« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

今年最後は燃えてます。今年のストーブラインナップ。

なんだか湿気った話で1年を締めくくっては験が悪い。ということで、駆け込み乗車ならぬ書き込みUP!

 

IMGP2939 灯油なストーブたち。いわゆる、対流型の石油ストーブばかりであります。   
趣味というか嗜好ってヤツは困ったモノで、同じ灯油を使うストーブでも、世の中には便利で快適なファンヒーターもある。エアコンだって省エネで暖かい。子供たちや夫婦の部屋の暖房は、エアコンとガスファンヒーターの併用だ。

 

でも、好きなんだぁ。対流式の灯油なストーブが。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

   

IMG_7561

 

酸欠にならないためには、換気は欠かせない。   
給油だって、灯油ジョッキに入れてからストーブへ移すメンドクサイ儀式が必要だ。   
点火・消化時には、灯油なストーブ特有の臭いも出るし、古いヤツだ と煤も出る。   

 

IMGP2957熱気は天井付近に集まりやすくサーキュレーターの設置も欠かせない。   
自動点火装置なんて便利な機構は付いていないか、壊れているw   
地震のときのために手近に消化器の設置は必須となる。

 

でも、好きなんだなぁ。対流式の灯油なストーブが。

 

で、ついつい集まってしまう対流式灯油ストーブ。   
キャンプで使う灯油クッキングヒーターのバーラーさんやアラジンさん。   
同じように自宅で使うバーラーさんやアラジンさん、ついでにパーフェクションや、トヨトミ、ナショナル、ニッセン、PODにバイキングと節操も無くやってくる。ブルーな炎にオレンジな炎と、炎の色もそれぞれだ。

 

IMGP2943

 

それも型違いで数台ずつあるものだから、あきちゃん(家内)に言わせると、どーしようもない状態。可愛そうにっ、あきちゃん。

 

灯油なストーブを使っても良いよとあきちゃんにOKをもらっている部屋は、1階の3部屋だけ。リビングに普段人気の無い客間と僕の作業場。最大3台……。   
というわけで、その年使うストーブの座を得るのはかなり熾烈だ。

 

IMGP2953

 

今年、本日までは、少なくともこの3台でいってみようかなぁと思っている。

 

なぜかぜーんぶ、オレンジフレームw

 

暖かい雰囲気が良いのだよねぇ。

 

スターティングメンバーは、バーラーのNO.525(60年代製)とトヨトミKSA120B(87年製)、ナショナルOS356C(70年製)。

 

IMG_7563

 

う~ん、我が家の灯油ストーブラインナップの中では、最新式の部類に入るトヨトミですら、23年モノ……。まぁ、50年もののオッチャンの趣味ですからw

本年も1年ありがとうございました。来年もよろしくお願い申上げます。

ちなみに「あきちゃん日和」も正月飾りに^^

SUN

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

今年最後の与太話……タブン。

 僕がヘンテコリンな病気になってから、ずいぶん時間が経った。最初のパニック障害の症状が出てから、2年以上が過ぎようとしている。

パニック障害→高血圧の悪化→腎不全の悪化→軽い鬱……。

一時期は、自分自身の存在する意義すら見失って、家族にも友人にも迷惑をかけた。

そんな僕なのだが、好不調の波を繰り返しながら、徐々に回復に向かっているなぁと感じる今日この頃。ありがたい話だなぁと思う。

家族に、老父に、老母に、友人に、そしてこのブログの友人たちに、感謝! 感謝!

近頃、思うこと。

歳をとって、多少なりとも大人になっている。何物かになっているというのは大きな間違いだった。自分は、ちっぽけで、何物でも無い人。

子供たちは成長して、自分のことは自分で出来る。

生きている。ただそれだけで年齢なんて関係ないねぇ。

逆に教えられることばかりなのだ。

いきものがかりの「ハジマリノウタ」が好きだ。

歌詞を勝手に引用させたいただくと

「夢の途中」そう気づいたら、なんだかちょっと楽になって
答えなど無くていいんだよ 僕の頬は少し朱に染まる

中略

僕が生きた「証」を残そう それをいつの日か「夢」と名付けよう
つつましくも意味の在る「証」を 意味在る「夢」だと、確かな「夢」だと
僕は「今」を信じて歩こう たとえそこに祈りかなわずとも
生まれゆくすべてのことばを この手に抱えて この手に抱えて

息子たちと同じぐらいの彼女の歌声を聞いていると、50歳の僕の頬も朱に染まった。

今夜、「第79回全日本フィギュアスケート選手権大会」をテレビで見ていて、50歳の僕は涙した。

いくつもの大きな壁に挑んで乗り越えて、たゆまず進む彼女たちの姿に感動せずにはいられなかった。テレビのスポーツ中継を見て涙する大人を僕はバカだと思っている。
そんなことで心動かされていては、大人の男と言えないと見栄を張っているのだ。
それなのに僕は、テレビのスポーツ中継を見て良く泣く。そんなもんなのだ人間は。

あぁ、今夜も与太話。

さて、僕も大きな壁を乗り越えて散財するのだw

来年は、元気な僕で!

「あきちゃん日和」、半年ぶりに更新しましたのご報告まで。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

24ならぬ30だっ! そして今年のクリスマス。

写真は撮ったものの記事をUPしようとお思いつつ、ついつい先延ばし。あきちゃんの「クリスマス終わっちゃうけど?」の一言で気が付けば22日w 上げねばっ><

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

IMG_7685

 

玄関脇のスペースがクリスマスバージョンに12月に入ってから代わっていた。   
IMG_7682 「あぁ、こんなのあったよねぇ」と子供たちの成長とともに出番が少なくなっていたアレコレに子供たちの記憶に深く刻まれたものもあり、夕食での会話も弾む。   
DSC02444

 

お約束の「宿り木」さんのリースも今年のバージョンが飾られ、クリスマス気分は否が応でも全開に!

 

IMG_7692 

 

IMG_7688そういえば、長男が生まれた頃に買ったドイツのウィンドミル(クリスマスピラミッド)があったよなぁと引っ張りだしてみたり、オルゴールを出してみたり……。

 

IMG_7660

 

IMG_7663 

 

IMG_7670

 

IMG_7676

 

無宗教に近い仏教徒な我が家なのだが、お祭り気分なクリスマスへの強烈なエモーションが沸き上がり、「結婚25周年にクリスマスピラミッドを追加しようか?」ってことに。   
SDIM0033

 

SDIM0032

 

近所のショップやヨコハマのクリスマスマーケットにも出かけたのだが、残念ながら、どうもピンと来るモノがない……。あんまりカラフルじゃないシンプルなものが欲しかったのだ。

 

さて、どうしよう? と思った時に思い出したのが、去年、あそこで見たよねぇ。しかも、屋台まるごとクリスマスピラミッド! まさに群れって感じで……という光景。

 

で、長男に「六本木でお店を見て、無かったら大阪行ってくる。なので帰りは明日になるかも?」と言ってみた。

 

長男「……」。しばし沈黙。   
「えっ、どしたの?」と僕。「いや、六本木の次が大阪だとは、フツー思わないでしょうw」と長男。

 

「今から出れば、閉店までに間に合うよね」と何気に言うあきちゃん(家内)。時刻は、14:00。「8時間かぁ……」、ちょび考えちゃう僕。都内の渋滞、岡崎手前の渋滞を考えると、ちょっと微妙も? とは思う。が、考えていても仕方ないので、スタート直後に六本木はパスすることにして直接大阪へGO!

 

都内湾岸線そこそこ渋滞、首都高も予定通り渋滞、東名に入り順調に進むも、岡崎手前でまたまた予定通り渋滞80分。時刻は、19:00。   
ナビの到着予定タイムは、どんどん伸びる……。一時は、閉店時間の22:00を軽くオーバーして22:30を示していた。   
めげずに休憩はもちろん食事も諦めて、ひた走り目指すは大阪のクリスマスツリー!   
21:30頃、クリスマスマーケット大阪2010に到着!

 

P1000278

 

やったぁと、会場へ! がっ、ありません……。あのクリスマスピラミッドの群れがあったお店が……。衝撃っ><

 

P1000271し かたが無いので、ちとふらついて、記念にオーナメントを買って……。

 

そこで大問題勃発! 自宅近くで満タンにしたガソリンは、ほぼカラッケツ。急いでいたので給油の時間も惜しかったのだ。大阪は大都市なのでガソリンスタンドぐらい沢山あるに違いないと多寡をくくっていた。が、沢山あるが、行く先々で閉店後。あぁ、エクスプローラーのドライブコンピューターの表示は、EMPTYまで、あと5kmを表示。残量は多分1L……。知らない土地でガス欠は悲惨だ。適当なところに停めて夜明かしか?   
と、思った時、神の手が伸びた。開いているスタンドで、給油。危機は脱した><   
満タンで80L入るタンクに給油量79L。「エクスプローラーのドライブコンピューターって、意外に正確じゃん」と妙なところに感心してしまったw

 

このまま帰るか? でも、ご飯ぐらい食べたいよねぇ? ということで、深夜に開いている観光スポットとしても有名な、堺魚市場へ。以前から気になっていたのだよねっ。   
お寿司屋さんと天麩羅屋さんがあるのだが、有名なのは「てんぷら 大吉」さん。P1000283   
長蛇の列に一気に萎える。

 

深夜0:00時過ぎにこの列に並ぶ気力無し。で、天麩羅「あば新」さんへ。

 

P1000288

 

夜中なのにどうしよう?ってぐらい満腹で油ギッシュ、二人で3600円也。名物の貝汁(てんこ盛りあさりの味噌汁)の貝は、床に捨てるお約束。が、あきちゃん、出来ませんw 仕方が無いので、誰が捨てても一緒じゃんかと思いつつ、僕が代わりにポイポイ。

 

P1000284 「帰ろうか?」と僕、「折角、ここまで来たんだからねぇ」とあきちゃん。

 

ということで、03:00大津SAで仮眠して、08;00起床。   

 

僕ら夫婦が大好きなお店がある名古屋へ。SAHANさんミシュカさんトリムソウさんホリドールさんと4軒お邪魔しました。ついでに途中ミシュカさんで教えていただいたカレー屋さん「ホジャナスレッディン」さんで昼食! いやぁ、優しいカレーで美味しかった>< いやぁ、名古屋っ>< 素晴らしい!

 

で、15:00頃、名古屋発。20:00千葉着。前日14:00時に出かけてから30時間のトリップ。走行距離1200km。

 

24(TWENTY FOUR)ならぬ、30(THIRTY)な1泊二日車中泊な旅でありました。

 

またやる? えぇ、機会があればw

 

さて、後日談。1200キロを走った翌日、スルーしていた六本木ヒルズのクリスマスマーケットへ!

 

DSC02435 うーん、あきらめの悪いこの性格……。   

 

DSC02436 で、結局ココが一番の品揃え。写真はNGとのことで、写真無しw 25周年記念のウィンドミル(クリスマスピラミッド)をGET! 片道40分。IMG_7721 あぁ、灯台元暗しだねぇw

 

IMG_7703 IMG_7712今年もクリスマスツリーはお休み。毎年少しずつ買い集めたオーナメントが結構貯まった。来年は久しぶりにツリーを飾ろうか。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

クリスマスピラミッドは、安価なものから高価なものまでいろいろ。お顔の雰囲気もメーカーによって色々。楽しめます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

つい焚き火したくなる焚き火台。

四季を通じて焚き火はいいねぇ。特に、冬場の焚き火は欠かせない。とはいえ、かかる手間を考えると、ついつい億劫に……。   
どんだけメンドクサガリナンダ……という声も聞こえて来そうだが、風に気をつけ、焚き火の世話をして、翌日は、灰を片付け、灰にまみれた道具を分解して仕舞う。あぁ~やっぱりメンドクサイ! ホントは、それも楽しみなんだけどねっ。

 

IMGP2635

 

で、道具は持って行っても、気が付けば滅多に焚き火をしなくなった。キャンプに焚き火が必須では無くなって久しい。

 

が、そんな僕に「焚き火したいなぁ」と思わせる道具が現れた。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

   

IMGP2647

 

A&Fのオリジナル「ファイヤースタンド」がそれだ。

 

ケースから出して、パカッと開いて、四角い皿に載せるだけ。ほとんど組み立てに手間がかからない。

 

IMGP2644

 

で、薪をくべ、火が付いたら、下からとっても良くエアが入って良く燃える。   
灰は、本体内に溜まらず、どんどん下皿に落ちていく。

 

IMGP2654

 

良くエアが入るので、くすぶり知らずだ。構造を考えれば、どでかいネイチャーストーブそのものだ。

 

IMGP2634

 

笑'sさんのB6君、ちび火君、イット君も、良く燃えてくれて良い道具だが、完全に分解できるのがメリットでもあり、デメリットでもある。組み立て分解の一手間がチト面倒なのだ。熱で歪むと収納に苦労もする。ケースバイケースで使い分けたい。

 

20100905_720384

 

で、組み立てと分解をほぼ必要としないファイヤスタンド。翌朝は、本体を外して灰受け皿の上でパタパタ。そんでもって、皿だけ灰捨て、あるいは袋の中にゴソゴソっと入れれば終了。

 

コレを使っちゃうとですねぇ。マジ、離れられなくなります。しかも、極厚ステンレスで歪みにくくコンパクト収納。

 

IMGP2571

 

ついでにいえば、五徳のデキが秀逸。不要な時は畳んでおいて、必要なときだけ火ばさみで起す。邪魔にならないのだよねぇ。しかも、強度もあるから、ダッチを載せても余裕だと思う。まだストウブの鍋しか載せていないのでたぶんだけどw

 

IMGP2591

 

うーん。焚き火やグリルの道具は奥が深いね。今年だけでも、笑'sさんのを3台、ダイレクトデザインさんのを2台、ついでにスイスのFIBI-STYLEの薪ストーブを1台。焚き火をしないと言いながら、やっぱり良い焚き火道具を探しているのだ。そんな僕が秀逸だと思うオススメの焚き火台。A&Fのファイヤースタンドは優れものだと思う。教えてくれたスローライフさんありがとうね。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

ついつい僕が今年買ってしまった焚き火&グリル道具は、こちらw あほやっ><

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

いいなぁ。フェザークラフトっ><

昨年、お友達の知り合い太郎ちゃんがカフナに乗っていた。埼玉の巨匠・バロンパパさんが今年、やはりカフナを買った。いやぁ、正直言って羨ましい。

 

kahuna-side

 

今にして思えば、遠い遠い昔の話。仕事で訪れた友人の家で、夜な夜なアウトドア遊びの話でアホほど盛り上がった。その友人は、やはりフェザーに乗っていた。国産艇とは、全く異なる発想と手法で作られたその艇は、憧れであり、そんな艇で旅する風景をボケーッと日々夢想した。特にK2がメチャクチャ欲しかった。   
k2-side

 

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

就職して、まもなく結婚、子供も生まれたばかり。あきちゃん(家内)はアウトドアの「ア」の字にも興味が無かったあの頃。フェザーどころか、モスの幕体の話すら家ですることはなかった。まさに僕の中だけの密かな憧れだったのだ。

 

  あれから20年余の時が経ち、今になってみれば、無理をすれば手の届くかもしれないフェザークラフト。なのに結局、リジッドな艇に落ち着いている。   
img_6781

 

気が付けば、手元には、FRPのシングル・シーカヤックが2艇、ポリのシングルカヤックが4艇、シットオンのダブル艇が1艇、ファルトのシングル艇が3艇、ダブル艇が3艇、インフレータブルなシーカヤックが1艇。まぁ、フツーじゃないなぁw もちろん、あきちゃん(家内)には「乗らないヤツは、整理してね」と優しくタシナメラレテイル。人+ワンコを加えても、我が家族には、あり余る乗艇定数。使うシチュエーションは、それぞれ違うと、言い訳をしつつも、完全な笑い話だ。

 

16_large

 

色んな艇に乗ったけれど、それぞれにクセがあり、味がある。水面の状態をヴィヴィットに伝えてくる艇もあれば、何気に受け流す艇もある。乗りこなす艇があれば、乗せられているだけの艇もあるw どれが一番とかじゃなくて、それぞれに面白い。

 

img_4847

 

そんな中、やっぱり、フェザーには憧れる。若かりし頃の想いもあるし、語り継がれるべき伝説もある艇。畏怖の念すら感じてしまうフェザークラフト、僕ごときが乗る艇じゃないんじゃないかと、ビビる自分が居るのだ。

 

実を言えば、この数年でも、フェザーを買っちゃおうかと一人で思っていた時期もあった。が、一人で1艇ならともかく、複数ファルト艇を組む気力が無い。体調も崩した。一人で水面に漕ぎ出すことを、あきちゃんに禁じられた。断念した。

 

クルマのルーフトップで運んで行って、下ろして漕ぐ。手軽なリジッド艇に流れたワケだ。ワンコ2頭を家族に加え、フェザーへの道はより一層遠のいている。   
14_large

 

時、人、場所……色んなものに左右されてその時にぴったりな道具に落ち着く。欲しいと思うものと実際に使うモノは違ってくるのだなぁと、フェザークラフトのカヤックを見るとそう思う。カヤックに限らず道具ってそういうものだ。

 

それにしても、いいなぁ、フェザー。乗れないけどw

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

久々に想う。なんてことのないアウトドア好きのルーツ。

さて、ナニをカコウか? と考えると、ちょっと面倒な気分になる。で、夜も更けて一日が終わってしまう。そんな繰り返して1週間……。ダメジャン。

今日はなんだか嬉しいニュースが! ステラの健康状態が安定して狂犬病の予防接種。登録も済み、正式に我が家の一員に!

DSC01942

お友達が平安の床を見つけたなんてニュースも届いた素敵だなぁ……。
いいねぇ、いいねぇ。

DSC01079

僕は、中学生の頃から大学生まで、調査補助員として、考古学の発掘現場で働いていた。旧石器、縄文、弥生、古墳などなど、いろんな時代の地ベタに這いつくばって、春から夏、雪のチラツク冬まで、四季の移り変わりの中いろんな場所を掘った。
休憩時間にドカッと座り込んで、流れる雲を眺めていると、何世代も昔の空を眺めている気分。表土をどんどん掘り下げた地べたは、その時代の地表だ。この地ベタで昔の人が暮らしていた……。そう考えると、なんだか不思議とちっぽけな自分を自覚できて、心落ち着く気がした。まぁ、生来の怠け者なんだよね。

 IMGP2671

成人して、冷え込む冬は、尻ポケットには、ウィスキーの小瓶を突っ込んでチビリチビリ。一斗缶で焚き火。薪のはぜる音と、焦臭さが体に染みこんだ。

そんなことをふと思い出す夜。

僕のアウトドア好きの一端は、きっと、こんなところにもあるのだよねぇ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

モヒカンとホットプレート

うひゃぁ~っ! 今日から12月>< 今年もあっという間に終わっていきます。   
我が家の三男坊も含め、全国の受験生も追い込み! がんばれーっ!   
皆様のおかげで、ランキングも復活。元気がでますっ。

 

さて、髪を刈ると風呂に入った三男坊。しばらくすると「お父~さん」と、僕を呼ぶ声。バスタオルでも忘れたのか? と風呂場に行ってみると、この姿w  どーでもいいけど、毛だらけじゃんw

 

DSC02343

 

「一度やってみたかったんだよねぇ」とモヒカンですっ。誰の血を引いたのやら……。もちろんその後、丸刈りにw 大丈夫か? 受験生。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

で、本日の本題は、コチラ!

DSC02333 

イワタニの「焼き上手さん」であります。カセットガスを使ったホットプレートですね。これまで我が家は、何十年もの間、フツーの電気式のホットプレートを買い換えて使ってきたのですが、テフロン加工が劣化して丁度買い換え時期。

 

先日、広島のつぼちゃんが、コイツで広島流お好み焼きをキャンプで焼いてくれたのですが、焼き上がりも早く、表面がパリッと焼き上がる実力に触れ、購入に踏み切りました。   
使って見ると、電源コードから解放されるって素晴らしい。使う場所を選ばないのはやはり便利です。やっぱり邪魔だったんだなぁと、実感させられました。

 

DSC02325

 

DSC02335

 

近所の農産物直販所で西の青ネギを見つけたので、使い始めはもちろん広島流お好み焼き! かなり良いデキに仕上がりました。ムラ無く火力が強いのですよね。蓋も付き、鉄板の深さもあるので、餃子なども上手に焼けそうです。

 

DSC02327

 

うーん、広島のキャンプの達人、さすが良い道具を使ってます。これで、お好み作りに、つぼちゃん要らずになったかも?w

 

後片付けも載っている鉄板が冷えたら水洗いできるので超簡単。おすすめです。

 

もちろん、キャンプでも使えます。5000円台から買えちゃうのも嬉しいねぇ。

 

焼肉好きなら、焼き肉プレートが付いた「焼き上手さん2」もありかも。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

焼き肉プレートが付いた「焼き上手さん2」は、ちょびっと高め。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »