« ロゴス ピラミッドグリルって意外に丈夫!W | トップページ | あきちゃん日和 更新のお知らせ »

2010年6月 8日 (火)

パーコレーターで淹れたアメリカンは旨い! その2

766 

ブログを始めてからこれまでに書いた記事が1072本。そして、この1年で書いた記事が20本ほど。期間を1年半に広げても40本ほど……。いやぁ、なんとグータラしていたことかw 終わっていたに等しいブログなのですよね。
あぁ、それなのに、ここ数日、体調も比較的良く、毎日記事をUPすることができた(と言っても3日だけど……)。それだけでも、ありがたいことなのに、コメントをいただき、気が付けばブログのランキングも、急上昇! 恐る恐る自分でポチっとしてみたら、なんと4位では無いですか……。

  うーん、なんと申し上げて良いのやら……。待っていて戴いたと思うのはあまりにも厚顔無恥な思い上がりではありますが、本当にありがとうございます。以前、このブログでもお話したとおり、お友達の少ない私ゆえ、日々、1000程のユニークアクセスをいただいておりますが、実際にお会いしたことのある方は、両手で足りるのではないかと思います。これほど読み手に恵まれたブログもそうそう無いのでは? ととても幸せな気分です。
薬の量が減ったわけでも無く、完全復活とはまだまいりませんが、これからも、いつもながらの自己満足の記事をマイペースで上げさせていただきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。

さて、数少ない、待っていて戴いた方に、パーコレーターのその後を……。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票


665 実はですね。その後、現行品の各社パーコレータや、旧ミロ社製のパーコレーターをチェックしたのですが、ポンプ部分(一番下のお皿みたいなヤツね)の直径がみんな小さい。パーコレーター本体底部の直径から考えると、どうにもなんねーってぐらいにw。
702 703 この内部のスペースだけで、お湯を沸かすってほとんど不可能な作りなのですね。

で、工作を……。アルミ板を買ってきて、ドーナツ状に切って、ハカマのようにネジ止めしてみました。が、形状が良くないのか、思うようにお湯が上がりません。

670 679 となれば、このスペースだけでお湯が上がるには……。ポンプ部を全面的に作り変えるか? いやぁ、めんどくさい……。

そんでは、火の方を理科の実験で使ったアルコールストーブでも使ってみるか? と思ったのですが、それも実用性に欠ける。773結局、SOTOさんのGstoveとか、プリムスのEtapowerとか、P114ナノストーブ直噴式のストーブを使うのが一番良いという結論に達しました。で、火力はもちろんチョロ火。

この使い方だと、ポンプに湯があがっても本体は熱くなりません。こんな感じで触れます。

768

まぁ、普通はここで満足するんだろうと思います。でも、な~んか納得いかねぇ~っ><  だって、パーコレーターで淹れるコーヒーが、こうして淹れた方が旨いのなら、なんで旨くないコーヒーが入るパーコレーターが未だに売っているのだろう? という、素朴な疑問。ひょっとしてパイレックス以外にも旨く淹れられるパーコレーターがあるんじゃないの? ここからが散財なボクの散財屋たるゆえん。気になっちゃったのですねぇ。古いビンテージなパーコレーターはどうなってるのかなぁ? とw

663 で、アメリカからあれこれビンテージなパーコレーターを取り寄せてみてビックリ。ポンプ部分がもちろん小さなものもありますが、デカイのがほとんど。ついでに電気式のものなんて、ほんの小さなポンプ部分だけが加熱されるように設計されているのであります。つまり、適温でコーヒーを抽出できるわけですねぇ。いやぁ参った。パーコレーターに関しては、現行品は、むしろ退化しているのかも?

うん? ↑の写真? 今まで持ってたヤツにプラスしたら、こうなりましたw もちろんビョーキです。 わかってますw

とうところで次回に続くw

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

今手に入る直噴式の小型ストーブって意外に少ない。こんな感じなんですねぇ。

普通に弱火で旨いアメリカンが飲めるオールドパイレックスのパーコレーターは、こんなお値段

|

« ロゴス ピラミッドグリルって意外に丈夫!W | トップページ | あきちゃん日和 更新のお知らせ »

コメント

なんですかこのパーコレーターの山はwww
しかしこの記事を読んで初めてパーコレーターの理屈がわかりました。
なるほどなるほど、確かに考えてみれば至極当然w
ちょとパーコレーターを見直してみる必要がありそうです。

投稿: いのうえ | 2010年6月 9日 (水) 01:37

度々スミマセンw
さっそく持ってるものを確認してみたところ、GSIの6CUPはポンプ部分が底面をほぼ覆うくらいでした。
おなじGSIでも14CUPは小さかったです〜

投稿: いのうえ | 2010年6月 9日 (水) 01:40

オールド・パイレックス・・・・その名前を聞いて「おぉ~~~」と思うのは私達の年代でするね(^^;

私ん家にもオールド・パイレックスを含めいろんなメーカーの強化ガラス食器がありまするが、いつの間にこんなに高価になったんでしょうかでする(^^;

いつの日か、お会いした時に、お互いのパコレのコーヒーの飲み比べ品評会でもしましょうでする(^^)

楽しいだろうなぁ~~~(^^)

投稿: スローライフでする^^ | 2010年6月12日 (土) 21:18

いのうえさん 山ではありませんっW まだあるのですからW ついでに言うと、ダメジャン、落ちを先に言っちゃぁW

スローライフさん オールドパイレックス。オールドコールマン、オールドタッパウェア……。なんでもオールドになっちゃうのですよねぇ。ほんでもっと、僕もオールドにW
パーコレーターの淹れ比べ面白いですね。
豆の好みなんかも出て楽しそうだ^^

投稿: サン | 2010年6月12日 (土) 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25490/48577926

この記事へのトラックバック一覧です: パーコレーターで淹れたアメリカンは旨い! その2:

« ロゴス ピラミッドグリルって意外に丈夫!W | トップページ | あきちゃん日和 更新のお知らせ »