« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

2008 SPW 朝霧 行ってきました

R1023402  日の出前、午前4時半に自宅を発ち、スノーピークウェイ 2008 朝霧へ。
東関道、首都高、東名と比較的空いていて、明けゆく空は快晴! ドンドン近づく雪冠の富士山。気分は最高! 途中、SAで朝食を食べたものの受付開始の1時間以上前に到着してしまいました。

R1023356  スタッフの方に伺うと、先に設営して受付は後でもOKとのこと。本部周辺は、デモ用の幕体と前泊された方々のテントたち。
いやぁ、圧巻。ここですでに一生分のスノーピークテントを拝見した思い。
さすがにここに張っては失礼と、奥地へ。
外周路から、更に奥まった位置に設営。

Img_2970 初張りのパビリオン。幕体を広げて四隅をペグダウン。2本のポールを入れるだけで原型が完成。お天気も良く暖か。側面パネルの跳ね上げも、収縮ポールを持って行っていたのでカンタンに。付属の樹脂製カラビナ付きのガイラインは、強風での強度に不安があったのだけれど、このぐらい軟弱な方が逆に幕体へのダメージは少ないかもしれない。(跳ね上げ時の画像は、あまりにまったりと時間を過ごしてしまって無し。スンマセン)

Img_2969テントインナーを仕込み、キッチン関係、テーブル関係などを放り込んでも、設営時間は30分ほど。この手軽さは、何物にも代えがたいかも。跳ね上げ時のペグ打ち本数、総計わずか12本。

Img_2966  設営を終えてポケーッと眺めているうちに、他の参加者の方々が続々到着されて、設営が始まる。スノーピークユーザーの方々のイベントだけに、幕体はもちろん9割以上がスノーピーク。他社製の幕体は、探さないと見つからない。リビングシェルが標準で、テントやオプションをどう組み合わせるかが腕と工夫の見せ所とみた。

 日本のオートキャンプスタイルの方向性を決定づけたブランドであるスノーピーク。テントにシェルの接続やテーブル関連など様々に拡張接続できるシステム性の高さは、やはりスノーピークならではの仕上がり。どのサイトも美しい! 富士山バックに居並ぶ光景は、ジャパニーズドリームだなぁ…….

R1023350 なぁんてことを思っているうちに、15年来の旧友こちょびさん登場! 一時期はスノーピーク製品すべて持っていたのでは? というスノーピークを愛して止まない方。お互い歳を取ったよねぇ…などと雑談しながら、お茶タイム。

R1023354 で、こちょびさんが組み立てたテーブルがこちら。コタツですね^^ 中身は、もちろんスノーピーク製。ワンアクションテーブルを使用。熱源は、コールマンのガスキャタリティックヒーターとこれまたマニアック^^ 1シーズンだけ国内販売されていた貴重品だ。

R1023352 先日購入した携帯茶盤で富士山を見ながら、ゆるゆるとお茶。やっぱりキャンプで中国茶は気持ちいい! 龍井茶、君山銀針、凍頂烏龍、ぷーある茶、玉露……。

ついでに茶語の桜茶も。呑みすぎだけど、遊びだからね。

そうこうしているうちに隣町のSAMさん登場。ユニフレームなど日本の有名キャンプメーカーの方とお知り合いのこの方。
「スノーピークさんは、知り合い居ないんです」とおっしゃっていたのだが、気が付けば、山井さんと2ショットw 凄いよ、SAMさん。(SPWの詳細は、SAMさんのHPでバッチリ)

お茶タイムを過ごすうち、お昼時に。こちょびさんオススメの富士宮焼きそばのお店「やまだ食堂」に連れて行っていただいた。

Img_1436 以前、数件ハシゴをしたことがあるのだが、大して美味しく無かった記憶がある富士宮焼きそば。「所詮、焼きそばは、焼きそばだものねぇ」と思っていたのだが、ココのは旨い! ついでに目に止まったメニュー「イカ丸お好み焼き」も頼んでみたのだけれど……。

Img_1433 あり得んボリューム! イカの丸焼きが1匹丸々入っています。しかもこれまた旨い! 表面はカリカリに焼かれて、中身はトロトロ。食感はお好み焼きというよりも、たこ焼きに近いかな? もしくは、固めのもんじゃ焼き。具がギッシリ詰まった餃子も旨かった! 富士宮を通過するときには、つい立ち寄ってしまうお店ができた。焼きそばだけでなく、中華や各種定食、丼モノもあるのがウレシイ。

R1023358 キャンプ場に戻り、ディスプレイされているランドステーションや普段あまり見ることがないスノーピーク製品を見て歩く。カラフルなガイオットデザインの新製品やパイルドライバーPro、ウエア類などなど。

R1023359 小物類や衣類がテーブルの上に置かれてる様子は、なにやらフリーマーケットのようw 小物はともかく、衣類もそれでいいのか? と思わず笑えた。飾らないのもスノーピークの良さかもしれない。

 サイトに戻り、あれやこれやと昔話やら、歓談するうちに、夕刻。時間が経つのが早いね。日帰りで帰られるこちょびさんをお見送りする頃には、急に冷え込んできて、パビリオンも跳ね上げを降ろして、クローズドのオリジナルスタイルに。この時点で、跳ね上げた状態をきちんと写真に撮っていないことに気が付いたのだが、ときすでに遅し><

R1023375R1023377_2   晩御飯は、アグー豚のピリ辛鍋。牛タンみそ焼き、塩焼き。二人で食べるとすぐ満腹。実力無し……。ちなみに翌朝も同じ鍋w

R1023391 恒例の焚き火トークのお時間ということで、本部サイトへ。焚き火台が用意されそれを囲むように輪になるのだが、この日は寒かった。吐く息は、かなりの白さ。なにせ、人数に比して焚き火台の数が足りない。
僕から、焚き火までの距離はざっと3~4m。外気温は、吐く息の感じで5度か、それ以下。真冬のゲレンデ装備で来れば良かったと後悔する。冬用のアウトドア下着にフリース系のシャツ、薄手のダウンパーカーに、ウィンドブレーカーでは役不足。
 手袋を持ってこなかったので、最後は手が痛くなるほど。寒さに耐え切れない人は、焚き火にドンドン寄っていく。抽選会が終わる頃には本来の焚き火トークまで耐え切れず退散w 根性無し;; ちなみに写真は、僕の椅子ポジションからw

R1023366_3R1023365   パビリオンの中は、クッキングストーブ2台と500cpのランタンのお陰でヌクヌク状態。突き上げ用のポールに伸縮式のものを使い、ペグダウンポイントのロープをギリギリまで短くしてペグダウンしたので、地面と間の隙間は極小。blomegさんの事前情報に感謝。

テーブルランタンは、先日激安で手に入れたUCOのキャンドリア。ロウソク3本でかなり明るい。これに雪丘さんところのリプレイスを仕込んだら……。妄想は浮かぶが、ちょっとやりすぎかもしれないねw

キャンプでの夜が早い我家、10時頃には、そそくさと就寝。常夜灯にキャンドリアを灯したまま眠る。

R1023400 -26度まで対応のL.L.Beanダウンシェラフのおかげで朝8時まで快眠。パビリオンの下部は、霜が降りていたから、かなり冷え込んだ様子。曇天の空。予報では、午後から雨。周りのサイトでは、すでに撤収の準備が始まっていた。我家は、相変わらずのマイペースでゆるゆる朝食。雨が落ちてきても、クルマを横付けして、中身を移せば、濡れるのはパビリオンだけだと思えば、気が楽だ。
そんなゆるゆるな我家に、ひらどんさんがお子さんを背中に乗せてMTBで遊びに来てくれた。撤収の忙しい最中、ありがとうございました。

R1023409 イベントが終わり、キャンプ場を後にしたのは、我家にしてはとっても早い12時ごろ。その時の本部周辺は、こんな感じ。皆さん、本当に撤収が早い。脱帽。

あちこち寄り道をして、帰宅したのは午後9時半。

アースカラーが基調のスノーピークのテント類。沢山建っていても、自然に溶け込み景観を邪魔しない。スノーピークの魅力がまた一つわかったSPW 朝霧での二日間でありました。お世話になった皆様、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

お礼参りにお邪魔中(^-^ ゞ

お礼参りにお邪魔中(^-^
 ゞ お世話になったスノーピークさんにお礼参り中! (^_^)/□☆□\(^_^) ナニヲ買ったかはナイショ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

ランステ風パビリオン(^-^ ゞ

ランステ風パビリオン(^-^
 ゞ SPWにやって来ました! パビリオン初張り! で、ランステ風に。 本家には敵いませんが、それなりに自由度あります(^-^)

ブログランキングに参加しています。とっ ても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く 役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷ ちっと1票

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

SPWに向け、荷物積み込み完了!

明日は、朝から朝霧のSPWに参加。とりあえず、今使いたい道具を優先的にチョイスして荷物をクルマに積んだものの……。
スノーピークグッズがホントに無い;;

スノーピークマークの道具は、こんな感じ。

パイルドライバー 2本
パイルドライバーケース
ランタンハンガー ×2
シェラカップ×6

ランタンケース 
ネットラックスタンド
コロダッチ3個
コロダッチリフター

総計18品。

スノーピークファンの皆様 申し訳ありません。

あまりの申し訳なさで、以前から買おう買おうと思いつつ買えなかった逸品をついに購入!

R1023347 ソリッドステーク30を6本……。
mb190splさんのところで紹介されていた、ホールの大きな新型が無かったので旧型を。

総計24品w

焼け石に水とは、まさにこのこと。

恐縮です。

明日からの二日間よろしくお願い申し上げます。

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (4) | トラックバック (0)

隣家の桜

 隣家の桜が見ごろを迎えつつある。2階の窓から手を伸ばせば届く桜の花々。

Img_2956_2  ここへ越してきてから、3度目の春。この樹のお陰でワザワザ花見に出かけることは無くなった。なにせ自室で寝転びながら、桜を見ることができるのだから。
 ソメイヨシノの樹命は、大抵60年ほどだという。人の寿命に近しいものだ。子供の頃に植えれば、その人の一生とともに歩み続ける。隣家の桜が植えられたのは、昭和43年頃のことだという。
僕は、この桜を見ながら老いていくにはちょうどいい年回りなんだなぁ。
 

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (4) | トラックバック (0)

MOSSリトルディッパーのこと

 結構な数がある我家のテント。そんな中でも、どんだけボロけても、これだけは手放せないよねというのがコレ。まぁ、手放せないのは沢山あって、家内に怒られてるのだけれどねw

今は、MSRに吸収されてしまったMOSSのリトルディッパーです。

R1023311 購入当時の僕は、モスの19フィートパラウィングに憧れ、アンコールの優雅さに魅せられ、このリトルディッパーの美しさにため息をついておりました。
考えてみれば今から、たった16~17年ほど前の製品なのですよね。
 今更ながら、なんでコイツを引っ張りだしたかといえば、堀さんのブログでlagさんが、「インナーフェチなんだよね」とカミングアウトされていて、そういやぁ、僕もインナーフェチだなぁと、そのきっかけとなったこのテントに思い至ったわけです。

R1023314  このテントを手に入れた1991年当時、今や国内でキャンパー憧れのブランドとなったスノーピークにも魅力的な製品は登場しておらず、海外製品を見回しても欲しいテントは、グレゴリーか、シェラ、ノースフェイスぐらいしかなかった時代。

R1023315  ベージュを基調に白いパネルと赤いスリーブ、ボトムを持つMOSSテントの存在は鮮烈で、僕にとってはまさに天空の星でした。

 家内とアレコレ相談して、MOSSのテントを買うことに決めてからも、たたずまいが優雅なアンコールにするか、フルフライで機能的、強度に優れたリトルディッパーにするかで相当悩みました。両方購入する余裕は、今以上に当時は無かったのですよね。
リトルディッパーにした決め手は家内の一言。
「アンコールは、キレイだけれど、フライの天井に雨が降ったら水溜まるよね。前室が無いテントは、靴を中に入れなきゃいけないし、雨の多い日本では不便……」

確かにその通りなのですが、アンコールも捨てがたかったなぁ。いまだに未練が残るテントです。

R1023331  こうして我家にやってきたリトルディッパー。4本のポールで強引とも思える12箇所の交点を作るフレームワークで風雨に強い。赤や白いパネル部分を叩くと、パンパンと太鼓のようにパシッと張られています。

R1023323前後・右・天井の4面のパネル開き、メッシュになることで、フライを外すと良い風が通ります。フライにベンチレーターが無いため、結露はしやすいのですが、インナーの撥水処理でしのげます。ボトムのサイド部分はどうにもならないのですけどね。

自分で言うのもなんですが、どこで張っても絵になるテントでした。

そんな我家のテントに異変が起こり始めたのは、5年ほど経った頃だったでしょうか。ボトムのウレタンコートが溶解し始め、10年目には、ベタベタヌチャヌチャ、絨毯掃除のコロコロローラーよろしく、枯れ草やら、埃やらをドンドン吸着。挙句、えもいわれぬ異臭が……。いわゆるMOSS臭と呼ばれる匂いですね。
 我家のリトルディッパーは、カムデンロゴと呼ばれる初期のものですが、この頃のものは症状が特にひどいようです。その後のシアトルロゴになると、若干弱まり、最後の中国生産ものでは、ベタツキは皆無とか。

R1023334 いずれにせよ、このベタツキを押さえ込まなければ、使い物にならないテントになってしまったわけです。

R1023324   使えないテントを持っていても、意味が無い。使えるテントにしなくては……、あれこれ試行錯誤の結果、ついにコーティングを薄く剥がすことに成功いたしました。で、ボトム部分を防水液で再防水。オリジナルの状態ではなくなりましたが、なんとか使える状態に^^ いやぁ、良かった。ウレシイ>< 今年は、コイツを張れるのです。

R1023339今となっては、クラシカルな雰囲気すら漂わせていますが、多くのテントに多大な影響を残したこのテント、まだまだ使い倒します^^

※コーティングの剥離は薬剤を使い処理しました。布地を傷める、作業中に指紋が消える、火災その他の危険もございます。処理方法についての具体的な内容は恐縮ですが公表いたしません。また、メール等でのご質問にもお返事いたしかねますのでご了承くださいませ。

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

ブラックダイヤモンドの最新LEDランタン アポロってこんな感じ><

 土曜日からのキャンプに燃料など、小物類を買おうと寄り道をしたアウトドアショップ。そこにちょこんと置かれていた物体に、わたくし釘付け。
Img_4349  バックパッカーマガジンでチラリと見てから、僕の中で今年手に入れなければならないマストアイテムになっていたブラックダイヤモンド(BD)の新製品アポロです。

Img_4326    本体をホヤの中にスライドして格納するLEDランタンで、上下2枚のリフレクターと艶消しのホヤで光が拡散され、全周ムラ無く照らしてくれるという基本構造自体には、さほど目新しさはない。が、アポロの優れている点は、折りたたみ式の脚があり、テーブルトップやテントフロアに直接置いても比較的遠くまで照らしてくれるってところ。
 いままであった1WクラスのLEDを使ったランタンですら、もう少し高い位置に置ければ、もっと広範囲を照らすことができるのに……と思ったことが度々あった、それがアポロなら脚付きだから、すっきり解消! しかも3WのLEDを搭載しているから、かな~り遠くまで明るくしてくれるのであります。もちろん、上部にはリングが付いているから、ぶら下げても使用可能。
 そしてアポロのビックリドッキリメカは、それだけでは無い。スイッチを押し続けると無段階に調光できるんですよっ、オニイサン! 

無段階調光は、こんな感じ。

Img_4346しかも、オプションのバッテリーキットを使えば、充電可能。スイッチ上部にマウントされたLEDは、バッテリー残量と充電状況を教えてくれるのです、オネイサン!

あれこれ、僕なりにアウトドア用の灯りは使ってきたが、これがあれば、他のランタン要らないかも? と思える素晴らしいデキバエ! もちろん、ガンガンに明るくないとダメな人には不向きですし、雰囲気とか別の要素はあるのですけどね^^

う~ん、アウトドアでのLEDランタンがどうあれば、使いやすいのか? という命題に真摯に取り組み、最新の技術を投入した結果の製品ですなっ。しかも、かなりカッコいい!

Img_4339 電池込みでの重量は320g。単三電池4本か、バッテリーキットで作動。
電池寿命は、最低照度で60時間だという。
これにソーラー組み合わせたら、ずーッと明るい。うん、間違いない。

あぁ、ダメだっ。コイツは、おすすめというよりも、絶対に買いなはれ~っ、いっときなはれ~の新作です。買いましょうっ! オジイサン><

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

ネットでの取り扱いは、まだまだ極少。

| | コメント (13) | トラックバック (2)

2008年3月26日 (水)

SPW 朝霧 2008 とワタシ

さぁ、1日お休みしたし、UPするぞっと思いきや。ココログのメンテでUPできず。2日お休みをいただきました。う~ん、タイミングってそんなもんですね。

 さて、実は、私、イベントキャンプに参加したことが一度もありません。主催者側に回ったことは、何度かあるのですが、なんだか気後れしてしまってw 
で、「タブン当らないのだろうなぁ~」と申し込んでみたスノーピーク ウェイ 2008 朝霧なのですが……。
見事当選してしまいました^^

R1023303 当選!の文字を見て驚くとともに、イイのか? 行っても? この僕が……?とムクムクと湧き上がる不安。
なにせ、イニシエのテーブル類やら、ポールやら、ダッチ類やら、タープやら火器類などの小物は持っているものの、大物のテントやシェルター類は、ナッシング。しかも、このところ、普段使っているスノーピーク製品といえば、ネットラックスタンドにダッチ類とポールぐらい……。
 ちびっと心配になりまして、スノーピーク応援団の先駆けともいえる友人Kさんとか、このブログで知り合った方数名に、相談してみました。
 で、大抵最初に発せられる言葉は「えっ、マジで?」「本気なの?」「冗談でしょ?」「アハハッ」という感じ。

そんなに似合わないのかw だよねぇ……と思いつつも、スノーピークの新作をアレコレ見たいし、いじってもみたい。ということで、恐縮ですが参加させていただきます^^

さて、となれば、どの幕体で行くか? が最大の悩みどころ。この時期の富士山周辺は寒い。タープ+テントっていう組み合わせはちとシンドイ。なおかつ、三男坊の塾通いで家内と二人の初キャンプになるため、お手軽さは欠かせない……。となれば、先日手に入れたパビリオンしかないという結論にw 
スノーピークウェイでMSRのパビリオンを張っている無法者が居たら、たぶん私です。恐縮です><

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

リップストップは魔法のおまじない

 大体、キャンプ道具に限らず、廃番とか新製品なんてキーワードは、「ユーザーの買いたい気持ちをどうにか刺激しちゃおう!」という甘いワナであると常々思っている。しかも「限定!」「記念モデル!」なんて単語は、色んなブランドの常套句に過ぎない。気が付けば半世紀近く生きてきてしまった経験(ただ、起きて、食事をして、散財して、また寝るの繰り返しなのだがw)の蓄積がそう教えてくれた。
 にも関わらず、またまた踊ってしまいましたw 残念ながら、まったく学習しておりません。
R1023285_2  モノは、スノーピークの創立50周年記念モデルであるHDタープ”シールド”ヘキサPro L。
 我家のスノーピーク製タープといえば、スノーピークの古いヘビータープリーフウイングSがあるのだけれど、3人以上で使うにはちょっと小さい。MかLをいつか買いたいなと思ってはいても、どうにも踏ん切りがつかなかった。とりあえず、他のもあるしなぁ……。

R1023296  さて、今回、どーんと背中を押してくれたポイントはいくつかあるのですが、まずは、リップストップというキーワード。万が一裂けた場合、そこで裂け目が止まるようにと碁盤の目状に繊維を縫い込んだ生地を採用しているのだ。
まぁ、リップストップだからといって、裂けないわけではもちろん無い。しかし、、雨具にせよ、テントの幕体にせよ、「丈夫でカッチョイイ」と思わず僕を反応させてしまう魔力がこの単語にはあるのでしすよね。万が一のときのためのおまじない。ビブラムとかゴアテックスも同じく、僕にとってはかなりの魔力を持っております。どうです? この網々具合^^

 そして、ちょうどWILD-1さんの還元セールだったってのも大きなポイント。5250円のお買い上げ毎に1000円のお買い物券をいただけるので、今なら、6000円分お買い得ということ。 
R1023287  レギュラーモデルとの違いは、このリップストップとシリアルナンバーが打ち込まれたメタルプレート付きの特製収納ケース。
我家にやってきたシリアルナンバーは、184番でありました。

R1023299 で、この特製ケース、恐ろしく豪華! しかも、とってもデカイ!
いくら、HDポールやペグを入れるにしても、ホントに? と、ちとびびってしまいます。
 幕体とロープだけだと、3分の1も埋まらないのではないかなぁ? マジでスッカスカ。我家の場合、ポールはポール専用の袋に。ペグはペグケースに入れていますので、より袋のデカさが際立ちます。そして、クッション材は、周囲に挟まれていますから、腰があって、畳み辛い。テントなどもっと大きな幕体を入れるならいいのでしょうね。

R1023294  試しにポールケースに幕体とロープを入れると、ちょっと窮屈だけど、それなりに収まってしまいました。もちろん、使った後では、ちょっと手こずりそうなのですがw 何か適当な袋を見つけようと思います。

R1023292  で、余っちゃう特製ケースはどうしよう? アキちゃんがヒラメイタのは、スノーピークのインフレータブルマットを入れたらどう? ってこと。エアポンプを兼用する収納袋が大きくて、油断するとすぐ広がってしまうインフレータブルマット キャンピング2.0。3本キレイに収まりました。コンプレッションもかかるし、マット3本同時に持ち運べるのは、それなりに便利かも……。限定ケースじゃなくてもいいのだけどね。

タブン、同時に販売されたテント類と同じケースなのですよねっ、きっと。せっかく豪華な収納ケースなのに、我家にとっては猫に小判っていう感じ><  アケナイケドネ。

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

2008 カヌー初漕ぎ^^

 春の暖かな日差しに誘われて、亀山湖in CHIBAまで、2008年の漕ぎ初めに出かけてきました。青い空、水面に浮かぶ風景、やっぱりカヌーは気持ちいい!
今回は、久々に長男坊も参加! いやぁ、楽しかった!
笹公園から、文宝洞を経由して滝のいつも変らぬ亀山湖の風景で恐縮です……。

Img_2929_2Img_2933

房総は、すっかり春。菜の花も早咲きの桜も満開で迎えてくれました。

Img_4269 いつものようにポケーッと漕ぎ出せば、この青空! 最高の贅沢です。

Img_4137_2  岸辺の桜に魅せられて、撮影大会w

Img_4146_2 散りどきのツバキが湖面にプカリ。
思わず、しばし見とれてしまいました。

Img_4158 お約束の文宝洞へのルートは、ナニヤラ探検気分。

P3220248

Img_4256Img_4225 子供のようぬはしゃぐ21歳の長男坊と、漂う三男坊。

Img_4221_2 上陸してちびっと休憩。

聞こえてくるのは、川の流れと風の音。

Img_4289_2 この時期、滝も水量豊富でなかなかゴージャス! 水質も亀山湖にしては、なかなかの透明度。臭くないのもありがたい!

Img_4301_2 あぁ、今年も、漕ぎ漕ぎに、はまりっぱなしになりそうな2008初漕ぎでありました。

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (10) | トラックバック (0)

スナグパック社のソフティ クリサリス キロ フルバッフルを買われる方へ

 明日、日帰りで本年、初漕ぎ! とPFDとかウェアをパッキング中。で、何気にナチュラムさんを見ていたら、先日買った スナグパック社のソフティ クリサリス キロ フルバッフルが、またセール。前回よりちょい安い。
実は、私、コレがとっても気に入って、普段寝るにもコレをかけた上に薄手の肌掛けを載せて眠っていました。肌触りがとってもいいのですよね。
オススメですっ! と書きたいのだけれど、ちと問題が。
現在、こんな感じになっております。
R1023278 そう、ババババッとホツレテしまったのであります。

R1023276 で、こうなって、注意深く良く見てみると、ミシンの裏糸がビローンと出ていたり、ミシン目がデロンと出ている箇所を他にも発見! この固体だけの問題なのかなぁと、未使用だったもう1本を確認しますと、ホツレはないものの縫製の甘い部分が……。
商品としては良いのですが、品質管理はかなり問題かも。

ナチュラムの定める返品期間は過ぎていますし、なんだかなぁという感じ。
寝袋としてはオススメですが、買われる方は、到着後、すぐに縫製のご確認を!

素直にモンベルやイスカにすれば良かった>< と思うものの時すでに遅し。 私、手縫いでなんとか補修します。ヤレヤレ。

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

WILD-1 還元セールに行ってきました

「歯が痛いなぁ……」と思いつつ、痛み止めで紛らわし過ごす1日。
それでも忘れないもの……。
そうです。
WILD-1の「ギフト券還元セール」です。
Bnr_gift0803

本日から、25日までの6日間。5250円買う毎に1000円分のWILD-1ギフト券がモ・ラ・エ・ルというありがたい催し。
 それも普段値引きが無いスノーピークさんやユニフレームさん、モンベルさん、MSRさんやパタゴニアさんの製品でもOK!
これは行かねばならんでしょう><
R1023265_2  で、憧れのスノーピーク・パイルドライバーをお買い上げ。新製品のステンレス製Proモデルでは無く、ノーマル2本と収納ケースで1万1000円程。タブン、タータンさんところと同じセットかな? ポールを渡してパビリオン内でのモノ掛けとして使う予定。竿竹としてはちょっと贅沢だけれど、移動販売の竿竹屋さんを考えれば……、言い訳ですなっw

R1023268  ついでにセパレートオフトン700の旧モデルも1本追加しました。2008年モデルでは、足元の袋状部分の接続が上側でジッパになったり、別売のダウンレイヤを重ねることで使用温度域を7度UPさせてくれるなど魅力的なバージョンUPを果たしているのだけれど、4000円ほど価格もUP。今回の還元ギフト券も加えて考えると、8000円ほど違うことになります。
 暑い時に蹴飛ばせば足元を開放できるベルクロ留めの旧モデルをチョイスしました。
 今使っているオフトン600を中に入れることで羽毛量1300。計算上はオフトンのウィンターモデルとほぼ同等になるかなぁという目論みも。

2008モデルがまだ出揃っていないこの時期のセールだけに在庫一層セール的な感じが強いこのセール。狙っていた高額グッズが残っていれば、かなりお買い得。

スノーピークストアの方の話によれば、22日には、50周年記念モデルも店頭に並ぶ予定だという。高価な商品だけに購入予定の方には、朗報かもしれない。

そういえば、モンベルのスーパーストレッチバロウバッグの4番が8800円ほど、こちらも還元ギフト券を貰うとかなりお買い得だなぁ。いずれにしても在庫限り。気になる方はお早めに。

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

歯痛

ようやく仕事がひと段落^^

と思ったら、夕刻から猛烈な歯痛><

頭、グラングラン@@

ウムムムムっ、ということで、大変申し訳ございません。

本日もお休みさせていただきます。

SUN拝!

| | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

MSR ElbowRoom 3P 試し張り

 我家は今、とっても忙しい。家内(アキちゃん)も肩が痛いとか、腰が痛いと言いながら、一生懸命働いている。そんなドタバタの最中、アメリカから荷物が届いた。MSRのパビリオンさん。で、どうせ送料を払うならと、メチャクチャ気になるテントもポチッと注文しておいた。
Elbowroom3_xlElbowroom3_open_xl   MSRが2008年から投入した新カテゴリー、ベンチャーシリーズのエルボールーム 3Pであります。
 マジメな話、MSRのUSサイトで、コレを見た瞬間! メチャ欲しい光線が直撃! 買わずにおれなかったのですよね。
 で、本日、家内と次男坊が額に汗して働いている中、コソッと抜け出してご近所の公園で試し張りしてまいりました。パビリオンも張りたかったのだけれど、lagさんのブログで詳細にリポートされていることですし、本日は、エルボーのみ。

まず、基本的なElbowRoom 3Pのスペックですが、

生地
【フライ】
70Dナイロンタフタ、耐水圧1,500mmポリウレタン・コーティング
【本体】
70Dナイロンタフタ
20Dナイロン・メッシュ
【フロア】
70Dナイロンタフタ、耐水圧10,000mmポリウレタン・コーティング 
定員  3 
ドアの数  2 
最小重量  3.28kg 
総重量  3.62kg 
フロア+前室  3.7+1.4平方メートル
最大室内高  114cm 
収納サイズ  61×17cm 

Elbowroom3_floor_xlElbowroom3_vert_xl ほんでもって、フロアとサイドの平面図は、こんな感じ。

P3160075P3160076 現物は、フライと同色の収納袋。以前のフューリーやパビリオンなどで採用されていた横から収納できる巾着タイプとは違うのが残念。中身は、フライと本体、ペグ袋とポール袋。
ボトムや収納袋のカラーは、流行のアースカーラー、レンガ色というか、柿色。

P3160077P3160078  使用ポールは、ストレートポール2本と片側がL型のエルボーポールが2本。

まず最初に本体を広げ、ストレートポールを差し込みます。片方が袋状になっているのでカンタン。

P3160081 で、立ち上げるとこんな感じ。入り口方向はシワシワですが、基本はXフレームのテントであることが良くわかります。

そしてエルボーポールを通します。

P3160084P3160086  フックを引っ掛けるとこんな感じ。エルボーポールによって、特に前後方向のヘッドクリアランスが大幅にUPしているのがおわかりいただけるでしょうか? Xポールにヒサシポールを1本通すものに比べて、幕体やフライへの負担も少なく、耐候性も高いかもと想像しております。

P3160087P3160088 外から、中を見れば、明るくルーミー^^
ちなみにメッシュ部分にフラップは無く。常時このまんまw

四隅に三角小物メッシュポケット。

P3160089 中から外を見るとこんな感じ。ウハッ、気持ちイイ!

天井部と四隅にループがありますが、ギアハンモックはオプション。

P3160094P3160093 ボトムの縫製部分はセンターに。コーナー部とともにキチンとシームしてありますので、浸水の心配は無さそう。

P3160096 更に、フライを被せるとこんな感じに。8ヶ所からガイラインが出せるので強風でもしのげそう。

P3160101P3160099 フライ上部には左右に大き目のベンチレーターが。支柱は、内部に硬い芯が入っているので、キチンと開いて仕事をしてくれそう。
気になるのは、閉じる場合、ここが3つの小さなベルクロ留めってことでしょうか。強風で煽られたら……。まぁ、その場合、ココからもガイラインを取ることで雨の侵入は防げるかなぁ。フライと本体の接続は、バックルとベルト。

P3160109 フライ前後の入り口部にはダブルジッパーを採用。上だけちょっと開けてなんて使い方もできます。

P3160112P3160111 室内ボトム部にもMSRのロゴ。外面にももちろんしっかりMSR。

アタフタとした試し張りのため、あまりキチンとペグダウンできていないのだが、室内の広さとスタイリッシュなイメージに大満足。
フライの素材もナイロンですから、キチンと張ってあげれば、もっと綺麗だろうと思います。また、フライも70Dとはいえ、しっかりした素材のもの。フレームポールもランドブリーズ4あたりより幾分太い。

MSRとしては、どちらかといえば、ファミリーユースに振った感じのベンチャーシリーズ。重さも3.6キロとそこそこな重さ。

アメリカでの定価が、449.95ドル。国内定価は、8万850円とのこと。僕の購入価格は、350ドルほどなので、送料を考えても半額ちょっとで買えたことになる。
 アメリカで独自のラグジャリーテントシステムでファミリー層を狙うスノーピークのランドブリーズ6が649.95ドル(国内定価7万3290円)、ランドブリーズ4が399.95ドル(国内定価4万7250円)、アメニティドームも同じく399.95ドル(同3万4800円)、アメニティドームSが299.95ドル(同2万9800円)。
こうしてみるとアメリカでは、スノーピークのテント群より、少しばかり高めの価格設定とはいえ、国内定価はどう考えても高すぎる。せめてスノーピーク製品と比較検討できるレベルまで抑えてくれればなぁと誰もが思っているに違いない。何とかしてよ代理店のモチヅキさん。

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

MSRのテントは、やっぱり高い;; 気軽にポチッとはイケナイなぁ。同じベンチャーシリーズはこんな感じ

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

電車中。

電車中。 乗り遅れないように走ったら、酔いが回った。 仕事の会合の酒席て大事な回数が……。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

コンデジ持ち歩き汎用BESTバック

 先週だったか、ふらりと寄ったA&Fアウトレットで見つけた小さなポシェット。KAVUのホバートサッチェル。厚手のキャンバス地で作られ、内部は起毛素材。
 カメラを持ち歩くのにちょうどいいのでは? と購入して使っているのだが、これがすこぶる調子がいい。

Img_3742 大体、コンデジの純正ケースって、使いやすいように見えて、実は使いづらいものが多すぎる。大抵、チャックやフックをあけて取り出すようになっているのだけれど、それをまたバックやポケットに入れているものだから、結局1枚撮るにも二手間、三手間かかる感じがどうにも好きになれない。
ついつい、裸でズボンやジャケットのポケットに入れておくことになる。が、ポケットの中って、結構埃っぽい。その結果、いつしかカメラも埃っぽく……。
撮りたいときに、さっと取り出せて、撮り終わったら放り込める小さなバックがあればなぁ。まさに、そんな思いを形にしてくれたのがこのバッグだ。
本国アメリカのKAVUのサイトを見てみると、あ~ら、それが、普通の使い方らしい。つまり、コンパクトカメラ用のバックとして作られたものなのですよね。
Img_3747  フロント部には、フラップ式のベルクロポケットとジッパー式のポケットがダブルでつき、内部にもジッパ付きの小ポケットがある。
背面には、カラビナつきのループが付いて、ベルトループにチョコンと引っ掛けられるのがいい。
ついでに言えば、ベルトを通すこともできるし、付属のショルダーストラップを付ければ、タスキ掛けもOK。

Img_3748 10オンスのキャンバス地は、使い込むほどに、いい味を出してくれるに違いない。
コンデジ単体には、ちょっと大きめだけど、ついでに小銭入れや、ポケットティッシュなんかも放り込めるのもいい。

Img_3750 KAVUらしく、あれこれカラフルな色が揃っているのだけれど、ニューグリーン、ブルー、グリーンなら、定価4095円が2835円で、A&Fのグーオンラインショッピングで売っている。アウトレットでも、そのぐらいのお値段だったと思います。他の色が欲しい方は、「カブー ホバートサッチェル」で検索を! 定価で買えますw

う~ん^^ オススメ度200パーセント。

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

幸運は、どこから^^ オリンパス μ 790SW

幸運はどこから降ってくるかわからない。仕事に追われてアタフタしているところに、取り引き先からの偉い人からの電話。
「請求書どうなってるの? すぐ持ってきなさいよ」。
さほど豊かな生活をしているわけではないので、さっさとお持ちしたいのは山々なのだが、東京まで往復2時間が惜しい……。
 が、出さないワケにも行かないし。で、行ってきました。

すると「SUNさん、アウトドアやるんだよね、カヌーとかスキーとか」とエライ人。
「えぇ、あんまり上手じゃないんですけどね」と僕。
で、差し出されたのがコチラ。

Img_3741 オリンパスのコンデジ 790SWでありました。で、曰く「買ったんだけどさぁ、広角35mmまでなんだよね。しかも手ぶれ補正は、感度UPでごまかしてるし……」。

他のコンデジを買ったので、使うなら安く譲ってあげるとのこと。

Img_3734 「あははっ、ちょうど防水のコンデジ欲しかったんです」と二つ返事で譲っていただきました。それも申し訳ないぐらいの金額で……。
できれば、広角は28mmぐらいから欲しかったし、10m防水が良かったなぁw とはいえ、日常防水レベルでも、埃や水気を気にしないでパシパシ撮れるのはありがたい。
キャンプはともかく、カヌーや雪遊びに持ち出すには、今持っている沈胴タイプのパナソニックのFX100やリコーのGX100では、気楽にというわけには、なかなかいかなかった。
防水バッグに入れての移動では、撮りたいなぁと思ったときに億劫で、シャッターチャンスを逃すことも度々。

P3110004_1_1 クルマでの帰り道、とりあえず、数カット撮ってみたのだが、かってのオリンパスのフィルムカメラを思い出す個人的にかなり好きな描写。好感度はとっても高い。

