« やっぱり良かった。GENTOSの暖色LEDランタン  | トップページ | 驚愕のお肉到来! »

2008年5月26日 (月)

WILD1で出会ったケルティのキッチン バッグ

井上さん率いる放置キャンプにお邪魔する先週の土曜の午前中、注文していたユニフレームのダッチのリッドを取りにWILD1印西ビッグホップ店に出かけてきた。
以前、ダッチパン 12インチハーフが格安で投げ売られていたので「すき焼き鍋」として使うといいよねと手に入れていたのだが、「できれば蓋があるといいねぇ」→「木の蓋だと、ピザ焼けないよね」ということで、専用リッドをw
 結果、蓋の方が本体より高いといういつもの泥沼的散財傾向に><
 いっそのこと12インチのスーパーディープを買ってしまおうか? という悪魔の囁きも頭の中ではコダマシテいたのだが、既に他社の12インチクラスのダッチもあることですし、それこそ泥沼w リッドのみの購入となりました。
なにしろ、スタートは、あくまで「すき焼き鍋」としての購入でしたからw

88075_l43101_l_2   当日、WILD1は、セールの真っ最中。気になるお買い得商品もポツポツ。中でも目にした瞬間「うはっ><」と息を呑んだのが、KELTYのBINTO BarとDUO Bin。

続きの前によろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

実を言えば、以前からREIを初めとするアメリカのWEBショップで目にするたびに、買っちゃおうかなぁ?とも思っていた製品。この手のシステマチックな袋物に弱い僕なのですよね。マウンテンスミスのモジュラーホウラーといい、イーグルクリークのトイチェストといい。ハマリにハマル、ワタクシ。(今のところ、我家での評判は、バッグとしての作りが実にしっかりとしたバッグ専業ブランド イーグルクリークの圧勝><)
bintoも本体が120ドル、送料で40ドルぐらいと考えるとちょっと踏み切れませんでした。

 そのBinto barとDuo Binがそれぞれ国内価格のほぼ半額。(現在正規代理店は無いと思うので独自流通の国内価格?)
おおよそ海外から個人で取り寄せるコストを考えても半額程度。これは魅力的。

Img_5152 KELTYといえば、80年~90年代前半、独自のハブを使ったテントなどオリジナリティ溢れる製品を送り出していたブランド。近年、目新しさはあまり感じないけれど、いまだマウンテン寄りの総合アウトドアブランドとしてそれなりに元気。が、たとえば、MSRやノースフェイスなどのアメリカン・トップブランドと比べると、作りこみや素材の絞込みはちょっとユルイけど、お値段控えめってところが、現在のスタンスかなぁ。

そんなKELTYが作るBinto BarとDuo Binは、キャンプ用のキッチンシステムだ。言ってみれば、ピクニックバスケットの現代版って感じだろうか。

Img_5156 まず、オーバーナイト(泊まりを伴うキャンプ用)のBinto Barは、四角いコンテナスタイル(容量105.7L)。

Img_5162 前面のパネルのジッパを開くと、内部には縦長なストレージバッグであるBINTO(23L)が3個入るようになっている。23Lが3個なら、69Lでは?とは思うのだが、BINTO3個を入れても、上部と左右には若干余裕があるので、その分が約40Lあるの? まぁ、カタログスペック上はそうなっております。。

Img_5158 上面のパネルを留めているベルクロを剥がしてジッパを開けて開くと、コールマンの2バーナー風の風防パネルが現れる。天板と側板の素材は塩化ビニール製。残念ながら強度は期待できないのだが、ちょっとしたものは置けそう。実際に使ってみて、天板を別の素材で作るなどちょっとした工夫は必要かもしれない。

メーカーの写真では、アレコレテンコ盛り状態。タブン、コレ撮った後、すぐに崩壊かも><

Img_5160Img_5165   前面のフラップ裏面にもメッシュのポケットが付く。

底板は無く、補強する側板も無いので、ストレージバッグをすべて抜いてしまうととっても不安定。こちらにも補強が必要かも……。

Img_5168 3つのストレージバック、Bintoの中には、とりあえず目に付いたこんなモノたちを……。
これだけ入れて、まだまだ入る収納力は魅力的。

当初、BARだけを購入するつもりが……。

Img_5154 なぜか3つに。

Bint Barをショッピングカートに入れた直後、お店の人とお話をしていたら、「今だけの特別価格で、セールが終わったら定価販売に戻ります」とのこと、僕の様子を見ていたアキちゃん(家内)が、「どうせ買わされるなら、安いうちに……」と半ばアキラメ顔で言ったのはナイショの話w

Img_5170_2  別売されているクーラーバッグ(容量23.1L)も確保。インシュレーションは極薄なので、シアトルスポーツや同社のOEMで作られているスノーピークのソフトクーラーほどの保冷力は期待できそうも無い。

Img_5174 もう一方のDuo Bin(容量33.6L)は、日帰り用。二つのストレージバッグを接続しているバックルを外し、扇形に開くと天板が現れるスタイル。

Img_5176 天板の素材は、こちらもPVC(塩化ビニール)だが、面積自体が小さいし、中央に補強の下支え板の補強があるのだが、安定性はやはりイマイチ。

ストレージバッグの片側が一応クーラー仕様になっているが、こちらも保冷力そのものにはあまり期待できそうもない。

Img_5183 収納力はかなりのもの。とりあえず、Barに入れたモノタチが、片側のドライバッグにゼンブ入ってしまった。

我家の場合だと、日帰りの水辺遊びには、ちょうど良いサイズだと思う。

素材はどちらも、210Dのオックスフォードナイロンを外側に使い、強度のいらない蓋部分が150Dのポリエステル ミニ・リップストップ。底部分は1680Dのバリステック ポリエステルだ。

バッグとしては、丈夫な素材選びで好感度高し。が、フニャフニャ具合がちょっと残念……。

やっぱりケルティだけに、ユルイいんですっ><

WILD1のセールは、どうやら明日までらしい……。こちらの製品が、いつまでこの価格かは未確認。スミマセン。欲しい方は、明日WILD1に^^

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

|

« やっぱり良かった。GENTOSの暖色LEDランタン  | トップページ | 驚愕のお肉到来! »

コメント

Binto bar、ロングステイキャンプのテント内収納に良さげですねー!
うーむ、欲しいかも。。。

しかし、またしてもの記事中リンク、あじがタウございます!
アクセス増えまくってビビりまくり中w

投稿: いのうえ | 2008年5月26日 (月) 22:14

もう、サンさん・・・ビックリヨン~♪

お友達・・・が今まさにおんなじのアップしてて、

どっちを先にコメント入れようか、

迷っちゃいましたわ~。

ほんまに、好きなモン、一緒で、

仲良しさんやわ~(笑)

投稿: ひさちゃん | 2008年5月26日 (月) 22:34

もはや、、絶句w

こりゃ、モジュラーホーラー要らないわけだ(爆)

遠慮なく、下取りさせていただきます。

投稿: たつごろう | 2008年5月26日 (月) 23:04

ロックオン!!
これはいいね。

投稿: つぼちゃん | 2008年5月26日 (月) 23:22

こういったストレージバックは車載にも効果ありそうですよね
バラバラ積むより一旦こういう風に収納した方が以外に撤収時なんかも早いですし
(撤収スピードはいまだ我が家の課題ですが。。。><)
キッチン小物収納に頭悩ませてるので
こういうのもいいかななんて
あ、今月は我慢の月でした(笑)

投稿: ボランチ | 2008年5月27日 (火) 06:16

二つ買ってみて、デュオビンの方が使いやすいかなぁ?
どっちにしてもやはり強度の問題ですね。
サンさんはどんな補強をしてくれるのでしょうか?
楽しみにしています♪(←すっごい人任せw)

投稿: タータン | 2008年5月27日 (火) 23:21

こ、これまたイイ!
使い勝手よさそうだしルックスも萌えます!
イーグルクリークもいいですしねぇ~~・・・
むむぅ~どっちかゲットしちゃいましょうかね♪

ただそのどちらも・・・実物をこの辺で見かける事がないんですよぉ~~
気長に物色しますかね(^^

ジェントスのめっちゃ心惹かれてますし・・・
サンさん、罪だな~~w

投稿: lag | 2008年5月27日 (火) 23:35

いのうえさん 放置的装備だと、食材を含め幕体関係他、相当の部分を飲み込んでくれると思います。問題は、安定性がイマイチ、イマニ、イマサンってことかもw
記事リンク、こちらこそ勝手にさせていただいてありがとうございます。

投稿: サン | 2008年5月28日 (水) 09:37

ひさちゃん 僕もビックリよっ^^ 目当てがあるとは聞いていたけれど、同じなんだもんw しかも2個w アホタレだわっ。

投稿: サン | 2008年5月28日 (水) 09:48

たつごろうさん あははっ、たつごろうさんところに嫁入りが決まったら、いきなり現れる新手のバッグw そうゆう星回りなんだよねw

投稿: サン | 2008年5月28日 (水) 09:49

つぼちゃん いいんだけど、安定性がネック。手を入れなきゃ! 一番いいのは、つぼちゃんにも買ってもらって、手を入れたのを真似たいんだよねぇ。買って^^

投稿: サン | 2008年5月28日 (水) 09:50

ボランチさん バッグ類を充実させることで、車載も楽にはなったのですが、問題はバッグを家のどこに収納するか? ってこと。う~ん、これも本末顛倒気味。
撤収もこういうのにある程度収まっていると確かに楽です。
ガマンは身体に毒ですよっ>< と言いつつ、僕ぐらいガマンしないのもヤバイけど。

投稿: サン | 2008年5月28日 (水) 09:50

lagさん バッグのデキ自体からいうと、イーグルクリーク断トツです。どこが? って言われると困っちゃうけど、普通に使いやすい。素材の選び方もいいのでしょうね。
これがもう少し座りがいいと、かなりの高得点なのですが。ただ、ギミックはNO.1ですね。
こちらでも、どちらもなかなか現物展示で売ってないですね。1個買って、試してはまったって感じですもの。
ジェントスはねぇ、無骨なデザインだけど、実用性は高いです。マジでパビに吊るすと良いよ。罪なのねっ、できればキレイなお姉さんに言われたいw

投稿: サン | 2008年5月28日 (水) 09:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25490/41328741

この記事へのトラックバック一覧です: WILD1で出会ったケルティのキッチン バッグ:

« やっぱり良かった。GENTOSの暖色LEDランタン  | トップページ | 驚愕のお肉到来! »