« FIBI-STYLEの縦型薪ストーブ FIBI-Zeltofen III その1 | トップページ | 自転車レストア始めましたっ! »

2011年2月25日 (金)

FIBI-STYLEの縦型薪ストーブ FIBI-Zeltofen III その2

春一番が吹き抜けて、さぁ、春を待つばかり! そんな2月の末になってこの話題。

 

いやぁ、世間と別の次元で生きてるなぁと思う今日この頃。かなりズレテマス。

 

とはいえ、今日で、1週間連続UP! 肉体はともかく、精神的にだんだん、調子が戻ってきているなぁと感じる自分が嬉しい。

 

三寒四温というけれど、そんなペースで回復中。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

20110224-P1000525

 

て、昨日、収納ケースの外観だけをご紹介して、中味を全くご紹介していないFIBI-STYLEの薪ストーブⅢ型(FIBI-Zeltofen III)。

 

まぁ、お値段がお値段なもので、バッカじゃねぇの? とお思いの方もいらっしゃるかと……。

 

とはいえ、バッカじゃねぇの? と自分でも思ったけれど、欲しかったのさ。このストーブが。というのも、つぼちゃんが教えてくれた自作の縦型薪ストーブがめちゃカッコ良かった。自作と考えたけれど職人さんではないので、道具を考えただけでも相当無理。で、コイツをw

 

燃焼レポとはいかないが、各部のご紹介。

 

まず、収納ケース。グリーンの紐がキャリングハンドルです。ただの紐なので長時間持つと、ちと手が痛いですw

 

20110224-P1000576

 

で、黒いテープがマジックテープになっていて、アルミの蓋押さえを 固定しています。

 

20110224-P1000577

 

 

 

マジックテープを外して、アルミの金具を回転させてロックをはずしま す。

 

20110224-P1000578

 

で、蓋を外すと現れるのがストーブ本体の上面部。本体は2mmぐらいかなぁ? のステンレス。場所によって厚みが違う。

 

20110224-P1000579

 

20110224-P1000580

 

小さな穴が、煙突を突き刺すホールです。

 

引っ張り出すと、内部には、本体に灰受け。

 

20110224-P1000581

 

煙突類は、円形の蓋を開けると全部収納されています。

 

20110224-P1000584

 

煙突類は、こんな感じ。穴あき円筒を本体上部のホールにプスッと差します。

 

20110224-P1000585

 

で、その後順番にクルクル巻かれた状態の煙突パイプをスリットに合 わせて組み立ててパイプ状にして煙突をつなげていきます。

 

20110224-P1000609

 

20110224-P1000612

 

↑は、一本のパイプの上部と下部。片側が切り込みのスリットでロックされるので、そこにもう一方をはめ込んで延長していきます。

 

1枚板ですが、折り加工されているので、かみ合わせは良好。手がかかってます。

 

こちらは、煙突が直接幕体に当たらないようにするガードパイプ。

 

20110224-P1000615

 

写真には写っていないが、上面がふさがれた、煙突最上部のパイプがある。

 

本体をひっくり返すと、3本の脚が折りたたまれたこの状態で収納されている。

 

20110224-P1000586

 

20110224-P1000588

 

 

 

脚を開いて、灰受けをセット。

 

20110224-P1000594

 

立てると各脚のスリットに本体のフレームがはまって固定される設計。

 

不用意に脚が折りたたまれないようにと、よく考えられているワケです。

 

もちろん、脚には穴が開いているのでペグ打ち固定OKというか、可能。

 

また、内部に貯まった灰は、底にもうけられたエアインテークから、この灰受けに落ちる。

 

20110224-P1000590

 

エアインテイク調整用のレバー。コイツをガチャガチャ動かすと、灰が落ちるはずです……。

 

20110224-P1000598

 

 

 

内部には、ロストル装備。

 

 

 

灰受けは、燃焼中もやけどにさえ気をつければ外せるので、長時間燃やし続けて灰がたまっても処理できるってのも良いなぁと思った点。

 

こちらが、内部に設けられたダンパー(排煙制御フラップ)。

 

20110224-P1000599

 

でも、構造を見ているとダンパーというより、副燃焼室への煙道開閉装置って感じかもしれない。

 

閉じた状態だと熱せられた未燃焼ガスが左右の煙道に導かれ、本体の熱で二次燃焼する構造。

 

着火時には、このように開いて直接煙突へと煙を導く。

 

20110224-P1000601

 

両面にガラスがはめ込まれているので、炎の状態はとても確認しやすい。

 

20110224-P1000604

 

トナカイや、月、星のマークは可愛いけれど、僕にとってはちと恥ずかしいw

 

薪の投入口は、こんな感じで開く。

 

20110224-P1000605

 

これが、扉のロック。

 

20110224-P1000607

 

構造から考えると、これで燃えないハズがないという、理想的な作り。

 

煙突もかなりきちんと組めるので、煙の漏れは最小ですみそうだ。

 

薪ストーブは、時計型から始めて、これで4台目。

 

後方に排煙するのではなく、真上に煙突を出して排煙するストーブは、煙突の気流が強いため。それなりの構造が必要だ。

 

実を言うと、燃焼室まで折りたためるストーブが、コンパクトに収納できていいなぁとは思う・

 

同時に、熱での歪みの問題や煙の漏れが気に掛かる。

 

TENTIPI純正ストーブやこのストーブに設けられている二次燃焼効果が望めない点などを考えると、収納サイズと強度・燃焼効率はトレードオフかなと思う。

 

img_2460

 

とはいえ、折りたためないTENTIPIのストーブでも、煙突辺りまで赤熱化している状態で、エアインテークをフルクローズドさせると、強烈な排気によって本体がペコリと凹んだと友人から報告が入った。丈夫だと思って過信しちゃいけないんだねぇ。人柱になってくれた友人に感謝。スマン。

 

img_2441

 

さて、燃やさなきゃっ! とは思うけど、このペースだと来シーズン? トホホですねぇ。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

|

« FIBI-STYLEの縦型薪ストーブ FIBI-Zeltofen III その1 | トップページ | 自転車レストア始めましたっ! »

コメント

呼んだ?

ええ。
ええ。。
ワタスが人柱となった「友人T」ダス。。

ま・さ・か・・

あの頑丈そう(に見える)なストーブが凹むとは・・(T_T)

はぁ~・・マジで板金に出そうかしらん。。

ところで、FIBIストーブ、面白そうじゃないですか~~。
早く見たい!
TenTipiライトも!

投稿: たつごろう | 2011年2月25日 (金) 23:07

いいですね!

テントの中で、炎をみていたら、時の経つのを忘れそうですね。

バイパスダンパーもいいですね。
2次燃焼機能付き設置型の薪ストーブは、このタイプのダンパーですからね。

煙突の構造がちょっと気になってますが、何回も組み立てを切り返して
煙が漏れたりしませんかね?スリットの部分あたりから。

縦型の方が、デザインは綺麗ですが、個人的には横型が欲しい所です。
横の方が、燃焼も緩やかですし。

しかし、輸入の手段が・・・
その前に、お金もないです。(T_T)

投稿: Vespa | 2011年2月26日 (土) 17:23

たつごろうさん いやぁ、申し訳ない、とはいえ、たつさんのチャレンジのお陰で、全開最大火力後のインティーク全閉は、いかに丈夫なストーブであっても凹むっ! という事実をTENTIPIユーザーに知ってもらえるだけでも、その功績は素晴らし!
板金! いいねぇ。なんだったら一緒に叩こうか? LITEはねぇ、生地がシルナイロンなので、使い道があれだw まず、シールしなくちゃねぇ……。

Vespaさん ご参考になれば幸いです。
まぁ、耐久性はこの手の製品なので微妙です。とはいえ、単なる巻き付け方式よりは良いかと。横型は、TENTIPI純正の他に、アメリカンなヤツもあるもので、こちらにしました。スペースユーティリティ優先ということです。薪の投げ込みも横型の方が
楽くなのは明確なんですけどね。
輸入は、FIBI-STYLEの問い合わせリンクから、メールを送ると見積もりしてくれて、郵便局から送金するだけです。
値段は、その価値をどうみるかですねっ。人によって価値感は様々ですよね。
無いと思えば、どんな道具も高いし、安いw
まぁ、僕にとっても高かったですがw

投稿: サン | 2011年2月28日 (月) 21:45

アドバイス等、色々と有難う御座います。

純正(Eldfell Stove Pro)なら、下記で購入かな!?と考えてます。
http://store.pharus.net/
金額的には妥当そうですが、どうでしょう?

「FIBI-Zeltofen II」の方がⅢより高そうですね!そうすると17~18万位になりますか・・・
純正の倍ですね・・・やはり、純正を購入するべきか!
耐久性、(煙突も含め)は純正ですかね!?
炎が見えないのは残念ですが、極寒の地でもなければ、扉を解放して楽しむ事も出来そうですし、
15CPなら、純正がよさそうな気がします。
でも・・・悩みますね!まあ、お金の問題が先ですがf(^^;)

投稿: Vespa | 2011年2月28日 (月) 22:37

Vespaさん Eldfell Stove Proは、15CPにまさにぴったりなサイズと火力だと思います。

煙管の丈夫さは、やはりこちらの方が上だと思います。ステンレスなので耐久性もあると思います。

とはいえ、このストーブ、ダンパー的なモノが付いておらず、薪投入口のエアインティークだけで火力調整をしています。

投入口を開け放してということになると、焚き火に近くなるかもしれませんw

投稿: サン | 2011年3月 1日 (火) 22:06

お久しぶりです。

「tentipi-Safir-15cp」買いました。
色々と、ご相談に乗って頂き、有難う御座いました。

投稿: Vespa | 2015年3月 1日 (日) 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25490/50968570

この記事へのトラックバック一覧です: FIBI-STYLEの縦型薪ストーブ FIBI-Zeltofen III その2:

« FIBI-STYLEの縦型薪ストーブ FIBI-Zeltofen III その1 | トップページ | 自転車レストア始めましたっ! »