« 2009年3月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年4月

2009年4月11日 (土)

オールドパイレックスで知った新事実。パーコレーターで淹れたアメリカンコーヒーは旨い!

 ずいぶんコメントのお返事も更新もサボってしまい申し訳ございません。にも関わらず、いまだ多くの方にアクセスしていただいているようで、恐縮です。ほぼ1ヶ月振りの更新です。メールで頂いている励ましのメッセージや質問、コメント、ぽつぽつではありますが返させてていただく所存です。

 実を言えば、長らく老父の言い分をアレコレ聞いているうちに、僕自身の神経が参ってしまったようで、ある日を境に手足や全身がガタガタ震えだすようになってしまった。
 心療内科を受診したところ、パニック障害とのこと。「原因を取り去ればすぐ治りますよ」と言うのだが、大元である老父はそんなボクを見て「お前は弱すぎる。育て方を間違った」とつぶやくやれやれな日々。震えそうになる体を何とか抑えようと格闘しているうちに1日が過ぎていく。キャンプにでも出かければ直ぐにでも治ってしまいそうなのだがw

さて、そんな日々の中、僕なりの新発見があったのでご報告。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

Img_8605

「パーコレーターで淹れたコーヒーはとても不味い」。ボクが約30年間に渡って持ち続けてきたそんな大きな間違いに、つい最近気がついたのだから、インドア生活もあながち悪くもない。

「パーコレーターでは、旨いコーヒーは淹れられない。が、パーコレーターできちんと淹れたアメリカンコーヒーは旨い!」のであます。これまで存分にパーコレーターを使いこなしてきた方々には、申し訳ないのだが、そんな真理を教えてくれたのが本日ご紹介するOLD PYREXの9cupパーコレーターだ。1940年代の製品だと思われるので70歳近いお年寄り。

Img_8601

思い込みは時として、大きな過ちを生み出すものだ。初めてキャンプ道具としてMIRROのパーコレーターを手に入れたのは、ずぶん昔の話になる。キャンプはもちろん、自宅でも、豆を変え、挽き方を変え、火加減を変え、アレコレ試してはみたのだが、気に入る味にはついに巡り合うこと無く、結局は諦めた。それ以来、僕の中でのパーコレーターは、「不味いコーヒーしか淹れられない道具」でしかなかった。

 夫婦ともに好きなアメリカンガラス食器のショップに出かけ、幾度と無くOLD PYREXのパーコレーターの姿形が美しいとは思っても、わざわざ「まずいコーヒーを淹れるために買うのか?」と自問自答を繰り返し、結局売り場を立ち去ったのはそんなわけだった。

Img_8613

が、ついに気の迷いで手に入れたのだOLD PYREXのパーコレーターを。珍しいブラックハンドルのトールボーイ。PYREXのパーコレーターとしては初期モデルだ。クリスタルなガラスにブラックハンドル。この誘惑には勝てなかった。

早速、自宅で淹れてみると、コーヒーが抽出されていく様子がとても美しい。なにしろ、トップキャップだけでなく、ボディもストレイナーも透明強化ガラス製なのだから……。
底面に沸いた小さな泡がストレイナーで集まり、センターのチューブを通って湯を押し上げていく。コーヒーパウダーを通った褐色の滴がポトポトと落ちる。しばし、その様子に見とれているだけでも、なんとも楽しい時間がすごせたのだった。

で、閃いた。オールドパイレックスのパーコレーターの泡を受け止める部分は、ほぼ鍋底の直径に等しいぐらいの大きさだ。「小さな泡が出るギリギリの状態で淹れれば、もっと旨く淹れられるんじゃないのか?」

Img_8627

一般的に、パーコレーターで淹れたコーヒーが美味しく無いのは、コーヒー豆が長時間に渡って高温に晒されるからだ。
 それをできるだけ小さな泡が立つ状態(上質なコーヒー豆の抽出温度である85度~90度程度)で短時間で淹れられれば、それなりに香りもあり飲めるコーヒーになるのではないか?

で、淹れかけたコーヒーを捨て、淹れなおしてみたコーヒーを飲んで驚いた。
旨いのだw もちろん、ドリッパーや他のコーヒーメーカーで淹れたコーヒーとは違う味わい。そう、今まで飲んだ、どのアメリカンより旨いアメリカンコーヒー。

ボクのひとつの間違いは、パーコレーターは、アメリカで生まれたコーヒーメーカーであり、ヨーロッパ的なコーヒーを淹れる機能を求めてはイケナイ作りであると気づかなかったこと。
 そして最大の間違いは、パーコレーターで旨いアメリカンコーヒーを淹れるために必要な弱火は、今まで考えていた弱火とは桁が違っていたのだ。当時使っていたどのキャンピングバーナーは元より、家庭用のガスレンジの最弱火よりも弱かったということだ。なにしろ、現在使っている我が家の家庭用ガスレンジの3rdバーナーの最弱火約300cal/hで十二分なのだから。

Img_8623

↑コレでも、火が着いてます。

パーコレーターを扱うメーカーやコーヒー器具販売店の解説にも「弱火」とは書いてあるものの、キャンプで使うには通常ではとても実現不可能にも思えるほどの弱火がベストなのだ。モンベルあたりのヒートパットを使えば、キャンプストーブでも弱火は可能かもしれないね。

できれば粉は、中挽きで。これが今のところのボクなりのベストアンサー。焙煎度合いはお好みで^^

そういえば、もう一つ世間一般に蔓延している間違った大きな思い込みを一つ。
「コーヒーをお湯で割ったらアメリカン」というけれど、それは事実では無いということだ。パーコレーターできちんと淹れたアメリカンコーヒーは、香りも味の広がりもきちんとある。もちろん、いわゆるコーヒーとは違うのだけれどね。エスプレッソはあくまでもエスプレッソの旨さがあり、アメリカンコーヒーにはアメリカンコーヒーの旨さがあるということなのだ。

パーコレーターの可能性に新たな興味を見つけた僕は、この後、キャンプ用に1台買い足し、その致命的とも言える欠点に愕然とするのだが、そのお話はまた次回に。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

ボクにパーコレーターの新事実を知らしめてくれたオールドパイレックスのパーコレーターは、4CUP~9CUPまで。年式やレア度、程度でお値段は様々。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

« 2009年3月 | トップページ | 2010年1月 »