« ただいま帰りました^^ | トップページ | 紅葉の中善寺 ノアとアルピナ初出艇編 »

2007年10月29日 (月)

紅葉の中善寺湖に行ってきました お茶引き編

R1021758  ある程度仕事の片をつけて、千葉の自宅を土曜日の午前3時発。途中、コンビニなどに寄り道をしつつ、標高1269m、中善寺湖畔の菖蒲が浜キャンプ場に午前6時30分着。

R1021760 予報は相変わらず1日雨。太平洋岸を台風が通過する影響で、夜にかけて風雨が強まるという。
 紅葉は綺麗なんだけど、さっさと出艇はあきらめて、観光モードへ。早朝から開いていた湖畔のレストランで簡単な朝食。BLTのセットで1000円超。食後、湯元温泉へと朝から日帰り入浴へ。

R1021773 より標高の高い湯の湖は、紅葉の彩りもより鮮やか。最大直線距離で2キロほどしかない小さな湖だが、こんな風景の中で過ごせたら……と思わせる魅力十分。カヌー等持込は付加。だけど、いつか湯元キャンプ場も訪れてみたいものだ。

R1021779 入浴後、小田代原へ。黄金色に染まるカラ松林の黄葉が美しい。光徳牧場から、この辺りにかけて真冬、クロスカントリースキーに訪れたことがあるが、この季節もまた美しいなぁ。

 中善寺に戻り、蕎麦の昼食。
今回はキャンプではなく、ペンション泊まりと決めていたのでチェックインまでの時間つぶしに湖畔にある日光自然博物館へ。1階のエントランス部分は無料。その先は大人500円。とりあえず1階だけでいいやと、展示物を見ていると、望外に面白い。
たとえば、鹿の背骨をつなぎ合わせるパズル。頭蓋骨をつなぎ合わせるパズル。どれも本物の骨……。野山を歩き回っているとき、鹿の死骸とか、狐の骨を見つけたことがあるのだが、とてもリアルすぎて触れなかった。体毛も残っているのだものw こうして博物館でみるとただの骨、何気に触れるから不思議だ。子供にこうして哺乳類の骨を触らせられる機会は少ない。それだけでも大した体験だ。(写真撮り忘れましたゴメンなさい)

R1021784 次に目に止まったのは、「熊が片手で追った木」と紙が張られた太い枝。僕の二の腕ほどもあるその枝には熊の爪あとがクッキリ。試しに力を入れてみたのだがシナリもしない。まぁ、元はもっと長かったはずで、この長さの枝を片手でポキリとやれるかどうかはわからない。わからないのだが、熊の力強さを知るためにはとっても良い展示であります。そういえば、この辺りの熊は、北海道のヒグマより小さい月の輪熊。山歩きしているときであったことがあるなぁ。犬コロみたいに逃げて行ったけど、アレですらコレ! 以前、知床で見かけたヒグマはどれほどのパワーがあったのか? と思うと今更ながらにゾッとするw

R1021788 で、僕が一番好きだったのが、「カンの化石」と題された懐かしい空き缶の数々。一つ一つ手にとり懐かしさをかみ締めた。説明書きには「奥日光の山奥には、こんな宝物?がいまだにザクザク出てきます。なぜかー昔の登山手帳には、ゴミはきちんと埋めて帰りましょうと書いてある」とのこと。そう言えば、昔は、なんでも埋めてたような記憶がある。30~40年経っても、鉄缶ですらキチンと原型を留めているのですよね。プラスチックならほぼ永遠? 

R1021785

R1021786

R1021787

あまりの面白さに子供たちも入館してみることに大賛成! が……。中にあったものは……。どこにでも見られる自然ガイド。男体山と赤木山の戦いとか。噴火の過程とかを極々普通に紹介している程度。無料コーナーの面白さが際立っていただけに、その落差は一体……。本展示がコレで500円なら、外は1000円の値ぶちがあると思う。まぁ、1000円でコレだったら怒るけどねw
 前夜1時間ほどの睡眠だったので、この日は宿に着くなり睡魔が……。スポット天気予報では、日曜日は朝から晴れるものの、最大5mほどの風が吹くとのこと。風が強ければ、出艇を諦め、東照宮でも見て帰えろうと心に決めて9時前から就寝。

以下、翌日のカヌー編に続く。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

|

« ただいま帰りました^^ | トップページ | 紅葉の中善寺 ノアとアルピナ初出艇編 »

コメント

久しぶりの書き込みのようなきがしますw
今回はペンションだったのですね。
台風来るし・・・と心配していました。
この展示面白いですね。
私は知らないのですが、埋めて帰るって本当だったんですか?
うーん、続きの記事が気になります^^

投稿: タータン | 2007年10月29日 (月) 22:52

カン・・・の化石、面白い~♪

サントリーのぐるぐるマーク、懐かしい~!

昔、この形のストローが欲しかったな~♪

3枚目の写真・・・、雨に煙る紅葉が、

と~っても綺麗ですね~。

素敵な風景です。こんな風景の湖でカヌーを漕いで、キャンプができるのなら、
カヌーを担いで、新幹線に飛び乗ろうかな。
・・・・カヌー・・・買わなきゃ・・・!(笑

投稿: ひさちゃん | 2007年10月29日 (月) 22:53

ペンションだったら安心でしたね。
湖と紅葉、見たいですね。
次回のキャンプで渓流と紅葉なら見られるかな。

空き缶は懐かしいですが、複雑ですね。
最後には錆びてなくなるからいいようなものの、今のゴミは怖いですね。

投稿: ADIA | 2007年10月30日 (火) 16:17

 カンの化石って、凄い皮肉ですね。化石化してないし(^^;)。そのくらいの標高で、錆びにくく成っちゃうんですね、アルミなどはもっと腐食しにくいし、、、、。

 紅葉はよい具合ですね、これで天気が良ければ最高だったでしょう。

投稿: ライダー | 2007年10月30日 (火) 21:05

カンの化石ですか。
みんなで発掘に行かないと行けませんね。

紅葉ですね。
こちらはいつかな?

投稿: つぼちゃん | 2007年10月30日 (火) 22:29

タータンさん タニャさんとかに書いていただいているし、普段沢山書いてもらっているので久々って気がしませんよw シャレが効いてて面白かったのですが、中がねぇ……。
忘れていたけど、確かに昔は、なんでも埋めて帰ってきてましたw

ひさちゃん 缶面白いでしょ? こういうセンスで環境とか語れたらいいのにね。カヌーに限らず、普段見ていない風景って沢山あるんだよね。それも自然の中で遊ぶ楽しみの一つだもの。ひさちゃんとこの子供たち、きっと沢山見ているよ^^

ADIAさん 軟弱にペンションでした。できれば日光プリンスに泊まれれば、菖蒲ヶ浜すぐなんですけどねw 空き缶もコレが山になると錆びるのにどれだけかかるの? と正直再認識しました。学生時代考古学をやっていたのですが、今の時代のものを未来の人が発掘するとどうなるのかなぁ? なんて考えたりして。


ライダーさん 凄い皮肉なんだけど、とっても分かり易い。腐食しにくい加工とかしてあるから、昔のものよりもっともつのでしょうね。これも人の命の長さから考えると半永久的かも。紅葉、最高でした。今年は、お天気当ててます^^

つぼちゃん そうだよね。発掘だよね。そういうボランティアだったらやってもいいなぁ。西の紅葉写真楽しみにしていますね。

投稿: サン | 2007年10月31日 (水) 00:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25490/16914526

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の中善寺湖に行ってきました お茶引き編:

« ただいま帰りました^^ | トップページ | 紅葉の中善寺 ノアとアルピナ初出艇編 »