« ガスでフツウの鍋を使って炊飯する | トップページ | LEDランタンが手に入らない人のために 自作12Vバッテリー照明のその後 »

2011年3月20日 (日)

給油しに行って大量のガソリンを垂れ流すパラドクス。

 昨日、飲食店の店主に、仕入れに使うのでガソリンを給油しようとしたら、朝6時から並んで、給油できたのは9時だったと聞いた。

どこのスタンドでも、それなりに待つ。しかも、給油ができるガソリンスタンド周辺では、給油を必要しないクルマまで巻き込まれて大渋滞が起きる。

アイドリングストップが付いた最新のクルマは別にして、給油するためにガソリンを減らすというパラドクスな連鎖。

ちなみに、各都道府県の乗用車が台数は、財団法人自動車検査登録情報協会によれば、千葉 265万0885台、東京 313万4633台、神奈川 301万0997台、埼玉 303万1849台。合計1182万8364台。

環境省のアイドリング・ストップQ&Aによれば、乗用車1台で10分間のアイドリングをすると平均0.14Lのガソリンを消費するという。1時間で0.84Lとなる。

これを前出の台数で単純計算すると。993万5825.76L

給油するのを待つためだけに1時間で1000万L近いガソリンが消費されることになる。

すべての車が給油するという相当乱暴な概算だが、これに渋滞に巻き込まれるクルマの消費も加わるとどーなるか……。

とりあえず、石油事情が安定し始める来週以降までは、よほどクルマが必要な人以外は、給油を控えた方が良さそうだ。

並んでいる時は、エンジン止めればいいじゃんかという声も聞こえて来そうだが、アイドリング・ストップ機能が付いていないクルマがエンジンをこまめに切って再起動させるとアイドリングしているよりもガソリン消費量は増える。始動時に濃いガソリン濃度が必要となるからだ。念のため。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

|

« ガスでフツウの鍋を使って炊飯する | トップページ | LEDランタンが手に入らない人のために 自作12Vバッテリー照明のその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25490/51168412

この記事へのトラックバック一覧です: 給油しに行って大量のガソリンを垂れ流すパラドクス。:

« ガスでフツウの鍋を使って炊飯する | トップページ | LEDランタンが手に入らない人のために 自作12Vバッテリー照明のその後 »