カテゴリー「 テーブル&チェア」の記事

2016年6月 3日 (金)

キャンプには、やっぱり「板」がおすすめなのである。

明日は、早朝から福島へとキャンプに向かう。久々の福島。四季を通じてお世話になった福島。あの深いあぶくま山地の森。なんだかワクワクである。以前は、千葉から福島へ向かうと一旦都内に出てから常磐道か東北道へというのが定番のルート。なんだかボク的には損した気分であった。

 

が、圏央道が開通したお陰で、東関道→圏央道→常磐道→磐越道で、距離的なロスなく行ける。なんともありがたい限りだ。福島行くの、またまたクセになっちゃうかもしれないなぁ。   
さて、奇跡の3日連続更新を果たすべく、強引に今日のテーマは「板」である。「なんだよ板って……」という声が聞こえてきそうだが、コレが便利なんですって、ハイ。

 

まず、我が家的メインのバーナーは、常々最高のキャンプストーブだとご紹介しているイワタニさんのカセット フーBO。後発のマーベラスも買ったのだが、同じメーカーと思えぬほど気化熱での火力ダウンが大きい。結局、マーベラスはお約束の2軍扱い。で、このフーBOを、以前IKEAで買ったプランターテーブル(800円ほどだった)の上に置いて使っている。問題は、使っているときは良いのだが、使わないとき、なんだかデッドなスペースをキャンプサイトで演出しているようで残念なのである。

 

PB020629

 

で、この残念な感じを解消すべく登場するのが板。これさえ置けば、一応、テーブルになっちゃうわけですね。ストーブを使うときには、立てかけておけば良いわけで。ハイ、コレ便利。表面をサンダーがけして塗装、高さ調整のために板切れを背面に貼り付けただけ。

 

IMG_0896

 

DSC03179

 

ついでに言えば、オットマンにも使えるマイクロチェア(リサイクルショップで300円だった)を2台使って天板として使えば、これまた簡易テーブルになっちゃうのであります。マイクロチェアは、単体でも小物置きにも使えるから超便利。人数分持っても邪魔にならないのも魅力のアイテムなのであります。

 

DSC04238

Dsc03038

いつの間にやら、板の話がマイクロチェアの話になってしまったのだが、この二つ、ちょっとした隙間に積んでおけるネ申的キャンプ道具。キャンプには板! これお勧め。マイクロチェアもね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

mokkin tabeleを使って思う。軽いってやっぱり良いね。

散々、「こんな道具を使ってみた」というボクなりの道具の使用感をお届けしてきた当ブログなのだが、念のため申し上げておきたいのは、どれもこれもが、あくまでもボク個人の主観であるということ。   
これは、雑誌であろうと、ネット上のWEBメディアであろうとあらゆる道具の使用記すべてに言えることなのだが、道具ってヤツは、使う人の状況(年齢や体力、参加人数や環境)によって、ある人には使いやすいものも、ある人にはまったく役立たずな道具にもなりうる。それもまた、皆さん承知の事実だと思う。   
あえて、今、コレを書いておこうと思ったのは、アウトドアでの遊びがブームと呼ばれるほどの盛り上がりを見せる中、最近WEBメディア上のアウトドア道具の使用記が数多く、ことにかつての雑誌上のタイアップ記事のごとくスポンサーありきでやたら賛美する記事がやたらと目に付くようになっているからだ。 極論を申し上げれば、道具なんてなくても、野外での遊びは十分成り立つものだ。キャンプサイトを彩る自分なりの個性は、画一的とも思えるイマドキの「おしゃれキャンパー雑誌」や「スポンサーありきのWEBサイト」ではなく、やはり自分自身のセンスで見つけるに限るとボクは思っている。

 

P5091622   
さて、そんなボクが今回ご紹介したいのが、「とんかちドリルズ」の「mokkin table」だ。一昨年の誕生日にあきちゃん(家内)から「イイもの買ってあげたから」と手渡されたのが、コイツのキットであった。

 

いや、ほら、本物志向(エセだけど)のボクなので、梱包を開いて出てくる部材のお粗末さに正直ため息が漏れた。だって、これってホームセンターで売ってる2×4材なのだもの……。やっぱり、オークやカエデ、せめてタモならなぁと思ったワケだ。

 

が、実際、作ってみて、使ってみると、いやはやボクは偏狭であったと思い知らされる結果となった。

 

何しろ軽い。とってもが付くほど軽いのだ。コレが、圧縮材とか、硬い木ではこうはいかない。体力の無くなったボク的には軽さは正義なのであります。しかも、脚を折り込んであるだけなので、使うときもひょいと脚だけ出せばすぐ使える。アウトドアテーブルにありがちなメンドウな組み立てもイラナイ。

 

そんな快適なテーブルができちゃうキットが、送料込みで7000円ちょい。塗料を買っても8000円ちょい。しかも意外と言っては失礼ながら、頑丈だ。2×4のSPF材の良さを再認識したのでありました。

 

ちなみにボクのmokkin tableは、北欧家具風にエンド部をスラントカット。ネジ留め部分には、ドリルで下穴を開けて、目隠しに丸棒を埋め込んだ。こんだけでも、なんかオリジナルな気分満点。

 

P5091624

 

P5091628

 

「とんかちドリルズ」さんは、普段は大工さん。片手間でキットと端材で完成品を作っておられるという。こだわり志向の方には、たまにオーク材やメイプル材でできた完成品なんてのも出ることも。

 

近所のホームセンターで2×4材を手に入れれば、もちろんカットからのフル自作も可能。図面とともに作り方もブログにアップされている。ブログの言葉をお借りするれば「モノを作る楽しみを多くの人に知ってもらいたい」のだとか。いやぁ、共感してしまいました。

 

ちなみに作例を無断盗用(問題あれば削除しますのでお手数ですがご連絡くださいませ)。

 

c2cbcf680df44b7bfeb71a82867a827a

 

基本的な作り方はコチラ↓

 

木製 キャンプ アウトドア テーブル DIY

 

 

 

おかげで、これより先に買っていたOUT SIDE INのTABI FLIP FLOP MID TABLE(ケース込みで3万4000円)とか、ペレグリン・ファニチャーのDonkey Table(ケース付2万4800円)が2軍行きっ><。

 

やっぱり道具は、使い勝手の良さと愛着が大事です。

2軍落ちしちゃったけど、ドンキーテーブルは、脚の長さをオプションで変えられるなど、日本製らしい行き届いた心遣いがナイス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

砂漠の民の知恵 ギャッベでチェアを快適化!

どれほど座り心地の良いキャンプチェアを手に入れようと、所詮、座面は布切れ一枚。冬は尻から冷気が上がってくるし、夏場はどうも汗でペタペタする。

 

で、キャンプ用のクッションを使ってみるのだが、寒さはしのげても、なんだかプカプカしたり、ズレちゃったりで尻の収まりが悪いことこの上ない。そんな思いをしているあなたにもぜひおすすめしたいのが座布団サイズのギャッペである。

 

DSC03107_cr

 

南青山にあるペルシャ絨毯専門店にフラリと入り、「柄の編み方は、一子相伝で母から娘へと代々伝わっていくもの」だと、異国生まれの店主に教えていただいたのは、30年もこと前のことだったか。壁に掛けられたキリムに織り込まれた図柄の精緻さに驚きつつ、そのプライスタグに書き込まれたお値段に見なかったことにしようと思ったのを昨日のことのように感じるのは、たぶん歳のせい……。 ちなみにキリムとギャッベの違いだが、毛足が無く家具にかけたり垂らして間仕切りに使うのがキリム。毛足が長くて敷物に使うのがギャッベだそうだ。   

 

そんな諦めていた砂漠の民の創作物が我が家にやってきたのは、8年ぐらい前のことだった。そう、この座布団サイズのギャッベである。あきちゃん(家内)が、キャンプ用の座布団に良いとコソッと買ってくれたのだ。   
当初、45×45センチという、そのちっぽけな存在感に「欲しかったのは、コレじゃないんだけれど、身分相応」と妙なナットクの仕方をしたのだが、使えば使うほど、一枚の織物の持つ機能の高さに我が家のキャンプには無くてはならないモノになった。

 

DSC03035

 

なにしろ昼と夜との寒暖差30度以上という砂漠の民が長年愛用してきた道具である。オールウールでしっかりと織り込まれ厚さ1センチほどはあろうかというギャッベ。冬はともかく暖かいのは想像いただけるだろう。しかも、お尻をしっかりと支えて、妙なズレもないのである。

 

そして、夏なのだが、これまた意外なことにサラリとした肌触り。考えてみれば、アウトドア用アンダーウェア分野で発汗性や防臭性でポテンシャルの高さを誇るウールである。敷物になったところで高性能なのは同じ。ともかく気持ちが良いのだ。

 

手入れだって簡単だ。ウールだから、ちょっとした汚れなら、濡れ雑巾で拭けば良いし、ウール用の洗剤で洗濯だってできちゃうワケ。   
結局のところ、チッポケだと思った砂漠の民の一枚の織物は、我が家の快適キャンプに欠かせない偉大な一枚となった。より座りやすいチェアをお探しのあなた。チェア選びのその前にぜひぜひチャレンジ。

 

DSC03071

 

DSC03074

 

ついでにいえば、現在の我が家のチェアは、A&Fで扱っているAdirondackのキャンパーズチェア。コイツにサーマレストのランバーピローを収納する袋を作って(あきちゃんが)ヘッドレスト付き仕様に変更してくれた。

 

マイクロチェアをオットマンとして使えば、リクライニングなんてしてくれなくても昼寝ぐらいはできてしまう極楽状態となった。

 

もうこのスタイルで5年ほど。かさ張るリクライニングチェアはお蔵入りになった。これまたお試しください。

 

ちなみにイマドキ人気のHelinoxチェアだが、ぼよよんとした座り心地がボクはイマイチ苦手。収納性の高さを生かして、バイクやカヤック、クルマに人数分のチェアが積めないなんて場合のファーストチョイスチェアではないかと思っている。 

我が家のはこのタイプ。

こんなお手ごろ価格のものも。

 

ヘッドレスト代わりのサーマレスト ランバーピローはこんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

近頃のお気に入り REI Camp Mini Kitchen

フツウに考えても考えなくとも、尋常では無い量のキャンプ道具が溢れかえる我が家。少しでも減らせば良いのだけど思い出がぁ……とか能書きを言って手放さない。そういう質が悪い人間なのだ、僕は。

 

まぁ、数年前に買ったモノが、今になって妙にお気に入りになっていたり、すっごく気に入っていたモノがあまり使わなくなったりの繰り返し。   
道具ってヤツは、その時の気分や生活環境など、色んな要素が絡み合って、使いやすくなったり、使いにくくなったりするから面白いってこともあるのだなぁ。   
とまた、能書きで逃げる僕w

 

ということで、数回に分けて、この所出番の多いお気に入りキャンプ道具をご紹介してみようかなぁ? と思う。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

 

20110514-DSC00882

 

1回目は、REI Camp Mini Kitchen。REIオリジナルのこの商品。独自なオートキャンプが発達したはずの日本にもこの手の製品は無い。言わば、オンリーワンな製品だ。

 

どこが? と言えば、キッチンスタンドとツーバーナーストーブコンテナ、食材コンテナが一体になった製品なのだ。

 

たとえば、ケルティが出しているBinto Barは、ストーブは置けないし、コンテナバッグだけでの自立は難しい。   
一方、いわゆるスノーピークやユニフレーム、コールマン、ロゴスなどが出しているキッチンスタンドは、キッチンテーブルとしては良く出来ているけれど、食材や荷物を収納しておくコンテナ的要素は皆無だ。

 

20110507-DSC00817

 

REIのCamp Mini Kitchenは、ソフトケースにパイプ金属フレームをハメたカタチ。持ち手部分のハンドルフレームを立て、収納されている折りたたみスノコ状のアルミ天板をセットすると、簡単なキッチンテーブルができあがる。

 

20110507-DSC00816

 

コ ンテナの下部には、ガスツーバーナーが収納でき。   
コンテナ本体は、二つに仕切られ、片側にはナイロン製コンテナ2個が収納されている。   
もう一方は、縦長の空きスペースになっているので、自分で好きな道 具を収納できるってわけだ・

 

20110508-DSC00820

 

わかりやすく表現するなら、カメラバッグ的な作りとも言える。   
外部には、OD缶500ガスカートリッジが2個入るポケットが付く。   
我が家は、コレに乾物系食品類、調味料、皿やカップ、カトラリー類など、キッチン関係のほぼ一式を入れている。

 

ストーブは、イワタニのカセットガス、フーボーとマーベラスが不動の位置を確保しているので、ストーブ収納分には、トレーなどの板モノを入れている。

 

組み立てた状態でも高さは、57.7センチと低いので、折りたたみベンチ上が現在の定位置。

 

より安定した置き場所を探しているのだが、現行各社のクーラー台では、高さもサイズも合わない。

 

現在、ピタッとくる置き台の自作を構想中。一応、材料は揃え、あとは僕のやる気次第。   
収納ケースを兼ねた棚になる予定。

 

REI Camp Mini Kitchenの使い勝手は、上々。調理作業をこちらでして、煮炊きは焚き火テーブルなどの上のカセットガスで。

 

e1f333c0-2a85-4468-b3b5-b14dbf4692f4

 

なにより、一括してキッチン周りの道具や調味料が収納できるのが良い。

 

コイツと、コールマンのパーティスタッカーを組み合わせると、クルマの荷室も比較的キレイに整頓できる。

 

オススメの製品だと思う。   
まぁ、そうしても、なぜか僕のクルマの荷室は、いつもゴチャゴチャなんだけどねっw

 

a41cfd67-33a6-4e97-af4c-17faee0dcada

 

問題があるとすれば、そのサイズだろう。

 

67cm×48cm×60cmとかなりの大型。収納力には優れるが、クルマのサイズを選ぶ道具だ。

 

持ち込こむ調理道具を整理していけば、これ一つでもOKだとはおもうのだけどねぇ。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

コット代わりになっちゃうかも? 魅力的なリクライニング・ローチェア ラフマ ビーチエリップス。

また今日も自転車かねぇ? と、いらしてくださる毎に思われた方も多いだろうここ数日のUP。うーん、自転車ばっかだ。チャリバカだw。完全にはまってしまった。いかんねっ>< と、本日は、キャンプ道具ネタ。

 

先日お邪魔したWILD1印西ビッグホップ店で開かれていたラフマのチェアフェア。あきちゃん(家内)と二人、「いいねぇコレ」と、衝動的に購入してしまったのがラフマ ビーチエリップス。

ラフマのチェア、不思議と我が家と縁がある。なにより座り心地が良いのだよねぇ。   

フォールディングチェア RSXを筆頭に、新旧マキシポップアップ、ポケットポップアップと計何脚?w

Img_3500

Img_1440_2

特にポップアップシリーズは、コンパクトに収納できるので、究極のキャンプ用リラックスチェアではないかと思っている。 一方、フォールディングチェア RSXは、庭やベランダ、リビングで最高のパフォーマンスを発揮してくれるリラックスチェアだ。キャンプにはデカイし重いしで持って行く気には到底ならないけどw。   

で、コレ。

20110305-P1000869 

 

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

写真で見た限りでは、まるっきり興味が無かった。   
なにせ、同じラフマのローチェアーであるChaise basseが、一度座っちゃったら二度と立ち上がりたくなくなるというか、立ち上がるのに腹筋と、大腿筋が必要な椅子だったからだ。

 

で、パッと見、Chaise basseに似ているBEACH ELIPSにも興味が無かったのだが、座ってちと驚いた。座面が深くて割と立ち上がりやすいのだ。これならローテーブルと組み合わせて食事ができる。   

 

20110305-P1000870

 

それだけで終わらないのがさすがラフマ。5段階にリクライニングします。   
20110305-P1000871

 

そして、背もたれの上部のココで頭が支えられるのでとっても楽ちん。

 

20110305-P1000879

 

しかも、最後は、ほぼフラットに!

 

これなら、ダラ~ン、ズデ~ンと、横になって昼寝もOK!

 

20110305-P1000874

 

20110305-P1000873

 

2台あったら、コット代わりになっちゃうかもと、余計な想像力をかき立ててくれる。

 

試しに長さを測ったら、100センチ。2台並べると200センチって、まさにコットサイズw

 

20110305-P1000877

 

カタログやWEBの写真を見ただけでは、まさか、この頭の上のパイプがデザインでは無く、フラット時の脚だとは気が付かなかったなぁ。

 

いやぁ、コイツは現物見なきゃわからない。ありがとうWILD1ビッグホップ印西店!

 

そして、折りたたんだ状態でこのパイプは持ち運びハンドルにもなっちゃうのだよねぇ。すごいぜラフマ。

 

気になる折りたたみ状態だが、想像通り超コンパクトとはいかない。が、重ねてしまえば、夫婦二人キャンプの許容範囲と我が家的には判断した次第。

 

20110305-P1000868

 

ローチェア選びの有力候補の登場ですと、素直におすすめしたい一脚です。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

ラフマ ビーチエリプス

我が家に居るラフマ君は、こんな方々。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

ADIRONDACK マイクロチェア改!

いやぁ、良い天気。絶好のキャンプ日和。でも、ご自宅モード。老母が今年3度目の入院したり、クルマをちびっとぶつけちゃったりと今週は、あんまり良いこと無かったなぁ。ついでに、内容はどーであれ、久々に3日連続でブログを更新したハズ……。が、カレンダーには二日だけ。アレレッ? なんでよっ。なるほど、初日のUPが深夜だったので、2日なのか;; メゲズに3日連続にチャレンジだっ!

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

 

IMG_7515

 

スッゴク、道具にコダワッテイルように写る我が家。そうです。マジコダワッテマス>< ポイントは、僕とあきちゃん(家内)が好きか嫌いかw   
でも、キャンプ道具って、実のところ何だってイイのだよね。なにしろ、僕がイチバン好きなのは、地べたにゴロゴロ転がって、空を見上げることなんだから。

 

とはいえ、自宅の家具や食器を好きなモノで揃えたいのと同じように、どうせキャンプをするのなら、自分が落ち着く雰囲気を大切にサイトを仕上げたい。で、そうして集まってしまったのが我が家のキャンプ道具たちだ。登場回数がとっても少ないモノもあるのだけれど、そいつを持ち出すシュチエーションのイメージはいつも頭の片隅に置いてある。

 

自分がその日アウトドアで過すのにイチバン気持ちよい道具立て、キャンプ道具をチョイスして出かける。シンプルなのもいいだろうし、過剰? と思える装備も……w

 

で、近頃持ち出したくて仕方ないのが、コチラのチェア。

 

IMG_7518

 

A&Fがオリジナルで作っているADIRONDACK マイクロチェアだ。昔からあるこの手のチェア。似たようなモノは数多くある。が、大抵は強度不足。フレームを溶接で仕上げてあるモノは、余計な加重がかかるとそこからバキッといく。僕も突然、素っ転んでフレームの一部で背中を傷つけたことがある。お尻は打つし、まさに痛恨の一撃。なので、あんまり実用に向くとは思っていなかった。

 

でも、一昨年ショップで見つけ、イチバン弱点である接合部(フレームが集まっているところ)がきちんとアルミの削り出しで作られているのを見て一目惚れ。座面も僕が以前壊したモノより大きいし、なによりかなり無理な体勢をとっても耐えてくれるのだよね。

 

IMG_7523

 

軽くて薄いので、数脚クルマのラゲッジに放り込んでおいてもまったく邪魔にならないのもポイント高し。

 

オートキャンプのメインチェアとしては辛いかもしれないが、焚き火や調理の友に、メインチェアのオットマンに、と、やたらと便利なのだ。

 

「すでに使っているのなら、なんで今更持ち出したいの?」と、普通は思う。

 

が、理由があるのだw

 

いやぁ、ついつい革張り化してしまいました。

 

IMG_7537

 

ベビーシューズや素敵なバッグなどなど、とっても素敵な革製品をリリースしている「ハチのマークのクロサワさん」にご無理なお願いをして張り換えていただいちゃいました。いつまででもお待ちしますからとお話したのに、仕上がりまでたった3か月。ありがとうございます。

 

ハチのマークが可愛いでしょう!

 

IMG_7546

 

ヌメ革で仕上げていただいたので、使い込むうちに次第に光沢も出て味のある風合いに変化してくれるはず。 裏面のステッチもこの細かさだ。

 

IMG_7549

 

アウトドアの道具、特にチェアにヌメ革って……。雨にも弱いしメンテは必要だし、機能面ではむしろデチューンでは? と思うアナタ。ある意味正解です! 革独特の素材感とのトレードオフ。雨が降ったら、サッサと仕舞っちゃう弱気なアウトドアグッズw おまけに革に変な折りシワができちゃうと嫌だなぁ……と思うと、こんな畳み方しかできなくなってしまいましたw  

とーちゃん、アホやっ>< とあきれる愛犬コロナ。 

IMG_7533

とはいえ、大事に使えば座面の耐久性はピカイチ! 逆に一緒モノのチェアに変身しちゃったワケです。 

決しておすすめはしません。完全な自己満足の世界です。でも、道具ってそういうもんなんだと思います。←ト、テッテイシタ、ジコベンゴ。

 

あぁ、早く使いたい。三男坊の受験、早く目処がたたないだろうか? どこでもいいから決めちゃえば? う~ん、本末転倒、わがままオヤジの本領発揮! となれば、さすがのあきちゃん(家内)も怒るだろうなぁw

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

とっても使いやすいチェア 売り切れが多いですねぇ。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2010年11月25日 (木)

Nose Glasses 僕の最注目なキャンプテーブル!

う~ん。昨日、1本書かせていただくと、2本目もとても書きやすい。あぁ、単純な僕。   
で、トレーラー用に昨日の記事のテーブルとチェアを新調した。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

   
DSC02241チェアは、もう語るものは何も無いだろうってぐらい語り尽くされているMADE IN USAのカーミットチェア。バイク旅用のチェアなので、とってもコンパクトに収納できる。で、軽い。反面、座り心地はそこそこ。気になっていたのだけれど、ブログをお休みしているうちに、一気にブレーク。買いそびれたというか、買う気が失せた逸品。以前見た友人たちのものに比べて仕上げが良くなっているのは、制作練度が上がったってことなのかな?で、実際自分で使ってみると、良くできているのだけれど、可搬性とトレードオフで物臭な僕には、やっぱり組み立てるのはちと面倒だ。

 

さて、本日の最大の僕的オススメは、Nose Glassesさんの折りたたみウッドテーブル。

 

DSC02244

 

何気に見るとBYERさんとこの懐かしのローテーブル似なのだけれど、仕上げの美しさと、パタンと二つ折りにしてハンドルでぶら下げて歩ける工夫がとっても素敵だ。   
P1000185

 

P1000180

 

僕自身、インチキなBYER風テーブルも自作してみたので、この完成度を出すのはなかなか大変だとわかっている。いんやぁ、スンゴイねぇと思わず脱帽してしまった。   
P1000194

 

このテーブルを目にすると、バイヤーやブルーリッジが質実剛健でなんとも無骨なヤツに見えてくる。

 

使われている材は、2種類からセレクト可能。パイン材製が重さ1.5kg。アッシュ(たも)材製は2.5kgと、木製テーブルとしてはとっても軽量。ハンドルバンドもセレクト可能。   
で僕は、アッシュ材に革ハンドルをチョイス! 高級家具を仕上げるのと同じオイルフィニッシュがカッチョイイ。

 

P1000197

 

僕は、Nose Glassesのロゴマークと一緒に刻まれた一文がとってもお気に入り!

 

「Enjoy it」。

 

そうそう、楽しまなきゃっ! Of course, I'm enjoys it.

 

P1000184

 

 

 

ちなみに、Nose Glassesさんのテーブルは、嬉しいことにMADE IN JAPAN。釣りやら薪ストーブやらが大好きな野遊び仲間が集まって「こんなのどーさ?」と自分たちのスタイルに合わせたテーブルを作り上げてしまったのです。

ブログへの顔出しは、Nose Glasses(鼻眼鏡)をかけて^^ ってのも粋であります。そして、それがテーブルのブランド名に!

無いモノは作ればイイ。これって、雪丘工房さんのランタンと同じ発想。いやぁ、それこそカッチョイイ。 僕も、鼻眼鏡をかけたくなっちゃいました。

 

DSC02277

 

なにしろ手作り、乾燥に時間のかかるオイルフィニッシュということで、発注から手元に届くまで、2~3週間かかります。この待つ時間も、今頃塗装中? な~んて愛おしさに磨きがかかる大切な時間なのであります。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

ぱたむテーブルと理想のアウトドアテーブル

いやぁ、暑い。そして気がつけば9月……。いつものことながら半月以上も更新をサボってしまった。
これだけ間が開くと、書くことは沢山あったはず。一足遅れの夏休みで名古屋へ出かけ、次男坊を加えた3人で雑貨屋さん巡り。新たな冬キャン装備も加わったり……。
が、名古屋から帰ってから、何より、書く気力が失せていた。朝起きて、体も心も重たくって、どうにもならぬ日々でありました。いやぁ、つまらん話から始まって申し訳ありません。

さて、以前、こちらでご紹介したWOODWORKさん「ぱたむテーブル」。あれから、日々、思いついたように「ぱたむ」「ぱたむ」と言うものだから、あきちゃん(家内)が根負けして、注文させてくれました。名目上、ダイニングの来客用サブテーブル。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票


高さとサイズをオーダーさせていただいて、発注から約1か月半のお盆明けに完成!
受け取りにお邪魔しました。

お願いしたのは、テーブル幅を4人掛けの1450mmに。高さをセミローテーブルにの2点。
一応、フツーの椅子でも食事ができるロースタイル。

で、仕上がったテーブルとチェアがコチラ。

IMGP1823

 

天板は、タモ、脚はウォールナット。ぱたむチェアの脚もウォールナットにしていただいた。


IMGP1825 

ハイタイプとロータイプの2種の脚が標準仕様のため、ちょうど中間的高さのこの脚は、新たに天板との接する部分の角度を決めなければならなかったとか。ご苦労をおかけしてしまいました。

いやぁ、なかなか良い感じではないですか! あぁ~、これでキャンプしたいっ><

とはいえ、あきちゃん曰く、「ダイニングのサブテーブルなので、キャンプに持って行くにしても、晴天で全面芝のキャンプ場ね」との条件付きキャンプテーブル。このテーブルのためのキャンプを企画せねばw

さて、WOODWORKさんという素晴らしい仕事をされる工房さんを知ったことで、僕のキャンプテーブル感が大きく変わりました。
実は、BYERのテーブルはもちろん、ラレマンやラレマンド、スノーピーク、そして密かにブルーリッジのテーブルも持っていて、自作のBYER風テーブルも作っているのだけれど、スッゴク好きか? と聞かれれば、イマイチなんだか納得できない自分が居たのであります。どうも自然の風景と馴染まないというかなんというか……。

で、どう変わったか? テーブルなんて1枚板でいいじゃんか! ということ。それがクルマ移動のオートキャンプなら一番似合うんじゃないの? ってこと。

たまたま、WOODWORKさんのガレージセールで格安に譲っていただいた杉の1枚板。本日サンダーをかけてみました。

DSC01775

 

 

で、オイルフィニッシュするとどうなるのか? と軽く水拭き! いやぁカッコイイ!

DSC01777

生育の早い杉でも、直径50センチほどになるには僕の年齢以上はかかるらしい。大事にしなければねぇ。

早速、あきちゃんに見せたのだが「イイよねぇ。味わいがあるし……。で、脚はどうなるの?」。

そうそう、脚は今、アレコレ模索中。たぶん、カッチョ良くなるはずなんだけどなぁw

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

Dsc01772

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

BYER風味の自作ロールテーブル(カバー?)

さて、自作という検索ワードで、このブログに来ていただいている方が多く心苦しいと木製キャンプ棚を紹介させていただいた。
通常の使用(鋳鉄鍋では無く、普通のキャンプ用クッカーなどを載せる)には十分な強度がある。このまま作られても十分実用的だと思う。

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

DSC00979 ついでと言ってはなんなのだが、やはり昨年作った木製? BYER風味のロールテーブルを2点。木製!と言い切れないのは、脚が別ものの流用だからだ。流用というより、テーブルカバー式ロールテーブル(なんのこっちゃ?w)といった方が正確かもしれない。

要は、他のテーブルはそのままに、カバーするというか、合体する形のテーブルを作ったのだ。

DSC00977

1つは、WILD1オリジナルのツーリングテーブル2台をそのまま脚として使っている。2台をコの字型のステーに挟み込む形で連結して、そのステーにバイヤーのロールテーブル式で天板をかませてある。
脚を作らないで済むので工作自体が簡単だし、WILD1オリジナルのツーリングテーブルは、2段階に高さを変えられるのも便利だ。しかも、元がバイク用のツーリングテーブルなので、天板を加えてもカサバラナイ。
DSC00975DSC00978

  ボクとしては、これまた良い出来なのだが、あきちゃん(家内)には「なんかカッチョワリイ!」と言われているw
ツーリングテーブルとしても使えるし良いアイデアだと思ったのだけど……。もちろん。ツーリングテーブルは、キャプテンスタッグ製でもロゴス製でも、スポーツオーソリティオリジナルでもOK。なにせ脚だからw

で、もう1つは、全く同じ発想で作った。ユニフレームの焚き火テーブル用カバーロールテーブル。DSCN1203

これまた、焚き火テーブル2台をコの字型に加工した木製フレームで固定。バイヤーのロールテーブルと同じ要領で固定したある。
キャンプで常に持ち歩いている焚き火テーブルをウッディな雰囲気に変身させてくれる匠の技だと思うのだけど、あきちゃんの反応は今一歩w

DSCN1206

やっぱり脚からオリジナルが良いらしい><

そんなこと言うなら、先日紹介した「ぱたむテーブル」を買ってくれればいいのにねぇ……。と、小さく呟いてみるw

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

脚に使えるテーブルは、こちら。普通のテーブルとしても当然使えるのもメリットかとw 2台買わなきゃならないのがネックだねw

こちら、キャプテンスタッグ製。低価格がとっても魅力!

ロゴスさんのミニ膳テーブル。こちらも値ごろ感のある製品。

ユニフレームさんのは、ダッチを乗せても安心の強度が魅力。オートキャンプのスタンダードテーブルだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

きちんとした人のきちんとした仕事。ぱたむテーブル&ぱたむスツール

きちんとした人の仕事に触れ、お話をしていると、「あぁ、僕もキチンとしなくちゃ」と思えてくる。同時にきちんとした人の周りには、きちんとした人が溢れているんだなぁと、それとなく気が付く。たとえば、以前ご紹介した雪丘工房さんもそうだった。

DVC00012b 先日もきちんとしたお料理ときちんとしたコーヒーをご馳走になり、シアワセな時間をあきちゃんと過ごしていると「キャンプに連れて行きたくなってしまうテーブルと椅子があるんですよ」と、きちんとしたお仕事をなされている家具職人さんを紹介していただいた。

で、東京までそのままGO! ちょっと前まで、体がダルくて仕方が無かった僕からすれば、信じられない行動力w
そんな勢いで出かけてしまったものだから、デジカメ無し>< 以下、HPの写真を無断掲載(問題ありましたらお知らせください)

続きの前に1クリックよろしいでしょうか?

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

で、出会ったテーブルは……。WOODWORKさんのコチラ!「ぱたむテーブル」

un4_20091218_191002a un4_20091218_190940a いんやぁ、スンバラシイ! 二つ折りになる天板2組、脚1対で1セット。無垢の天板……。普通反っちゃうから、使いたくても設計段階でためらっちゃう代物。全長1800mmがレギュラーサイズだが、最大2000mm(2mね)まで自由にオーダー可能。もちろん奥行きだってお願い次第で調節可能。脚の高さも高低2種類が用意されている。

un4_20091218_191022a 2組の天板を留めるのは、シックな色使いの革紐。脚の開き止めも革製と非常に凝った作り。天板と脚の滑り止めだって革なんですよっ!

un4_20091218_191958a  タモとウォールナットの2種類から、好きな材で組んでもらえるのも嬉しい限り。天板は、タモで脚をウォールナットにすると、メチャカッコ良くないかい? 革紐の色は、レッドだぜっ! とか、否が応でも夢は膨らむ!

で、一緒にデザインされた「ぱたむスツール」も、折りたたむと脚は一直線。素敵なY字を描く。

un6_20091229_193451a un6_20091229_193506a 座面は、BYERなどのスツールに比べて大きめに作られ、お尻の座りがとても良い。これなら長時間座っても疲れない。
しかも、「この座面の布は洗濯できるのでしょうか?」とのあきちゃんの問いに「こうやって、簡単に外せます。座面だけ追加でご注文いただけますし……」。

un6_20091229_193704a  ということは、好きな色の座面を数種揃えて、気分で交換できちゃうってことなんですよねぇ……。

「うぬぬぬぬっ!」。もともと110年も続く材木屋さんの家具部門の製品だけに、隙が無い! ちなみに「テーブルのここんとこ斜めにカットすると、デザイン的にカッコいいと思うんですけど……」と物作りに関してきちんとしていない僕が質問すると、「組み立てや折り畳みのときに、手を挟まないように出来てます」ときちんとした職人さんが納得の答えを。

「う~ん」、ついついお店の床に胡坐をかいちゃって座り込んで唸っている僕はさぞかし怪しいオッサン。唸っちゃうのには、それなりのワケがある。きちんとした人が、きちんと材料を吟味して、ユーザーのオーダーをきちんと組み入れながら、1ヶ月以上かけてきちんとして組み上げるので、やはりきちんとしたお値段。

僕もきちんとした人になりたくて、きちんと即日注文してきちんと散財したかったのだけど、「きちんと考えなさい!」と、我が家の理性であるあきちゃん(家内)がw

まぁ当然といえば当然な話。テーブルとスツール2脚で20万円ほど……。

う~ん。欲しい! 眠っていても、あのテーブルと椅子が出てくるのだけれど、ダメでしょうか? あきちゃん?

きちんとした人が作った道具は、きちんと修理もしてくれるので、長生きだと思うのだけど……。と、きちんとしていないボクの夢は尽きない。

ブログランキングに参加しています。とっても励みになっております。下のリンクをプチッと一押しお願いします。面白く役に立つよう頑張りますっ★

人気blogランキング ぷちっと1票

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