« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

雨空もまた楽しからずや^^ 青空傘

 入梅の便りもチラホラと聞こえてくる今日この頃。我家のある千葉の空も低く雲が垂れ込め雨模様。

アウトドアが好きな僕だけに雨の休日はこたえるのでは? とキャンプをやらない友人に聞かれることがあるのだが、ノープロブレム!

Img_5231 確かにカヌーや山歩きなんて遊びには、晴れ間は必須なのだけれど、ただただ幕体を張って過ごすキャンプ遊びなら、雨の日もまた良いものだ。

Img_5233それでなくても新緑が美しいこの季節、雨に濡れた新たな命の息吹は、輝きを増し、ポケーッと遠く雨に煙る森をみているだけでも、心落ち着く優しい時間が過ぎていく。

Img_5237

そのうえ、たまたま雲が切れ光が差し込んだりした日には、天使の階段が現れて、とんでもなく美しい風景を見せてもくれるのだから。(ちなみに写真は、ただの木漏れ日シャワー><)

そういやぁ、我家の子供たちも、雨の日にはカッパを着て、グズグズのドロドロになって遊び、家内に叱られていたっけw

とはいえ、街の中の生活では、雨降りの日々が続くと、なんだか気分も滅入ってくる。
そんな僕に強い味方加わった。以前、欲しいなぁと思いつつ買い逃していたもの。

度々すみません、続きの前に一押し、よろしでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

Img_5280 梅雨の季節の必需品、傘です。
「な~んだ、ただの黒い傘かよ><」と、クスッと笑ってしまったアナタ。半分正解です。

一度はラインナップから消えていて、再販された この傘開くと、こ~んな感じ。
Img_5287布地の部分が黒と青空プリントの2重になっているので、たとえどんなに土砂降りでも、僕の上には白い雲がプカプカ浮かんだ青空が広がっているというわけ。
いやぁ、気持ちいい!

雨の日を、青空気分で過ごしたいってあなたにオススメです。アウトドア用品の輸入をアレコレ扱うハイマウントさんのtotes社製azure(アズール)って製品です。親骨60cm(Open時105センチ)。

お値段も比較的リーズナブル。これなら傘の取り違いもほとんど無いしね^^

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

totesのazureは、楽天ではこちらが最安値。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

アッキーの秘密

 家内(アキちゃん)とは、出会って既に25年以上の月日が流れ、大抵のことは知っているつもりなのだが、それでも時々ビックリさせられることがある。
ことに今回のコレは、僕にとって衝撃的!なデキゴトであった。

続きの前にワンクリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

実は、我家の長男、この春から先生になる学校に通い始めた。そこで必要になるのがピアノのお稽古。「学校の授業だけでは足りないかも」と不安を口にする彼のために仕方が無いので電子ピアノを購入した。
「メリーさんのひつじ」やら、「ちょうちょ」やら、可愛らしいピアノの伴奏が鳴り響く我家。それはそれで微笑ましく、なんだか家の中の暖かみが増した感じ。

ある日の午後、ポケーっと仕事場で過ごしていると、かすかに聞こえてくるバッハのインベンション……。

どこかの家でピアノの練習をしているのかな? と思っていたのだが、コーヒーでも飲もうとリビングに近づくにつれ音が大きくなる。

「えぇぇ~。あいつ(長男)こんなに弾けるようになったのか」と、扉を開けてみると……。

Img_52542 アキちゃん。

鶴の恩返しではないけれど、見てはいけないものを見てしまったような気がして、思わず扉を閉める僕。

確かに子供の頃に習っていたと聞いたことはあるし、彼女の家にも立派なピアノがあった記憶はあるのだが。実際に弾いているところを見るのは初めて。

一人仕事場に戻り、シミジミ考えた。振り返れば、子育てや家業の手伝い、僕の世話、挙句はアウトドア三昧……。弾きたくてもピアノを弾くなんて余裕は無かったんだよなぁ。しかもこんなに弾けるなんて……。いやぁ、悪いことをした。
思う存分弾いてください。

近頃、彼女がピアノを弾く傍で、コーヒーなんぞを飲みながら、過ごす時間がまたいい感じ。シアワセの種がまたひとつ増えたようだ。
ついつい調子に乗って「次はあれ弾いて!」なんてリクエストをするものだから、
「そんなの弾いたら腱鞘炎がひどくなる」と怒られた。やっぱりもっと若いうちに弾かせてあげたかったなぁ。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

最新旅支度? SKINS

 手甲・脚半といえば、かつて江戸の世の旅支度。水戸黄門だろうが、清水の次郎長だろうが、旅に出るとなれば、必ず身に着けているのがコレ。

Img16695024

ぐぐーんとランキングUP中。続きの前によろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

で、最近僕が、家に居ようが出かけていようが、気がつきゃはめちゃうのがコレ! 

Img_5236 現代版手甲・脚半というか、SKINSのSPORTパワースリーブとSPORTパワーソックスであります。Nodonさんご愛用のノースフェイスもいいなぁと思いつつ、新モン好きな僕はコチラをチョイスしてみました。

オーストリア生まれのSKINS。着るサプリとして、欧州で相当な人気を博しているそうな(メーカーのコメント。本当の所は知りませぬ)。

Img_5228 主なアピールポイントとしては、

●最近流行りの段階的着圧設計による疲労回復。
●血行が良くなり手足の先まで暖まるので冷え性にも効果的。
●スポーツ・移動中・就寝中・仕事中などいつでも着ていられる。
●心地よい着圧(脱ぐ時だけでなく、着るにも気持ちがいい)
●マッサージ効果により温泉に入った気分になる。
●筋肉痛になりにくい
●体温調整を即す。
●汗をかいても匂いが出にくい。
●UVカット(SPF50+)効果により屋外での使用も安心。

というもの。詳しくは、スキンズのサイトで。

で、つけた感じとして、そんなピチッとしたものつけて暑いんじゃないの?という心配はまず要らない。とっても涼しいんです。というか、不思議とヒンヤリ感じます。

とりあえず、なんとなくムクんでいるかなぁと感じていた足首やフクラハギ、腕の張りがかなり解消。

カヌーをもっと長時間漕げるようになりたいし、歩きで遊びにも出かけたいと思って試しに買ってみたのだけれど、「全身コレに包まれてみたいっ!」ってな気分。手放せなくなり、これを書いている今も装着中。いやぁ、トップアスリートだけでなく、僕のように少しでも外遊びし続けたい人にも向いているように思います。

ノースフェイスなど、他のブランドも取り組んでいる段階的着圧ウェア。試してみる価値かなりありそう。しかし、上下セットで買うと……2万円超@@

次回の外遊びは、若い衆と、これで勝負だ><

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

とりあえず試してみるなら、僕と同じスリーブとソックスがお値段抑え目。

半身モノはこんな感じ。

もちろん女性用も。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

シアワセの豆腐とコロッケ

 玄関を出て左手に歩き、最初の角を右に曲がるとすぐ肉屋がある。
 玄関から右手に歩いて最初の角を左に折れ、銭湯の角を曲がると豆腐屋さん。そのすぐ裏には床屋さんがあった。
いや、なに、今住んでいる場所の話では無い。たった2年ほど前まで40数年住んでいた街の話だ。
 3ヶ月に一度、かつて住んでいた辺りの病院に通院し、訪れるたびに帰ってきた懐かしさというよりも、クルマを降り、その街の空気を吸ったその瞬間から、いつもの日常に戻ったような不思議な感覚に包まれている。
近所のオッチャンやオバチャン(いずれも70歳過ぎの老人たち)は、50歳近い僕を見かけると、「○○ちゃん」とまるで子供のように呼び止める。

いつもお世話になります。続きの前によろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

P5270960 冒頭でお話した肉屋のコロッケも行くたびに数個買い、車中でほお張るのが病院通いの常になってしまった。
客観的にこのコロッケ、特別旨いとは思えないのだが、時たま無性に食べたくなるのだ。
小さな頃から、昼ごはんやオヤツに食べた味は、どうにも身に染み付いているのだよね。

P5270963 かつて甘いものがご馳走だった頃の名残りか、ただのミンチ肉とジャガイモのコロッケなのに砂糖甘い。ソースをかけず、そのままほお張る駄菓子感覚w
家内は「初めて食べたとき、なんだコレ?」と思ったという不思議なコロッケ。

Tofu そして、豆腐屋さんへのお使いは、我家の子供の仕事であり、僕も含めて僕の子供たちも何度と無く通ったものだ。先日、食卓での話題が豆腐屋さんの話になり、三兄弟それぞれがお使いの思い出を語り合った。
すると突然、三男坊が今まで黙っていたヒミツをカミングアウト。
「僕さぁ、お豆腐落としちゃったときがあってさぁ。そしたら、オジサンが声かけてくれて新しいのをくれたんだよね。すっごく嬉しくなって飛び跳ねて帰っちゃったよ」。

初耳である。

大体、豆腐を落としたのなら、飛び跳ねて帰るなよっ……。

更に聴いて見ると

「5回ぐらい落としたかなぁ……。僕が落としてフルフル震えていると、大体オジサンが後ろから声かけてくれるんだよね。○○ちゃん、コレ持ってきなって」。

あぁ~、なんてヤツだ。1度ならず、5度か……w

しかも、親に一言も言ってくれないなんて……。オジサンもただの一度も「○○ちゃん、豆腐落としてさぁ」なんて口にしたことも無いのだよね。

三男坊が豆腐をいただいて帰る後姿をジッと見守ってくださり、落とすと駆け寄って豆腐を渡してくれている豆腐屋のオジサンの顔が目に浮かんだ。

病院へ出かけたついでに、こちらのお店に寄り、少しばかりお話させていただいたのだが、オジサン曰く「いやいや、○○ちゃんだけじゃないから」と笑顔で答えておられた。
きっと我家も含めて、多くの子供たちが、このオジサンに見守られて成長していったのだなぁと思うとなんだかシアワセな気分が満ちてきた。

豆腐屋さんに限らず、僕も子供たちもいろんな人に見守られて大きくなったのだよね。

大規模なスーパーやショッピングモールでの日常的な買い物が主流になっている今の生活と比べて、地域の方々に見守られて過ごす日常は、いかに豊かな生活であったことか。

地元のお店は、その土地の豊かさを支える文化の発信地でもある。考えてみれば、僕自身「肉も、豆腐も本もできるだけ地元で買おうね」と家人に言い続けてきたというのに、この地に移り住んでからは、遠方のお店にクルマで出かける日々が続いている。地元のお店、もう少し大事にしないとなぁ。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

パビリオン変形張りにまつわるアレコレ

ここのところ連日3000ほどのアクセスをいただいている。いやぁ、ありがたい>< とうことで、本日も2本目UPさせていただきます。

続きの前に、またまたよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 ティピーは、カンタンには買えそうも無い我が家。なので、今あるMSRパビリオンをもうちょっとなんとかできないかなぁと、初張りの朝霧から、思案中。
 なんとなく変形張りのスタイルは完成しつつあるのだが、先日の本栖湖カヌーキャンプでも、パネルを開けた面から強風を受けちゃうと、風の逃げ場が無く、何度も倒壊の危機に!

Img_6296 うちのブログでまともな写真は初公開>< パビリオン跳ね上げ形態はこんな感じ。 撮影・たつごろうさん

同じ条件でバロンパパさんのところのランドステーションは、両面解放のため風を受け流す感じが印象的だった。
やはり、片面を跳ね上げたら、もう片面の中央の裾にもポールをかませて、風抜きを作ってあげたほうが良さそう。
となると、メインの2本も併せて6本の伸縮ポールが必要になる計算。当然、設営に必要な面積も7m×8mほどは必要になる。

2本のポールと8本のペグダウンで立ち上がる点が、パビリオン最大の魅力のはずなのだが、変形ベスト形態(変態ベスト形態ではないので念のため)を完成させようとすると6本のポールと12本のペグダウンが必要となる。ガイラインロープは6本。

しかも元々、設営に使った基本の8本のペグ位置は打ち込みっ放しで撤収時まで抜きたくは無い(ロープでは無く、基本的に幕体でテンションを保って自立しているパビリオンだけに抜き差ししているうちに歪んでいくのはサガだよねw)

Img_5207 ということで、パビリオンの変形設営に必須と感じているのが、スノーピークの鍛造ペグであるソリッドステーク(通称ソリステ)と、小振りなカラビナだ。

Img_5213 ソリステのホールにカラビナをかませ、幕体の裾を引っ張ろうという算段。
これなら、跳ね上げ時にガイラインを張るとしても裾のループをカラビナから外し、ガイラインをひっかけるだけでことは済む。
カラビナも、100均もので済ませようかと思ったのだが、なんとも心許ないので引っ張り強度650キロの小型のクライミング用を奢った><

発売されて以来、十数年、気になるなぁと思いつつ、結局ホームセンターの鉄筋ペグですませてきた我家のペグ生活。ついに30~50のソリステをそろえてしまいました。ついでに我家のトンカチというかハンマーでソリステをブッ叩いたところ、やっぱりソリステが歪みます。
Img_5209 ということで、ペグハンマーPRO.Cも追加><
気が付けばキケンだと思っていた、スノーピークの「アレを買うとコレも必要になる」という悪魔の連環にずっぽしはまった感じ。

Img_5215 なにせソリステ50を入れるとなると、入れ物もメンドクサイので、コレですからw

しめて、パビリオンの変形のためにかかったペグ周りの合計金額は……2万かよぉ;;
我家には、長い間使い続けている伸縮ポールがあったからこれで済んでいるのだが、6本買ったらと思うと……コワッ><  開放状態を楽しむなら、素直にランステを買った方が早いよねぇ。ソリステも揃ったことだし、ランステ幕体のみにロックオン? あら、アキちゃん(家内)……。どーして後ろに……。

パビリオンを変形させて張るのもかなり大変なんですというお話でありました。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (11) | トラックバック (0)

KIFARUとTentipi 気軽には買えないけど、悩んじゃうよ。

16man1_3  先日の本栖湖キャンプでたつごろうさんのキファールを間近に見てから、僕の中のティピィタイプのシェルターテントへの熱愛が高まっている。十数年前に当時ファルトボートを作っていたリバースチール(川崎製鉄の子会社)が、ティピィの製作も手がけており、たまたまのご縁で借用して数泊過ごしたことがある。真冬の安曇野近辺。氷点下20℃を含む厳寒の中、中で焚き火をして、ゆるゆると過ごした時間が忘れられないのだ。

とはいっても、ファミリーで出かけて張り上げるには、当時のそれはなかなか骨の折れる作業だったし、重たいし、梱包もかなりの大きさで、運ぶことを考えると二の足を踏む製品だった。

ところが、最近のティピィ系テントたるや軽量・コンパクト。シルナイロンでできたたつごろうさんのキファールなんか、片手で軽々持ち上げられてしまうのだ。しかも、焚き火は無理でもストーブが焚け、焚き火気分も味わえる。あぁ、欲しい。

続きの前に一押しよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

11063136 以前から、キファールとともにとっても気になっているのが、スウェーデンの新進ブランドTentipiが作るティピー群。Moskoselkatanという会社のブランドとして、1989年から、大型のイベント用に始まり、バイクに積めそうな小型のものまで豊富なラインナップが魅力だ。なにより幕体そのものも軽量なポリエステルモデルとポリエステルとコットンの混紡布であるポリコットンの2タイプから選べるのも良い。
しかも、オプションとなるが、コットン製の内張りや、ライナーシート、ストーブ、焚き火ベースなども用意され、まさに至れり尽くせりな感じ。

5259_35259_5   天頂部や裾部分の作りもとても考えられていそうだし、天頂部のフラップを内部から比較的楽に操作できそうなものいいんだよねぇ。

5259_2_2Tentipi(テントとティピーの良いとこ取りの製品を作りたい)というブランド名の由来の通り、両者のいいとこ取りされた魅力的な製品である。

どうにも興味がわくとじっとして居られず、昨年、同社の製品を手がけているイギリスのショップにメールで問い合わせた(スウェーデン語はなんともならないので;;)のだが、僕が欲しいキャンプ用最大モデルでは、送料だけで10万円ほどとの回答をいただき、いつかは……と心に期するもの諦めていた。なにしろ、ここ10年ほどで加速度的に進んだポンド高、ユーロ高のおかげで、ヨーロッパ製品を個人で輸入するととんでもなく高くなる。このティピィーの場合も、オプションを含めない単体のお値段で、概算、25万円を軽くオーバーするのだ。

先日、たまたまこの会社のティピイを話題にしていたブログがあり、「どうやったら手に入るんだろう? 情報求む」と書かれていたので、「イギリスから輸入可能ですが、ユーロ高と送料高でとっても高くついちゃうよ」とコメントしたところ、ものの見事に削除されていたのはナイショの話w
「アウトドアはカッコいい!をご提案」しているブログだけに、ちょっとショックなできごとであった。(削除に関するコメントは恐縮ですが、ご遠慮ください。)

とにもかくにも、たつごろうさんのキファールとこのTentipiの間で思いはちぢに乱れつつ、他のティピィーにも思いを馳せて僕のティピー選びの混迷は深まる一方なのであった。(家内のOKはもらえていないので、実際に買えるのはいつの日かわかんないんだけどね)
たつごろうさん HEX3、キファールに続く第三のティピィーとして買わないかなぁーー。

6月3日追記 このブログを読んでいるという方からメールをいただいた。
「当該のブログと思われるブログに削除についてのコメントが書かれていますよ」というもの。
で、見てみると、どうやら自然に消えちゃったらしいw なるほどねぇ。

僕も、ずいぶん長いことパソコン通信やら、WEBやらブログやらに公私に渡って関わってきた。そんな経験から考えてみると、書き込み不良(タイマー機能でのUPも含む)で消えるのならともかく、僕が書き込んだコメントは、少なくとも3日ほどは表示されていたワケで、彼らがレスを付けた時点で僕以外のコメントは残り、僕が書き込んだコメントだけが自然に消える状況ってあんまり考えられない。

次々に消える記事やらコメント……。もしそうなら、そのブログはサーバーのデータ管理が無茶苦茶で、使用に耐えうるものではない。商用サーバーとしてどんなシステム? と頭を2度も3度も捻りたくなる。
まぁ、うちのサーバーじゃないからどーでもいいんだけどね^^ いずれにせよ、残念なことでした。

6月7日追記 当該ブログご担当者様より、ご丁寧な謝罪メールをいただきました。サーバー異常、不規則サイトからのコメントと間違えての削除、携帯よりの操作ミス、携帯のシステムエラー等による可能性が高いということです。この件に関しましてご心配いただいた皆様。ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

豪華なカウプレ 食べちゃいました編

 どうもここのところ、時間の使い方のバランスが悪く。自分のブログを更新して、コメントにお返事するので精一杯。要領が悪いんですよね。ホントに>< みなさんのブログも拝見しているのですが、あれも面白いなぁ、これも書かせていただきたいと思いつつ、読み逃げ状態。
大変申し訳ございません。
で、あるにも関わらず、皆様の暖かいクリックをいただき、ランキングも順調。ありがたい限りでございます。
さて、昨日、お話しました通り。本日の晩御飯のメインは、もりりんさんのカウプレでいただいた松坂牛の味噌漬け!

Img_5187開封するとこんな感じ!

Img_5188 漬け込み味噌の風合いもとってもキレイであります。

Img_5196 ある程度、味噌をはらったら、鉄板でジュウジュウ~っと焼き上げます。

Img_5202_2 さて、後は頂くのみ^^

いただきま~すの大合唱の後に続くのは、

「ウマっ!」「美味しいねェ」「味噌の味も最高だね」と賞賛の嵐。

さすが、朝日屋さんの味噌漬けでございました。たっぷりと残った美味しい味噌がモッタイナイので、豚肉さんを漬け込むことに。

いきなりのランクダウ~ンではありますが、だって旨いんだも~ん。

その他の晩御飯メニューは、

Img_5198_2 チンジャオロースーに

Img_5204 自家製ソースのバンバンジーサラダ。

もちろん、僕の仕事は、元々美味しいお肉を焼いただけっ!

もりりんさん! ごちそうさまでした^^

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

驚愕のお肉到来!

 WILD1でのお買い物から、帰宅してみると、三男坊が「お肉が届いていたから、冷蔵庫に入れておいたよ」とニコニコ顔で言う。さすが我家イチの肉好き!

お肉とは? ハテ? 心当たりが無いもので、恐る恐る冷蔵庫をのぞいてみると……

Img_5150_1

おほほっ^^ 朝日屋の松坂牛の味噌漬け!

朝日屋の味噌漬けといえば、我家のルーツである三重は津市の名物!

また叔父でも無理をして送ってくれたのかなぁ……。と、思いきや。

あら、これは……。もりりんさんだぁ@@

実は、先日、もりりんさんの10万アクセスのカウプレ記事に、何の気なしに「おめでとうございます」のコメントを入れたところ……。当ってしまいました。
もっと親しい方に当りますようにと願っていたというのに>< やっちまった感200パーセント!

実は、以前にも、道具を沢山持っている僕が当ってはいけないタータンさんのカウプレに当選>< ワンアクションテーブルを当ててしまっているのですよね。皆さん、ホントにスミマセン。

とはいえ、お礼のお電話を入れたもりりんさんの声がとっても、素敵なお声だったのはとっても得した気分。カウプレ以上に嬉しかったりして^^ しかも、僕が子供の頃に夏休みになると遊んでいた街もご存知で、なんだかとっても親近感を感じてしまいました。

もりりんさ~ん! ありがとうございました!

お肉のリポートは、また明日^^
旨いんだなっ、これが><

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (8) | トラックバック (0)

WILD1で出会ったケルティのキッチン バッグ

井上さん率いる放置キャンプにお邪魔する先週の土曜の午前中、注文していたユニフレームのダッチのリッドを取りにWILD1印西ビッグホップ店に出かけてきた。
以前、ダッチパン 12インチハーフが格安で投げ売られていたので「すき焼き鍋」として使うといいよねと手に入れていたのだが、「できれば蓋があるといいねぇ」→「木の蓋だと、ピザ焼けないよね」ということで、専用リッドをw
 結果、蓋の方が本体より高いといういつもの泥沼的散財傾向に><
 いっそのこと12インチのスーパーディープを買ってしまおうか? という悪魔の囁きも頭の中ではコダマシテいたのだが、既に他社の12インチクラスのダッチもあることですし、それこそ泥沼w リッドのみの購入となりました。
なにしろ、スタートは、あくまで「すき焼き鍋」としての購入でしたからw

88075_l43101_l_2   当日、WILD1は、セールの真っ最中。気になるお買い得商品もポツポツ。中でも目にした瞬間「うはっ><」と息を呑んだのが、KELTYのBINTO BarとDUO Bin。

続きの前によろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

実を言えば、以前からREIを初めとするアメリカのWEBショップで目にするたびに、買っちゃおうかなぁ?とも思っていた製品。この手のシステマチックな袋物に弱い僕なのですよね。マウンテンスミスのモジュラーホウラーといい、イーグルクリークのトイチェストといい。ハマリにハマル、ワタクシ。(今のところ、我家での評判は、バッグとしての作りが実にしっかりとしたバッグ専業ブランド イーグルクリークの圧勝><)
bintoも本体が120ドル、送料で40ドルぐらいと考えるとちょっと踏み切れませんでした。

 そのBinto barとDuo Binがそれぞれ国内価格のほぼ半額。(現在正規代理店は無いと思うので独自流通の国内価格?)
おおよそ海外から個人で取り寄せるコストを考えても半額程度。これは魅力的。

Img_5152 KELTYといえば、80年~90年代前半、独自のハブを使ったテントなどオリジナリティ溢れる製品を送り出していたブランド。近年、目新しさはあまり感じないけれど、いまだマウンテン寄りの総合アウトドアブランドとしてそれなりに元気。が、たとえば、MSRやノースフェイスなどのアメリカン・トップブランドと比べると、作りこみや素材の絞込みはちょっとユルイけど、お値段控えめってところが、現在のスタンスかなぁ。

そんなKELTYが作るBinto BarとDuo Binは、キャンプ用のキッチンシステムだ。言ってみれば、ピクニックバスケットの現代版って感じだろうか。

Img_5156 まず、オーバーナイト(泊まりを伴うキャンプ用)のBinto Barは、四角いコンテナスタイル(容量105.7L)。

Img_5162 前面のパネルのジッパを開くと、内部には縦長なストレージバッグであるBINTO(23L)が3個入るようになっている。23Lが3個なら、69Lでは?とは思うのだが、BINTO3個を入れても、上部と左右には若干余裕があるので、その分が約40Lあるの? まぁ、カタログスペック上はそうなっております。。

Img_5158 上面のパネルを留めているベルクロを剥がしてジッパを開けて開くと、コールマンの2バーナー風の風防パネルが現れる。天板と側板の素材は塩化ビニール製。残念ながら強度は期待できないのだが、ちょっとしたものは置けそう。実際に使ってみて、天板を別の素材で作るなどちょっとした工夫は必要かもしれない。

メーカーの写真では、アレコレテンコ盛り状態。タブン、コレ撮った後、すぐに崩壊かも><

Img_5160Img_5165   前面のフラップ裏面にもメッシュのポケットが付く。

底板は無く、補強する側板も無いので、ストレージバッグをすべて抜いてしまうととっても不安定。こちらにも補強が必要かも……。

Img_5168 3つのストレージバック、Bintoの中には、とりあえず目に付いたこんなモノたちを……。
これだけ入れて、まだまだ入る収納力は魅力的。

当初、BARだけを購入するつもりが……。

Img_5154 なぜか3つに。

Bint Barをショッピングカートに入れた直後、お店の人とお話をしていたら、「今だけの特別価格で、セールが終わったら定価販売に戻ります」とのこと、僕の様子を見ていたアキちゃん(家内)が、「どうせ買わされるなら、安いうちに……」と半ばアキラメ顔で言ったのはナイショの話w

Img_5170_2  別売されているクーラーバッグ(容量23.1L)も確保。インシュレーションは極薄なので、シアトルスポーツや同社のOEMで作られているスノーピークのソフトクーラーほどの保冷力は期待できそうも無い。

Img_5174 もう一方のDuo Bin(容量33.6L)は、日帰り用。二つのストレージバッグを接続しているバックルを外し、扇形に開くと天板が現れるスタイル。

Img_5176 天板の素材は、こちらもPVC(塩化ビニール)だが、面積自体が小さいし、中央に補強の下支え板の補強があるのだが、安定性はやはりイマイチ。

ストレージバッグの片側が一応クーラー仕様になっているが、こちらも保冷力そのものにはあまり期待できそうもない。

Img_5183 収納力はかなりのもの。とりあえず、Barに入れたモノタチが、片側のドライバッグにゼンブ入ってしまった。

我家の場合だと、日帰りの水辺遊びには、ちょうど良いサイズだと思う。

素材はどちらも、210Dのオックスフォードナイロンを外側に使い、強度のいらない蓋部分が150Dのポリエステル ミニ・リップストップ。底部分は1680Dのバリステック ポリエステルだ。

バッグとしては、丈夫な素材選びで好感度高し。が、フニャフニャ具合がちょっと残念……。

やっぱりケルティだけに、ユルイいんですっ><

WILD1のセールは、どうやら明日までらしい……。こちらの製品が、いつまでこの価格かは未確認。スミマセン。欲しい方は、明日WILD1に^^

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

やっぱり良かった。GENTOSの暖色LEDランタン 

 先日の本栖湖キャンプでデビューを果たしたGENTOSの暖色LEDランタン EXPLORER Professional EX-777XP
 一応ガソリンランタンも用意していたのだけれど、パビリオンの中に大人10人入った状態では、頭をぶつけられる方も居て、2本のポール間に水引を渡して、コレ1灯だけで宴会終了まで過ごした。

Dsc_0567 バロンパパさん撮影

意外に明るいどころか、必要にして十分な明るさ。一緒に楽しい時間を過ごしてくださった皆さんの間でも、その明るさが話題だった。(バロンパパさん 早速買われたようです^^)
この手の灯り関連の道具(とんでもない数が我家にはあるw)にとても冷たいアキちゃん(家内)も珍しく、「もう1個あれば、長いキャンプもそれだけで過ごせそう。ガソリンランタンに比べてコンパクトだしいいよね」と、追加購入に意欲的!
 で、行きつけのWILD1で在庫を聞いてみたところ、6月下旬ぐらいの入荷らしい。
幸い在庫ありのWEBショップを見つけて手に入れたが、在庫切れ店が続出している模様。
どうやら、初期ロットから爆発的に売れているらしい。
 このランタン、気になっている方は、お早めに!

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

楽天最安値はこちらかな? ナチュラムさんは、2ヶ月待ちでした><

| | コメント (17) | トラックバック (0)

今日から僕も放置民?

夜、徒歩、雨中移動のため、ほぼ写真ありません>< よろしかったら読んでやってください。

とりあえず、行ってきましたの写真2発のみ。

P5250955 ガルーダ・カジャ久しぶりに張ったら雨漏りw

P5250957 翌朝、海を見れば、ウサギが走りまくる荒れ模様。

続きの前によろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

いつもこのブログに遊びに来てくれる放置民の方々が僕の地元・房総に集うという。普段の会場は、道志の森(山梨)なので、我家からはちょっと遠い。
いのうえ氏や、バードメン氏とらじ氏のお顔を直接拝見してお話できるチャンス到来!

が、先日、老父が退院して来たばかりだし、家を空けられないよね。でも、野営地である大房岬までは、空いていればクルマで1時間半ほどの距離。夕食後に家を出て、高速飛ばしてお顔を見て、深夜に帰宅すればなんとか……と思っていたら、アキちゃん(家内)が「折角行くのなら泊まってくれば? 朝帰ってくればいいんじゃない?」なんてウレシイ提案>< 蛇足だが、近頃会う人、会う人「サンさんちは、アキちゃんで保ってますね」と言われるのだけれど、否応なく実感させられる瞬間w 僕の理想である放し飼いスタイル><

で、いきなり天泊モード全開で目に付くものをザックにぶち込み、行ってまいりました>< 放置キャンプに!

現地到着は、夜10時頃。大房岬といえば、我家の磯遊び場^^ 昨年、タータンさんご一家が来房されたときに、一緒に磯遊びをさせていただいた場所でもある。大抵、施設の場所はわかっているのだが、二つあるキャンプ場(第一キャンプ場と第二キャンプ場)のどちらにいらっしゃるのかは、わからない。
携帯電話に1本電話をすれば済むことなのだが、「放置」が信条である放置民の方々に電話など……。
雨の中、駐車場にクルマを入れ、雨具を着てザックを背負い、ヘッドランプON!
テコテコ歩いてとりあえず、海の近い第二キャンプ場を目指す。昼間は、何度と無く歩いた道だけれど、夜はやっぱりちょびドキドキ。で、第二キャンプ場にたどり着くと……。比較的大きなテント群ハッケン! そして東屋の下で宴会する人々。
 違うよねぇ、3人のはずだし……。でも、ひょっとして……。悩んでいても仕方が無いので、聞いてみることにした。

「放置民の方ですか?」

先方「?」

「放置民の方じゃないでしょうか?」

先方「???」

うはっ、メチャ恥ずかしい。
どうやら、いのうえ氏率いる放置民のPR活動、世間にはまだまだ行き届いていないらしいw
考えてみれば、雨降る暗闇の中、強力LEDヘッドランプ全灯でやって来た髭面のキチャナイオッサンがベトナムの街「ホーチミン」を連呼。彼らにしてみれば、怪しい以外のナニモノでもなかったに違いない。

赤面しつつ、第二キャンプ場を後にして第一キャンプ場へ。テコテコ歩くうち、放置の方々特有の変ったテントが見えてきた。ブラックダイヤモンドのワンショット、ベタミッド、GoliteのHEX3。間違い無いッ! 放置村だっ!
 が、灯火は一切無く暗闇の中の放置村。いくら暗いのが好きな放置の民でも、コレハ暗すぎでは? 寝ちゃった? それにしても、イビキも寝息も聞こえて来ない。
これじゃぁ、放置村ならぬ 放棄村ではないかっ。 
念のため、声掛けしてみようかと思うのだが、放置がルールな彼らに声をかけるのはルール違反かっ? などと途方に暮れ、とりあえずテントでも張って、僕も寝ちゃおうかと思った、その時。

ザッザッという足音とともに闇の中から長身の男がやってきた。@@ コワッ>< 狩られちゃうかも。

念のためあの呪文を再び唱えてみる。
「放置の方ですか?」←ホーチミンのミンがイケナイのではないかとミンを抜いてみたw
今度は効いたw
「ハイ! とらじです」
「サンです。夜分お邪魔します」

こうして、放置の方々と無事初対面を果たし深夜1時半頃まで、グダグダ話。テントを張って眠り、午前10時頃、キャンプ場を後にした放置キャンプ初体験。詳しくは、いのうえさんバードメンさんとらじさんのブログで^^

いやぁ、ホウチミンの方々、大変お世話になりました。またよろしく^^

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

久々に引っ張り出したザックに

P5240942 急遽ザックに手当たり次第に詰め込んで雨降りなのでレインカバーをかけて……。
行くのか? 俺w 

目指すは怪しい人々の集い^^

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

家内からの誕生プレゼント? ヒルバーグ ナロ3

 昨晩~今日にかけて、何度となく僕の携帯が鳴った。相手は、仕事の話ではなく、昨晩の僕の戯言をマジメに読んでくれた旧友たち。
彼ら曰く「で、ナニが欲しいの?」「もう十分モノ持ってるじゃないさぁ」「地鶏でもお送りすればヨロシイのでしょうか?」……。
あははっ、ありがとうと言いたかっただけなのにプレゼントの催促と思われる辺り、さすが普段の散財が及ぼす波及効果は凄まじいw
もちろんご辞退申し上げたのだが、中には、『「おめでとう」と言うなり、今週末最後のスキーに行くのでバーゲンの寝袋買ってきて』という方も……。オイオイ、スキーに誘ってくれるんじゃないのかよっ><
 お陰で素直にありがとうと言え無かったじゃないのw
まぁ、とにもかくにもシアワセ者でございます。

プレゼントといえば、普段から、日々これ誕生日的に勝手に自分にプレゼントしてしまっているので、特別コレが家内(アキちゃん)からのプレゼントでした! と声を大にして言うものは無いのだけれど、一番近々に買ってもらったのがコレ!

Nallogrnweb

Img_5126 ヒルバーグ(HILLEBERG)のナロ(nallo)3。
3人用でありながら、テントセットで1982g。ペグやスペアーポール、各種収納袋を含めても2405gは、とっても軽量。まぁ、ポールは2本だし、ペグダウンしないと立たないトンネル型のテントなので重さ的には自立式と比べれば確実に有利なんですけどね。
 幕体は、耐紫外線性と引き裂き強度に優れた独自素材Kerion1200。シルナイロンに似た風合いを持つ。
 ソロのアクトも我家にはあるのだけれど、家族で行動することが多いため、なかなかに出番が無い。できれば3~4人用が欲しかったのです。とはいえ、定価ベースで7万9800円と、使用機会が少ないであろうこの手のテントを買うには勇気のいる金額。さすがに躊躇していたのだが絶好の機会が訪れたw 先日オープンした三井アウトレットパーク入間のA&Fアウトレットで約4割引で売られているのをハッケンしてしまったのだ。
 こうなると欲しい気持ちはもう止まらない:: 地元に帰ってきて幕張のA&Fで買ってしまいました>< ヤッパリ、カウナラ ジモトデショウ^^
Img_5142  実用という意味では、同じナロでも3本ポールのナロGTの方が前室が広く使い勝手は良さそうなのだけど、お値段の魅力には勝てずw
フライに2本のポールを通してペグダウン後、テープで張り調整するだけとカンタンな設営&撤収も魅力です。日本では、小川テントなどでお馴染みのフライを立ち上げるとインナーも立ち上がるという方式の草分け的存在のヒルバーグ方式。95年あたりから、この方式ってことはなかなか頑張ってるメーカーさんです。そういえば、IBSのメスナーもインナー吊り下げ式をこの頃からやっていたような。

Img_5135 ペグの仕上げは粗いけれど、自在やポール、ポールホルダーといった強度の必要な部分はしっかりした仕上げ。質実剛健のスウェーデン流。ホグロもこんな感じだものね。実際のテントのレポは、また後日。

 同じヒルバーグの一人用軽量テントのアクトや二人用の最強テントであるスタイカも値引かれて販売中。とはいえアクトはアウターのみ(インナーテントを含まない)の設定で売られていた時期の製品のため注意が必要。インナーをオプションで買うと1万6000円しますw
さて、これで○十個目のテント。そんなにテント持っててどーするの? とは、家内のみならず本人も大いに疑問なのだが、誕生日プレゼントですからw

行く場所や、アクティビティ、気分によってテントやタープなど、お気に入りの幕体を変えるのは、なかなかに楽しいもの。家内によれば、「北海道のキャンプはコレで行く」そうです。自立はしませんが設営・撤収がメチャ楽そうですから^^

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

誕生日は、ありがとうの日

 本日、気が付けば48歳の誕生日を迎えた。誕生日であることを思い出したのは、老父を迎えに行く高速道路上。無味乾燥なプロバイダーからの「おめでとうメール」でであったw

Img_5115 老父が2週間余りの入院生活から帰宅できることになり、ここ数日ドタバタとした時間を過ごしていたので特別誕生日という実感も何も無かった。
それでなくとも、10代20代ならともかく、30をとうの昔に過ぎこの歳まで生きてくると、別にめでたいどころか、毎年なんとはなしに過ぎていく普通の1日でしかないのだよね。
そんな風に思っていた僕なのだけれど、誕生日について車窓越しに流れる新緑の風景を眺めながらアレコレ思いを巡らすうちに、ふと思ったことがある。

Img_5117 「誕生日って、おめでとう」と自分が生まれたことを祝ってもらう日だとばかり思っていたのだけれど、ちょっと見方を変えると両親に「生んでもらって、育ててもらって」、家内に「一緒に暮らしてもらって」、子供達が「元気に育ってくれて」、友人たちが「貴重な時間を共に過ごしてくれて」、自分が「今という時間を生きていること」に。

「ありがとう」と言う日なんだなぁってこと。

50年近く生きてきて、そんなこともわからなかったの? と言われてしまいそうなのだけれど、ガツンと自覚したのは初めてなんですよね。お恥ずかしい。

老父と老母に初めて、誕生日に「ありがとう」を言えましたw

そんな思いで帰宅してみると、大阪の五右衛門さん、ひさちゃん、ひなちゃん、文ちゃん、ややちゃんから、プレゼントと手紙の小包が届いていた。先日のGW野尻湖キャンプでは、タータンさん、ターニャさん、ひとちゃんから、これまたプレゼントとお手紙をいただいている。
Dsc_0457  先日の本栖湖キャンプで一緒に過ごしていただいた方からも、かつて、一緒に濃密な時間を過ごした旧友たちからも、そしてこのブログにアレコレ書き込んでいただいているまだ見ぬ友人たちからも、僕は、いつもいつもとてつもなく大きなプレゼントをいただいているのだよねぇなんて思いが頭の中でグルングルン回りはじめた。

回っているうちに一直線につながって片っ端から電話をかけようかとも思ったのだが、あまりに迷惑かもと気が付いたw

とりあえず、この場を借りて、

今日まで、沢山の無形のプレゼントを僕に与え続けてくれたすべて人々に。

ありがとう!

そして明日からももヨロシク!

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (21) | トラックバック (1)

2008年5月20日 (火)

極楽 本栖湖カヌーキャンプ

Img_4896  さて何を書こう? あれこれ思いつきはするのだが、珍しくそれなりに撮った写真たちを眺めていると、ただただ時間ばかりが流れていく。気持ちが本栖の湖上に飛んで行く。
それだけ素晴らしい風景の中で良い時間が流れていたのだよね。
ようやくたどり着いたのは。

Img_4914 日本国民の皆さん。こんなに素晴らしい日本の風景をたった数組のキャンパーで独占しちゃってゴメンナサイ>< ってこと。

きっとこんな風景が日本中、世界中のあちこちに広がっていて、ヘタをすると誰にも見られることも無く過ぎ去っているのだろうなぁ。そう思うと、居ても立ってもいられず出かけたくなるのだ。やっぱり、アウトドアは止められない><

ご参加された皆様は、
teraさんご夫妻
バロンパパさん&バロンママさん
たつごろう&ふささん
blomegさん&ホーリーさん
(タブン、年齢順ーー我が家が入るとどうなるかはナイショ)

どの方も、タダ者では無いオーラーがビシバシ立ち上っておりました。我家にはゆる~いオーラーがw(←ゆるいんだと、初めて自覚w)

もちろん宴会もあったのだけれど、いつもの調子で、アハアハ、フニャフニャ、あんまりに気持ち良く過ごしてしまったので、すごーっく美味しいお酒やら、スッゴク手の込んだお料理やらあったにも関わらず、お写真ありません>< マタカイ……。ご馳走さまでした。

いやぁ、集まった人々といい、風景といい。こんな素敵なキャンプはそうそうできるもんじゃない。

人、時、場所……。良い時間だったなぁ。
結局、ワガママな我家は、いつもと変らぬマイペースだっただけって噂もありますが……w
お許しいただいた皆様ありがとうございました。

ということで、言葉少なに写真大きめ(クリックしていただくと拡大します)でまいります。

Img_4938  

土曜早朝 ベタ凪の湖に漕ぎ出す。

Img_4956 たつごろうさん&ふささん ルイちゃん。うははっ、まるで映画のワンシーンのよう。

Img_4959

Img_4973

P5170864

Img_4989

Img_4995

うちの家内の美しさも5割増^^

P5170877_2P5170879

朝ごはんを食べて。 

P5170883 たつごろうさんの練習風景を眺め。

Img_5011 お見えになったバロンパパさん&バロンママさんと3艇で快晴のツーリング。

P5170899

P5170905  途中、こんな方たち(ひめますかなぁ?)の回遊に出合い^^

P5170912 漕いで^^

Img_5019

漕いで!

風が出てきたので、キャンプ地に戻る頃には、blomegさん&ホーリーさん登場。

Img_5021 僕はといえば、一人で漕ぎ出し、湖面にプカプカ。

Img_5028

振り返ると、三角形が沢山立ち並ぶテントサイトが^^

Img_2993

夕刻の岸辺に、たつごろうさん家のカナヂアン>< カッコ良すぎ。

Img_5039 翌日曜は、朝から時折青空が出るぐらい、微風。昨日の朝には及ばないが、なかなかの好コンディション。

Img_5073

朝飯前のひと漕ぎは、ぬら~んとなまめかしい湖面に魅せられる。

Img_5088

Img_5096

ご一緒? というか、無理クリ対岸まで引っ張っていった、blomeguさんと、ホーリーさんもガンガン漕ぐ!

いやぁ、休憩なしでの漕ぎっぷりに夫婦で羨望の眼差し。

blomegさんとホーリーさんが、初カナディアンに挑戦したり!

Img_3022

バロンパパさんがノアに一人で試乗してみたり。

Img_3028

teraさんのボイジャーが出艇したりと、盛りだくさん!

Img_3040

Img_3053

そして、たつごろうさん&ふささんにも、ノアに乗っていただいたりして、楽しおもろーなきゃんぷは終焉へ。

P5180921 往生際の悪い僕、いつまでも湖上にいるうちに、湖面はこんな感じにw

Img_51072日間で漕いだ距離は、ナビのオドメーターを信じるなら。25キロほど。いつかまた、皆で一緒に漕ぎたいね^^

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

パラダイスから、疲れ果てて帰還>< 

Img_4958  あははっ。わんきゃんログブックのたつごろうさんの遅れて来たゴールデンウィークに便乗して、今週末本栖湖に出かけてきました。
いやぁ、絵になるご夫婦でしょ? 

 10年ぶりぐらいの浩庵に、いろんな思い出が入り混じり、なんだかタイムスリップした気分。
初めてお会いする方々ばかりなのに、相変わらずのマイペースの我家。とても良い時間を過ごすことができました。ありがとうございました。
写真を見ながら今更思うのは、いやぁ、パラダイスだった>< 
ついつい気が付けば漕ぎ出して、トータル何キロ漕いだろう?
たつごろうさん誘っていただいてありがとう!

帰路にお約束の渋滞に巻き込まれたった180キロに5時間半w

もはや残存エネルギーゼロの完全燃焼! コメントのお返事等明日させていただきます。申し訳ありません><

極楽ぶりをとりあえず1カット!
Img_4932

次回のレポは、珍しく期待していいかも? タブン。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

あははっ、キモチイイ

あははっ、キモチイイ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

うひゃ。茜富士(^^)

うひゃ。茜富士(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

すんません。キャンプです〉〈

すんません。キャンプです〉〈

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

GSIの琺瑯ソルト&ペッパーシェーカー

二日ばかりお休みをいただき恐縮です。体調が悪いとか、家庭内にナニかあったということではなく。単にちょっと疲れておさぼりです。

 さて、先日、A&Fのアウトレットへ出かけてきた。幾つか気になるモノがあったので、ポツポツご紹介しましょう。
以前なら、スルスルっとスルーしてしまうのに、先日琺瑯のリム食器を手に入れてしまったからなのか、その可愛らしいスタイルに惹かれたからなのか、ついつい手にとってしまったのがこちら。

GSIのソルト&ペッパーシェーカーセット。

Img_4860

逆さに置くと、琺瑯のカップのよう。

Img_4859 ちゃんと置くとこんな感じ。

何気ない雰囲気がとても良い。

が、直径7センチ、高さ9.8センチというサイズは可愛らしく無い。
しかも、塩やら、胡椒やらが出る穴をふさぐキャップが無いので、アウトドアへ持ち出すにはとっても? な製品なのであります。

とはいえ、庭でのバーベキューやダイニングのテーブルトップにポンと置いておくには、なかなかの役者振りを発揮してくれそう。

このGSIというブランド、この手の琺瑯製品や、ちょっとどうなの? と謎めいた性能のアルミ製ダッチなど、わりとクラシカルな雰囲気の製品を作る会社だなぁと思っていたのだが、ここ数年、バックカントリー用の食器やクッカーセットなど、注目すべきというか、個人的に気になる製品をリリースするようになってきた。
我家にも、このうち数点が来月には届く予定。GSI、要チェックかもしれません。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

本日少々 消耗激しく

お休みさせていただきます。

お越しいただいた皆様大変申し訳ございません。

いつもコメントをいただく皆様のブログへの巡回もままならず恐縮です。

| | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

憧れのフェザークラフト

 20数年前知り合いのデザイナーさんと良く趣味が合って、仕事の打ち合わせでお邪魔したにも関わらず、ついついアウトドア話で長い夜を過ごしたことが何度もある。
 ちょうどMOSSのパラウィングが日本にも紹介され始めたころで、その美しい張り姿は何度も話題に上ったものだ。
 ついでに言えば、その方、フライフィッシングの名手で、シーカヤックも楽しんでおられた。ずいぶんご無沙汰をしてしまっているけれど、今にして思えば、僕のアウトドア観を開いてくれた先輩なのですよね。
Img_4847  MOSSのウィングと一緒に、良く話題に上ったったのがフェザークラフトのファルトボート。ことに二人乗りのエクスペディション用K2は、その美しいスタイルで、いつか家内と遠い洋上を漕ぎ渡るイメージを膨らまさせてくれた。彼は、FRTとKliteに乗っていた。
 考えてみれば当時、日本の艇は、どことなくもっさりとして、今売られている艇よりも見劣りがしたのだ。いつかはフェザーに乗りたい。そう思いながらもなかなかねぇ……。お高いですからw

 そんな憧れのフェザーがついに我家にもやってきた! いやぁ、かっちょいい。

Img_4834 どーです? このフリップアップラダー! その作動の軽さと操作性の良さで、フェザークラフト艇のいわば象徴ともいえる存在。

このロゴマーク見ているだけで大満足。
ここまで読み進められて「ひょっとしてラダーだけ?」と思われたアナタ! 正解です!

Img_4854 実を言えば、このラダー。先日手に入れた中古艇に付いていたもの。もちろん艇自体はフェザーのものではありませぬ><

考えてみれば、アレコレ買わずにいればフェザークラフトぐらい買えちゃったはずなのですけどねw 値段はもちろん、知人の組み立て具合を見ているとなかなか踏み切れませんw

とりあえず、ラダーだけでもフェザーのオーナーになっちゃったw というショウモナイご報告でありました。艇本体の話はまた近々^^

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

緑が湖面に溶けていく 新緑の亀山湖

P5090724_1

老父が本人の希望で自宅から90キロ、片道1時間半の遠方の病院に入院した。病室から見える風景は、さながらリゾートホテルのよう。壁に囲まれた街中の病院より、当人が寛げるのは間違いない。命に別状は無いので心配はしていないのだが、着替えやら何やらで見舞いに出かけるのも一苦労。ヤレヤレな日々w
 しかも困ったことに、行き帰りの途中には時々家族で漕ぎに出かける亀山湖の湖面が見える……w。

P5090737_1  昨日は、ついつい揺らめく湖面に誘われて一人ひと漕ぎ。なにしろ先日のカヌー道具がそのままクルマに積みっぱなしだったものだから、どうにも誘惑に負けずに居られなかったのだ。

 芽吹き始めた3月にも漕いだのが、新緑の5月の湖面は、映り込む木々の青さがひときわ際立つ。

P5090756 いつも通り、笹公園→文宝洞→滝→笹公園の約8.5キロほどを1時間20分ほどで周回してきた。

 時々薄日は差し込むのだが曇り空。絶景とはいえないものの平日の人影まばらな湖面をしっかり楽しめた。

P5090797_1 特に山もみじの若葉が湖面に映り込む様は、なんとも言えず美しい。

P5090727_1 できたら家族で来たかったなぁと、ついつい思ってしまうのは、キレイな風景を独り占めした後ろめたさ。同時に「綺麗だねぇ」と共感できるいつもの相手が居ないのは、やはり寂しいものだ。

P5090749_1 こちらでは、山桜も終わり、藤の花が盛り。あちこちで藤の淡い紫が揺れていた。

そろそろ湖水の匂いが立ち始めている。5月一杯がいい感じかなぁ?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

妻子よ。スマヌなぜか湖上じゃ

妻子よ。スマヌなぜか湖上じゃ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

カヌーのお供に HOBO GREAT WORKS!! パスファインダーミニ・チェストバッグ

遊び足りないためか、少しばかりお疲れモードな僕w
とはいえ、コイツはご紹介しておかなきゃっ!というのが、いまどきとっても旬なトレッカー、ホーボージュンさんプローデュースのHOBO GREAT WORKS!! ミニ パスファインダー チェスト バッグ。
P5080713_2 

ビーパル誌などで大活躍のホーボージュンさんが考えたトレッキング用のユーティリティチェストバッグです。
本来、ザックのショルダーハーネスに取り付けて、ザックを降ろさず小物を取り出せる便利なバッグとして開発されたものですが、カヌーやカヤックのPFDのショルダーベルトにも装着できちゃうんですね。

P5080720 前面のフラップを跳ね上げるとポケットが。

P5080716P5080714  サイドのジッパを降ろすとマップケースが出現。

P5080718 でもって、メインコンパートメントのジッパを開けると、水平方向でストップ。小分けポケットが装備されてアレコレ入れておくのにとっても便利。

デッキバックなんかもいいのですが、いちいちかがんでバッグを取り出して、ジッパを開け、中身を探すのは結構面倒。自分の胸元に必要なものがいつも取り出せる状態であるってやはり快適です。

これより大型のパスファインダー チェスト バッグがトレッカーには人気なのですが、あんまり大きいとパドリングの邪魔になってしまうのですよね。

なので、一回り小さいミニをチョイス。

P5080722 バッグの背面中央には、ゆれ止めのバンジーコードとフックが装備されているので、前かがみになっても大丈夫!

もちろんショルダーバッグとしても使えます。

防水機能は無いので、濡れて困っちゃうものは防水ケースに入れておくと良いですね^^

僕の場合、コンデジを入れたり、携帯入れたり、GPS入れたり、ガムを入れたり、眼鏡クリーナーを入れたりととっても重宝しております。

あぁ、防水生地と防水ジッパを使ったこんなチェストバッグも出してくれないだろうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

ショウモナイ ハナシ

ここはどこ?

P5070699_2なにやらリゾートホテルのようだけれど……。

れっきとした病院です。

よりによって、自宅から90キロも離れた病院を老父が選ぶものだから、朝から丸1日仕事。

はぁ~。

ショウモナイ 内容で申し訳ありません。本日、お休みです><

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

GW カヌーキャンプに行ってきました

 GWキャンプから、予定より1日早く帰着した我家。さて、ブログを書こうかなぁと思ったら、困ったことに……。キャンプ中の写真が1枚も無いw

コンデジをライフジャケットのポケットに入れっぱなしだったため、陸でのカットは完全にゼロ……。ありえな~くな~い? ブログ書きとしてどうなの? ハイ、もちろん失格です。

とういうことで、キャンプの様子は、ご一緒していただいた関西のお友だちタータンさんひさちゃんの2家族のブログでどーぞ><アトハ マカセタ>< いやぁ、食った! 飲んだ! 楽しかった!

で、終わってしまうテイタラク。唯一の陸上風景は、コレだ!

P5030545
どうなの? タブン、真ん中辺が僕らのサイトw

P5030555 場所は、長野の野尻湖。古くから観光化された湖だが、天然湖ならではの風景が広がる。

P5030560 バスボートなど動力船が走り回る湖だけに、波高し! さらに初日は、風もそこそこ強く湖中央付近まで出るとそれなりに高し!
進水式だった2家族には、ちょっとドキドキのコンディションだったかもしれません。

P5030596 左手に黒姫山、右手に雪を頂く妙高山を望みながらのクルージング。空は青空! いやぁたまりません。

P5040609 二日目早朝。夜明け直後のベタ凪の湖。

P5040614 チャッチャッと日の出を撮って、漕ぎ出すと、朝もやの中、メチャ気持ち良い。アドネラリンやら、ドーパミンやら出まくりの静かなパドリング。

P5040615日が昇るにつれ、妙高山が湖面にユラリと映りこみ。この時点でかなりの満足感^^

P5040622

7時になると動力船スタート。全速力の猛ダッシュ! 湖面はグラングランw

P5040639  夕刻まで、漕いでは、休み、休んでは漕いで、最後はお父さんたちで湖上の乾杯!

P5040631暮れ行く空は、こんな感じ。

P5040643

P5050646 3日目 朝から曇天。

P5050658 今にも降り出しそうな空なのだけれど、朝から漕ぎ出す。湖内の小島・琵琶島の神社を周回。

P5050666P5050671  午後からは帰るというのに、懲りない我が夫婦は、再び漕ぎに出る。対岸の入り江までひと漕ぎ。上空を舞う鷺の姿に目を凝らすと巣作り中の様子。

P5050681P5050685  山桜が咲く湖岸で暫し波に揺られてポケーッとする。ついでに、山ツツジにも見とれる。
そのときの僕の表情は、3の付く数字の世界のナベアツ風、タブン。

P5050693 対岸から眺める妙高山。全景が見えたのは、なんだかご褒美をもらったみたいな気分。

まじめに、陸の上も水の上も楽しさ満載! いやはや、写真を撮るのを忘れるほど素晴らしい時間でありました。できれば、4~5泊したかったなぁ。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

予定を1日繰り上げ帰宅中

予定を1日繰り上げ帰宅中 そして御約束の渋滞中(^_^)/□☆□\(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

シアワセ(^^)

シアワセ(^^) 昨日、全力で遊びました! 今日も良い天気。全力で遊びます!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

4時だけど

4時だけど 既に渋滞です(--;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

積み過ぎ注意><

 ここのところ連日2000アクセスオーバー、ユニークアクセスも1000オーバー。皆様の一押しクリックのおかげでランキングも順調。ありがとうございます。やっぱりキャンプのトップシーズンなのですね。

ということで、我家も明日から中央道方面へとキャンプ。朝霧以来、丸1ヶ月のインドア生活で、かなりの外遊び欠乏症。
P5020541_2P5020543   「思い切り遊びたい!」とファルトを2艇積んで、キャンプ道具もかさ張り系を積んでしまったので荷室はパンパン! 久々にデジイチで交換レンズにサブボディ、レフまで持って「ジックリ写真も撮りたいなぁ」と思ったのですが……。もう入りません! 載りませんw 後方視界ギリギリ確保で限界です;;

Img_3574Img_0093  「やはり灯油系の火器はやめとけば良かったなぁ」とか、

Img_2543Img_6736   「鍋や薬缶も鋳鉄だものなぁ」とか、「LED系の灯器やヘッドランプ、あんなにいらんだろう」とか

Img_5451Img_1250 「伸縮ポール8本もどーすんだよ」とか、「積みっぱなしのガスランタン降ろせば良かったかも」などなど自己反省は多々あるのですが、イマサラ後の祭り。積んじゃったものは降ろせませんw

 仕方が無いのでそのままGO! 本末顛倒気味ではありますが、散財屋の末路w
 コンデジ頼りの連休キャンプとなりそうです。
キャンプ中もモブログで更新予定です^^ 皆様も良いキャンプでありますように!
日本全国晴れるといいなぁ^^

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

ロールペーパーの芯抜き法 我家の場合

P5010531 lagさんから、昨日のペーでパーな話にコメントをいただいたので、トイレットペーパーの芯抜き話w
 トイレットペーパーの芯の抜き方なのですが、要は芯が抜ければ良いわけで、正解って無いとは思うのですが、我家の場合は、こんな感じでやってます。

P5010532 1.まず半分に潰します。

P5010533 2.対角に半分に潰します。

P5010534 3.両手のひらで挟み、キリモミ状に揉み込みます。

P5010535 4.芯がつぶれて浮いてきたら、指を突っ込んで剥がします。

P5010538 5.芯を抜いたら完成です。

多少失敗してつながってトイレットペーパーが出てきちゃっても、どうせ使うのだからOK!

山歩きの時から、こんな感じでやってます。以前は、今のように芯無しのものや山用なんていうのも売っていなかったのですよね。

役に立つのか? この情報w

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »