強ではないでしょうか?
イカン、やはり炎系のモノは危険w
どれだけ持っていようと欲しくなりますねw
日本でも発売されないかなぁ・・・

投稿: タータン | 2007年10月15日 (月) 00:07

1分ちょっと、でお湯が沸く・・なんて、
すごい実力の持ち主ですね~♪

キャンプはもちろん、家でもそれは嬉しい事です~。

投稿: ひさちゃん | 2007年10月15日 (月) 00:20

レポートお疲れ様でした(笑) ところでケンウッドラジオなんですが、全然使わなくても3日で、電池が(-.-) しかもCR123A…(;¬_¬) でも音は良いですよ♪後はヘッドホンコード延長して繋いだら感度が良くなりますが…機能がややこしいですよ(T^T) ちょっと様子考えてしまいます。2年に一回しか出番回ってませんね…

投稿: うしやん | 2007年10月15日 (月) 00:50

 レポート有り難う御座います、良いですね。

 ウィッシュリストに入りました。
あとは使い道を考えます。レトルト暖めるだけだとちょっと勿体ない、、、、でも多分それぐらいしか使わないかも(^^;)。

投稿: ライダー | 2007年10月15日 (月) 01:50

これは欲しいです!
日本での発売を気長に待ってみますw

投稿: とらじ | 2007年10月15日 (月) 09:13

すいません、質問です。

 さとうのご飯のようなパックご飯はお湯に浮かびそうですか?。今のところSPのワッパーコンポの飯盒がパックを横にして丁度入るので、興味があります。

投稿: ライダー | 2007年10月15日 (月) 12:14

楽しみにしてました。

私のじゃありませんがwww

投稿: pochi | 2007年10月15日 (月) 13:37

連投すいません。
欲しいなぁと思ってぐぐったら
http://blog.livedoor.jp/norichin_desu/archives/51089432.html
国内販売されるらしいとの噂が....

投稿: pochi | 2007年10月15日 (月) 13:50

暖かい時期は気になりませんが、寒くなってお湯が沸く時間がかかるようになると、イライラすることもありますね。
これだけ時間に差があるとは素晴らしいですね。
燃焼部分はもちろんですが、鍋の差が大きいようですね。

投稿: ADIA | 2007年10月15日 (月) 16:11

タータンさん いやいや、夜の食後にひと沸かしw 今度、きちんとデータ取らないといけないね。 なんかこれだけ効率いいと、オートキャンプにカセットコンロで使って見たくなっちゃうんだよね。日本でも発売の噂あるようですよ。危険だぁw


ひさちゃん 全国の家庭にひと鍋普及したら、かなりのECO。でも、洗いづらいとかいろいろ問題もありそう。ECOな鍋の時代がもうすぐくるかもしれませんね。

うしやんさん 全然使わなくて、3日で電池が無くなるって、山岳用ラジオとしては、欠陥ともいえるんじゃ? ちと驚きました。一度、ケンウッドにメンテナンスしてもらった方がいいかも。ひょっとして、それが仕様なの?

ライダーさん レトルトだけじゃなく、あれこれ試してくださいなっ。レトルトご飯入るかどうか、後で見てみますね。

とらじさん POCHIさん情報だと、発売予定の噂あるらしいですよ。危険だぁw

ADIAさん お湯が早く沸くって、いろんなメリットがありますよね。おっしゃるとおり、鍋の差が大きいですね。ストーム効果をより考えるなら、風防はもっと高さがあった方が、より効率的だと思います。

投稿: サン | 2007年10月16日 (火) 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25490/16762553

この記事へのトラックバック一覧です: EtaPowerストーブ、その実力の片鱗:

« 半年待ったブツの行方……。 | トップページ | かなりヤバイ? »