« 今回の旅で食べたもの 全露出。 | トップページ | 省エネキャンプの悦楽! »

2008年8月30日 (土)

今回の北海道キャンプスタイル 道具編総論

 このところ降り続く豪雨のため、このブログに来ていただいている皆様にも様々な被害が出ているようです。被害にあわれた皆様、さぞかし心お落としのことと存じます。
一日も早く日常の生活が戻ってくること心より願って止みません。がんばれっ! 被災した皆様。

さて気が付けば、スコーンとすっ飛ばしてしまったブログ開設2周年、ついでに、昨日UPした北海道の食べ物ネタがなーんと1000記事目でありました。「1000記事目は何を書こうかなぁ……」、なんて思っていたんですけどねw まぁ、ゆる~い僕ならではのデキゴトということでw。

ようやく一連の北海道のレポも今回が最終回。散財日記の基本である「お道具編」であります。いやぁ、これは気楽に書けるw

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 今回の北海道行き。当初、キャンプ場数箇所をキャラバンスタイルで移動していく予定だったので、メインのテントは、MSRのパビリオンのつもりだったのですが、気が付けば定住スタイル。ちょっとというかかなり装備も変っております。

2008 極道東ツアーの主な装備

テント&シェルター 小川キャンパル ドームシェルターJL

Img_6662

寝床関係

Img_6618b

バイヤー カタディンコット4本
カスケードデザイン トレックライト×2 
旧ウルトラライト×1
スノーピーク オフトン600×3

キッチン&リビング関係

Img_6618c

ユニフレーム バーナースタンド改の棚
ユニフレーム 焚き火テーブル×5
バイヤー スモールテーブル×2(1本未使用)

小川キャンパル アルミコンパクトテーブル×3(2本未使用)
ビラボン ミニラグ(裏面ゴム引き、表地はウール85%/ナイロン15パーセント)
チェア マクラーレン ガダパウトチェア×3(未使用)

クーラーBOX リョービ ウルトラHEXA 26L+20L
ウォータータンク イワタニ

灯器類
GENTOS EXPLORER Professional EX-777XP ×2
ヘッドランプ ブラックダイヤモンド、ペツルなど3個
雪丘工房製ランタン類各種

ストーブ類

Img_6661

Img_6614

プリムス EtaPower Stove ポット2個組み(2.1L&1.7L)
SOTO レギュレーターストーブ
ロゴス BBQコンポーネント
チヌーク ケトル
SOTO ステンレスダッチオーブン10インチ(未使用)

Img_6628

Img_6720

収納用具

Img_6618d

Img_6622

イーグルクリーク トイチェスト 60(キューブ3個を収納 予備コット上)
ギアボックス ハーフBOX15×2(カトラリー 食器などを収納 ユニフレーム棚中段)
     ワイドBOX30(コット上)
マウンテンスミス ブーツキューブ(食材を収納 バイヤースモールテーブル上
スノーピーク PVCトート(廃盤 ユニフレーム棚下段 鍋類を収納)
パシフィックアウトドア GINZA (予備コット上 パドリングシューズなどを収納)
シアトルスポーツ パックシンク ×2 (バイヤースモールテーブル上 小物類を収納)

ユニフレームのバーナースタンドに下段、上段に天板を追加した棚は、とても使いやすいもの。永らくスノーピーク製のネットラックスタンドを使ってきたが、ネット内に道具類を移さなければならないのは、意外に面倒。収納ケースをそのまま置ける棚はやっぱり便利だ。

という感じ。

今回の装備ポイントは、シェルター内でコット就寝。チェアを使わずお座敷スタイル。

アブや虫の多い牧場を想定して、メッシュが多用された小川キャンパルのドームシェルターJLを使ったということ。お座敷用のシートに使ったビラボン(アウトドアメーカーだったが、サーフィンのみのブランドに)のラグは、湿気ることもなく、サラッとしていて使いやすい。

灯りは、LED系のみ。お馴染みジェントスだが、2灯点灯すれば、我家にとっては十分な灯り。ヘッドランプを併用すれば困るシーンは皆無。

バーナースタンドは特に用意せず、ロゴスのBBQコンポーネントを使用していないときは、バーナースタンド代わりに使用。これ、高さ調整もでき、想像以上に便利でした。

高効率なプリムスのストーブとSOTOのレギュレターストーブを使うことで、外食が多いとはいえ4泊5日のキャンプで使った燃料は、500缶半分ほどと、カセットガス半分ほど。

燃料を大量に持ち込まなくて済むのは素晴らしい。

シェルターの変更、ストーブ類の変更があるにせよ、キャンプのためのキャンプではなく、遊びのベースとしてのキャンプなら、、今のところ僕が考える最も理想的なキャンプスタイル。カヌーやその他のアクティビティを全くしないなら、リラックス系のチェアを入れたりするのもあり。

いやぁ、快適でした。
今後の課題は、コット周辺の小物収納法ぐらいかなぁ。

考えてみれば、テントのインナーを使うかどうかの差こそあれ、ADIAさんところで長いこと実践されておられる、お座敷キャンプなんですよね。

ぜひご参考に^^

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

小川キャンパル ドームシェルターJL 国内最大のシェルタードーム 今回風にもかなり強いことを確認。

サーマレスト トレイルライト レギュラー

スノーピーク オフトン600

ユニフレーム バーナースタンド

ユニフレーム 焚き火テーブル

GENTOS EXPLORER Professional EX-777XP

イータパワー・EFトレイル

SOTO レギュレーターストーブ

イーグルクリーク トイチェスト60

ロゴス BBQコンポーネント

|

« 今回の旅で食べたもの 全露出。 | トップページ | 省エネキャンプの悦楽! »

コメント

ジェントス。。。注文してたのに、入荷しないからって。。。キャンセルされてしまいましてん~。。。アマゾン~!!(涙)

サンさんのとこから、再度、予約入れておきました~!

10月上旬ですって。。。お楽しみは、先です~♪

カタディンコット、4発!ってさすがやわ~♪

BYERのコット。。。力技。。で私は組み立てられませんねん~(涙)

投稿: ひさちゃん | 2008年8月30日 (土) 20:15

こんばんは

草地でコット、気持ちよさそうですね。
お座敷と言ってもうちとはまったく違っておしゃれに見えますよ。
コットの雰囲気がいいせいもありますね。
コットで寝るのは気持ちよさそうですが、息子の寝相が良くならないと無理ですね。
それに、暑い地域ではムカデなどが怖いかな。

投稿: ADIA | 2008年8月30日 (土) 21:31

あらー、結局ナロちゃんは出番がなかったんですねー。
しかしこの充実っぷり、何年でも住めそうですねw
「焚き火テーブル×5」って出てきた時点でびっくりしましたwww
でも、同じサイズで考えたら、意外とその選択が一番コンパクトなのかもですね。重さはともかく。

投稿: いのうえ | 2008年8月31日 (日) 01:40

あと、物の量は多くても無駄が無いというか、ちゃんと「こだわりと理由」があるなー、と感じましたダス。
シェルターから小物まで、ひとつひとつに選んだ理由と使い方の工夫&意味が垣間見えて、サスガ!と思いましたw

投稿: いのうえ | 2008年8月31日 (日) 01:47

ひさちゃん 注文してたのにキャンセルって、しんどいね。
コレは買って間違いない快適グッズだと思います。とはいえ、来シーズン、もっといいのが出るかもしれないけれど、そう思うと買えないしね。
カタディンのコットに反応しちゃうところが、やっぱりひさちゃん^^ これ、コツがわかると割合力要らずで組み立てられるみたいだよ。

ADIAさん 草地にコット、最高の組み合わせでした。虫除けは必須ですよね。シェルターの周囲にまきました。
うちの三男坊もむっくり起き上がって向きを変えるぐらいの寝相ですが、真ん中にしてあげると、落ちないみたいです。

いのうえさん そうなんです。ナロちゃん、ためし張りさえされていない不遇さ>< 可哀想! 張らねば!と思うのだけれど、出番は10月かなぁ。
今回の組み合わせ、トコトン快適でした。こりゃ、いいわぁ。
で、焚き火テーブルですが、値段と重さを考えなければ、荷物置きに良し、数台を組み替えて好きな形にレイアウトできるのが最高に便利。その快適さに沢山ある他のテーブルの出番が全くなくなりました。5枚が同じユニのLTトートにキレイに収まるのもグッド!
久々のサイト露出ですが、流れ流れてって感じでしょうか。ここに至るまで箪笥の肥やしになったキャンプ道具がどれほどあることか>< まぁ、キャンプスタイルなんて固定ではないので、いつまた全く違ったスタイルになっているかわからないのですけどね^^

投稿: サン | 2008年9月 1日 (月) 00:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25490/42327867

この記事へのトラックバック一覧です: 今回の北海道キャンプスタイル 道具編総論:

« 今回の旅で食べたもの 全露出。 | トップページ | 省エネキャンプの悦楽! »