« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

うれしいねぇ。連日UP。

長いことやっているとはいえ、この2年あまり精力的に活動してこなかったこのブログ。一時は、そのまま放置かなぁ? と思ったことも……。なにより、思考する気力、文字を書く気力、アクションを起す気力、人と関わる気力すら失われていたのだ。   
が、この1週間ほど、毎日記事をUPできた。これって何年ぶり?

 

遠い記憶をまさぐってみても、思い当たる時期が無いw

 

それだけ、長いこと休んでいたブログなのに毎日沢山のアクセスをいただき、コメントもいただける。ありがたいことだ。感謝に絶えない。

 

自分がそうなってみないとわからないことだけれど、今回かかった鬱という病。厄介でもあると同時に、それまで生きてきた自分を知るビョーキでもあるのだなぁと僕は思う。   
人によっていろいろな症状があるのだろうが、僕の場合は、ただただ無意味と今となっては思える思考の沼地を彷徨い歩いた。ある沼にはまれば、思考は停滞してそのなかでグルグルと蠢くだけだ。一つ抜け出せば、次の沼にはまる。あてどない思考の無限ループ。   
思考と書けば、体裁が良いが、実のところは、しょうも無い不安と悩みの波だ。

 

世の中には、考えなければイケナイ切実な問題が山積しているというのに。

 

ついでに腎不全にもなり、その処理能力は、今や3分の1ほどに落ちているという。   
日々、蛋白質を制限した食事を取る。いやぁ、毎日が欠食児童w 気分的に腹減ってます。

 

とはいえ、20代の後半に、人生50年だと思って生きてきた。気が付けば通り過ぎつつある。十分、生きた。   
大抵食べたいモノは食べたし、お酒も飲んだ。遊ぶのも相当遊んだ。本音を言えば、まだまだ心残りはあるのだけれどw

 

残りはお釣りの人生だ。とはいえ、鬱も完治したワケではない。いつまた、暗い縁に落ちるかわからない。

 

でも、家族や友人、多くの人に支えられて、僕は生きている。   
生かされている自分を感じている。

 

お釣りの人生ならば、大事に日々噛みしめながら生きてみようと思う。

 

2年前、同じ病に冒されていた従姉妹が亡くなった。今、僕は彼女の気持ちが痛いほどわかる。完治したと思っていたのに、再発したのではと、通院することが決まった直後の自殺。あの彷徨える暗黒の場所へ彼女は戻りたくなかったのだよなぁ。救えなかった自分を感じる。

 

ホンの少しでも人様のお役に立てれば。そして、三男坊を成人させて、夫婦二人で過ごせる時間、日々の糧を得ながら、生活していければ、それが最良だと思う。

 

とはいえ、生きるテーマは変わらない。レッツゴー! バカオヤジ!

 

折角、読んでいただいたのに楽しい内容では無く申し訳ない。

 

でも、こうして振返れるのも回復しつつある証だと思う。

 

今後ともよろしくお願い申上げます。

 

SUN

| | コメント (4) | トラックバック (0)

こんなサイズがちょうど良い。coleman micro Quad LED Lantern

本日は朝からシトシト雨。千葉では、昨日と最高気温が15度ほど違うのだとか。ちょい肌寒い。   
クルマで走っていると、自転車に赤い灯油缶を乗せたオジサンが傘を差して走っておられました。週末の暖かさに、まさしく油断したのでしょうね。   
ちと可愛そう。

 

さて、もうキャンプ道具は、要らないだろう? と思いつつ。ついつい買ってしまうその年の新製品。

 

今年もポツポツ増殖しております。

 

まずは、コイツ。

 

20110130-IMG_8101

 

コールマンさんのマイクロ クアッドLEDランタンであります。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

 

昨年、買っちゃった、クアッドLEDランタンのまさしくマイクロ版。

 

ちびっこい。言わずとしれたWILD1印西ビッグホップ店で1月末だったか一目惚れ。

 

機能もへったくれも無く、その可愛さに惹かれて購入。なかなかのナイスルッキングガイであります。   
よっとするとガールかも……。

 

で、あんまり考えずに買った割に、なかなか使い勝手が良い。

 

クアッドなので、もちろん4つのマイクロランタンが充電台を兼ねた本体にセットされております。

 

取り外すと、点灯。再装填すると消灯。

 

20110228-P1000732

 

各ランタンのスイッチを押しても消灯、点灯が可能。

 

つまりは消灯から、1灯、2灯、3灯、4灯とシーンによって明るさ調整が可能ってことです。

 

1灯で~も、クアッド♪ 2灯で~もクアッド~♪ と歌って楽しむことも出来ます。←フツー、せんだろうねぇw

 

で、スタンド上部のスイッチを押すと、全灯、消灯。

 

と実に多彩なスイッチングが楽しめます。

 

で、マイクロになったお陰で、タープポールにマーカーとして付けておくとか、胸にぶら下げておくなんて使い方が工夫次第でできるのも魅 力的。   
20110228-P1000737

 

ポイントは、ランタン外周にセットされたこのゴムリング。

 

20110228-P1000736

 

充電台の電池ボックスを開けると、4色のフィルターが収納されています。

 

   
20110228-P1000758

 

これを各マイクロランタンに装着して、ワンコにぶらさげておけば、「あぁ、うちのワンコ、あそこに居るなぁ」なんて使い方もできちゃう気がしております。

 

20110228-P1000760

 

残念なのは、できたら底面に収納型のつり下げフックを付けて欲しかったなぁってこと。   
より、使い道が広がるのにねぇ。

 

LEDランタンは、進化のスピードがめざましく、アイデア満載。見ているだけでも、面白いジャンルだと思う。

 

このマイクロ クアッドLEDランタンもその一つ。おすすめします。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

楽天さん最安値は、こんな感じ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

WILD1印西BIGHOP店が大変なことになっている。

昨日今日と、めちゃくちゃ暖かくて良い天気。風は強いが、外遊びしなきゃねぇ。

 

が、三男坊。最後の勝負が残っている。親もあんまり遊んじゃうワケにはいかないのだなぁ。

 

ツライネ。大人子供な50歳の僕。

 

で、仕方が無いので、千葉が誇る総合アウトドアショップWILD1印西ビッグホップ店へGO!

 

別にGO!しなくてもいいのだけど、なんか行きたかったのだ。アウトドアの香りの場所へw

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

20110227-DSC02741

 

で、ポツポツと散財w

 

WILD1印西ビッグホップ店といえば、国内のアウトドアショップでも指折りの売り場面積を誇る。タブン、最大規模ではないかと思う。

 

で、このお店のオープンをなぜか、広島のつぼちゃんに教えてもらってから、通い積めてしまっている。

 

大体1~2か月に1度というペース。

 

半期に一度、20%商品券で還元してくれるセールってのもありがたいのだが、国内のスノーピーク、コールマン、ユニフレームはもちろん、アライテントまで一度に扱っている店ってなかなか無い。

 

ついでに言えば、初心者から玄人というか、ちょっと長いことキャンプを楽しんでいるベテランキャンパーまで、なるほどねぇと、納得するオリジナル商品も開発していたりする。

 

で、僕がついつい離れられなくなっちゃったのは、「こんなのあるのかぁ……」とか「マジですかっ><」と、思わず唸っちゃうアイテムやイベントがあったりするのだよねぇ。

 

で、今回唸っちゃったのは、こちら、ラフマのチェアフェアー。まさに一堂に会しておりました。

 

20110227-DSC02738

 

20110227-DSC02737

 

ほ んでもって、そとというか、中庭にはですねぇ。マジか? という数のテント群。しかも、ビッグアグネスを始め、ゴーライト、nemo、MSRの新色、ブラックダイヤモンド、エスパースなどなど、まさに林立状態。

 

20110227-DSC02739

 

これを、開店に合わせて、朝から張る労力を考えただけで、ちょっとビ ックリもの。

 

20110227-DSC02740

 

ブラックマヨネーズの吉田さんではないけれど、「どーかしてるぜっ!」このお店っ。

 

まさに、ライト&ファーストテントのテーマパークみたいな感じなのだ。

 

まぁ、僕の場合、このテント群を見ているだけで、3日は過ごせますw

 

生憎、ワンコ連れだったので、一張りも満足に見られなかったのがザンネン。

 

ひょっとしたら、この週末だけのデキゴトかもしれません。

 

お出かけの際は、ぜひお問い合わせを。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

自転車レストア始めましたっ!

読んでいただいている皆さんの予想通りというか、僕的周期にぶち当たったというか、自転車カテゴリー新設いたしましたw

 

かつて、自転車少年だった頃の記憶も蘇り、近所を走ったり、あちこちちょびちょび愛車に手を入れているうちに、やっぱり自転車って最高だってw

 

最新の技術は、思った以上に変化している部分もありますが、基本は30年前とほぼ一緒。エレクトリカルではなくメカニカルな部分が沢山残されている道具。それはやっぱり魅力的なのです。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

三男坊の県立高校もほぼ決まり、自転車通学の予定。

 

別に今乗っている3段変速のママチャリでいいと当人は言っているのだけれど、我が儘な僕が、半ば強引に押しつけました。

 

コイツを!

20110226-P1000682 

約10年ほど前のプジョーのメトロという自転車です。記憶が確かなら、次男坊が小学校5年生のときに、彼が気に入って購入したモノ。兄のお下がりばかりだった次男坊が、初めて買った自転車です。

とはいえ、その後、置き場所の問題やら、引っ越しやらがあって、長年雨ざらし放置状態。   

20110226-P1000686

前後輪ともにパンクどころかゴム劣化。あちこちサビサビ。まぁ、カンタンに言えば、ボロンボロンな1台です。   

20110226-P1000687

が、フレームは比較的キレイ^^

20110226-P1000689 

とうことで、コイツのレストアを入学前に済ませようと思っております。

 

予定では、

 

1、タイヤ、チューブ、リムゴム交換、クイックリリース交換。

 

2、延長ステー交換。ハンドル交換、グリップ交換、シフトレバー交換。

 

20110226-P1000684

 

20110226-P1000690

 

3、シートステー、サドル交換。

 

4、シェーン交換、回転部分の洗浄、グリスアップ。

 

5、前後ディレーラーの調整(無理なら交換)、ケーブル類の交換、ブレーキシュー交換。

 

6、各部、錆び落とし

 

20110226-P1000683

 

7、通学用カゴの設置

 

という感じ。

 

交換パーツは、中古を中心にローグレードなものでまとめるつもりなのですが、それでもそれなりのコストがかります。もちろん工賃は、自分でやるのでタダなのですがw

 

さて、どんな自転車に仕上がるやら。ボロイとはいえ、日本市場ではもはや売られていないプジョー印のトラディショナルなスタイルが魅力のメトロ。

 

最大の問題は、登校日までに間に合うのかなぁ? とういことですなぁ。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

楽天さんでは、比較的程度の良い中古が、こんなお値段で売っていたらしい。買った方が得じゃねぇ? と、フツウは思う。それが正解!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

FIBI-STYLEの縦型薪ストーブ FIBI-Zeltofen III その2

春一番が吹き抜けて、さぁ、春を待つばかり! そんな2月の末になってこの話題。

 

いやぁ、世間と別の次元で生きてるなぁと思う今日この頃。かなりズレテマス。

 

とはいえ、今日で、1週間連続UP! 肉体はともかく、精神的にだんだん、調子が戻ってきているなぁと感じる自分が嬉しい。

 

三寒四温というけれど、そんなペースで回復中。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

20110224-P1000525

 

て、昨日、収納ケースの外観だけをご紹介して、中味を全くご紹介していないFIBI-STYLEの薪ストーブⅢ型(FIBI-Zeltofen III)。

 

まぁ、お値段がお値段なもので、バッカじゃねぇの? とお思いの方もいらっしゃるかと……。

 

とはいえ、バッカじゃねぇの? と自分でも思ったけれど、欲しかったのさ。このストーブが。というのも、つぼちゃんが教えてくれた自作の縦型薪ストーブがめちゃカッコ良かった。自作と考えたけれど職人さんではないので、道具を考えただけでも相当無理。で、コイツをw

 

燃焼レポとはいかないが、各部のご紹介。

 

まず、収納ケース。グリーンの紐がキャリングハンドルです。ただの紐なので長時間持つと、ちと手が痛いですw

 

20110224-P1000576

 

で、黒いテープがマジックテープになっていて、アルミの蓋押さえを 固定しています。

 

20110224-P1000577

 

 

 

マジックテープを外して、アルミの金具を回転させてロックをはずしま す。

 

20110224-P1000578

 

で、蓋を外すと現れるのがストーブ本体の上面部。本体は2mmぐらいかなぁ? のステンレス。場所によって厚みが違う。

 

20110224-P1000579

 

20110224-P1000580

 

小さな穴が、煙突を突き刺すホールです。

 

引っ張り出すと、内部には、本体に灰受け。

 

20110224-P1000581

 

煙突類は、円形の蓋を開けると全部収納されています。

 

20110224-P1000584

 

煙突類は、こんな感じ。穴あき円筒を本体上部のホールにプスッと差します。

 

20110224-P1000585

 

で、その後順番にクルクル巻かれた状態の煙突パイプをスリットに合 わせて組み立ててパイプ状にして煙突をつなげていきます。

 

20110224-P1000609

 

20110224-P1000612

 

↑は、一本のパイプの上部と下部。片側が切り込みのスリットでロックされるので、そこにもう一方をはめ込んで延長していきます。

 

1枚板ですが、折り加工されているので、かみ合わせは良好。手がかかってます。

 

こちらは、煙突が直接幕体に当たらないようにするガードパイプ。

 

20110224-P1000615

 

写真には写っていないが、上面がふさがれた、煙突最上部のパイプがある。

 

本体をひっくり返すと、3本の脚が折りたたまれたこの状態で収納されている。

 

20110224-P1000586

 

20110224-P1000588

 

 

 

脚を開いて、灰受けをセット。

 

20110224-P1000594

 

立てると各脚のスリットに本体のフレームがはまって固定される設計。

 

不用意に脚が折りたたまれないようにと、よく考えられているワケです。

 

もちろん、脚には穴が開いているのでペグ打ち固定OKというか、可能。

 

また、内部に貯まった灰は、底にもうけられたエアインテークから、この灰受けに落ちる。

 

20110224-P1000590

 

エアインテイク調整用のレバー。コイツをガチャガチャ動かすと、灰が落ちるはずです……。

 

20110224-P1000598

 

 

 

内部には、ロストル装備。

 

 

 

灰受けは、燃焼中もやけどにさえ気をつければ外せるので、長時間燃やし続けて灰がたまっても処理できるってのも良いなぁと思った点。

 

こちらが、内部に設けられたダンパー(排煙制御フラップ)。

 

20110224-P1000599

 

でも、構造を見ているとダンパーというより、副燃焼室への煙道開閉装置って感じかもしれない。

 

閉じた状態だと熱せられた未燃焼ガスが左右の煙道に導かれ、本体の熱で二次燃焼する構造。

 

着火時には、このように開いて直接煙突へと煙を導く。

 

20110224-P1000601

 

両面にガラスがはめ込まれているので、炎の状態はとても確認しやすい。

 

20110224-P1000604

 

トナカイや、月、星のマークは可愛いけれど、僕にとってはちと恥ずかしいw

 

薪の投入口は、こんな感じで開く。

 

20110224-P1000605

 

これが、扉のロック。

 

20110224-P1000607

 

構造から考えると、これで燃えないハズがないという、理想的な作り。

 

煙突もかなりきちんと組めるので、煙の漏れは最小ですみそうだ。

 

薪ストーブは、時計型から始めて、これで4台目。

 

後方に排煙するのではなく、真上に煙突を出して排煙するストーブは、煙突の気流が強いため。それなりの構造が必要だ。

 

実を言うと、燃焼室まで折りたためるストーブが、コンパクトに収納できていいなぁとは思う・

 

同時に、熱での歪みの問題や煙の漏れが気に掛かる。

 

TENTIPI純正ストーブやこのストーブに設けられている二次燃焼効果が望めない点などを考えると、収納サイズと強度・燃焼効率はトレードオフかなと思う。

 

img_2460

 

とはいえ、折りたためないTENTIPIのストーブでも、煙突辺りまで赤熱化している状態で、エアインテークをフルクローズドさせると、強烈な排気によって本体がペコリと凹んだと友人から報告が入った。丈夫だと思って過信しちゃいけないんだねぇ。人柱になってくれた友人に感謝。スマン。

 

img_2441

 

さて、燃やさなきゃっ! とは思うけど、このペースだと来シーズン? トホホですねぇ。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

FIBI-STYLEの縦型薪ストーブ FIBI-Zeltofen III その1

やたら期待をさせてしまって、なんの情報もUPしないのは、なんとも心苦しい。小雨交じりの千葉の空。せめて外箱だけでもと撮影してみました。 

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

20110224-P1000524

 

FIBI-STYLEのストーブは縦型のⅠ型にとても興味があったのだが、製造中止。横型のⅡにモデルチェンジされていた。

 

そして、今年、あたらに発売されたのが、このⅢ型だ。

 

TENTIPIのサファイア9CPを買ってみてオリジナルストーブはちょっとデッカイナァと思っていたので、設置面積が限りなく小さな縦型必須!

 

20110224-P1000525

 

これしか無いと思ったわけだ。

昨年秋に発注して、10月には届いていたのだけれど、キャンプに出かけられず、まさに宝の持ち腐れ状態>< もう春だものなぁ。広葉樹の薪も用意してあるのだが、焚けるかなぁ? 

イチバン下が、TENTIPIの箱、左の焦げ茶色が武井501セットの箱、そして、右手の白木の箱がFIBI-STYLEⅢ型ストーブの箱だ。

 

20110224-P1000526

 

どうですっ? ちっこいでしょ?

 

ただお値段はちっこく無かった。スイス製なのだけれど、国際送料も含めて16万近くかかってしまったのだ。購入時には、あきちゃん(家内)にどう切り出そうか眠れぬほど相当悩んだw

 

いずれにせよ、僕のようなアホたれしか買わない品。とはいえ、その構造と品質には超満足。細かな写真も一応撮ったので、そちらはまた明日。

 

いやぁ、引っ張ってゴメン。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

3knotさんでの見つけモノ! 今更ですがROLLA ROSTER The Folding Camping Fork w

いやぁ、薪ストーブというものは、ちょいと引っ張り出して写真を撮るというワケには行かない。それなりに重たいし、幕体が無ければ、煙突の固定にも手間取る。

 

増して、火でも入れようものなら、冷やして掃除してとかなりの時間を取る。やっぱりフィールドでチェックする道具だねぇ……。

 

と、またまた、言い訳で始まる当ブログ。いかがなモノか? コレでイイのだっ。スマヌ。

 

と、また本日も言い訳から入る定型のパターン。コレを人は、ワンパターンと言う。

 

さて、本日のご紹介品。今更だろう……。出せないだろう……。そう思いつつも先日、サボりのエキスパートショップ、葉山3Knotさんで見つけた「The Folding Camping Fork」

 

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

 

 

20110223-P1000504

 

かの有名な(ワカランケド)テレスコピック ローラーロースターのテレスコピック機能をバージョンアップ!

 

オリジナルは、よりカラフルになっている。

 

MULTI

 

こちらは、フォーク先端がフォールディングするように進化した。

 

20110223-P1000505

 

結果、全長124センチのフォークが、たった19.5センチに収納できる。コーデュラナイロン製の収納ケースが付属して、特別な道具感を演出してくれる。

 

20110223-P1000507

 

で、「それがどーした?」と言われてしまえばソコマデ……。

 

なんか焚き火のヒミツ兵器みたいで、いいんでないの? と思うアナタが僕は好きw

 

結構上等なステンレスっぽい質感! この無駄とも思えるゴージャス感がたまりません。

 

焚き火でお肉やマシュマロなど、お好きなモノを自由自在に炙れます。

 

20110223-P1000510

 

フォークの先端の角度を自由自在に適度な堅さで回転できるので、片面だけ炙るってのもあり。

 

ただし、あんまり重たいものだとグルリンと回ってしまう。

 

もちろん、ローラーロースター譲りの手元のリングでグリグリ回転って機能も健在。

 

20110223-P1000519

 

マシュマロ焼きもホワホワ、カリカリに焼けるってことです。

 

20110223-P1000516 熱いのガマンして、焚き火に近づかなくてもOKってことですね。

 

    

 

ついでに言えば、焚き火だけじゃなくて、ふと眼を逸らしたスキに、人様のお皿のご馳走を分捕るなんて荒技も可能。

 

でも、可能ってだけで、先っぽは結構尖っているので絶対やっちゃダメ。大怪我を負わせる可能性大! 大人の常識として危なすぎです。

 

20110223-P1000521

 

まぁ、そんな「The Folding Camping Fork」。以前は、A&Fさんかなんかで扱っていたと思うのだが、見かけることが無くなった。

 