P3120044_1

P3110013_1

P3120051 新品で買っても、実売価格で2万円前後の今日この頃。その価格でも満足度は高いかと思います。
レビューは、また後日。
とりあえず、気になるポイントは、やっぱり手ぶれ補正が感度UPしか無い点と、動画撮影機能が弱い点。SHQ(640×480)でメディア容量に関わらず10秒の録画時間って、使えないに等しいじゃんw ちなみにHQでは、30分録画。とりあえず、ネットに載せる動画なら十分なんですけどね。

サンヨーの防水キョロちゃん、どなたかお安く譲ってくれないだろうか?^^

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

ちなみに最安値は、こちら。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

携帯茶盤 キャンプで本格チャイニーズ ティータイム

 先日、オートキャンプ場志駒でポケーッと青空を見上げていると、なんとも気持ちよい時間が過ぎていきます。
Img_3568 どちらからともなく「あれ、持ってくれば良かったね」と同時に呟いたのが中国茶のセット。野外で淹れたことは無かったのですが、こんな場所で飲めれば、それこそ気持ちいい。そう二人とも思ったのでした。
 我家にある中国茶の道具は、大きかったり華奢だったりと、気軽にキャンプに持ち出す気にはなりません。とりあえず、携帯用の茶盤を注文してみたものの、志駒行きには間に合わず……。
 で、本日届きました。

台湾の竹細工工房として、カリスマ的存在である大禾竹藝工坊の作品。一つ一つ手作業で仕上げらていくという細工の良さは、やっぱりいいよねぇ……。竹の目通った美しさ。文字通りいい買い物をしたなぁと実感できる仕上がりです。Img_3710

Img_3711 方形の箱の蓋を引き上げようと思い、まずびっくり。「開かないよっ、これ?」
ジーッと作りを見ると、スライド式なのです。不用意に開いてしまわない設計なのですね。

Img_3712 で、裏返して、茶盤として使います。

Img_3714 蓋正面の板を、組み木細工のようにスライドすると、天板がスライドしてはずせます。
「あははっ、凄いよ、コレ」。ついつい興奮の度合いもUP!

Img_3715 で、下段は、茶器を入れるようになっていて、押さえの蓋は、左右に切られたスリットにはめ込む構造。これまたガタツキを無くす工夫です。

Img_3716 さて、内部は、クッションの入った移動式の仕切りが2枚。箱の周囲には、これまたクッションが仕込まれております。

Img_3720 竹の目の美しさをアップで。

地味~ぃな携帯用布製バックが付属。

Img_3705 あぁ、これに入れる茶器は、何にしよう……。あははっ、またまた楽しみが増えました。そして、またまた散財の予感w

なにより、キャンプで美味しくお茶がいただけます。至福の時間が過ぎていきそう^^

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

大禾竹藝工坊以外にも魅力的な携帯茶盤がありますね^^

| | コメント (3) | トラックバック (0)

散財祭りへのお誘い^^

 東京・御茶ノ水にあるアウトドアショップ さかいやは、毎年東京ドームで投売り的なセールを行う。「元祖みっけもん市」がそれなのだけれど、高田の馬場のカモシカスポーツが行う我楽多市とならんで、3割、4割、5割、中には6割引き、7割引きなんてのもあって、その投売り的スタンスはあまりにも魅力的。僕も大分お世話になった。

さかいやの元祖みっけもん市ネット版が、今朝から始まっている。外出先で知ったため、帰宅してチェックしてみると、気になるものがチラホラ。たとえば、グラミチのパンツが半額。ムーンストーンのミッドレイヤーに使えるダウンジャケットが6割引きなど……。

モンベルさんのレインウェアも激安。チェックしてみることを強くおすすめします。

以上、散財祭りへのお誘いでしたw

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

たとえば、こんな感じ。

ロウアルパイン・ウルトラライト アプローチダウンジャケット 60パーセントOFF

ノースフェイス・マクマードリミテッドパーカ【50%OFF!】

ムーンストーン・Women'sムーンファーダウンパーカ【73%OFF!】

グラミチ・グラミチパンツ【50%OFF!】

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

重ね重ね。

例によって終わらぬ仕事、しかも大抵こんな時に限ってMACの調子が悪い。

いわゆる○○の法則。

なので、恐縮です>< 何度このフレーズを使ったことか……。

本日、お休みさせていただきますっ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

廃盤なテント Golite Trig2

   明日、とりあえず納品の仕事があるため、遠出はできない。昨日、三男坊のお買い物のついでに寄ったA&Fアウトレットで、考えた挙句に買い逃したバケットボスのゲートマウスツールバッグJr(半値)と、お気に入りで使っているイーグルクリークのトイチェストシリーズ&キューブシリーズ(こちらは30%OFF)を手に入れに出かけた以外は、ご自宅モード。
R1023226 防水なバックやザックなどなど、ついつい増えてしまう僕。収納道具が好きなのですよね。これらのご紹介は後日まとめて^^

 自宅でジタバタ仕事をしていると、いつしか夕方も近づき、気晴らしにご近所の公園で先日届いたGolihtのTrig2を試し張りしてきた。設営にトレッキングポール2本を必要とするこのテント、どちらかというと参天に近い存在。

R1023228
設営は、
1.フロアの四隅をペグダウン。
2.前室部分にトレッキングポールを入れ、前室の端をペグダウン。
3.リアにガイロープをトレッキングポールに巻きつけてからペグダウン。
4.フライというか幕体の四隅をペグダウン。
という手順。

立ち上がってから、ペグダウン用のベルトの長さを調整して、サイド部分もペグダウンすると完成!

R1023229_1 ここまで、テキパキやれば、5分ほど。このお手軽さはありがたい。

トレッキングポールが無くとも、枯れ枝や設営場所に樹木があれば、それを利用して立てることも可能だ。

立ち上がった姿は、愛嬌もあり、何気にカッコいいかも。リアのトレッキングポールはナニヤラ、尻尾のようでもある。

R1023230R1023231  前室のジッパ部分にはフラップ固定用のベルクロと、開き止めのホックが着く。

R1023233 前室を開けると中は、こんな感じ。幕体を留めるフックも装備。

R1023237R1023234 両サイドには小物用メッシュポケット。

R1023235R1023241 後部と左右の裾は、ジッパで開閉でき巻き上げられる構造。ループもグロメットも無いので、張り出すには、クランプがあると便利かも知れない。

内部は、二人分のマットとザック類がとりあえず放り込める余裕がありそう。

R1023239 下部分がオールメッシュなので、通気はある程度良さそうだが、ベンチレーターが無いので、湿気は上に篭りそう。結露は多分覚悟しないといけないなぁ。できたら、前室部分にベンチレーターを縫い付けたいと思った。

R1023244_2  いずれにせよ、このフォルム、かな~り気に入ってしまった。ポールとベンチレーターを自分なりに工夫して、使えばかなり面白いだろうなぁ。送料入れて、1万4000円ほど……。お買い得な気がする。

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

ステッドラー 製図用芯ホルダー マルス780C

 三男坊に中学入学を機に文房具など必要なものを揃えに買い物に出かけた。自分自身を振り返ってみると、ワープロで文章を書くようになって、ついついおざなりにしてしまいがちなのが筆記具だろう。
Img_3701  今どき100円ショップやコンビニでいくらでも使い捨て感覚の筆記具は手に入る。が、本当に書きやすい筆記具を一度手にしてしまうと、机の上で見失えば、ついついうろたえてしまうほど、体の一部というか、指に馴染むというか、そんな感じの存在になる。
 かつて作家の中には、あの万年筆でなければ、書けないという人も居たのだよなぁ。
 僕が中学時代に使い始め、いつしか手放せなくなったのが、ステッドラーの製図用芯ホルダー マルス780Cだ。当時、ブルー軸のボディにメタルなグリップ。刻まれたmade in Germanyの文字もカッコ良かった。
Img_3704 握ってみれば、バランスの良さはすぐわかる。グリップ部のエッジも握りやすく、長い時間書いていても疲れない。軸部分のほぼ真ん中から上が丸軸、ペン先部分に向かって8角の軸。この辺りの造形も手に馴染みやすいポイントだと思う。高い筆圧で書いても、2mmの芯は、折れることがまず無いのも魅力だ。ノックキャップにさりげなく開いた穴が、実はシャープナーになっているなんて小技も効いている。

Img_3702 気がつけば、長男も使い、次男も使い、そして三男坊にもマルス780Cを贈った。入学祝いにしては、安い買い物なのだが、彼もコレが手放せなくなると面白いと思う。
 僕の学生時代から、ほとんど変らぬ780C。いい物が何十年も変らぬ姿で残っているのは気持ちがいい。

売り場の棚でふと脇に目をやると、見慣れぬ銀軸のステッドラーが……。オール金属製で同じく2mm芯を使うシャープペンシルだ。ノック毎にキチンと等量ずつ繰り出される仕組み。

Img_3703 芯先のガタツキもほぼ皆無……。新たなスタンダードになるのかなぁ。ついつい手にとって買ってきてしまった。ステッドラー 925 25-20 1260円。これまた安い買い物だと思う。きちんとした道具が手頃な値段で手に入る。なんだか嬉しくなるできごとた。おすすめです。
 

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

マルス テクニコ 芯ホルダー 最安値はこちら。

同じく、925 25-20の最安値は、こちら

| | コメント (9) | トラックバック (0)

苦行(--;)

苦行(--;) 今日は朝から三男坊の入学準備のお買い物。 最後に立ち寄ったDoCoMoが難関。2時間半待ちだそうです(((・・;) こんなに何かを待つのは、子供の頃に大阪万博の月の石以来かなぁ…。 長い(--;)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

お茶の間に届いたブツは

Img_3659  仕事に追われ捲くっていた僕に、家内が「お茶でも飲む?」と茶盤を出してきました。これが、半日前だったら、「茶どころじゃないよっ」と、イライラも絶好調だったのですが、ポケーッと小一時間美味しくいただきました。本日のお茶は、中国茶飲みのお約束、台湾の凍頂烏龍茶。さわやかな香りと甘みがリラックスさせてくれました。

Img_3664 こうなるとやっぱり、新しい茶器など、欲しくなってしまう予感大! まぁ、ポツポツと、気分によって変えられるぐらいになればいいのですが、現在、茶盤が2つ。茶壷(急須みたいなヤツ)が2つ、茶海(壷みたいなやつ)が3つ、蓋椀が2つなど……。磁器のものが多いので素焼きのものがもう少し欲しいかなぁ。家内は、色目がある磁器が欲しいらしい。とりあえずは、十分かもw

Img_3687 で、ピンポーン! とお茶をいただいている最中に宅配便さんが届けてくれたのが、先日、シーズン前にと注文しておいたロータスデザインのパドリングウェア2枚(家内と三男坊分)と、どうせ送料がかかるならとついクリックしてしまった極小テント。軽くするのが大好きなGoliteのTrig2であります。

88589_30F_88589_2  以前から知ってはいたけれど、大枚ハタイテ買うのはちょっとためらわれるたのですが、126ドル+ちょっと送料というお値段に負けました。
 トレッキングポール2本を使って建てるこのテント。同じGLITEから今年リリースされたShangri la 2にボトムフロアとネットを縫い付けたような形状。左右のパネル下部は巻き上げたり、張り出したりできる仕掛けがあって面白い。

Img_3684 幕体はシルナイロン。重量は1.51kgと二人用としてはそこそこ軽量。まぁ、廃盤になるぐらいだから、人気が無かったのかなぁ。
とりあえず、我家で最小のテントの誕生であります。さて、問題はいつ使うか?だw パッキングサイズは、メガミッドより、ちょっとだけ大きく、エアライズ2より、ちょっと小さい。
どんなシーンで使うかアレコレ想像を掻き立ててくれるのがこのテの製品のウレシイところ。もちろんオートキャンプ場で張ると浮き捲くるだろうしw 一番似合うのは、いのうえ団長率いる放置の方々のキャンプへの乱入だったりしてw

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (7) | トラックバック (0)

スノーシューという道具 その5 MSR ライトニング アッセント

 先日、ぶちッと壊れてしまったオールドなTUBBSのスノーシュー。WILD1さんの店員さんに話してみたら、「ダメ元で修理に出してみましょうか?」とのこと。代理店も当時と違っているし、さてどうなるものか? とりあえず使えるようになればウレシイのだけど……。少~しばかり期待をしたのだが、本日修理不可で戻ってきましたとの連絡をいただいた。あとは、自力で修理するしか道は無いw

R1022732_2 さて、とりあえず現状、我家にあるスノーシュー紹介ももう少しで終了。「また、スノーシューかよ!」の声も聞こえてきますが、もう少々お付き合いを。マジで春ですから、今やらねば後は年末w
 本日のスノーシューは、MSRのライトニング アッセント。まず最初の特徴は、見た目がカッコいいw あくまで個人的になのですけどね。

Img_2686 で、航空機用アルミ材で形作られたフレームがとっても斬新。いわゆるパイプフレームでグルーンと作られた従来のスノーシューフレームのイメージから大きくかけ離れた形状であります。

Img_2697 昔の車のフレームのように井桁状に組まれたこのフレーム。全体がアイゼンの役割をする仕組み。なのでとってもトラクションがかかりやすい。題して、「360゜バーチカルブレードトラクション」。
クランポンのツメは、デナリEVOアセットンに比べて小振りなのですが、雪面への食いつきはなかなか良い。TSL205ランドで苦労するような斜面でも、普通に登っていけます。まぁ、バックカントリー用なので当たり前といえば当たり前。
ただ蹴りこむように斜面を登るのは、あまり得意ではないですね。素直に横歩きになった方が身のためかもしれません。アイスバーンでの食いつきもこれまたかなり良いのであります。
Img_2715  また、シューズを締めこむストラップはラバー製。ビヨ~ンと引っ張って、止め具に引っ掛けるだけとカンタン。EVOアッセントとの大きな違いは、止め金具の片側が切れている点、ホールになっているEVOアッセントと比較すると、こちらの方が着脱がカンタンです。

Img_2713 また、2007~2008シーズンモデルから、ストラップが前3本に変更され、さほどきつく締め上げなくてもシューズが遊ぶことはなさそう。ソフトなシェルを持ったシューズで使いやすい改良です。ヒールリフターの高さも低く調整されたようで、ゆるい長い上り坂を登っていくにはちょうどいい感じ。まぁ、いずれにせよ、パウダーな急斜面には無力ですがw

Img_2718  デッキは、雪があまり付着しない素材ということで、シューズの底で踏み固められた雪が詰まるなんてこともありませんでした。これまた使いやすいポイントです。

Img_2717  また、他社製の同サイズのスノーシューと比較して1600g前後とサイズの割りに軽量なのもいいところかなぁ。細長い形状は、歩行中に左右を踏んずけちゃうこともあまりなく、サイズの割りに歩きやすいと思います。かなり、おすすめなライトニングアッセントなのですが、問題はやっぱりお値段。もう少し安ければなぁ……。

Img_2722 アメリカ本国の価格に比べて日本国内の価格が高めに設定されているMSRの製品群。パタゴニアと並んで、個人輸入するメリットが未だにある数少ないアウトドアブランドだと思います。
 まぁ、輸入代理店が点々としてアフターサポートも満足に受けられないどこぞのブランドよりはいいのだけれどねぇ。あぁ、できたら、来シーズンはトラディショナルなデザインを貫き通すスノーシュー界の雄アトラスのバックカントリーモデルも試してみたいなぁ……。

以上、今シーズン最後のスノーシュー製品リポートでありました。

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (6)

2008年3月 6日 (木)

長男坊の楽しみ

Img_3655  できたよっ! と21歳の長男坊がニコニコ顔で持ってきたのがコチラ。えぇっと、何ていう機体だったっけ? 
で、この機体前にして親子の会話。

「あのさぁ、お前本気で作ったの? バリ残ってるし……」と僕。
「いやぁ、久々に作ったら楽しかった」とニコニコの長男坊。
「だからさぁ、墨入れとかいい加減だし……」と僕。

Img_3652 「いやぁ、マスターグレードじゃないから、可動部分があんまり無いんだよねぇ。昔のに比べるとポリキャップもあんまり使ってなくて、ずいぶん違うよねぇ。いやぁ、楽しかったなぁ……」と長男坊。まったく会話がかみ合いませんw
僕としては、成人男子として、気合の入った一作を文部長に見てもらいたかったわけで、素組にしか見えないコレを見ちゃうとナニヤラ拍子抜けであります。まぁ、模型部の文部長のお陰で楽しい思いをしたらしい長男坊。まぁ、いいかぁ^^

長男坊によると飛行形態に変形もするらしいのだが……。写真に収めようとアレコレいじるも挫折w
わかっている人がやると変形可能! とうことでヒトツ。

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

本日、お休みさせていただきます。

タッタカ終わらせなければならない仕事が終わらず、暗礁に乗り上げた状態。

折角お見えになった皆様には恐縮ですが、本日記事UPお休みさせていただきます。

コメントのお返事も遅れております。申し訳ございません。

SUN

| | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

春告げキャンプ

 

遅ればせながら、本年初キャンプ。雪景色ばかりを見慣れてしまった僕の目に、オートキャンプ場志駒の風景は、なんとも優しく、「ほらほら、もう春はすぐソコだよ!」と語りかけてくるのでありました。Img_2834

アレコレ書くこともそれほど無く写真多めでまいります。手抜きじゃないのよっ^^

 普段のキャンプなら、アチコチに飛び回り、サイトに居る時間は極少な我家。今回は、何をするでもないゆったりキャンプ。オーナーご夫妻とゆっくり話し、ゆっくりお茶を飲み、ゆっくり……という過ごし方。気がつけば三男坊など、お気楽お絵かきモード。

Img_3539

 

Img_3540

Img_3547 

Img_3549

食事も手のかからないものばかり。着いた日の昼ご飯にホットサンド、晩御飯が地鶏とつくねの鍋、三男坊の宿題にピーマン肉詰め、翌朝は鍋にうどん、昼ごはんに磯辺餅w

Img_3554

 テント&タープはアルバーゴ1張り。火気類は、カセットフーボーとアラジンのクッキングヒーター、灯油のランタン4種。
 クッキングヒーターでホットサンドを焼いたり鍋をした茹でしたりとのんびりのんびり。

Img_3551

Img_3553

 久々の500CPランタンは、普段、カセットガスランタンだけの灯りがどれだけ暗かったか再認識。家内は「お料理しているときは、このぐらい明るいとラクだよね。ヘッドランプ要らないしw」と本音をポツリ。まぁ、暗いは暗いなりに良い雰囲気なのですけどね。

Img_3555

Img_3565 Img_3567

芽吹く木々の梢や花々、青空に流れる雲をただただぼーっと見て過ごす2日間。やっぱり、志駒はいいなぁ。キャンプはいいなぁ。

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

Img_3574

Img_3577 Img_3594 Img_3600 Img_3602

Img_3617 Img_3619 Img_3622

Img_3626 Img_3633_2

Img_3637_2

Img_3641

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

30年ぶりの学生服^^

Img_3645  我家に久しぶりに学生服がやってきた。長男・次男が中学・高校とブレザーだったので、僕が高校を卒業して以来、ざっと30年振りのこと。三男坊が身に着けた姿を見て、老父と僕は大興奮w
 コレを着て過ごした記憶のある身には、脳みそのどこかを刺激する特別な記号性があるらしい。
老父など、わざわざ部屋の明かりを最大にして、「ほほぉ~っ、へへぇ~」と感心しきり。僕も思わず頬がゆるんでしまいます。
当人もなにやら、気分が変るらしく、応援団風のポーズをとっておりましたw。
4月から中学生。制服ひとつで、これまでの頼りなく甘えん坊めと思っていた三男坊が大人びて見えるから不思議なもの。
卒業式まであと2週間ほど。彼の周りで色んな変化が起こっていくのですね。

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

春はそこまで

Img_2820Img_2823  年末から、雪ばかりを追い求めて出かけていたものだから、3月の声を聞いても、まだまだ、雪遊びしてしまおうか? なんて思っていたのだけれど、里の山では、色んな花が咲いていて、もうすぐ春だよっと教えてくれました。

Img_2824Img_2832  1月から、3月が見ごろの花々。雪景色もいいけれど、命の息吹を感じさせてくれる里山の風景を久々に満喫。なんだか、気持ちもホンワリ明るくなるオートキャンプ場志駒でのひと時。 キャンプレポは、明日にでも。

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

暖かい!

暖かい! 外気温5度、テント内11度。暖かいなぁ。 今回のキャンプ、灯りはすべて灯油。 おやすみ前は、ハリケーンと雪丘さん。 静かな夜です。

ブログランキングに参加しています。とっ ても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く 役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷ ちっと1票

| | コメント (6) | トラックバック (0)

貸し切り中(^^)

貸し切り中(^^) 朝からキャンプに来ています。 ただテントを張ってポケーッとしているだけでどうしてこんなに楽しいの(^-^ゞじゅんじゅんさんの娘さんじゃないけれどまさにそんな感じ。 いいなぁ、キャンプ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

50万アクセス記念結果発表でございます。

さて、ご参加いただいた50万アクセス記念のランタンプレゼントなのですが。結果発表のお時間となりました。

ご参加頂いた皆様、おつきあいいただきありがとうございました。

で、ダナーライトの検索結果の順位は、11位。

キャプチャしてみました。ご確認いただければ幸いです。

50man

参加者は5名様。

11位と予想された方はいらっしゃらなかったのですが、ひさちゃん&五右衛門さんのお家を代表して参加していただいたご子息が10位と予想。

一番近いということで、DIETZのブラスランタンは、文ちゃんに^^

ちなみに、他の皆さんの予想は、

ADIAさんが5位、riepiさん6位、タータンさん9位、ぷーさん5位ということでありました。

これに懲りず、今後ともよろしくお願い申し上げます。

それでは、文ちゃん! おめでとー! 初めてのマイランタン!送りますね^^

ブログランキングに参加しています。ちょっと面白いなと思ったら、下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »