« 本栖湖でのゆるやかな時間 その1 | トップページ | ZIPPOのキャンピンググリル »

2008年7月15日 (火)

本栖湖でのゆるやかな時間 その2

Img_6244

 日曜日の朝、前日にも増して凪いでいる湖面。湖面に映り込む夏富士を眺め、先日購入したチヌークのケトルとSOTOのレギュレターストーブでお湯を沸かす。
 GSIのアノダイズドケトルを手に入れるまでの繋ぎのつもりだったのだが、こうしてアウトドアでストーブの上に置くとなかなか絵になることに気付いた。ステンのボディに回りの風景が写り込みかなり良い感じ。
家内に「コレ、結構いいねぇ」と声をかけると「新しいうちだけなんじゃないの? 焼けてきたら、そんな風には写り込まないから……」ともっともな意見w 確かにね。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

Dsc_1658_2

昨晩も静かな湖面を漕いだのだけれど、。(写真提供バロンパパさん)

Img_6245_2

この風景の中を漕ぎ出したくてウズウズ。
不思議なもので、湖面の状態も風景も刻一刻と移り変わる。たとえば、昨夜の風景も、その時でしか見られないものだったのだよねっ。自分のフィルターを通して、その風景はまた意味を変える。心の中では、ムーンリバーが流れていたもの

Img_6246_2

タータンさんの娘さん、5歳のひとちゃんが起きてくるまで、早朝の珈琲タイム。さんざん、珈琲道具の話をしているのに、なんのことはないUCCのワンタッチドリップw 珈琲粉が増量されているとかでデラックスらしい。

通りがかりのボランチさんにも強引に飲ませるw ゴメンね。

Img_6247

具にもつかない話をしていると、たつごろうさんが愛犬ルイちゃんと湖面に船を出す。カナディアンとたつさん、どこまでも絵になるなぁ。

Img_6252

と、ふと視線を移せば、ボランチさんが、ばっちり撮影中w 

 カヌーになんかに乗らなくてもアウトドアは十分楽しめる。自然の中に身を置いて、ただただ時を過ごすキャンプも素晴らしい。そういえば、昔、山の中をほっつき歩いていた頃は、その瞬間にしか出会えない素晴らしい風景をたくさん見た気がする。でも、今の自分の体力を考えると、カヌーに乗ることが、普段、出会うことができない風景に触れることができる一番手軽な手段のような気がしている。お手軽アンプラグドw

Img_6255

ひとみちゃんが起きてくるのを待てず、家内と、三男坊とで、日の出前より、一段と凪いだ湖面へと漕ぎ出した。

Img_6259

ぬらんとした湖面。三男坊の軌跡が揺らめき、雲と空が溶け込みながら不思議な波紋を作り出す。

Img_6271

こんな湖面を漕いでいたら、飽きることなんて無いなぁ。

Img_6273

視線を移せばまた違った光のマジックが。

Img_6308

白鷺が飛び立つ姿、湖面に白い体が映りこみこれまた美しい。

ひとこぎして、サイトに戻って遅めの朝食。

Start2

「皆でツーリングに行きましょう!」。バロンパパさんから、折角お声がけしていただいていたというのに、僕が手順を間違ったので、出来上がりがすっかり遅れお見送り。あいかわらずのマイペース。次回はぜひご一緒させてください。

Img_6367

で、ご飯の後は、タータンさんとひとちゃんと一緒に浅瀬へとツーリング。ツーリングといえば聞こえはいいけれど、湖水浴へw

Img_6376

Img_6389

透明感のある本栖湖。水温こそ低いが、この日の猛烈な日差しでは、浸からずにいることの方が難しい。
ひとちゃんや、タータンさん、三男坊はもちろん僕もザブリッ!

いやぁ、やめられませんw

P7131248

適当に漕いでは、水遊び。ゆるゆるな時間が過ぎて行くのでした。

さて、カヌーキャンプに出かけると、カメラをカヌーに積んだままってことが多くて、キャンプサイトの風景や料理の写真は皆無ということが多い我家。が、今回は、タータンさんが撮っていてくれました。(以下、写真提供タータンさん><)

Dsc_0131_2

使い始めたSOTOのステンレスダッチが大活躍。うな丼やら、タコライスやら、ほうとうやらw ひと鍋完結型の食事のオンパレード。

P7130192

人様にお見せできないと家内(あきちゃん)が嘆く我家の乱雑サイトもw いやぁ、久々に自分の頭を上から見ましたw

Dsc_0158_2

心地良いゆるゆるとした時間が流れた今回の本栖湖キャンプ。来月中旬の北海道キャンプまでに、できれば、もう1回漕ぎたいなぁ。

今回、ご一緒しながら、ゆっくりとお話できなかった皆様。次回はぜひゆっくりとお話できれば^^

そういえば、バロンパパさんやたつごろうさんご一家ともまともに話していないかも。ゆる~い我家ということでご勘弁を><

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

何気に写っているキャンプ道具たちは、こんな感じ。

|

« 本栖湖でのゆるやかな時間 その1 | トップページ | ZIPPOのキャンピンググリル »

コメント

ひゃぁ~気持ち良さそう!!!
パドリングは勿論、湖水浴も^^b

実は、今週末、本栖湖行きを狙ってたのですが
先日ボツになって、伊勢に海水浴(私はしないですが^^;)となりました^^;

浩庵キャンプ場からの富士&本栖湖のコラボ。。。
この目で・・・この目でいつか!
それまでは、サンさんはじめ
本栖湖に行かれたブロガーさんの
お写真やレポを拝見しながら
しっかり楽しませていただきます(^_-)

光のマジック、イイですね~^^

投稿: じゅんじゅん | 2008年7月16日 (水) 00:15

ちちちチヌークのケトルのシルエットにモエモエですw
これなら焼けて写り込みが無くなってもカワイイと思うんですがー

投稿: いのうえ | 2008年7月16日 (水) 01:39

いいですね、思いっきり凪いでる本栖湖。こんな油をひいたような湖面、好きです。

今見てびっくりしました。「よく行くブログ」に、まさか私のだらだらブログが入っているなんて!
めっちゃ恐縮です。
私が一方的に参考にさせていただいているだけなのです。書き込みも、氏の1年前の以来「迷惑」サイトのリンクだけでした(泣)。
これを潮に、もう少しまじめにブログの更新を心掛けます(笑)。
ありがとうございます。

投稿: 六色林檎 | 2008年7月16日 (水) 04:31

め~っちゃ、癒されてます~、朝から♪

子ども達も、サンさんの画面に張りついてました~♪

(^-^)「うぉ~!てっちゃん、気持ち良さそう~!あれ、ひとちゃんやぁ~!」

とか、登校前のひと時♪

あきちゃんの、タコライスもほうとうも、

め~~~っちゃ、美味しそう~~~♪

今、私の頭の中では、「いつ本栖湖に行こうか・・・。」

ソレバッカリ・・・カンガエテ マス・・・(^-^)

投稿: ひさちゃん | 2008年7月16日 (水) 08:41

あああ激写を激写されてる(笑)
本当、気が付くとたつごろうさんをカメラで追いかけちゃってるんですよね
ザブリッ 私もやっちゃいました 沈ですけどw

ピカピカのケトルだなぁーと思っていたら
おろしたてだったんですね

デビュー初日からこんなに嵌っちゃっていいんでしょうか(^^
今後の自分が怖いです(爆)

投稿: ボランチ | 2008年7月16日 (水) 09:57

カヌーキャンプの画像を眺めていたのですが、どれも臨場感あふれるすばらしものですね。
自然の雄大さとそこでゆっくり流れる時間、とっても癒されます。

わが家はまだまだ先でしょうが、湖上を進むアウトドアにあこがれてしまいます。

投稿: 大木煩悩 | 2008年7月16日 (水) 10:44

はじめまして。同じ日、奥の方に設営していた幸子といいます。
ジャックラッセルというわんこ2匹と一緒にいました。
バロンパパさんのブログを通してここのブログを読んでいました。
ちゃんとご挨拶しに行けば良かったと思ってます…。
またお会いできる日があればと思っています。
素敵な写真がいっぱいですね。
そういえば、夜、カヌーをしてませんでしたか?
最初、気付かなくて、写真を撮ってたら、
写真に光が写ってたので、何かな?って思ってたんです。
で、湖を見たら、「誰か漕いでる!!」って驚きました!!

投稿: 幸子姫 | 2008年7月16日 (水) 12:58

わたし,サンさんを拝見するの初めてです!

妙に興奮しちゃいました。

何度も書いている気がしますが,ぬるっとした凪の湖面がステキですねえ。

投稿: 掘 耕作 | 2008年7月16日 (水) 17:02

カヌーシーンもマクロ的な見方をされてて
物事に対するこだわりの凄さを感じます。
私なんて富士山と綺麗な湖水しか目に入らなかった^^;;
ほうとうにもちゃんとカボチャ入ってるし・・・
(父親の実家甲府なんで、よくカボチャは必需とよく言われてました)

今回は焚き火トークくらいでしたかね?
湖上でもご一緒出来なかったし・・・
ま。今後ともゆるーくお逢い出来れば嬉しいですv

投稿: バロンパパ | 2008年7月16日 (水) 18:05

いや〜たまらんです><
最近、意識が山にいってたんですが、がっつりカヌーに引き戻されました。。うぅ〜体が二つ欲しいだすw

ん?赤いファルトにハッチが?

投稿: ホーリー | 2008年7月16日 (水) 20:09

 倒れるほどに楽しんだのがよく伝わります、場所は浩庵ですよね?、富士山の写り方が素運名感じですが、でも遠くに見えるって事は、けっこう広角で撮ってます?。

 いつも見る湖とはちょっと違って見えて新鮮でした、昨日のもやが掛かった感じも良いし、綺麗な写真ですね。

投稿: ライダー | 2008年7月16日 (水) 20:26

綺麗な水面ですね~
ホント気持よさそう・・・

今回はボランチさんとご一緒だったんですね~

う~ん!!ステンDO見ると欲しくなるなぁ(笑)

投稿: tomo0104 | 2008年7月16日 (水) 21:42

こんばんは
あまりにも気持ちよさそうで、刺激的な風景です。
それにステンレスダッチが美味しそう、じゃなくてステンレスダッチの料理が美味しそうです。

毎年、夏休みのお知らせを出すと仕事が忙しくなります。
ただ今、みなさんの写真を見ながら悶々と仕事をしております。

投稿: ADIA | 2008年7月16日 (水) 22:22

羨ましいとしか書きようがないですね。
ムーンリバー・・・・静かな時をうまくあらわしてます。
写真を見ながら、頭の中で流れてました。

投稿: つぼちゃん | 2008年7月16日 (水) 23:37

噂の、チヌークのケトルに、SOTOのダッチ&一鍋完結メニューのご紹介だぁ^^と、うれしく読ませていただきました☆

ボランチさんのところでも見かけましたが、この週末の景色と、本栖湖のロケーションは、カヌーしない私でも見てみた~い!になりました♪キャンプ場としては情報は知らないのですが(^^)

投稿: marurin | 2008年7月17日 (木) 00:49

じゅんじゅんさん いやぁ、マジメにメチャ気持ち良かった。でも、ちょっと暑すぎなんだけどね。それを言っちゃぁ贅沢かも><
本栖湖は、ずーっとあそこにあるのでいつでも待っていてくれますよ。
海水浴もいいなぁ。今年は、いつ行こう……。
浩庵は施設は最低限ですが、あのローケーションだけのためだけでも行く価値がありますよね。光のマジック。キレイな光景がたくさん見られました^^

いのうえさん チヌークのシルエットいいでしょ? ただ作りは粗いw ぜひ!

六色林檎さん 実は、マジメニ読み逃げさせていただいています。すごく面白いと思います^^更新率が上がれば、僕的にはとっても嬉しいです^^

ひさちゃん いやぁ、子供達にも会いたかった^^ 哲はとっても残念がっていたしね。
カヌーなキャンプだと、ひさちゃんもご存知のように、ずーっと水の上に居るので、料理はできるだけシンプルにw って手抜きなだけかもしれないのだけどw
で、いつ来るの?

ボランチさん いやぁ。軌跡の激写には、驚きました>< たつさん、カッコイイよね。あの雰囲気は只者では出せませんってw
沈は、一杯した方がいいですよっ^^ ピカピカケトル、意外に僕も気に入ったりしていてw やけ色が付いてくるとまた、いい味になるかなぁ。
デビューしたてが肝心です! 鉄は熱いうちに打たなければ! シングル艇、先日のは、割と安定してます。バロンパパさんとこにもあるエルズミア480は、もっと剛性感があってシャープ^^ 嵌まりましょう! ついでにパドルもw 明日、シーウインド行きますよっ^^ 予約しといてあげようか?w

大木煩悩さん 北海道は、カヌーするには最高の場所の一つだと思います。
湖上で遊ぶのであれば、それほどリスクもありません。ぜひ散策に^^

幸子姫さん コメントありがとうございます。カッコイイキャンパーさんがいらっしゃるなぁと思わず湖上から目を奪われてしまいました。
僕もご挨拶しておいたら良かった。とはいえ、つながりがわかりませんでしたがw
夜、ついつい漕ぎ出してしまいました。ストロボライトをつけて、グルンと^^ 湖面に月明かりで、キレイでしたよ。

堀耕作さん なんだか恥ずかしくなっちゃうよ。だって、なんだか、うら若き女性からのコメントみたいなんだものw 揺らんとした湖面いいでしょ? 僕も好きなのですよ。移り変わる様が面白くてついついシャッターを切ってしまいます。

バロンパパさん いやぁ、パパさんに写真についてコメントをいただけるとは思っても見なかったので恥ずかしい>< バロンパパさんの写真を見たら、なんも言えませんものw

ほうとうは、かぼちゃが必須でしょw 今回は、あまり話せませんでしたが、比較的近いから^^ ゆるいのはいつものことなので、ぜひまたお付き合いを^^ で、落札されたのでしょうか?^^ 楽しみっ!

ホーリーさん いやぁ、たまらんでしょ? 来ましょう! でも、山もいいよねっ。僕はもうちょっと無理かなぁ……。息がすぐ上がっちゃって。幽体離脱しましょう! ぜひっ!ハッチはねぇ、付いてる艇だすっ^^ 我家の9分の1w

ライダーさん いやぁ、実は、まだ漕ぎたい>< アホタレですなっw 今回レンズは17~85で撮ってますから、27mm換算ぐらいでしょうか。浩庵は、真冬や秋が最高だと思っていましたが、夏もなかなかいいですね。

tomo0104さん ボランチさんと初めてお会いしました。OFFにあんまり出かけない我家なので、貴重なナチュブロの方とのであいでした^^ ステンDO、使い心地いいですよ。とはいえ、こんな料理なら、DOの意味無いんじゃない? っていうのは、言わないでw

ADIAさん 自分でも見ていると行きたくなっちゃいます。ステンのダッチを買ったのは、ADIAさんの後押しも大きいかなぁ。印象に強く残っていたもので^^ 
夏休みのお知らせを出すと忙しくなるADIAさん、羨ましいです。ここのところ、お知らせをするまでもなく、お休みが多いテイタラクですから><

つぼちゃん あははっ、ムーンリバーで共感してもらえるのってなんか嬉しいです。本当に良い時間でしたから。いつかつぼちゃんとも、そんな時間を一緒に過ごしたいと思っています。

marurinさん チヌークのケトル、意外にいい! 手抜き料理にステンDOはとっても便利だってわかりました。余熱調理できるのがいいんですよね。
ボランチさんとこの写真見るとやられちゃいますよね。キャンプ場の設備としては、ウン十年前のボロボロキャンプ場ですが、ローケーションは最高! レンタル艇もありますから、ぜひ^^

投稿: サン | 2008年7月17日 (木) 01:35

あぁ、乗り遅れたけど、コメントします!

レポじっくり読ませていただきました。

サンさん、今回も予想通りユルユルだったわけですね(笑)

何もかもが、最高な感じですね~!
中でもナイトツーリングが気になるにゃ・・。
ベテランじゃないと危ないですか??
今後、一緒にナイトツーリングしてくださいね~!!!
っていうか、お昼のも。^^

あぁ、羨ましいなぁ。。
次行くときは是非!!!

投稿: blomeg | 2008年7月17日 (木) 17:18

blomegさん いやx、気持ちよかったよ。その代わり、メチャ暑くて、水に入らないといられなかったけどね。ナイトツーリングは、気持ちいいです。月夜であれば、意外に明るいからね。
とはいえ、昼間に比べればどうやっても視界は限られます。最新の注意は必要です。
強力なヘッドランプと自艇の存在を知らせるストロボライトは必須だと思います。
いずれにせよ、沈したときに、自分で対応できないようだと、やめといたほうがいいと思われます。
で、次はいつかなぁ?^^

投稿: サン | 2008年7月17日 (木) 22:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25490/41846970

この記事へのトラックバック一覧です: 本栖湖でのゆるやかな時間 その2:

« 本栖湖でのゆるやかな時間 その1 | トップページ | ZIPPOのキャンピンググリル »