これだけ個人輸入するのもねぇ……と思っていた逸品。3Knotさんにあるとは! さすが、サボりの専門店w

 

代理店が無くなったので、ご自分で輸入されたとか……。欲しい方は、3Knotさんまで。僕が買ったときには、まだ在庫がありましたよっ。

そういえば、「あきちゃん日和」も、更新しております。よろしければどーぞっ。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

キャンプにも使えるナイスデザイン! ステルトン クラシック ジャグ

今日は早起きをして、ササッと薪ストーブの写真を撮るつもりだった……。が、珍しくドタバタと忙しかった。

 

いやぁ、申し訳ない。FIBI-STYLEの薪ストーブご紹介は、また後日と言い訳から始まるのもこのブログの定番かw

 

ということで、ありものの写真から、ご紹介するのは、コチラ。Stelton(ステルトン)のバキュームジャグ。

20100503-239

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

僕は、やたらとジャグやら魔法瓶が好きなのだが、ステルトンのジャグは、素晴らしく保温性が高い。

 

耐熱効果は約6時間とあるが、それ以上、サーモスの最新真空ジャグに迫る、いやそれ以上の性能の高さを感じる。

 

朝、お湯を沸かして、目一杯注いでおけば、夜、使い切るまで暖かい。

 

さすが北限に近いデンマークの製品だ。

 

外観、カラーともにまさに北欧デザインと誰もがうなづく格好良さ。

 

この会社の製品がNY近代美術館を始め、世界の美術館に収蔵されているのも納得できる。

 

20110117-IMG_9264-2-2

 

しかも、倒しても大丈夫なスクリュー式と、乗せておくだけのセットオントップ式の2種類の蓋(ストッパー)が付いているのでダイニングでは、傾けるだけで湯が注げ、アウトドアでは、スクリューキャップと使い分けられるのが素晴らしい。

 

こんなアイデアのあるバキュームボトルって、なかなか無いよねっ。

 

とはいえ、弱点もある。真空の中瓶がガラス製なのだ。内部は耐熱ゴムとバネ板である程度の衝撃にも耐えられるようにできているが、打ち所が悪ければ、割れちゃうのであります。

 

現在発売されているステルトン クラシック ジャグのカラーは、なんと24色も展開されていたが、売り切れ販売終了カラーも続出。

 

好きな色を選べるってのがありがたいんだけどなぁ。

 

我が家では、キャンプではボディ全体が薄くゴムでコーティングされたクラシックジャグ ソフトコート(マットブラックね)を使っている。

 

20110117-1295255011871

 

できるだけ、割れないでねという願いを込めたワケだw

 

自宅では2色。

 

うーん。

 

本当は、このシリーズのスタートを飾ったステンレスモデルが欲しいのだけど、ちょっとお高い><

 

いつかは……←マダカウノカ?

 

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

ちなみに、楽天最安値は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

僕の折りたたみ自転車ブロンプトン

記事UPが始まったと思えば、日々自転車がらみの話題ばかり。が、3男坊の高校受験ももう少しで一段落。

 

「受験終わったら、遊びまくってやるっ。雪まだあるかなぁ?」と、外遊び雪遊びのあれこれが頭の中を駆け巡っているらしい。

 

となれば、僕の外遊び解禁ももうすぐだねぇ。ちなみに「あきちゃん日和」も久方ぶりに更新しております。よろしければご覧ください。

 

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

ずいぶん昔の話になるが、1台の折りたたみ自転車を買った。

 

20110220-P1000394

 

当時の我が家は決して大きくはなく、子供3人と家内のお買い物自転車を置けば、駐輪スペースはすでに一杯一杯。僕が乗る自転車を置く余地は残されていなかった。

 

当時販売されていた折りたたみ自転車は、今ほどの選択肢は無く、DAHONか、Bromptonか、bd1の三択だった。

 

僕は、その3台の中から、Bromptonを選んだ。6万円台と値段が手頃だったことも大きかったのだが、何より、折りたたんだ時のことも考えてデザインされている完成形の折りたたみ自転車だと思えたのがBromptonにした最大の理由だ。

 

重量や、変速機の段数は、他社と比べて大きく劣っていた。なにしろ、3段変速。つまり、変速機付のママチャリ並み。

 

20110220-P1000396

 

ハンドルもU字というか、とてもスポーティとは言えない雰囲気。

 

20110220-P1000398

 

が、折りたたむとほぼ、真四角。荷台を下にして、キチンと置ける。この折りたたみ機構は素晴らしい。そう思えた。しかも荷台に付いた車 輪で折りたたんだ状態でコロコロ転がせる。

 

20110220-P1000400

 

試しに乗ってみると、その走りは、ママチャリの比ではなかった。ギア比が高いので脚力さえあれば、スピードに乗れば、一漕ぎでかなりの距離を走る。つまりスピードが出る。しかも、ホイルベースがマウンテンバイクと同じだけあるのでスピードが出ても安定している。

 

20110220-P1000402

 

品川から、初台の会社までの片道13キロほどを、何気に走れてしまう。

 

後で知ることになるのだが、このBrompton。英国本社からライセンスを受けた台湾のメーカーが制作したもの。各部の強度などは、本国生産のBromptonとは大きく違う。フレームの溶接後も粗いし、スポークや、ハンドルの強度も足りないw まぁ、同じく検討していたr&mのbd1も台湾製なんだけどねw(今回、修理に出すにあたってショップの店員さんとアレコレお話をしたが、当時、人気があるbd1を中心に販売したが、フレームやフォークが割れるトラブルがあり、そのショップでは取り扱いを中止したという。フレームでは致命的>< Bromptonにして良かったと十数年して思ったw)。

 

Bromptonのハンドルの柔さは、ボヨヨンとショックを吸収してくれるサスペンション代わりと割り切った。

 

スポークは、何度か折れたので、番手(太さ)を2番太いものに上げてある。これで、足回りのタワミは無くなり剛性感が増した。

 

20110220-P1000409

 

坂道を足掻いて登るとき、力が入りやすいようにグリップを交換して 短めのバーエンドバーを追加した。

 

20110220-P1000406

 

 

 

ブレーキの効きが悪く、その上、強くレバーを握るとレバーがたわむので、TEKTROのブレーキレバーに交換した。急減速するときの安心感は増した。

 

20110220-P1000405

 

サドルは、ブルックスのものが気になったが、ライオンマークが気に入ったのと、お値段も安めだったプジョーのもの(現在、日本市場から撤退)に交換した。

 

20110220-P1000414

 

プラ製だった右ペダルも力がかかりやすいもの、確か、三島製に交換した。

 

20110220-P1000407

 

そして、今回の修理で、ブレーキ本体も、現行Bromptonのダブルピポットのものに前後交換(純正品しか、泥よけと荷台の間にセットできるものが無い。ほぼすべてのパーツにいえることだが、汎用品が使えないのが最大の弱点だ。同じBromptonでも、モデルによって互換性は怪しいw)。

 

20110220-P1000411

 

細かなパーツも新品になったおかげで、見かけはボロイが、新車時より、乗り心地、走り心地も、止まり心地も格段に上がっている。

 

20110220-P1000408

 

費用は工賃込みで4万円ほど。僕の中古のクロスバイクを買ってお釣りがくる高い修理費だw。

 

「直そうか?」と聞いてくれたあきちゃん(家内)に感謝!

 

ちょびっとリニューアルされた僕の台湾製Brompton。久々に乗ってみると、いやぁ乗りやすい。ダブルピポットのブレーキの効きも抜群だ。

 

なにより、小径車(ホイールの小さな自転車)ならではの加速感、クイックな操舵感も心地良い。ゆったりとしたスポーティなライディングポジションではないのに、それなりに速く走れる。風を感じられる気持ちよい乗り物。

 

こんな状態に仕上げてくれた、職人さんに素直に感謝だ。驚いたことに、何年も前のことなのにスポークを張り変えたことなど、当時のことを良く覚えていてくださった。

 

こういう人に手を入れてもらえる自転車と僕は幸せだと思った。

 

最新式のBromptonにも試乗させていただいた。まるで別物とは言わないが、優れた折りたたみ機構はそのままに、フレームの強度は増し、走りはより洗練されたものになっていた。ストレートハンドルのモデルだったので、ハンドルもたわまない。

 

S6L_BLACK_BLACK_z

 

溶接の具合も美しい!

 

購入当時、僕が思い描いていた、こんな感じになったら良いのになぁ……。まさにその姿になったBromptonがそこにあった。

 

最新式Brompton。高くても乗りやすく疲れない折りたたみ自転車をお探しの方、おすすめです。

 

次回は、キャンプ道具ネタですでに季節外れになりつつある薪ストーブでも書こうかと。よろしくお願いします。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

ちなみにほぼ同じ装備の現行品英国製Bromptonは、こんなお値段。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

週末ショートトリップ in 葉山・神奈川

昨日は、夫婦でファンの陶芸家・モリス・ゾイ( Zoe Morris )さんの個展があるというので、神奈川・葉山へ出かけてきました。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

20110219-DSC02736

 

流れるような曲線のフォルム。光の当たり具合で溶岩のようでもあり、海底のようでもあり、イマジネーションがかき立てられる作品の数々。

 

いやぁ、大好きです。実用のみに流されない日常の中の非日常の 器。

 

20110219-DSC02697

 

本当なら、個展が行われていたARAHABIKIさんにお邪魔した後、軽く昼食をとって、いつものイタリアン食材店「タント テンポ TANTO TEMPO」さんでガッツリ系の息子たちの食材を手に入れて帰るつもりだった。

 

が、ARAHABIKIさんになぜか、こんなものが……。

 

20110220-P1000415

 

alcohot stove【極小】

 

なぜに?

 

ついつい他の棚に目を移すと古いカメラのオプティマが……。

 

ついでに、なーんとEinzel Kocherまであるではないのっ><

 

20110220-P1000419

 

20110220-P1000420

器のお店&ギャラリーなんだよねぇ?……。

いやぁ、更に目が覚めましたw。 

何の予備知識も無いまま、ARAHABIKIさんにお邪魔する途中、行列が出来ていた魚料理の店「魚佐さん」で昼食。

 

20110219-DSC02704

開店前の行列が、モリスさんの作品を見せていただいている間にキレイに無くなっていたのがラッキー!

 

いやぁ、素晴らしいお店でした。

 

僕は蛋白宣言なので、このお刺身の半量をいただきました。←これでも取りすぎ。

 

そんでもって、火が付いてしまったアウトドア気分を一気に爆発させるため、以前から葉山に行くたびに一度お邪魔させていただきたかった。

 

3KnotさんへGO!

 

20110219-DSC02710 お店のテーマがさぼり。焚き火な不思議なお店。ネットで見つけてから行きたくて仕方が無かったお店。

 

看板を見て盛りあがるキモチ><

 

20110219-DSC02711

 

たどり着くと……。

 

マジですか……。

 

20110219-DSC02712

なんか後光まで差してるしw

 

「お店の中から話し声がするよ」とあきちゃん(家内)。

 

どれどれと、入り口の前に立つと。

 

魔法の扉が開きました。

 

店内には、いやぁ、サボりの道具が満載、寿司詰状態!

 

僕の好きなモノがオールアラウンドワールド。

 

オーナーさんとあれこれ話をして、気になる道具を買わせていただき。堅く再訪を心に誓ったのでありました。

 

だって、道具だけを売るのではなく、道具で遊ぶキモチも一緒に売ってくれるお店ってなかなか無い。面白いんだもの。手に入れたお宝のお話はまた後日。

 

で、いつもの通り、タント テンポ TANTO TEMPOさんでイタリアン食材のお買い物。

 

20110219-DSC02720

 

20110219-DSC02721

 

 

 

千葉へ帰る道すがら、ブロンプトンの修理をお願いしていた自転車屋さんに寄り、益子のスターネットさんが東京にも出店したということで、夕闇迫る中、スターネット東京へ。

 

20110219-DSC02732

 

大好きな陶芸作家・郡司さんの作品をみられるかな? と期待していたのだが、こちらはスターネットオリジナルの器のみを扱うとのこと。ちとザンネン。

 

帰宅後は、子供達とワインも開けてイタリアン食材の晩餐会! 僕の晩ご飯は、1杯のワインとクーさんのパンと特上オリーブオイル。

 

20110219-P1000389

 

20110219-P1000376

 

20110219-P1000377

 

20110219-P1000379

 

20110219-P1000382

 

幸せな夜。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

そうかっ、あれなのかっ!

雪が降ったり、風が強かったりで、買ってはみたもののあまり走行距離があまり伸びないクロスバイク。

 

DSC02679

が、例によって、自転車関連グッズはチョビチョビ増殖中。なんたって散財日記ですから、ハイっ!

 

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

あきちゃん(家内)は、開口一番こう言った。「自転車屋さんじゃないんだから……」。

 

三男坊は、塾から帰って来るなり「説明しなさ~いっ」と叫んだ。

 

次男は、無言で通過した。

 

長男は、「これって、あれだねぇ……」と、僕を気遣いながら呟いた。

 

そうかっ、あれなのか……。

 

SDIM0106

 

とりあえず、乗り始めたクロスバイク。最終的には、車庫を整理して収納するつもりなのだが、現在は、キャンプ道具やカヤックで占領されている。

 

ある程度、要らなくなったモノ(キャンプ道具やカヤックではないのよっ、念のためw)を整理するまで、玄関に置いておかざるを得ない。

 

だって、あまりにも雨ざらしは可愛そうなんだもの。←いつまでに車庫の整理が終わるかわからないとよいう家人への暗示w

 

で、玄関に2台並列駐車となると、ちと、邪魔くさい。

 

ということで、サイクルスタンドポールを手に入れてみた。「うーん、すっきりと収納できてカッコイイ! 邪魔にもならないし……」と思ったのは、家人の反応を見ると、どうやら僕だけらしいw

 

製品は、TOPEAK社のデュアルタッチバイクスタンド。要は、突っ張り棒の要領で上下に突っ張っているのだけれど、クランプを使ってポール長を調整して、最後はテコの原理を生かした踏み込み式のクランプでテンションをかけるなかなか凝った構造。下部に付いたペダルを踏み込むと12mm伸びるというから、床と天井さえしっかりしていれば、テンションはかなりガッチリとかかる。

 

上下の吸盤状ゴムで天井や床を傷つける心配も無い。そういえば、写真撮影スタジオでこう言うの使ってたなぁと思い出させるシロモノ。

 

SDIM0109

 

付属のキャリアは2台分だが、オプションのキャリアを購入すると、な~んと、このポール1本で4台まで収納可能!

 

すげぇぜっ! 4台!

 

最大荷重は、1フックあたり18kg。スタンド全体なら72kgだという。いいねぇ! 4台!

 

まぁ、コレを読んだ後の、あきちゃんの反応がちと怖いのですが……。

 

フレームサイズがちょっと小さいので、ライディングポジションがイマイチ決まらない我がバイク。

 

ロングステム(ハンドルを留めてる部分ね)を注文したが、欠品中で入荷は4月になるという。

 

なので、現状できるちょび工作をした。まず、サドルを限界ギリギリまで後ろに下げた。

 

DSC02691

 

ハンドルを左右それぞれ25mm切り詰め、グリップを交換。バーエンドバーを追加した。

 

肩幅とハンドル幅が揃ったのでダイブ乗りやすくなった。エルゴノミックデザインのバーエンドバーは握り心地も上々だ。

 

らくな乗車姿勢を取れるのがありがたい。

 

DSC02695

 

ちなみに、千葉に越してきてから、車庫の片隅に置き去りにしていた古い折りたたみ自転車を修理に出した。

 

すでにタイヤ交換4貝の年期が入ったオールドブロンプトン。

 

週末には、仕上がって帰って来る予定。軽~くそれなりの折りたたみ自転車が買えてしまう修理代にびびりつつ、これまた楽しみだ。

 

インドア生活もすでに4か月目。「出かけない=書くことも無い」のでとてもアウトドアブログと呼べないありさまのこのブログ。

 

なんだか自転車ブログになっちゃってるけどご容赦を。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

ちなみに購入したスタンドは、こちら。すでに、中古のチャリより高いモノにつきそうな予感w

バーエンドバーは、こちら。【TIOGA】タイオガ
Carbo Ergo Barend カーボエルゴバーエンド。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

鼻血止まって、新たなる散財ジャンルスタートか!?

約2週間にわたって出続けた鼻血が止まった! いやぁ、うれしい。耳鼻科に行って「焼いて」もらって、それでも出続けた鼻血さん。いやぁ   
焼くのは、お肉かお好みぐらいにしたいものだ。出血中は、喉を伝わっていく血の気持ち悪さ。3日に一箱無くなるティッシュ。いやぁ、まいったまいった。

 

さて、鼻血が止まったある日、通りがかりのリサイクルショップに目を惹くチャリンコが置いてあった。遠目に見るとフレームに「SCOOTT」の文字が……。   
あれって、ひょっとして……と近寄ってみると。3年前にカッチョイイと思いながらも買えなかった「SCOTT」の「SUB30」というクロスバイクでありました。   
知っている方には蛇足だが、クロスバイクって、街乗りとロードの中間的存在。街中の舗装路を気楽にビュビュンと走れる。

 

20110210-DSC02624

 

いやぁ、良いねぇ。ブラックフレームにホワイトのロゴ。ストレートフォーク(前輪を支えいるフレームね)。変形デザインのアルミメインフレームもかっちょいい!

 

正直、コイツを乗りこなす体力は、今の僕には無いだろう……。でも、鼻血も止まったことだし、これは、コイツに乗って体力を付けなさいという天の声に違いない!

 

うん、うん。一人合点してあちこちチェック!

 

3~4年前のモデルとしてリサイクルショップで売られている割には、程度は極上。フレームに、ほぼ傷も無く、タイヤに髭(ぴょんと出た細いゴムね)も残っている。ほぼ新車の状態。   
前、オーナーはどれほどの距離を乗ったのだろう?   
で、買っちまいました。

 

この自転車、発売当時のお値段が5万円台と割とエントリーな価格帯だっただけに、フレームは変わっているが、パーツ類は、ちょいショボ目。まぁ、パーツは後で交換すれば良いからね。と自分を納得させている。

 

20110210-DSC02625

 

実際、乗ってみて思うのは、「ちびっとフレーム小さいんじゃない?」という致命的とも思える悲しい現実。仕方が無いので、早速ハンドルの長さを調節するステムとエンドバー(ハンドルを握りやすくする角みたいなヤツ)を取り寄せ中。   
失敗しちゃったかな? とちと思う。が、このロゴでこのフラットハンドルのモデルは2007年で終わっているので希少といえば希少なのだ。   
いじるのも楽しみながら、乗ってみたい。

 

思い起こせば、中学・高校時代は、自転車で通学した。片道12km。都内は平坦なので楽だった。東海道も走った。会社勤めしていた頃も、自転車で走っていた。

 

慣れればまた、それなりに走れるはず! そう信じよう!

 

そういえば、我が家は、あきちゃん(家内)と僕の2個イチ行動が基本である。困ったことに、自転車は一人でしか乗れない……。

 

困ってしまったので、買った。あきちゃんの自転車もw

 

20110210-DSC02626

 

こちらは、女性モデルのSPECIALIZEDのVITA ELITE。パーツもフレームも僕のSUB30より、ちびっと良い。お値段もちびっと良い。   
が、その分、手のひらが痛くなりづらいハンドルグリップとか、お尻が痛くなりにくいサドルとか、非力な女性(あきちゃんはタブン違うと思うが)に優しいくショックを吸収してくれる柔らかめのフレームとか、あれこれが女性仕様であることをさりげなく主張している。正直、カッチョイイ!

 

20110210-DSC02627

 

さぁ、これからは、なるべくご近所の外出にはクルマは控えてチャリンコでGO!であります。   
二人で体力戻さなくっちゃ!

ちなみに、僕のSCOTT SUB30の2010モデルは、こんな感じ。パーツがグレードアップしてお値段もアップ! あきちゃんのスペシャライズド VITA ELITEは、2011モデル^^。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

旧暦で明けましておめでとうございます。

今日、2月3日は、旧暦で今年の元日になる。ストーブの記事で燃えて終わった2010年なのだが、2011年は、凹んでスタートしてしまった。 2日から、ドタバタと自分では抗えぬ、それこれが続き、挙げ句この10日ほどは、日々吹き出る大量の鼻血と格闘の日々。 凹んだ僕が発信する文章が楽しいはずもなく、すっかり1月を棒に振ってしまった。

今日、特別なことがあったワケでは無い。もちろん、特別な買い物をしたワケでもない。ただただ、このブログで、新年のご挨拶をしていないことが気にかかり、機会を探していた。幸い、今日は鼻血がほとんど出ないw そして、今日が旧暦の正月であることに気が付いた。

良い機会だと思った。

改めまして新年明けましておめでとうございます! 本年もよろしくお願い申上げます。
SUN

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »