« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

冬の港で旅立つのだ! KEEN WINTERPORT

 完全復活だじぇぇ~っ! と高らかに宣言しておきながら、気が付けば、簡単に3連休>< いやぁ、すんません。しかも、明朝から、諸事情もかんがみず、半ば強引にスキー! あははっ。ダメダメですやん。
でもねぇ、昨シーズンほどでは無いにしろ、雪遊びはしたい!

で、スノーシュー用にと新調したアキちゃん(家内)のスノーブーツが本日到着! スキーなのだけど、やはり履いていく気十分! 玄関にポコンと置いてあった。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

Img_3525

KEENさんとこのWINTERPORTであります。

あれっ? ソレル無かったっけ?? と思われる方は正しいっ><

我が家の場合、ソレルのウィンターブーツで、冬キャンとか、スノーシューとか、アフタースキーとかを過ごしていたのですが、スノーシューをしていると、時々ズコッとヒールが浮いちゃうことがあり、「できたらもう少しホールド感のあるシューズがあればなぁ……」と、検討した結果がコチラ。

Img_3529

ボク個人としては、もう少しホールドしてくれるシューズをオススメしたのですが、KEENなデザインにやられたアキちゃんなのでありました。
サンダルをウィンターブーツ化しちゃいましたというウィンターポート。KEENお得意の紐をククッと引っ張ると、ギュギュッとホールドされるドローコードレースシステムを2箇所に採用。前足部分もホールドできるらしい。

Img_3535

普通のシューズだと、シューレースにかけるゲイターのフロントフック用のループがあるデザインもなんだか好印象w

オリジナルの防水透湿素材を採用して防水性もOK。保温材もしっかり入って、-30度対応と、頼もしいスペック。

Img_3531

ソールのパターンもなかなかグリップしてくれそうであります。

ボクのは、別のシューズがカミングスーン! いやぁ、楽しみッ^^

ちなみに、アキちゃん、明日はレストハウスで読書予定なのはナイショの話><

1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

シーズン終了まで、秒読みにつき、サイズ切れ多数>< 欲しい方はお早めに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

思わぬ宝物出現

 デスクトップPCのハードディスクが手狭になり、ついでにストレージにしている外付けハードディスクの中も整理していたら思わぬ宝物が……。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

以前のハードディスククラッシュで、消えてしまったと思っていた9年前の三男坊の写真です^^

Dscn00241

いやぁ、親バカですが、僕にとっては天使ですw

こんな時代もあったんだねぇ。

長男次男は、アナログカメラ世代ですから、幼い時に撮りためた写真は、すべてフィルム。

デジタルになって、一瞬のハードディスククラッシュで画像消失の危険はありますが、こうして思わぬ形で現れてくれるのもデジタルならでは、残っていて良かった^^

カメラは、ニコンのCOOLPIX950ですから、たった210万画素に収められた我が息子。画質がどうの、画素数がどうのという前に、まず、撮っていて良かった! そんなことを思わせてくれる1枚でした。

やっぱり写真は、タイムカプセルですね^^

1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

MSR 2009新作のキケンな香り^^

 気が付けば結構な数になってしまっている我が家の幕体たち。テント、タープ、シェルターで何張りあるのかなぁ……。まぁ、考えまい><
 そんな我が家の幕体たちのなかでいつしか最大勢力になっているのが、MSRの幕体類。毎年、かなりのモデルを投入してくるMSRなのだが、凝りもせず今年もアメリカのショップめぐりをしていると、結構魅力的な幕体がリリースされている。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

Msrcarbonreflex1s09

まず、どうにも気になるのがカーボングラファイトのポールを使ったという CARBON REFLEX 1Pと2Pだ。かつてMSRが送り出したダブルウォールテント中、最軽量がセールスポイント。付属品を含めた重量で2人用の2Pは2lbs13oz、1人用の1Pなら2lbs10ozだという。グラム換算1Pで1191g、2Pなら1276g。
フロアサイズは、どちらもハバ、ハバハバと同じだから。メーカーの言う、約1ポンド(約453g)軽量化しましたというアナウンスもあながち大げさなものでは無い。シングルウォールの最軽量テント、ブラックダイヤモンドのワンショットでパッケージウェイトで1.28kg、二人用のファーストライトで1.5kgだから、どれだけこのテントが軽量に作られているかわかろうというものだ。
テントを担いで歩くことがほとんど無くなり、軽量テントにあまり興味が無くなっている僕なのだが、コイツはとっても気になる。
その分、現地価格でハバ&ハバハバに200ドルプラスと値段もゴージャス。歩く方! 注目ですぞっ。

Msrskinnytoos09

で、もう一つ気になるアイテムがドラゴンテールのファースト&ライト版といった感じのSkinny tooとSkinny one。こちらはトンネルフレームのシングルウォール。ドラゴンテールで定評のある天井部がすべてメッシュになったオーバーヘッドメッシュベントを採用。シングルウォールの結露という大問題をクリアしている。お値段もoneで199.95ドル。tooで249.95ドルと控えめの設定。

Msrzings09

で、個人的にとっても気になるのは、アウトフィッターのシルナイロン版であるZing。MSRのシングルウォールテントと同じ素材で作られたZingは、アウトフィッターと同サイズでありながら、ポールとペグ込みで2.8キロほど。ブルーで縁取りされたデザインもなかなかパンチが効いている。今年、昨年末アウトフィッターを買い直したばかりなのだが、あぁ~またまた悩ましい。

Msrbunkroom4ps09

悩ましといえば、ボードルームにも新たなオプションが……。Bunkroom 4Pと2Pがそれ。要は、スクリーニングルームから、ポールを外したようなデザインなのだが、ボードルームの最大の問題であったメッシュ不足を補ってくれそうなアイテムなのである。

Msrehouses09

Msrebivys09

その他、お手ごろ価格の新シェルターとしてE-Houseや、E-bivyも登場。
円高もあり、あははっ、またまた散財欲を掻き立ててくれるMSR2009の新作たちなのであった。できれば、差益還元で国内価格も下がってくれるといいのですけどねぇ。

1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

ウンマイ富士宮おすすめポイント

 さて、ブログ完全復活を目指し、いつまでも年末キャンプネタを暖めていても仕方が無いので、本日2本目のUPです。

先のすき焼きネタに関連して、富士宮のお気に入りのお店情報。

我が家がある千葉市街から本栖湖、富士方面に向かうとすれば、首都高速を経由して中央道へというのが比較的スタンダードなルートなのですが、河口湖方面からだと、知っているお店があまり無い。なので、時間的に余裕があるときは、富士ICで降りて富士宮市街経由でキャンプ場に向かう頻度が増えています。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

一つは、春のスノーピークウェイでこちょびさんから教えていただいたやまだ食堂さんがあるからw 

Imgp0917

Imgp0920

名物富士宮焼きそばが美味しいお店として教えていただいたのですが、通うにつれ、いろんなメニューにチャレンジ。

Imgp0919

餃子はもちろん、普通のレバニラ炒め定食なんかもウンマイ! 

Imgp0921

なぜか、そこはかとなく富士宮焼きそばテーストなレバニラの味付けなのであります。ぜひ。

で、もう1軒がお肉屋さんの「さの萬」さん。

Imgp0924

富士のブランド豚である萬幻豚を開発したお肉屋さん。かつて「どっちの料理ショー」で紹介された焼き豚はもちろん、バーベキュー用のマル腸などのホルモン類、ソーセージ類がアレコレおいてある。

Imgp0965

そういえば、こちらのソーセージ、添加物は最小限と書いてある正直さが良心的><

Img_3341

ちなみに、焼き豚を刻んでネギとメンマをラー油とごま油であえてみました。いやぁ、ウマウマ。

もちろんビーフだってゴージャスに! 我が家は、勇気が無くて今のところこちらの切り落としで十分w 

Img_3312

ローストビーフといった惣菜的なものもあるので料理はしたくない><って方にもおすすめです。ついでに、チーズなんかもそれなりにあるから、こちらに寄るだけで、キャンプの食材はいきなりゴージャスに!

さて、お肉もいいけど魚もねって方には、魚虎さん。こちらは、フツーの街の魚屋さんだが、グラム単位でお刺身の御造りを仕上げてくれるのがありがたい。

Img_3425

カレイにカンパチ、赤身、シマアジをチョイス! くぅ><
魚虎さんの隣は、魚虎さんが経営する食堂「山下」。魚屋さんの経営だけあって刺身類は折り紙つきであります。

いずれのお店も富士宮にお寄りの際はぜひ。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

さの萬さんではないけれど、こちらでも萬幻豚は販売中。どうやら同じものらしい。 富士宮焼きそばも売ってます。

なぜか気が付けば増殖しているスタッキングマグ雪峰。ピヨさんとこみたいだなぁw

| | コメント (3) | トラックバック (0)

冬の我が家の定番キャンプ食 すき焼きなアレ!

 それなりに長めのキャンプに出かけると、ちょっと大変なのがナニを食べようか? ってこと。キャンプ場近くで食材を現地調達できるならともかく、周辺のことがまったくわからない、あるいは、お店が無いってこともままある話である程度の用意はどうしても必要になってくる。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

で、それが冬なら、我が家的にはすき焼き必須! 

Img_3319

鍋なので、シェルター内が暖まるし、とりあえず、肉と野菜、豆腐があればそれなりの形になるのが嬉しい。

ついでに言えば、現地で調味料を考えるのも面倒なので、気が付けば「すき焼きのたれ」を愛用中。
到着した夜「すき焼き」で、翌朝は「すき焼き丼」、Imgp0956

翌々日の昼飯に鳥丼。

Imgp1003

煮詰めて、焼き鳥のタレ、もちろん肉じゃがや、カツ丼、親子丼にもアレンジ可能。

手抜きな我が家にぴったりな1本。青森では定番中の定番、県内シェア70パーセントを誇る焼肉のタレ「スタミナ源たれ」のすき焼きバージョン。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

1本いっとく?

こちら定番中の定番、焼肉のタレもよろしくっw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

炙りに炙るラクレットオーブン&鍋

昨年末のキャンプ話をもう少し……と思っているうちに気が付けば、新年も明けて20日。古~いネタで恐縮ですが、お付き合いくださいませ。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

さて、キャンプにぴったりじゃん!と、昨年ご紹介したラクレットオーブン。富士山キャンプにももちろん持ち込みました。

で、お約束のラクレット。

Img_3366

この日はスタンダードにジャガイモにプチトマト。

Img_3375

シェルター内は、クツクツとろけるチーズの香りに満たされていい感じ。食事が終われば、キャンドルナイトを演出してくれるのもいいところ。

Img_3363

ただ、このムーディさが、僕には似合わねぇ~><

で、ついでに炙っちゃえと取り出したのが、タタミイワシとウルメの丸干し。←コイツは似合うw

Img_3350

いやぁ、こちらもいい感じで火が通ります。

Img_3361

ウルメが1匹なのは、ラクレットオーブンが空くのを待ちきれず、ついつい別の道具で炙っちゃったからw
いずれにせよ、コイツは、我が家のキャンプに欠かせない道具になりそうな予感大!

でもって、ウルメを炙っちゃったもう一つの道具とは、我が家のキャンプ鍋。鋳鉄鍋のストーヴ君。2台の灯油クッキングストーブの上でこちらもクツクツ、コトコト。

Img_3346

ルクルーゼと違い、ダッチオーブン的な蓋を持つストーヴなので、「何か乗せて!」と呼んでくれているような気がしたのだ。
で、ウルメを置いてみると、いい感じで炙れるのですよね。

Img_3357

まぁ、「絵的にどうなの?」と訝るアキちゃんではありましたが、旨けりゃいいのだw
「立ってるものは、親でも使え」「炙れるものは鍋でも炙れ!」という冬のキャンプは炙りに炙るてなお話でありました。

1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

ラクレットオーブンはこんなお値段。コンパクトに収納できるのもオートキャンプにオススメのワケ><

ストーヴの鍋は、こびりつきも少なく冬キャンプにぴったり。重たいけれど、保温性がイイのもポイントです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

メリノなソックス。スマートウールVSアイスブレーカー

以前、放置民率いるいのうえ団長が「スマートウールのソックスがイチバン!」と山ほどのソックスをブログで紹介されているのを見て「そりゃぁ、いくらなんでも買いすぎだろうw」と思った私なのですが、近頃、徐々に増殖中。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

Imgp1047

実は、いのうえさんの記事を読んだ後、アキちゃんに「スマートウールがいいんだってさぁ」と話したところ、「うちにもあるよ。履いてるし……」と既に家内は愛用中であったことが判明w
で、彼女の靴下を収納している引き出しを見れば、ガーン。ウールなソックスが沢山w
そういえば、二人でアウトドアショップに出かけ、僕がアレヤコレヤのキャンプな道具たちを眺めていると、「コレもいい?」と何気にショッピングバスケットに入れていた記憶はある。

Imgp1043

アキちゃん曰く「やっぱり暖かいし、クッションも効いて歩きやすい」のだそうだ。
で、僕も試してみたのだが、これがまた癖になる快適さ。
まず、暖かいし、蒸れずに足先はサラサラって感じ。で、なおかつ、靴のインナーソールを1枚足したかのような履き心地。う~ん、やられました。大昔の毛糸の登山ソックスしか知らない私は、最新のウールってやっぱりいいじゃんと再認識したのでありましたw
 で、新年早々出かけたセールで、見つけたのがメリノウールのもう一方の雄、アイスブレーカーのソックス。下着類は、もはやこれ以外考えられないってほどのファンなのですが、ソックスは未確認。ラッキー! チャレンジだぁと一足1000円を数足GET。履き比べた感じでは、個人的にはやはりスマートウールの勝ちかなぁ。サラサラ感は同じなのだけれど、フィット感とクッション性はスマートウールに軍配が上がるように思います。

Imgp1050

 極上のウールなソックスをお探しの方。冬場のキャンプは足が冷えて……とお嘆きの奥様。スマートウール、オススメです。でもって、スノーブーツの中が蒸れちゃってというおとっつあんもぜひ!w

1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

ちなみに私は、スマートウールの中厚好き!

厚さや用途によってアレコレ選べるのも良いなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年1月18日 (日)

オススメ湯たんぽ miniまる君にやられる><

辛気臭い話でスタートしてしまった2009年のこのブログ。考えてみると、「明けましておめでとうございます!」のご挨拶もまだでありました。いやはや。申し訳ございません。
明けましておめでとうございますっ!

気を取り直して、本日より再スタート! 気合を入れて、アゲアゲで参ります。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

さて、本日のテーマは、『ミニマル』。イマドキ、ミニマルと聞くと、mihimaruGTのお友達?ってな感じがしてしまうのだが(事実、私オッサンなのでそう思いましたw)、土井金属というメーカーさんが作っている湯たんぽのこと。

Img_3489_1

ころ~んとしたスタイルと、ソリッドカラーがなんともいい感じ! 給湯口のクラシカルな金色金具も美しい! 稲穂のデザインが、メイドインジャパンを主張しております。やっぱりお米の国の人だものw

Img_3500_1

 昨年、ショップで見かけるや否や、私、ズキュ~ンとハートを射抜かれてしまったのでありました。
実を言えば、キャンプに湯たんぽって、あんなにデッカイのを寝袋に入れたら邪魔くさいし、昔ながらのマルキルあたりの水筒が丁度いいと思っていたのです私。が、このぐらいコンパクトなら、寝袋の中でも自己主張せずいい感じ。Img_3497_1

容量1.2Lと湯たんぽとしては小振りなのですよね。アキちゃんが黄色、僕が青と全3色中の2色を現在自宅でも愛用中。
付属する、フリース地の巾着型収納袋も、生地が2重になっていてフッカフカなのですなぁ^^ これで、パステル系とか、もっと色んなカラーがあったらいいのにねぇ。
ちなみに、底が真っ平らなので、IHヒーターなら直接沸かせます。で、直火だと、塗装に焼け色が付いちゃうとか……。覚悟でどーぞっw

Img_3483_1

本来、ミニマルといえば、ミニマル・アートやミニマル・デザインとさまざまなジャンルで使われる虚飾を捨てた必要最小限に絞ったコンセプトをあらわす定冠詞的お言葉。まさにぴったりな製品ですっ!
う~ん、単に小さくて丸いからminiまるってネーミングなのかもしれません。

1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

ネットで検索してみたら、いやぁ、写真写りの悪いことw 現物はかなり秀逸ですっ。お値段控えめも嬉しい限りっ。ぜひっ!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

マムート インテグラルジャケットと情熱の薔薇

「この冬、何度雪遊びができるかなぁ?」と思いつつ、ついつい買ってしまったウェアがある。ケロ色のマムート インテグラルジャケットだ。新春セールで現品特価50パーセントOFF。マムートのハードシェルジャケットとしては、最高峰モデル。パタゴニアのプリモフラッシュジャケットも持っているだけに、悩みに悩んだのだが、手放せずにレジへと向かった。
 ケロ色のジャケットには、なぜか縁がある。パタゴニアのレインシャドーや、ゴーライトのレインジャケットも似たようなケロ色なのだ。
いつ、着て出かけられるのか? そう思っていたのだが、思いがけない展開で着ることになった。

Img_2619

「おーい」「おねぇちゃーん」。

この冬一番の寒気団が襲っていたとある山中に母の実家のいとこ姉弟の声が木霊する。僕と家内も力の限り大きな声で名前を呼ぶ。迫る夕闇。

返るのは「お母さーん」「母さーん」。彼女の娘と婿の呼び声だ。
外気温マイナス4度。山は吹雪いていた。

従妹から電話があったのはその日の朝だった。

「おねいちゃんが行方不明になってね。これから探しにいく。一人でも多いほうのいいの。スタッドレス履いている? すぐに来れる?」。携帯電話から、聞こえる久々に聞く彼女の声は、緊張と悲しみで震える涙声。

子供の頃、一緒に遊んだ風景や、母の見舞いに来てくれていた従姉妹、叔父や叔母の顔が脳裏に浮かんだ。

Dscn1001

アキちゃん(家内)に相談しようと振り返ると、電話の内容を察した彼女は既に準備を始めていた。僕のインテグラルジャケットと彼女のプリモジャケットが二つ並んで掛かっていた。家内が「私も行くよ」無言でそう言ってもらっているようでなんだから嬉しかった。涙が出た。

カーショップでスタッドレスに履き替え、GPSやら、スノーシュー、アイゼン、ザイル、ハーネスなどなど、アレヤコレヤの装備をクルマに放り込み、ここまでやったきた。十分な装備で身を包んだ僕らは暖かだが、軽装な彼女は、さぞかし寒かろう……。ただただ日没まで、ひたすら声を限りに叫び続けた。

翌夕、従姉妹は見つかった。
縁者の居ない遠方ゆえ、極々簡素な通夜と葬儀を済ませた。
帰り道、小さな箱に入った従姉は、助手席に座る従弟の膝の上で揺れていた。空は青空、お日様にかかった雲から、幾筋かの光が延びていた。天使の階段だ。彼女が天に昇っていくような気がしていた。

新幹線の駅まで彼らを送り、5日振りに我が家へと帰宅した。

我が家には、息子たちの明るく頼もしい声が響いていた。リビングでとりとめも無い話を交わすうち、先日友人を亡くした次男坊がポツリとつぶやいた。

「ブルーハーツあるじゃない? 『なるべく小さな幸せと なるべく小さな不幸せ なるべくいっぱい集めよう そんな気持ち分かるでしょう?』。僕はその通りだと思う」

僕がかつて好きで聞いていたブルーハーツ。「情熱の薔薇」の一節だ。気がつけば、息子の中でも、また違った想いが芽吹いたのだなぁ。なんだか涙があふれて止まらなくなった。
この歌の歌詞を続ければ、「答えはきっと奥の方、心のずっと奥の方。涙はそこからやってくる。心のずっと奥の方」。

新年から、慌しく悲しい出来事が周りに続いた我が家。ブログを訪れていただく方々にも申し訳ない話だ。だが、それにも増して小さな幸せもまた我が家の周りに数多く満ち溢ている。心の中に情熱の赤い薔薇を咲かせよう。僕らは、きっとすぐに元気になります。今後ともよろしく。

すべての人にできるだけ多くの小さな幸せがありますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

弔意

R1023969

 次男坊の友人の通夜に出かけてきた。若干20歳の死。
後部座席から聞こえてくる次男坊のすすり泣く声を聞きながら、夜の高速道路を自宅へと車を走らせた。
小学校・中学で、同じサッカーチームの左サイドバックと左ミッドフィールダー。小さな頃、子犬がじゃれるようにボールを追っていた姿や、地区の決勝戦で敗れ、涙を浮かべていた姿が僕の目にもハッキリと焼きついている。
ともに成長しつつ、どれだけパス交わしたか。想えば想うほど泣けてくるに違いない。

チームの監督として、常に彼らに激を飛ばし続けた彼の父の姿は、通夜の席であまりにも小さく見えた。

20年という短い人生の中で、僕ら家族にもカケガエノ無い大きな思い出を残し、「生と死」という生き物である以上逃れることができない命題を息子に突きつけてくれた彼に感謝しつつ、彼と彼の家族に安らかな時間が訪れんことを切に願ってやまない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »