« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月22日 (日)

脱散財!? 出会った人々すべてに感謝!

この1ヶ月ばかり、こころが揺れていた。数年患ったパニック障害&鬱は、驚くほど回復に向かっていた。夏の訪れとともに日常の生活がようやく戻ってくる。そう思っていた。

が、少しばかり狂った歯車は、簡単には元には戻らない。これまた治療を続けていた腎臓の数値がこの数ヶ月で一気に悪化してしまったのだ。心と体はやっぱりどこかでリンクして体にも負担がかかっていたのだねぇ。

かかりつけの医師によれば、すでにボクの腎臓の処理能力は常人の10パーセント以下。人工透析を行っている病院にかかれば、すぐにでも透析を勧められるレベルだという。

少なくとも1年以内に人工透析生活に入るだろうと今後の見通しを説明されるとともに、腎臓専門医のいる病院への転院を勧められた。

通りで、疲れやすいなぁと思っていたのだよねぇ。

もとより、人生は50年ほどだと思ってボクは生きてきた。実に楽しく充実した50年だった。少しばかりやり残したことはあるものの、個人的には大満足な人生だ。あきちゃんと息子たちには申し訳ないばかりだ。

今後、自然の中で過ごす楽しみは、体が動かなくなるまで辞められない。が、カヤックを初めとする外遊びはもはやあきらめざるを得ないだろ。

ついでに言えば、症状が進むにつれてキャンプも相当制限されてくると思う。

ヤレヤレである。あきちゃんを始め家族はもっとヤレヤレであろう。

人生は、多くの人と出会い一緒に作り上げて行くものだと、自分の人生を振り返って実感した。

振り返れば、実に多くの人々に出会い、支えられ、時には足を引っ張られて、幾多の経験をした。めちゃくちゃ楽しかった。感謝感謝だ。

仕事にせよ、遊びにせよ、人様より少しばかり早い余生に入ることになった。が、どちらも残されたそのときの自分の能力で精一杯今後も楽しんでいきたいと思う。

過剰となったキャンプ道具やカヤック類、スノーシューなどの外遊び道具は、近々にオークションででも処分するつもりだ。大学受験を控えた三男坊の学費を少しでも残さなきゃねっw

人生の節目、ブログの内容も「散財日記」から「さぼり~な日々へ」とその内容も変わっていくと思う。例によって予定は未定、期待せずにお待ちいただければ幸いだ。







| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »